« モーツァルト 歌劇「魔笛」K620 名盤 | トップページ | クリスティアン・ティーレマン/シュターツカペレ・ドレスデンのブラームス交響曲全集 新盤 »

2014年11月 9日 (日)

古楽器によるフランス・バロック音楽のコンサート in シェア奥沢

シェア奥沢の催しがだんだん凄くなっています。今日は古楽器によるフランス・バロック音楽のコンサートが行われました。演奏して頂いたのはバロック・ヴァイオリンの小穴晶子さんとヴィオラ・ダ・ガンバの神山敦子さんです。
小穴さんは多摩美術大学で18世紀フランスの音楽美学を教えていらっしゃる先生であり、神山さんはチェンバロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、通奏低音を習得された日本ヴィオラ・ダ・ガンバ協会の会員さんです。

演奏曲目は、以下の通りでした。

J.F.ルベル     ヴァイオリン・ソナタ第7番
F.クープラン     王宮のコンセール第2番
J.M.ルクレール ヴァイオリン・ソナタ作品2第11番

曲の演奏前には小穴先生による当時の時代背景を含めた詳しいレクチャーが有るので、今回は私の出番はありません。リスナー側になって演奏をゆっくり楽しませて頂きました。
フランス・バロックというと、器楽ではどうもクラヴサンのイメージが強いのですが、素晴らしいヴァイオリン音楽もちゃんと有るのですね。特にルクレールはフランス・ベルギー派ヴァイオリンの創始者とも呼ばれている人ですが、イタリアで学んだというだけあって、何となくヴィヴァルディに似ているような印象を受けました。

それにしても、ここで古楽器の調べを聴けるとは思ってもみませんでした。今日いらした方々は贅沢なひと時を心ゆくまで満喫されたことと思います。

|

« モーツァルト 歌劇「魔笛」K620 名盤 | トップページ | クリスティアン・ティーレマン/シュターツカペレ・ドレスデンのブラームス交響曲全集 新盤 »

演奏会(オムニバス)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
シェア奥沢の素敵な空間での古楽器コンサートはとても心地が良かっただろうなと思います!
これからもどんなコンサートが開催されるのか楽しみです(^-^)

投稿: Mai | 2014年11月14日 (金) 05時24分

Maiさん、こんにちは。

古楽器演奏もすばらしかったですが、先生のフランス音楽&歴史のレクチャーがとても楽しめました。これからも時々来てくださるそうなので、その時に一緒できる機会が有るとよいですね。

Maiさん達のコンサートも来年是非またお願いしますね。楽しみにしています!

投稿: ハルくん | 2014年11月14日 (金) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/57937422

この記事へのトラックバック一覧です: 古楽器によるフランス・バロック音楽のコンサート in シェア奥沢:

« モーツァルト 歌劇「魔笛」K620 名盤 | トップページ | クリスティアン・ティーレマン/シュターツカペレ・ドレスデンのブラームス交響曲全集 新盤 »