« クミコ+やぎりん・たかこ♪ in 徹子の部屋 YouTubeフル動画 | トップページ | レーベンバッハ合奏団の「魂の音楽会 Vol.1」 »

2015年4月26日 (日)

ウイーン・フィルで聴こう! マーラー 交響曲第1番「巨人」 クーベリック盤

今年のGWは人によっては16連休ですって!?
そんな幸せな人は僕の周りには居ませんが、羨ましい話ですねー。

そこで、GWとは何の関係も有りませんが、”ウイーン・フィルで聴こう!”特集です。

もちろんシュターツカペレ・ドレスデンとかチェコ・フィルのように、個性的な音と魅力を持つ楽団は他にも幾つか有りますが、ドイツ・オーストリア音楽を演奏した時にウイーン・フィルの持っている音の味わいというのはちょっと他には無い、唯一無二の存在ですよね。ウイーンが”音楽の都”と呼ばれるのも当然な訳です。

ウイーン・フィルの音が最高に引き出される音楽はというと、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、ヨハン・シュトラウス、ブルックナー、マーラー、リヒャルト・シュトラウスあたりの名前が直ぐに頭に浮かびます。

ということで、まずはマーラーの交響曲第1番です。ウイーン・フィルによるマーラーの録音はどの交響曲も随分と出ているのですが、何故か第1番は、ステレオ録音に限れば、古いパウル・クレツキとマゼールぐらいしか出て来ません。

Mahler1197070938ラファエル・クーベリック指揮ウイーン・フィル(1954年録音/DECCA盤)

クーベリックもこの曲の録音をDECCAに残しているのは知っていましたが、モノラル録音なので敬遠していました(マーラー、ブルックナーは基本的にステレオで聴きたいと思うので)。ところが、しばらく前にブログお友達のヨシツグカさんがこれを薦めてくれたので聴いてみました。

まず気になる音質ですが、モノラル最末期の1954年録音といっても当時のDECCAの音の優秀さは折り紙つきで、ワルターのDECCAへの「大地の歌」に不満の無い人であれば、問題なく楽しめます。

それにしても1950年代のウイーン・フィルの音は何とも魅力的です。もちろんそれ以前も、その後も現在も非常に素晴らしいのですが、再生される音質に或る程度満足出来ることと、オーケストラが持つ音の魅力とのバランスが最も良く取れているのは1950年代後半から1960年代前半にかけてだったという気がします。

第1楽章から弦楽器も管楽器も甘く柔らかい音が本当に陶酔的であり、魅惑の限りを尽くしています。たとえば1970年代以降のアメリカの楽団の持つメカニカルな迫力を好む方には、”迫力不足のユルい音”に感じられるかもしれませんが、この現代では完全に失われてしまった”音の香り”は絶対に過去の遺物などではありません。

スケルツォ楽章にあたる第2楽章でも、舞曲リズムのセンスの良さからウイーン・フィルの独壇場です。

第3楽章の葬送行進曲では停滞することなく歩みを進めますが、順に登場するソロ楽器の味わいがどれもこれも最高です。そしてあの魅惑的な中間部は正に一片の夢のように奏でられます。

第4楽章で問題を感じるとすれば、やはり迫力不足の点だと思います。”分厚い音の饗宴”を期待すると、きっと物足りなく感じるでしょう。また、ライブ演奏のような熱い盛り上がりに期待しても同様にガッカリさせられるでしょう。けれども音楽に”音の迫力”よりも”洒落っ気や味わい”を求める聴き手にとってはこの演奏はかけがえの無いものだと思います。

クーベリックには手兵のバイエルン放送響を指揮した1979年のライブ録音(audite盤)も有り、そちらがよりクーベリックらしいのですが、若い時代に当時のウイーン・フィルの魅力を生かし切ったこのDECCA録音にも実に捨て難い良さが有ります。

う~ん、やっぱりウイーン・フィルは素敵だ。
✌「いいね!」

|

« クミコ+やぎりん・たかこ♪ in 徹子の部屋 YouTubeフル動画 | トップページ | レーベンバッハ合奏団の「魂の音楽会 Vol.1」 »

マーラー(交響曲第1番~4番)」カテゴリの記事

コメント

ハルくんさん、こんにちは。
GW特別企画 (?)で「ウィーン・フィル」ですか。
楽しみです。
 
クーベリック/VPO の「巨人」、聴かれましたか。
気に入ってもらえたようなので、良かったです。
'50~60年代のウィーン・フィルの美しさは やはり"別格"ですね。
この クーベリック盤にも VPOの"魅惑の響き"が捉えられていて、素晴らしいです。
まぁ、確かに第4楽章は 迫力満点とは言い難いですが、それを補って余りある名演奏だと思います。

投稿: ヨシツグカ | 2015年4月26日 (日) 16時46分

映像では1970年代のバーンスタインのがありますが、
これは良くありません。

終楽章コーダでの「管楽器の起立」で揉めたのか?
(結果は起立せず)
ホルン奏者が常にバーンスタインを睨んでいるのが
映ってしまってます。

両者の関係は1966年からバーンスタインの死の1990年まで
四半世紀に及びましたが、
さすがに常に良好ではなかったようです。

投稿: 影の王子 | 2015年4月26日 (日) 18時35分

ヨシツグカさん、こんにちは。

クーベリック/ウイーンPO の「巨人」、やはりイイですね。
この時代のウイーンフィルとDECCAの録音が組み合わさって初めてこの音の魅力が醸し出されるのでしょうね。
4楽章も自分自身は不満有りませんよ。もっと音の迫力を求める人は多いだろうなぁと思って書いただけなのです。
この名盤のご紹介に改めて感謝します!

投稿: ハルくん | 2015年4月27日 (月) 12時40分

影の王子さん、こんばんは。

バーンスタイン/VPOの映像版はYouTubeで観ただけですが、確かに余り感銘を受けなかったような気がします。
自分はレニーのこの曲の演奏に関しては、最初に録音されたNYP盤が最も良いと思っています。

投稿: ハルくん | 2015年4月27日 (月) 22時53分

こんばんは。
僕は未視聴ですが、
シノーポリ指揮の1992年日本公演のDVDが出ています。

アマゾンのリンクは長いので貼りませんが
レヴューが真っ二つに分かれています。

シノーポリはフィルハーモニア管弦楽団と
マーラーの交響曲全集を完成してますが
聴いたナンバーでは「第5」は素晴らしいですが
「第1」「第4」「第7」は普通でした。

投稿: 影の王子 | 2015年4月28日 (火) 20時37分

影の王子さん、こんにちは。

シノーポリ/VPOの来日公演LIVEのDVDもありましたね。自分もやはり観ていません。

シノーポリのマーラーは良さそうな気がするのですが、初めに聴いた「大地の歌」がそれほど面白くなかったので他も特に聴いていません。

なぜなのでしょうね?

投稿: ハルくん | 2015年4月30日 (木) 16時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウイーン・フィルで聴こう! マーラー 交響曲第1番「巨人」 クーベリック盤:

« クミコ+やぎりん・たかこ♪ in 徹子の部屋 YouTubeフル動画 | トップページ | レーベンバッハ合奏団の「魂の音楽会 Vol.1」 »