« ~スケートリンクの怪人~ 羽生結弦くん GPファイナル連覇! | トップページ | ブラームス ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調op.83 新々・名盤 »

2014年12月16日 (火)

モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」 DVD鑑賞会の予告

1613879_906627026015782_68260736513

シェア奥沢での今年最後のクラシック鑑賞会が12月28日に予定されています。モーツァルトの大傑作オペラ「フィガロの結婚」の全曲をDVDで鑑賞します。まだ正式告知はされていませんので、これは予告情報です。

このオペラは、モーツァルトの美しい音楽とダ・ポンテの書いた愉快な台本との融合が最高に楽しめますが、それをカール・ベームが1980年にウイーン国立歌劇場と日本へ引っ越し公演を行った際に、東京文化会館で収録された名舞台のライブ映像で鑑賞します。
市販されているDVDですので、ご覧になられた方も多いと思いますが、元々NHKがFM放送用に録音した高音質な音源をテレビ放送用の映像に組み合わせて編集したものですので、シェア
奥沢の素晴らしい音響装置と大スクリーンで楽しむことで、感動が新たになることでしょう。

日時:12月28日(日) 午後2時より
場所:シェア奥沢(東急自由が丘駅より徒歩6分)
参加費用:未定(但し若干)
予約方法::下記へお名前、連絡先をメールください
       
rsa54219@nifty.com ハルくん
 

(演奏)
カール・ベーム指揮ウイーン国立歌劇場管弦楽団、ウイーン国立歌劇場合唱団
ヘルマン・プライ(Br)、ルチア・ポップ(S)、ベルント・ワイクル(Br)、グンドゥラ・ヤノヴィッツ(S)、アグネス・バルツァ(S)他
(1980年9月30日収録/NHKエンタープライズ)

<追記>
正式イヴェント情報はこちらから

|

« ~スケートリンクの怪人~ 羽生結弦くん GPファイナル連覇! | トップページ | ブラームス ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調op.83 新々・名盤 »

音楽やその他諸事」カテゴリの記事

コメント

ハルくん様
伝説の名舞台ですね。この引っ越し公演で、ニルソン主演ホルライザー指揮の、R・シュトラウス/エレクトラの本邦初演も、成されたんでしたか。
ワイド・スクリーンで拝見出来たら、さぞかし美しさと迫力の点で素晴らしいでしょう。
脱線ですが拙宅の14インチ型画面で、HDに収録のブルース・リー映画を観た際に、中学時分に大阪の阪急プラザ劇場で観たドラゴン怒りの鉄拳を思い出し、本来こうあるべき劇場のスクリーンで接した際の面白さ素晴らしさは、こんなもんじゃなかったよ…と、一人ごちたのでした。

投稿: リゴレットさん | 2018年5月26日 (土) 09時17分

リゴレットさん

「エレクトラ」の日本初演はこんなに遅かったのですね。ニルソンも全盛期を過ぎていてこの曲は辛かったことと思います。

そうですね、どんなに大きなホームシアターでも劇場鑑賞の迫力には及びませんね。
中学生のときに観た「エルヴィス・オン・ステージ」なんかも家で観ると全然迫力を感じません。

投稿: ハルくん | 2018年5月27日 (日) 17時49分

ハルくん様
ドリーブ/ラクメ、ボーイト/メフィフトーフェレも舞台上演は、日本未上演だったのでは?
もっとも東京では噂のバッティストーニ氏が、衣装を着けて演技を伴わない演奏会形式で上演予定と、レコード芸術誌上のインフォメーションに載っておりましたね。首都圏のお方が羨ましい限りです。

投稿: リゴレットさん | 2018年5月27日 (日) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/58288788

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」 DVD鑑賞会の予告:

« ~スケートリンクの怪人~ 羽生結弦くん GPファイナル連覇! | トップページ | ブラームス ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調op.83 新々・名盤 »