« たかこ・やぎりんバンド♪ コンサート Sound For Life第5回〜第6回のご紹介 | トップページ | ブラームス ヴァイオリンとチェロのための協奏曲 メニューイン&パーナス、パブロ・カザルス/祝祭管弦楽団 »

2014年12月 4日 (木)

ブラームス 交響曲全集 名盤 ~古典派の肉体にロマン派の魂~

Johannesbrahms_c_1_jpg_681x349_crop
ブラームスはロマン主義音楽の時代にあって”新古典主義者”とも呼ばれていますね。それは古典派の様式を踏襲していたからです。けれどもブラームスの音楽は非常にロマンティックでセンチメンタルです。要するにブラームスは『古典派の衣を着たロマン派』あるいは『古典派の肉体にロマン派の魂を持つ』と言い表せるのではないでしょうか。ですので特に交響曲の演奏について、自分はそのバランスを重要視しています。たとえばフルトヴェングラーのブラームスは肉体も魂も完全にロマン派ですので、どんなに凄い演奏であっても好みません。その逆に、いくら造形がしっかりしていてもロマンの魂が抜けたような演奏もまた駄目です。というのが自分のブラームス演奏についての基本的な考え方なのです。

ブラームスの交響曲は僅か4曲ですが、どれも充実仕切った傑作なので、どんなに聴いても飽きることが有りません。最近は第4番を最も好んでいますが、昔から大好きな第3番にもやはり惹かれます。
第1番はとても理屈っぽく書かれているので、「いいかね、この音楽はここが聴きどころで、こういう風に聴かなければ駄目なんだよ。」と説教されてるかのような印象を受けます。ところが、そこにまた惹かれてしまうのですね。結局のところブラームスの愛好家”ブラームジアーナー”には理屈っぽい人が多いのかもしれません。同じアナのムジーナーなのです。
第2番は終楽章の”イケイケどんどん”的なノリが余り好みではありませんが、3楽章までが非常に美しく、やはり魅力の尽きない曲です。

演奏に於いて、これら4曲を全て満足させてくれるのは至難の業なのですが、その神業を見せる演奏家も稀に存在します。ということで、所有盤を順にご紹介します。

Srcr000001725__180_180_102400_jpgブルーノ・ワルター指揮コロムビア響(1959-60年録音/SONY盤) CBSの録音のせいもあるのでしょうが、オーケストラの響きが薄いのがブラームスには難点です。演奏に寂寥感が不足しているのもやや気になりますが、それをカバーしているのがワルターの豊かな歌い回しです。曲毎では、最も出来の良いのがノスタルジックな表現に惹かれる4番で、次いでは1番を取ります。逆に2番、3番の演奏にはブラームスの曲の良さが出ていないように思います。従って全集として購入する必要は感じられず、単独盤でも充分だと思います。またモノラル録音盤が高く評価される場合も見受けられますが、アメリカ的でマッチョな演奏には少しも魅力を感じません。

Brahms_14ハンス・シュミット-イッセルシュテット指揮北ドイツ放送響(1967-73年録音/EMI盤) ブラームスの生まれ故郷ハンブルクの北ドイツ放送響(NDR)のライブ録音による全集です。NDRの暗くくすんだ音色が、いかにもブラームスの曲に良く似合います。どっしりと構えたテンポも、いかにもドイツ的ですが、このリズムを念押しする感覚が無いとどうしてもブラームスには聞こえません。その点、この演奏は安心して聴くことができます。ちょうどザンデルリンクのスケールを一回り小さくしたような印象ですので、もちろん良い演奏なのですが逆に損をしているようにも思います。全体的に高音強調型のリマスターにも不満が残りますし、第1番がモノラル録音なのもマイナスです。

Brahms254サー・エードリアン・ボールト指揮ロンドン・フィル(3番のみロンドン響)(1970-73年録音/EMI盤) 「バッハからワーグナーまで」というCD11枚BOXに含まれます。どの曲でもロマンティシズムに溺れ過ぎない節度を保っていて、テンポは速からず遅からずの中庸で、ほぼインテンポを守り、表情の大袈裟な変化は見せません。正に英国紳士の気品ある姿を想わせる雰囲気です。オーケストラの響きも地味で、くすんだ音色を持ちますのでブラームスに似合います。どの曲においても良質のブラームスに仕上がっていますし、これらは噛み続けるほどに味わいの増すスルメのような演奏だと言えるかもしれません。第1番ではユーディ・メニューインが自ら志願してコンサートマスターに就いたといういわくつきです。

4110061113 クルト・ザンデルリンク指揮シュターツカペレ・ドレスデン(1972年録音/DENON盤) 過去に全集で出ていて、現在は単独盤ですが、一応全集扱いとします。シュターツカペレ・ドレスデンのことを「幾ら引っ張ろうとしても動かない牛車のようだ」と称したのは、指揮者フリッツ・ブッシュ(アドルフ・ブッシュの兄)でしたが、同じドイツのザンデルリンクが指揮をすると、遅めで微動だにしないイン・テンポを守り、その特徴が最高に生きてきます。どの曲でも念押しするリズムがスケール感を生み出し、厳格なマルカート奏法には凄みすら感じられます。柔らかく目のつんだ典雅で厚みのある響きには心底魅了されますが、管楽器奏者たちの音楽的な上手さにも惚れ惚れさせられます。ティンパニーのゾンダーマンの妙技も最高ですし、正に全盛期のこの楽団とザンデルリンクが組んだ一期一会の全集です。曲毎でも第2番以外はいずれもベスト盤に位置します。

Brahms_bohem_14 カール・ベーム指揮ウイーン・フィル(1975年録音/グラモフォン盤) ウイーン録音の全集盤です。ウイーン・フィルの透明感のある響きは必ずしもブラームスの音には合わないと思っています。一方、堅牢なドイツの音に対してしなやかなウイーンの音にも良さは有ります。ベームの演奏は落ち着き過ぎの傾向は有りますが、極めてオーソドックスなので安心して聴くことが出来ます。曲毎では第2番の演奏がベスト、続いては第4番の出来が良く、逆に第3番は落ちます。曲により出来栄えに差は有りますが、スタイルが一貫しているので好きな全集です。

Brahms_masur253クルト・マズア指揮ライプチッヒ・ゲヴァントハウス管(1977年録音/フィリップス盤) ゲヴァントハウスの音が素晴らしく、コンヴィチュニー時代の質実剛健な響きは後退しているものの、そんじょそこらのドイツのオケでは出せない重厚な音を聞かせています。マズアも期待以上に健闘しています。ザンデルリンクの貫禄には程遠いものの、非常に安心して聴いていられるオーソドックスなブラームスです。全体的に中庸か、いくらかゆったりとしたテンポですが、全てにおいてイン・テンポを守っているのでスケール感もそれなりに感じられます。所々で覇気の無さが散見されるのは玉に傷ですが、何よりもゲヴァントハウスの響きが最大の魅力で、やはり素晴らしい全集の一つとして数えられます。

515r2b7qvll__ss500_ ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送響(1983年録音/オルフェオ盤) ミュンヘンでのライブ録音の全集です。どの曲にも共通して感じられるのは、クーベリックのリズムに念押しが不足することです。結果としてどの部分でも呼吸の浅さを感じてしまいます。ブラームスにそれほど重厚さを求めない聴き手には構わないことなのでしょうが、自分の場合には不満がどうしても残ります。録音も優れていますし、一般的には決して悪い演奏では無いとは思うのですが余りお勧めは出来ません。

Brahms_0013502bcオトマール・スイトナー指揮シュターツカペレ・ベルリン(1985年録音/シャルプラッテン盤) 写真はドイツ盤ですが、単独盤でも、ボックス盤でも出ています。テンポは決して遅く有りませんが、呼吸の深さが有るので腰が据わった印象です。第1番や第2番の終楽章などでは幾らかテンポを煽りますが、全体には古典的、ドイツ的な造形性をしっかりと感じます。それに加えてロマン的な味わいを持っているのも素晴らしいです。どの曲でも弦と管が柔らかく溶け合った響きが美しく、強奏部分でも少しもうるささを感じさせません。これは録音の柔らかさも寄与していると思います。特に3番と4番の演奏が優れますが、4曲とも欠点の無いのが大きなポイントで、その点ではザンデルリンクに匹敵します。これは全集としてもっともっと注目されて良い名盤です。

41mqvx5jevl__sl500_aa300_ カルロ・マリア・ジュリーニ指揮ウイーン・フィル(1989-91年録音/グラモフォン盤) ジュリーニは、どの曲でも遅いテンポでイン・テンポを守り、ゆったりとスケールの大きさを感じさせます。その点が、ブラームスの音楽と大きく合致しています。その上、少しも力みが無いのに緊張感を失うことがありません。全体を通してカンタービレがよく効いていて美しいですが、部分的には幾らか過剰に感じる箇所も有ります。ウイーン・フィルの響きはシュターツカペレ・ドレスデンのいぶし銀の音とは異なりますが、流麗で非常に美しいです。これはウイーン・フィルのブラームス全集の中でもベスト盤の一角を争うと思います。

Vcm_s_kf_repr_500x500 クルト・ザンデルリンク指揮ベルリン響(1990年録音/カプリッチオ盤) ベルリン響との新盤ですが、オーケストラの実力において旧盤のシュターツカペレ・ドレスデンには到底敵いません。全体的にかなり遅いテンポが沈滞したロマンを感じさせはしますが、少々重過ぎてもたれた印象を受けてしまいます。確かにスケールは大きいのですが、リズムに切れの良さが有りませんし、音楽に推進力が感じられません。第4番の終楽章の凄さなどは正に圧巻ですが、全集としてザンデルリンクのブラームスを聴くならばやはり旧盤に限ります。

Brahms_963レナード・バーンスタイン指揮ウイーン・フィル(1981‐82年録音/グラモフォン盤) バーンスタインは古典派形式の曲だと、確かにロマンの味わいは強いのですが、しっかりとイン・テンポを守り、様式感をとても大切にします。ですのでブラームスのシンフォニーも安心して聴くことが出来ます。どの曲の演奏でも奇をてらった演出は一切行わずに造形性を重視しています。ゆったりとしたテンポでスケール大きく聴き応えは充分です。緩徐楽章などでは幾らか耽美的に過ぎるような印象を受けないでもありませんが、その分ロマン的な情緒表出がとても豊かです。ウイーン・フィルの音は幾らか明るめに響いていますが、しっとりとした歌や楽器の音色の美しさは絶品です。

51tpouw3ykl__ss400_クリストフ・エッシェンバッハ指揮ヒューストン響(1991-93年録音/EMI Virgin盤) 現代の指揮者の中で数少ない強い個性を持つ点で注目するのが、クリストフ・エッシェンバッハです。流行のスタイルには目もくれずに、かつてのドイツの巨匠時代の重厚でロマンティックな路線を再現しているように感じるからです。この全集は、オーケストラがアメリカのヒューストン交響楽団だったので敬遠をしていましたが、実際に聴いてみて驚くのは演奏表現の統一感です。ゆったりとしたテンポが生み出すスケールの大きさとともにアゴーギグとテンポの流動性を巧みに生かしていて、ロマンティックなスタイルでありながらも正統的なブラームスを感じさせます。ヒューストン響の優秀さも印象的ですが、弦の上に管を柔らかくブレンドされたヨーロッパ風の美しい響きをアメリカのオーケストラからこれほど見事に醸し出すというのは、エッシェンバッハの実力なのでしょう。

Brahms_384ギュンター・ヴァント指揮北ドイツ放送響(1996-97年録音/RCA盤) シュターツカペレ・ドレスデンの持つ暖色系の音に対して暗いモノトーンの北ドイツ放送は正にブラームスの生まれ故郷ハンブルグのどんよりした曇り空を想わせます。ヴァントが晩年にライブ録音したこの全集はその暗く渋い響きを生かした演奏です。全体的に引き締まった演奏ですが、時にテンポのギア・チェンジが頻出してスケール感が損なわれてしまいます。彫の深いのは良いとしても少々神経質に聞こえるのがマイナスです。金管が時に張り出して聞こえるのもやはり煩わしさを感じます。

Uccg1674m01dlクリスティアン・ティーレマン指揮シュターツカペレ・ドレスデン(2013年録音/グラモフォン盤) 最新の録音が非常に素晴らしく、現在のシュターツカペレ・ドレスデンの美音を忠実に捉えた全集だと思います。にもかかわらずティーレマンの演奏は正にジキルとハイドのようで、スケールの大きさを感じさせたかと思えば、しばしばテンポに余計なギア・チェンジをして矮小さを感じさせてしまいます。少なくとも古典派形式の曲に対してはまだまだ青さを感じてしまいます。それはヴェートーヴェンの全集では見逃せるレベルでしたが、ブラームスではちょっと見逃し切れません。しかし、そうは言っても、このセットには交響曲の他に、ピアノ協奏曲とヴァイオリン協奏曲のライブ映像のDVDが含まれていて、そちらは非常に魅力的です。

ということで、マイ・フェイヴァリット盤はこれまで何度も書きましたが、ザンデルリンク/ドレスデン・シュターツカペレ盤で決まりです。この不動の王座は揺らぎません。次いではスイトナー/シュターツカペレ・ベルリン盤を上げたいと思います。ザンデルリンクと同じ純ドイツ・スタイルですが、武骨なザンデルリンクに対して、しなやかさを備えている点で異なる魅力が有ります。
純ドイツ風の演奏でもう一つ加えるとすればマズア/ゲヴァントハウス盤です。
その他には、ウイーン・フィルの演奏からも選んでおきたいので、ベーム、ジュリーニ、バーンスタインの3つを上げます。どれも素晴らしいのですが、どれか一つと言われたら、僅差でジュリーニというところでしょうか。

上記に上げていない全集盤はフルトヴェングラーやトスカニーニ、あるいはカラヤン、ベイヌム、ケンぺ、ケルテスなど色々と有りますが、全集としてはそれほどの魅力を感じていません。

|

« たかこ・やぎりんバンド♪ コンサート Sound For Life第5回〜第6回のご紹介 | トップページ | ブラームス ヴァイオリンとチェロのための協奏曲 メニューイン&パーナス、パブロ・カザルス/祝祭管弦楽団 »

ブラームス(交響曲全集)」カテゴリの記事

コメント

ボンソワール

ご紹介盤を全て聴き直されたのでしょうか...脱帽です。
武骨と評されてますが、ザンデルリング旧盤は武道でも球技でも対応できる身体つき、そんな感じです。

所有盤を棚から出し、よしよしと撫でてあげるコトにします笑。

投稿: source man | 2014年12月 4日 (木) 18時17分

ハルくんさん、こんばんは。
ブラームスは 古典とロマンのバランスの上に立っている……これは モーツァルトの音楽にも共通するかも知れませんね‥。(まあ 私がブラームジアーナーでモーツァルティアンだから そう感じるのかも知れませんが…)
その、絶妙な塩梅がブラームスの魅力になっているのは 間違いありませんね。
私の所有している交響曲全集で それを体現しているのは、やはり "神" ザンデルリンクの旧盤でしょう!
少々、乱暴な言い方をすれば、「これさえ あれば十分……!」と思ってしまう程です。
あとは ボールトとベームを気に入っています。特に、 ボールト盤は スコッチ・ウイスキーのように 聴けば聴く程に味わいが増してゆきます。
これこそ ブラームス……!
(う~ん……酒が美味い……。(笑))

投稿: ヨシツグカ | 2014年12月 4日 (木) 23時01分

source manさん、こんばんは。

ブラームスのシンフォニーは大好きですが、これだけ聴き直すとへとへとで脱毛(??)です。

ザンデルリンクは、小器用ではないが豪快で強いドイツのサッカーW杯優勝チームのようですね。
ご所有盤、思う存分撫であげてください。これも強い愛情の表れですね。(笑)

投稿: ハルくん | 2014年12月 5日 (金) 00時11分

ヨシツグカさん、こんばんは。

モーツァルトの後年の音楽なんかも「古典の体にロマンの精神」というバランス感覚、そんな感じですよね。正に同感です。

ザンデルリンクの旧盤が、「これさえ あれば十分!」盤とのこと、少しも乱暴だとは思いませんよ。でも、そのうえで色々と浮気はやめられませんが。(笑)

ボールト盤もイイですね~。ボールトとエッシェンバッハは大穴盤として特筆大書したいところです。

投稿: ハルくん | 2014年12月 5日 (金) 00時22分

ハルくん様。

そろそろ「出入禁止」という声が聞こえてきそうですが、僕の大好きなBMW(B=バッハ、ベートーヴェン、ブラームス、M=モーツァルト、マーラー、W=ワーグナー)のお話が出ていますので、お邪魔いたします。御笑読頂ければ幸いです。

ブラームスは反ワーグナー派の人々に担ぎ出されて、世に出た人です。尊敬するバッハとベートーヴェンの研究から自身のスタイルを構築しました。ですので、ロマン派といっても、ワーグナーのような耽溺型の演奏は間違っていると考えています。
僕のブラームス交響曲全集の愛聴盤は、

①クレンペラー/フィルハーモニー管弦楽団(CZS4043382)

②バーンスタイン/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(UCCG-9831)

です。

クレンペラーは子供の時から随分聴いてきました。
①はこの指揮者としては早目のテンポですが、内容の濃さとスケールの大きさは健在で、今でも愛聴しています。オーケストラはドイツではありませんが、この名演の下ではマイナス材料にはなりません。むしろ、ドイツ以外のオーケストラからドイツの骨太で筋肉質なブラームスの音楽を演奏できるクレンペラーの手腕にこそ注目すべきだと思います。
昨今の、どこのオーケストラを振っても楽譜のデッド・コピーのような演奏しかできない指揮者が、過去の巨匠から学ばなければならないのはこの点だと考えています。

②はバーンスタインの巧さが光る名盤です。特に、交響曲としては何となくギクシャクしている第1番と、メロディーの美しい第2番はバーンスタインの良さが出た名演だと思います。ただ、第3番と第4番は聴かせようとする工夫が少々くどく感じます。大学式典序曲もスーザのマーチのようで、あまりブラームスぽくないように思うのですが、いかがでしょうか。

また悪い癖で長くなってしまいました。申し訳ありません。最後まで読んで下さったことに感謝いたします。

投稿: motosumiyosi | 2017年5月23日 (火) 22時41分

motosumiyosiさん、こんにちは。

なにも出入禁止になんかなりませんよ。(笑)
ブラームスは「新古典派」とも呼ばれますからね。いわゆるロマン派とは一線を画します。当然、大抵の曲で耽溺型の演奏は向きません。

クレンペラーのブラームスが記事に入っていないのは恐らくイギリスのオケの響きが不満だからだったと思います。EMIの録音も大きな理由で、せめて録音年代がもう少し後なら良かったと思います。ベートヴェンでもその点が気になりますのでブラームスだと更にですね。でも機会あれば聴き直してみたいですね。

バーンスタイン/ウイーンフィル盤は好きですよ。NYPではこういうブラームスは不可能だったと思います。
「大学祝典」は一度は聴いていると思いますが記憶に残っていません。

すみません、こんなお返事で。これに懲りずにまたコメントください。

投稿: ハルくん | 2017年5月24日 (水) 13時13分

こんばんは。

エッシェンバッハ&N響のブラームス
12/3放送の第4を今聴き終えました。
結論から申し上げますと
「古典的形式を遵守した上でのロマンティックな演奏」と思います。
画面では左右にヴァイオリン、「両翼配置」が効果を上げてるのでしょうか?
とりわけ第1楽章が痺れるほどの名演ですね。
以降の若干の物足りなさは曲そのものな気がしました。

しかし、N響の良さは現音楽監督パーヴォの力も大きいでしょう。
アシュケナージ時代は誰の指揮でも駄目だった印象がありました?

「第9」は22日の演奏、大晦日8:00pm ~ 9:20pmの放送ですね。
どうやら、年越しそば喰ってる暇はなさそうです・・・

投稿: 影の王子 | 2017年12月14日 (木) 22時38分

影の王子さん、こんにちは。

私もエッシェンバッハ/N響の放送は録画で観ました。チクルスで特に良かったのはやはり4番、それも第1楽章というのは同感です。本当に素晴らしかったですね。
しかし以前サントリーホールで聴いたドイツのオケとの実演ではもっと自由に造形に手を加えてスリリングでした。下記はその記事です。
http://harucla.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-83c7.html
好みの問題もありますがこの演奏は絶対に忘れられないものでした。

今年のN響の第九は1回だけのサントリーホール公演のチケットを入手しました。
非常に楽しみにしています。

投稿: ハルくん | 2017年12月19日 (火) 09時56分

新年あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

音楽を聴くコストが限りなく無料に近づく中だからこそ
「聴けて当たり前」などと思わずに
「音楽を聴ける喜びを噛み締め」なければ・・・と思います。

さて、エッシェンバッハのブラームス、第1ですが
これは全くこけおどしの無い演奏(それゆえか?拍手がやや冷静)
でしたが、僕にはそれがちょうど良かったです。
終楽章は聴き惚れていました。

まだ第2が未聴ですが、エッシェンバッハの演奏は
一言で言うと「熟している」と思います。

投稿: 影の王子 | 2018年1月 3日 (水) 21時08分

影の王子さん、こんにちは。

職人的で器用な指揮者(も良いのですが)ばかりになった現代ではエッシェンバッハとティーレマンのような重厚・長大タイプは貴重な存在だと思います。
ただティーレマンは古典派を振ると時に取ってつけたようなテンポの変化が姑息さを感じさせるのに対して、エッシェンバッハはほとんど違和感を感じさせません。その点ではエッシェンバッハのほうが天才度が上回る気がします。
これだけ個性的でいてドイツの伝統を感じさせるというのは本当に稀有なマエストロですね。

投稿: ハルくん | 2018年1月 5日 (金) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/57932015

この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス 交響曲全集 名盤 ~古典派の肉体にロマン派の魂~:

« たかこ・やぎりんバンド♪ コンサート Sound For Life第5回〜第6回のご紹介 | トップページ | ブラームス ヴァイオリンとチェロのための協奏曲 メニューイン&パーナス、パブロ・カザルス/祝祭管弦楽団 »