« モーツァルト 歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」K588 名盤 | トップページ | 第3回クラシック鑑賞会 in シェア奥沢 »

2014年9月27日 (土)

「花子とアン」 ごきげんよう、さようなら

Hanako214807
ごきげんよう。

NHKの連続朝ドラ「花子とアン」の放送が終了してしまいましたね。いやいや、半年間1回も欠かさずに楽しませてもらいました。その前の「ごちそうさん」も実に面白かったのですが、「花子とアン」はそれを上回るほどの面白さでした。そのまた前の「あまちゃん」には楽しめなかったですが、最近の二つの朝ドラは大好きです。次回の「マッサン」はどうでしょうね。予告を見た限りでは中々に面白そうですが。

そういえば大河ドラマの「軍師官兵衛」ももうじき終わりですね。これも本当に素晴らしいです。「平清盛」「八重の桜」と3作も続けて面白い作品が続いたのは驚きです。

それともう一つ密かに?楽しんでいるのが木曜時代劇で、このショートシリーズも大好きです。「吉原裏同心」が終わってしまったのは残念。

それにしても最近のNHKのドラマは充実していますね。現代ドラマは今ひとつのように思いますが、歴史、時代物の充実ぶりはさすがは国営放送です。まぁ受信料を払っているのだから当たり前と言えばそうなのですが。民放にも面白いものは有りますが、流れゆく大河の如きじっくりと腰を据えて制作された作品というのには中々お目に掛れないようです。今後に期待しましょう。

ごきげんよう、さようなら。

|

« モーツァルト 歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」K588 名盤 | トップページ | 第3回クラシック鑑賞会 in シェア奥沢 »

芸能・スポーツ」カテゴリの記事

コメント

ハルくんさん、ごきげんよう。(笑)
実は、私も「花子とアン」を毎日欠かさず見ていました。面白かったですよねぇ。(というより NHKの朝ドラは「おひさま」以降は全作品を見てますが……(笑))
確かに 「朝ドラ」は 現代劇より 明治~昭和30年代ぐらいの話のほうが出来は良いみたいですね。(「あまちゃん」は私の世代には ピッタリ ハマりましたが…(笑))
 
次の「マッサン」も舞台が大正時代からですので 期待 "大"です。
それでは、ごきげんよう。
さようなら。
(笑)

投稿: ヨシツグカ | 2014年9月27日 (土) 17時19分

ヨシツグカさん、ごきげんよう(笑)

「花子とアン」、ホント面白かったですねえ。
後半での花子と白蓮とのダブルヒロインという離れ業にも見事に成功していましたしね。白蓮が駆け落ちをする「愛の賛歌」のシーンなんかは最高でした。

次の「マッサン」も楽しみにしましょう。
それでは、ごきげんよう、さようなら。(笑)

投稿: ハルくん | 2014年9月27日 (土) 23時19分

ごきげんよう、やはり見ておられましたか。なんだかドラマの趣味も私と似ているみたいで楽しいです。あ、最近商売繁盛(だが残業手当はゼロ)で、こちらにちっとも立ち寄れませんでした、失礼おゆるしください。

朝ドラも大河ドラマも、見ようによってはキリスト教に関係あるネタが続いているのが、NHKとしてはめずらしいのではないでしょうか。宗教上の関心は別にしても、典礼歌や讃美歌の日本における受容史として見ると、音楽ファン的には興味深いものがあります。

マッサンで「蛍の光ってスコットランドの歌なんだって!」と子どものセリフがありました。竹鶴さんの帰国時にはすでに、日本の歌として定着していたということなんですね。中島みゆき歌う主題歌「麦の歌」にそっくりの聖歌も発見しました、あえてそんなテイストで作曲したのでしょうか。

それにしても余市のドラマに札幌の歌手か~、札幌出身者としては心騒ぐ毎日です(笑)わたしが卒業した小学校は中島みゆき嬢の実家の近くです。

投稿: かげっち | 2014年10月 4日 (土) 12時53分

こんばんは、ハルさま。花子さん、ごきげんようサヨウナラ。マッサン、こんにちは宜しくね。期待してますよ。私はここ5年以内の朝ドラでは「あまちゃん」と「カーネーション」が双璧なんですが。。でも、もしかしたら朝ドラ以上に楽しみなのが時代劇なんです。「御宿かわせみ」「居眠り磐音」のシリーズ物や「吉原裏同心」一作前の「銀二貫」BSでつい先日まで放送していた宮部みゆきさんの「おそろし」全ての作品の原作が非常に面白いだけに期待を裏切られたらと、多少懸念もありましたが全くいらぬ心配でした。吉原裏同心の貫地谷しほりさん良かったですね。朝ドラ「ちりとてちん」のヒロインもとても良かったし、上手い女優さんです。柔道一直線で足でピアノを弾いた近藤正臣さんはいぶし銀の俳優さんになられ、NHKになくてはならない俳優さんですね。後続の新番組の時代劇「ぼんくら」も楽しみです。宮部みゆきさんの原作もすごく面白くて大好きです。
今からワクワクしています。

投稿: from Seiko | 2014年10月 4日 (土) 21時47分

かげっちさん、こんにちは。

お仕事で御多忙とのこと、体調にどうぞお気を付け下さい。

そうですね、大河は特に前作に新島襄が出てきましたしね。我が国の歴史のうえでも影響は計り知れませんね。

スコットランドの曲には「蛍の光」「故郷の空」など日本化した有名曲が色々とありますね。昔の日本人の感性にピタリと合ったということでしょう。

かげっちさんの小学校は中島みゆきの実家のお近くでしたか。ひょっとして中島みゆきと同窓では??

投稿: ハルくん | 2014年10月 5日 (日) 16時47分

Seikoさん、こんにちは。

時代劇、面白いですよねー。「銀二貫」も良かったですし、その前の「薄桜記」も大好きでした。次の「ぼんくら」も楽しみです。

近藤正臣さんはすっかりベテラン俳優になりましたが、凄く良い味を出していますね。NHKに欠かせない存在です。
マエストロ・オザワの息子もNHK好みの俳優ですが、最近余り見ませんね。愛しの滝クリちゃんと浮いた話が出てからはすっかりキライになりましたけど。(笑)

投稿: ハルくん | 2014年10月 5日 (日) 17時02分

ハルくんさん、ごきげんよう。

中島みゆきさんは数年先輩になるはずですが、たぶん小学校を卒業してからそこに引っ越してきた方で、わたしは小学校を出てから別の学区に転出したので、「同窓生」にはなっていないようです。

ちなみに、麦の唄に似ている聖歌は Tell me the story of Jesus という歌詞です。

投稿: かげっち | 2014年10月 6日 (月) 12時21分

かげっちさん、ごきげんよう。

同窓生ではありませんでしたか。残念でしたね。
といっても、それで何か恩恵があるというわけでもないのでしょうけれど。

「Tell me the story of Jesus」という曲はYouTubeで幾つも聴けますね。「麦の唄」に似ていると言われれば、そんな気がするような、良く分からない様な・・・。

投稿: ハルくん | 2014年10月 6日 (月) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「花子とアン」 ごきげんよう、さようなら:

« モーツァルト 歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」K588 名盤 | トップページ | 第3回クラシック鑑賞会 in シェア奥沢 »