« ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番 ラザール・ベルマンの名盤 | トップページ | ラフマニノフ ピアノ三重奏曲「悲しみの三重奏曲」 名盤 »

2015年3月24日 (火)

たかこ・やぎりんバンド&枝元一代 「広い河の岸辺コンサート」 at シェア奥沢

322_dsc_0035

春うららの日曜日、シェア奥沢で、たかこ・やぎりんバンド&枝元一代の「広い河の岸辺コンサート」が実現しました。以下は、シェア奥沢のオーナー堀内さんのフェイスブック・イヴェント・アルバムからの引用です。

2015年3月22日、やぎりん(八木倫明さん)をお迎えしたコンサート「広い河の岸辺」は、シェア奥沢の常連さんの企画、ご縁で実現したものです。当日は思いがけない出会いがいくつもあり、見えないところでじわじわとご縁が深くなっていることを実感した会でした。
八木さんのケーナで聴く「広い河の岸辺」は、やはり深い感動を受け、最後には合唱で皆で歌い、満員の会場がひとつになりました。藤枝貴子さんのアルパ(パラグアイのハープ)の響きはすばらしいもので、ボーカルの枝元一代さんは、前日が初の音合わせだったとは信じられない、素晴らしい歌声のハーモニーでした。
交流会の後に「広い河の岸辺」の背景を取材したNHKのドキュメンタリー番組の録画を皆で視聴し、またまた深い感動をわかちあう場となりました。

演奏会はビデオ撮影し、公開の許可を得ましたので、後ほど一部をYoutubeにアップする予定です。

本当に素晴らしいコンサートになりました。普段ここでは主にクラシックの鑑賞会を開いているのですが、今回は非クラシックのコンサートです。けれども、たかこ・やぎりんバンドのレパートリーは350年前のスコットランド民謡からイタリア・ルネッサンス音楽、はたまたメキシコ、パラグアイなど中南米の民謡、また日本の古謡など、長い時を経て、国を越えて愛され引き継がれてきた、いうなれば「ワールド・タイム・トラベル・ミュージック」です。つまり、カテゴリーレスのプログラム内容なのです。クラシック音楽はもちろん素晴らしいですが、非クラシックにもそれに少しも劣らぬ魅力と深い味わいが有るといつも思っています。

演奏に入る前に挨拶と紹介をして、そのまま最前列席で聴きました。たかこさんのアルパ演奏台の直ぐ前です。目の前に見るたかこさんの凛とした演奏姿は美しく、何か神々しさを感じます。アルパ=ハープですので、要は”竪琴”。ギリシア彫刻か何かに有りそうな”竪琴を奏でる女神”そんな印象を受けてしまいます。とすると、ケーナを演奏するやぎりんは、さしづめ同じギリシア神話に登場する”笛を吹く牧神パン”でしょうか。実際にパン・フルートを演奏しますしね。少年のハートを持ってそのまま大人になっちゃったようなところが有って、茶目っ気も持ったやぎりんのイメージに案外と合ってそうです。それにパンは上半身が山羊(やぎ!)ですし、ゼウスが天に掲げて”やぎ座”となったのですね。

面白いことにギリシア神話には、パンが竪琴の神様アポロンと演奏比べをした話が有ります。パンが笛を演奏し、その後にアポロンが竪琴の演奏をして、山の神様がその審判をするのですが、山の神様が軍配を上げたのはアポロンの方でした。ということで、神話の時代から笛の演奏家は竪琴の演奏家には頭が上がらない??ということなのかもしれませんね。

でも、現代のパンとアポロンのバンドのハーモニーは抜群です。遠くギリシア神話に想いを馳せたくなるような見事な音の調和です。たかこアポロンはさすがは竪琴の神様。両手の指先からつぐみ出す音は繊細さの極みで、アルぺッジオの強弱の変化も、まるで浜辺に寄せては返す波のように自然な変化を感じさせてくれます。本当に素晴らしいと思います。

今回はそこに枝元一代さんという元宝塚歌劇団出身の素敵な歌手がコラボしました。一代さんは普段は中南米の音楽を歌っていますし、たかこ・やぎりんも中南米音楽はレパートリーの一つの柱です。両者は演奏前から通じてしまうのかもしれません。今回は、たかこ・やぎりんの曲「広い河の岸辺」「思い出のサリーガーデン」と一代さんのライフワーク曲「よろこびのうた(メキシコ民謡)」の3曲の共演となりましたが、各曲の雰囲気がとても調和が取れていて自然です。「よろこびのうた」が加わることで、たかこ・やぎりんの元のプログラムに更に厚みが加わるという幸福な結果がもたらされたと思います。愛情と優しさに溢れるこの素晴らしい曲に柔らかいアルパの響きがとても良く似合っていました。

それにしても、一代さんの美しい声はそれだけで大きな魅力なのですが、素晴らしいのは決してその声に頼っていないことです。言葉の一つ一つを本当に大切にして、優しく語りかけるように歌い、心の思いや気持ちを可能な限り聴き手に伝えようとしているのが良く分ります。凄く胸の奥にまで響いてくる歌でした。「広い河の岸辺」が終わったあとに、やぎりんが思わず「素晴らしいです・・・」と漏らした言葉が印象的でした。僕は前日の初リハーサル&別コンサートでの本番、そしてシェア奥沢でのリハーサル&本番と合計5回以上はこの歌を聴きましたが、最後の本番での歌は言葉にならないぐらい素晴らしかったです。これから先、一代さんの歌う「広い河の岸辺」を再び聴く機会はきっと有るだろうと思いますが、その時にどんな風に歌って聴かせてくれるのか楽しみでなりません。もう1曲の「思い出のサリーガーデン」の歌唱も「広い河の岸辺」に負けないぐらい素晴らしかったです。

シェア奥沢は木造家屋で床も木ですので、アルパの音が非常に良く響きました。演奏台に共鳴して床全体が響くために、音の量感が驚くほどでした。ケーナももちろん木の笛ですので、美しく自然に響き渡って素晴らしかったです。
やぎりんはシェア奥沢をとても気に入ってくれた様子で、「次回は秋ごろにでも」という言葉が出たほどでした。コンサートの再演は確実ですね。

322dsc_0036
コンサート終了後の左から、やぎりん、一代さん、たかこさん、たかこさんの愛娘優希ちゃん

<参考>
この日の演奏曲目(★歌:枝元一代)

1.埴生の宿
2.すみれ(小さなオルゴール) ウニャ・ラモス
3.さくらさくら 日本古謡
4.コンドルは飛んで行く ダニエル・アロミア・ロブレス
5.ラ・サンドゥンガ(僕の心のお母さん) メキシコ民謡
6.コーヒー・ルンバ(ベネズエラ) ウーゴ・ブランコ
7.よろこびのうた★ メキシコ民謡/谷川越二、枝元一代 作詩

******休憩******

8.アルパ・ソロ曲
. 牛乳列車(パラグアイ) フェリックス・ペレス・カルドーソ
10.
ラピュタ・シチリアーナ イタリア・ルネサンス音楽
11.
思い出のサリーガーデン★ アイルランド民謡/やぎりん訳詩
12.
広い河の岸辺〜The Water Is Wide〜★ スコットランド民謡/八木倫明 訳詞
13.
引き潮 ロバート・マクスウェル
14.
アマポーラ  ホセ・マリア・ラカーリェ

|

« ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番 ラザール・ベルマンの名盤 | トップページ | ラフマニノフ ピアノ三重奏曲「悲しみの三重奏曲」 名盤 »

音楽(やぎりん関連)」カテゴリの記事

コメント

大変お世話になりました。場所の雰囲気の良さと、板の間に響くアルパの音色、お客様の熱心な感じ・・・おかげさまで良いコンサートになりました。竪琴奏者には頭が上がらないのは、そのとおりですね(笑)

投稿: やぎりん | 2015年3月26日 (木) 09時55分

やぎりんさん、素晴らしい演奏を本当にありがとうございました。
秋の再演「中秋の名月コンサート?」を皆で楽しみにしています!

投稿: ハルくん | 2015年3月26日 (木) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/59389021

この記事へのトラックバック一覧です: たかこ・やぎりんバンド&枝元一代 「広い河の岸辺コンサート」 at シェア奥沢:

« ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番 ラザール・ベルマンの名盤 | トップページ | ラフマニノフ ピアノ三重奏曲「悲しみの三重奏曲」 名盤 »