« 雨天の中をダブルヘッダー | トップページ | ハインリッヒ・シュッツ オラトリオ「イエス・キリスト生誕の物語」SWV435 名盤 »

2014年12月22日 (月)

黒田官兵衛 ~播磨灘物語~ 司馬遼太郎

Kuroda_kanbei
毎週欠かさず観ていたNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」が終わってしまいました。
昨年の「八重の桜」やその前年の「平清盛」も非常に面白かったですが、今回の「官兵衛」が一番楽しめたかもしれません。主役の岡田君についてはアイドルグループV6のメンバーだということぐらいしか知らなかったので、最初は大丈夫かと思っていましたが、放送回数が進むにつれてすっかり役に溶け込んで、後半では入魂の演技が素晴らしかったと思います。

それにしても、こんなに面白く観られたのは、やはり黒田官兵衛という人物の魅力そのものに他ならないでしょう。田舎武士の家に生まれて、信長-秀吉-家康の三人に仕えあるいは対峙し、その間に命を落としても不思議で無い窮地をも乗り越えてついに晩年まで生き抜いたという、間違いなく「奇跡の人」ですね。
秀吉が畏れたほどの聡明さはもちろんですが、およそ私利私欲を持たない、この時代ではこの人と竹中半兵衛以外にはほとんど見当たらない稀有な人物なのでしょう。だからこそ奇跡のように生きられたのだと思います。出家してから黒田如水(じょすい=水の如く)と名乗りましたが、人生を流れる水のように自然に逆らうことなく身を任せて生きることが奇跡を生んだのですね。戦国時代に生きた人物として、これほど興味深い存在は中々他に居ないような気がします。

実は、司馬遼太郎の小説「播磨灘物語」を読んでいるところです。もちろん官兵衛の話ですが、今はまだ荒木村重の伊丹有岡城の獄中から奇跡的に助け出された場面のあたりです。大河の中で余り詳しく描かれなかった場面が色々と詳しく表現されているので、とても愉しく読んでいます。Kuroda_614yw82kyyl__sx220_

|

« 雨天の中をダブルヘッダー | トップページ | ハインリッヒ・シュッツ オラトリオ「イエス・キリスト生誕の物語」SWV435 名盤 »

読書」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
終わってしまいました...○| ̄|_
如水は昔から好きでしたし、官兵衛ロスです。

松本人志さんも数年前に、如水好きを熱弁されてました。

ドラマ→映画化となった「SP」もヨカッタし、ジャニーズで俳優として最も成功してるのは岡田准一君ではないかと。堂本剛君が昔から人柄を褒めてました。「元気が出るテレビ」からジャニーズを誕生させようというコーナー出身ですし、強運の持ち主でもあります。

寺尾聡さんの家康も素晴らしかった。片目をほぼ瞑ってたのは役作りなのか、普段からそういったお顔立ちなのか、どちらなんでしょう...。

投稿: source man | 2014年12月22日 (月) 15時42分

ハルくんさん、こんばんは。
ここ十年程の「大河ドラマ」は 信長、義経、龍馬、などの いわゆる"英雄"を主役に据えるのではなく、敵方や "縁の下の力持ち"的な人物にスポットを当てたものが多いですよね。
多分、それが 歴史ドラマとしての「深み」を与えているのだと思います。
 
やはり "歴史"はこうした人々が多く集まって、作られるのですね‥…。
 
次作の「花燃ゆ」も 松陰の妹、"文"が どう「歴史」と関わってゆくのか 楽しみです。

投稿: ヨシツグカ | 2014年12月22日 (月) 20時03分

source manさん、こんにちは。

これまでは黒田官兵衛(如水)の生涯、人物を詳しくは知ってなかったのですが、大変な人物でしたね。知ってみれば、如水好きになるのは当然です。

寺尾聡が片目を瞑っていたのは、家康の”裏の顔”を表現するための演技なのだそうです。考えたものですが、少々やり過ぎなようにも思います。演技全体は非常に良かったですがね。

投稿: ハルくん | 2014年12月23日 (火) 17時44分

ヨシツグカさん、こんにちは。

昔から良く知られたヒーローではなく、普段余り陽の当たらない人物を選び出すのは大変なことでしょうね。でも、おかげで色々な日本の歴史を新たに知ることが出来るのですから有り難いです。
本当に数えきれ無いぐらい大勢の人たちの歴史のおかげで現在の日本があるのですから感謝をしたいです。
来年の「花燃ゆ」も楽しみですね。

投稿: ハルくん | 2014年12月23日 (火) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/58341029

この記事へのトラックバック一覧です: 黒田官兵衛 ~播磨灘物語~ 司馬遼太郎:

« 雨天の中をダブルヘッダー | トップページ | ハインリッヒ・シュッツ オラトリオ「イエス・キリスト生誕の物語」SWV435 名盤 »