« 「花子とアン」 ごきげんよう、さようなら | トップページ | モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」K492 名盤 »

2014年10月 1日 (水)

第3回クラシック鑑賞会 in シェア奥沢

先週日曜日(9月28日)にシェア奥沢で催した第3回目のクラシック鑑賞会では 「初期ロマン派音楽」をテーマとしました。 ロマン派の最初期に活躍したドイツのシューベルト、ウエーバー、それにイタリアのパガニーニ、ロッシーニの4人を取り上げてポピュラーな名曲ばかりを集めましたが、演奏には出来るだけこだわりを持って選んだつもりです。せっかくですので、ちょっと当夜のプログラムをご紹介してみます。

前半 

シューベルト

 歌曲集「美しき水車屋の娘」から水車職人の花 ヴンダーリッヒ(Tr)、ギーゼン(Pf)(DG)

 歌曲集「冬の旅」から菩提樹=ディースカウ(Br)、ブレンデル(Pf)(フィリップス)

 歌曲集「白鳥の歌」からセレナーデ” シュライヤー(Tn)、オルベルツ(Pf)(DG)

 ピアノ五重奏曲「ます」から第4楽章 バドゥラ=スコダ(Pf)、バリリ四重奏団員(ウエストミンスター)

劇付随音楽「ロザムンデ」から序曲” ミュンヒンガー/ウイーン・フィル(デッカ)

ウエーバー

 ⑥歌劇「魔弾の射手」から序曲、婚礼の合唱狩人の合唱  コリン・デイヴィス/ドレスデン国立歌劇場(フィリップス)

後半

パガニーニ

 「24のカプリース(奇想曲)」から第13番、20番、24番 ルジェーロ・リッチ(Vn)(デッカ)

 ヴァイオリン協奏曲第2番から第3楽章「ラ・カンパネラ」 ギトリス(Vn)、ヴィスロツキ/ワルシャワ・フィル(フィリップス)

ロッシーニ

 歌劇「セビリャの理髪師」序曲 トスカニーニ/NBC交響楽団(RCA)

 歌劇「セビリャの理髪師」から私は町の何でも屋 レオ・ヌッチ(Br)、パターネ/ボローニャ歌劇場管弦楽団(デッカ)

 歌劇「ウイリアム・テル」序曲 ムーティ/ニューフィルハーモニア管(EMI)

ざっと以上です。

解説、ティータイムを含めて約2時間半という制約がありますので、選曲から外れた名曲も沢山有りました。そのうちにいつかまた取り上げたいと思っています。

|

« 「花子とアン」 ごきげんよう、さようなら | トップページ | モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」K492 名盤 »

音楽やその他諸事」カテゴリの記事

コメント

とても充実したプログラムですね!
普段クラシックを聴かない方の耳にも馴染みやすそうです。
私も伺いたかったです・・。
今後のプログラムも楽しみにしています!

投稿: Mai | 2014年10月 6日 (月) 01時29分

Maiさん、コメントありがとうございます!

普段あまりクラシックを聴かれない方でも楽しめて、親しんでもらえるようにと心がけてはいます。そのうちに”ピアノ曲の特集”とかもしてみたいです。
いつか機会があれば是非来てくださいね。

投稿: ハルくん | 2014年10月 6日 (月) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/57542767

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回クラシック鑑賞会 in シェア奥沢:

« 「花子とアン」 ごきげんよう、さようなら | トップページ | モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」K492 名盤 »