« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月26日 (木)

ハインリッヒ・ビーバー 「ロザリオのソナタ集(Rosenkranz‐Sonaten)」 ~聖母マリアの15の秘跡~

Heinrich_biber
バロック時代の作曲家ハインリッヒ・イグナツ・フランス・フォン・ビーバーは1644年にボヘミアで生まれましたが、両親はドイツ系です。ヴァイオリニストとして働いたのちにザルツブルクへ移り、宮廷楽団の奏者を経て1684年に同楽団の宮廷楽長となりました。それは、この地でモーツァルトが生まれる72年も前のことです。

ビーバーは宗教作品も書いていますが、ヴァイオリンの演奏技術に優れていましたので、ヴァイオリン作品に当時としては非常に高度な技術を必要とする曲を多く残しています。特に”スコルダトゥーラ”と呼ばれる調弦を通常の音と変えて演奏する技法を多用しました。この変則チューニングはバロック時代には珍しく無かったようですが、古典派以降ではパガニーニ(ヴァイオリン協奏曲第1番)やマーラー(交響曲第4番の第2楽章)の作品などで使用はされますが、かなり珍しくなりました。むしろポピュラー音楽の世界でクロスビー・スティルス&ナッシュ(青い目のジュディ)やローリング・ストーンズ(ホンキー・トンク・ウイメン)に代表されるように馴染のある奏法のように感じられます。

Biber_91vakwksxxl__sl1425_ジョン・ホロウェイ(ヴァイオリン)、ダヴィット・モロニー(Cemb/Organ)他(1989年録音/Virgin盤)

ビーバーの代表作に『ロザリオのソナタ集(Rosenkranz‐Sonaten)』がありますが、この曲集は全16曲のうち最初の第1番と最後の第16番を除く14曲でスコルダトゥーラが用いられています。しかもそれらの調弦が全て異なるという驚くほど凝りに凝った作曲が施されています。当然、曲によって様々な響きが聞こえてきますが、あるときはホーンパイプみたいであったり、中には”壊れたバグパイプ”のような摩訶不思議な音も登場します。
この曲は器楽曲ですが、聖母マリアの15の秘跡を題材にした16曲のヴァイオリン・ソナタ集で、別名「ミステリー・ソナタ」とも呼ばれています。そういう意味では明らかに標題的であると言えます。
15の秘跡はそれぞれ5曲ごとの「キリストの誕生」「受難」「復活」の三部に分かれていて、その後に終曲の「パッサカリア」が置かれます。

『ロザリオのソナタ集(Rosenkranz‐Sonaten)』
「キリストの誕生」(喜びの秘跡)

第1番  お告げ
第2番  訪問
第3番  降誕
第4番  キリストの神殿への拝謁
第5番  神殿における12歳のイエス

「受難」(哀しみの秘跡)
第6番  オリーヴ山での苦しみ
第7番  むち打ち
第8番  いばらの冠
第9番  十字架を背負うイエス
第10番 イエスのはりつけと死

「復活」(栄光の秘跡)
第11番 復活
第12番 昇天
第13番 聖霊降臨
第14番 聖母マリアの被昇天
第15番 聖母マリアの戴冠

終曲   パッサカリア ト短調

三部はテーマが明確ですので、曲想もそれに相応しい雰囲気を持っています。すなわち「キリストの誕生」⇒厳かな喜び、「受難」⇒悲哀、「復活」⇒輝かしい喜び、という具合です。
この曲集を聴いていて感じられるのは、これらが決して奇をてらった効果を狙ったり、技法を誇示するために書かれた印象は受けず、一貫してマリアの奇跡への畏怖の念が限りなく美しく、崇高な感動を持って与えられることです。そしてそれが最高潮に達するのが、1曲で10分近くにも及ぶ長大な終曲の「パッサカリア 」です。無伴奏のヴァイオリンにより、グレゴリア聖歌から引用した4つの音をベースに旋律を積み重ねてゆく手法は、正に大バッハのあの「シャコンヌ」の先駆けの印象を受けます。

この曲集のCDは幾つも出ていますが、僕が愛聴しているのは上部に表示したジャケット写真のジョン・ホロウェイの演奏です。イギリスのタヴァナー・コンソート&プレイヤーズの首席を務めるバロック・ヴァイオリンの名人だけあって技巧的にも安心して聴いていられますし、低音楽器をチェンバロ、オルガン、リュート、ガンバ、ハープなど様々に使い分けているのが変化を与えてくれて少しも飽きさせません。そして、それより何よりも重要な点は、この曲集の持つミステリアスな雰囲気に演奏全体が包まれていることです。この曲集の演奏にそれは絶対に欠かせない要素だと思います。
1989年にセント・マーティン教会で録音されたもので最新のものではありませんが、教会の深い残響が朝もやの向こうから聞こえてくるような神秘的な雰囲気で一杯です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

クラシック音楽鑑賞会のお知らせ

今週の日曜日、2月22日午後3時から、自由が丘のシェア奥沢でクラシック鑑賞会が開催されます。
座席に余裕は有ると思いますのでご興味とお時間の有る方は是非お越しください。

10469418_941352572543227_5116801593
<鑑賞会の概要>
ロマン派音楽は19世紀にドイツ・オーストリアで大輪の
花を咲かせ、更にヨーロッパ全域を覆い尽くして百花繚乱となります。今回はロマン派音楽時代の中期にドイツで活躍した作曲家メンデルスゾーンとシューマンのロマンティックこの上ない名曲の数々を小生の迷??解説付きでたっぷりとお楽しみ頂きます。大指揮者ウィルヘルム・フルトヴェングラーの代表的録音であるシューマンの「交響曲第4番」をドイツ・プレスのLP盤で全曲聴くほか、“現役最高のピアニスト”とも称されるグリゴリー・ソコロフのライブ録音やスヴャトスラフ・リヒテルとリッカルド・ムーティが共演したライブ録音など、貴重な名演奏が盛りだくさんです。
------------------------------
開場午後2時半、プログラム開始午後3時、終了午後6時頃の予定です。
音楽鑑賞会の後、交流会(軽飲食付き)があります。
------------------------------
参加費:クラシック音楽鑑賞会 500円(茶菓つき)
 交流会(軽飲食付き)700円(当日申込受付)
------------------------------

プログラム

【前半】
フェリクス・メンデルスゾーン1809-1847(音楽のみ約56分)
①「真夏の夜の夢」序曲作品21 アンドレ・プレヴィン指揮ウイーン・フィルハーモニー
②ピアノ三重奏曲第1番ニ短調作品49より第1楽章 アイザック・スターン(ヴァイオリン)、レナード・ローズ(チェロ)、ユージン・イストミン(ピアノ)
③ヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64より第1楽章 イツァーク・パールマン(ヴァイオリン)、アンドレ・プレヴイン指揮ロンドン交響楽団
④交響曲第3番「スコットランド」イ短調作品56より第1楽章 クリストフ・フォン・ドホナーニ指揮ウイーン・フィルハーモニー
⑤交響曲第4番「イタリア」イ長調作品90より第1楽章 アルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団

―休憩(茶菓付き)―

【後半】
ロベルト・シューマン1810-1856(音楽のみ約67分)
⑥幻想曲」ハ長調作品16より第1楽章 グリゴリー・ソコロフ(ピアノ)
⑦ピアノ四重奏曲変ホ長調作品47より第3楽章アンダンテ・カンタービレ イェルク・デームス(ピアノ)、バリリ四重奏団
⑧ピアノ協奏曲イ短調作品54より第1楽章 スヴャトスラフ・リヒテル(ピアノ)、リッカルド・ムーティ指揮ウイーン・フィルハーモニー
⑨交響曲第4番ニ短調作品120 ウィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルハーモニー

―交流会(軽飲食)―

連絡先:シェア奥沢
158-0083 東京都世田谷区奥沢 2-32-11
E-mail: okusawa@coolshare.jp

tel: 03-6421-2118

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

J.S.バッハ 「ゴルトベルク変奏曲」 ボブ・ファン・アスぺレン盤

先日のJ.S.バッハ ゴルトベルク変奏曲 名盤の記事に新たにボブ・ファン・アスぺレン盤を追記しました。驚くべき演奏です。これまで聴いていたアスぺレンの「平均律」のCDではこれほどまでとは思いませんでした。もっとも、好みの点では必ずしもベストだとは思いません。この辺りが、音楽に限らず芸術鑑賞のとても面白くも難しいところですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

井上道義指揮、野田秀樹演出 モーツァルト「フィガロの結婚」 ~庭師は見た!~

Figaro_h2015

CDやDVDでの音楽鑑賞は本当に楽しいですが、生演奏の楽しみもまた格別なものです。聴きに行きたいと思うコンサートはもちろん沢山有りますが、なにせ緊縮財政状況ですので、近年は聴きに行くのは年数回に絞っています。

けれども、今年どうしても行きたいと思っているのが、井上道義指揮、野田秀樹演出によるモーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」です。

ご存じの通り、井上さんは、昨秋喉頭がんの闘病から見事にカムバックしましたが、その際に井上さんは「これからは本当にやりたいと思うものをやって行きたい。その一つが野田秀樹演出の『フィガロの結婚』だ。何年も前から野田秀樹を口説いていて、せっかくやるなら一回や二回じゃなくて、日本中でやろうということになった。野田さんが演劇で培ったノウハウをオペラのなかに吸収したい。」と語っていました。

その「フィガロの結婚」がいよいよ5月から全国で十数回の公演が行われます。僕はそのうち6月の川崎公演を観に行きます。

野田さんは過去、新国立劇場でヴェルディの「マクベス」の演出を手掛けていますので、オペラ演出は二度目になります。また、歌舞伎座では中村勘三郎と組んで「アイーダ」をパロディにした「愛陀(あいだ)姫」を演出したことも有りますし、今回も野田さんらしい奇想天外なアイディアが飛び出すことでしょう。公演のキャッチコピーを目にしただけでもワクワクします。

<庭師アントニ男よりみなさまへ>

今宵は、懲りない「男と女」のお話しを、この庭師がいたします。
ところは長崎、港の見える丘。
時は黒船来航の世。
その黒船より、フルーツ、ピアノ、ダンス、牛鍋、オペラ、
そして西洋人が降りてまいります!

病魔との闘いに打ち勝った井上さんと演劇界の鬼才野田さんの初共演により生まれる「フィガロの結婚」。本当に楽しみです。

<関連記事>
モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」 名盤

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »