« パリで研鑽を積む若手演奏家によるサロンコンサートのご紹介 | トップページ | モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ集 名盤 »

2014年7月15日 (火)

2014ワールドカップ 閉幕

2405348_fulllnd

2014ワールドカップ ブラジル大会が終わってしまいました。白熱したゲームがとても多く、非常に面白い大会でしたね。ただし我が日本の試合は第1戦、第2戦と面白くありませんでした。唯一面白かったのは第3戦ですが結果は惨敗でした。

今大会の日本チームは”史上最強”と言われていましたが、確かに日本の歴史のみで見ればそうだと思います。けれども世界のサッカーはそれ以上に進歩していたのですね。前回大会で優勝したスペインですら、世界の潮流から遅れてしまった感があります。であれば、日本については何をいわんやです。

日本のスタイルとして歌われた”超攻撃型サッカー””連動性”って一体何だったんだろう?と思わずにいられませんね。守備に隙が有り、攻撃に速さが無く、中盤でボールをさばくだけのサッカーのどこが超攻撃的なの?と哀しくなります。どの相手国も日本には怖さを全く感じなかったのではないでしょうか。

守備を固めて、そのうえで個の力と強さと連動性で一気呵成に攻め立てるドイツの優勝がこれからの世界のサッカーの潮流になりそうです。
日本はアジアでは飛躍的な進歩を遂げていますが、世界に追い付くためにはまだまだ長い年月がかかりそうですね。というか、それは永遠に無理なのかな?

そんな印象が最後に残った、面白くも哀しい大会として印象的でした。
それにしてもドイツVSアルゼンチンの決勝戦は本当に面白くて興奮しました。あれこそワールドカップですね。サッカーとはなんて面白いスポーツなのでしょうか!

|

« パリで研鑽を積む若手演奏家によるサロンコンサートのご紹介 | トップページ | モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ集 名盤 »

芸能・スポーツ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
終わってしまいました...。○| ̄|_

日本は「自分たちのサッカーをしなかった」のでなく、研究されて「させて貰えなかった」と自覚しなければいけません。

雑誌「Number」敗北検証の7/9臨時増刊号(特にドイツがコンフェデ視察で方針変えた記事)、日刊スポーツ連日のルポ、昨夜19:30NHKの総集編は、サッカーファンは絶対にチェックして欲しいです。

投稿: source man | 2014年7月15日 (火) 20時41分

source manさん、こんばんは。

問題は、日本が「自分たちのサッカー」で闘おうと想定していたのが本当に世界のサッカーだったかどうかです。想定していたのはもしや「過去の世界のサッカー」だったのかもしれません。
ザッケローニも色々と批判されていますが、僕も監督として最適だったかどうかは良くわかりません。ただ、サッカー後進国のアジアのチームを率いてW杯本戦で優れた成績を上げるのがどんなに困難な事かは間違いないので、決して批判をするつもりは無いです。それに監督を代えたぐらいで本当に強豪に成れるぐらいなら苦労はしませんね。
一人の監督の選出以上に、日本として世界に通用する選手、チームを育成する方法をもっともっと研究する必要が有るように思います。

投稿: ハルくん | 2014年7月15日 (火) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014ワールドカップ 閉幕:

« パリで研鑽を積む若手演奏家によるサロンコンサートのご紹介 | トップページ | モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ集 名盤 »