« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月26日 (土)

モーツァルト フルート四重奏曲集 名盤

6he5

昔からとても好きで、良く聴いた曲がモーツァルトの4曲のフルート四重奏曲です。フルート四重奏といってもフルート4本で演奏するわけでは無く、フルートとヴァイオリン、ヴィオラ、チェロという編成です。

4曲とは具体的に次の通りです。

第1番ニ長調K285
第2番ト長調K285a
第3番ハ長調K285b
第4番イ長調K298

この四重奏曲も、モーツァルトが1777年にマンハイム=パリ旅行中に知り合った、外科医で裕福な音楽愛好家のドジャンから、2曲のフルート協奏曲と一緒に注文を受けたために作曲されました。但し、ドジャンのために書いたのは、K285、K285a、K285bの3曲で、最後のK298だけは10年近く後に書かれた曲です。ということにおおよそされてはいますが、作曲の経緯には幾らか不明な点が残されているようです。しかし、ムズカシイところが無く、理屈抜きで楽しめる(モーツァルトの音楽は元々そうなのですが)という点では最右翼の曲集の一つです。4曲では第1番ニ長調K285が抜きんでた傑作だと思いますが、とりわけ第3楽章ロンドの愉悦感と言ったらありません。僕がこの曲から連想するのはピアノ協奏曲の第23番K488の終楽章なのですが、両曲には”愉悦感”で相通じるものが有るように思います。

それでは僕の愛聴盤のご紹介です。

Mo952ウィリアム・ベネット(Fl)、グリュミオー・トリオ(1969年録音/フィリップス盤) イギリスの名フルート奏者ベネットがグリュミオー・トリオと共演した演奏です。アンサンブルは優れていますし、良い演奏だと思います。ただ、ベネットもグリュミオーも少々真面目過ぎる印象です。特にグリュミオーは協奏曲やソナタでの素晴らしさを期待すると少々物足り無く感じるかもしれません。小粒ながらもモーツァルトの音楽の素晴らしさをそれなりに出してはいるのですが・・・。

Mo1010234ヨハネス・ワルター(Fl)、ドレスデン・カンマー・ゾリスデン(1971年録音/オイロディスク盤) ワルター以下、全員がシュターツカペレ・ドレスデンの団員ですが、当時のオケのいぶし銀の音そのままの演奏です。ワルターの名人ぶりは流石ですが、ソリスト的に目立つような派手さは全く有りません。弦楽器の技術水準は室内楽としてはまずまずですが、アンサンブルとしての調和度が何しろ秀逸です。典雅さを絵にかいたような演奏で、例えてみれば、宮廷で演奏されるのに一番相応しいように思います。ルカ教会の録音なので、残響が多くオフ気味に聞こえるのが余計にそう感じさせます。

Mo12291459_4efc01d30ec40ウェルナー・トリップ(Fl)、ウイーン室内合奏団(1971年録音/ヴィーナスレコード盤) 第1番と第4番の2曲のみの録音ですが、これは執筆でもご活躍されているプロデューサーの中野雄さんがトリオ・レコード時代に制作されたウイーン・フィル団員による名録音のうちの一つです。あの頃に日本であの素晴らしい演奏が残されたこと自体が驚きですが、当時はLP盤で愛聴しました。現在ではCDが少々マイナー扱いなのが残念ですが、ウイーンの香りが一杯に漂う名演奏を聴くことが出来ます。この2曲では第1ヴァイオリンをゲルハルト・ヘッツェルが弾いています。

Mo_0562_thumbnailペーター・ルーカス・グラーフ(Fl)、ラウアー(Vn)、ヒルシュフェルト(Va)、ニッフェネッガー(Vc)(1970年代録音/クラーヴェス盤) グラーフの太い音は好きで、曲によっては同じスイスのニコレよりも好みました。この録音もLP盤で愛聴しました。弦楽はチューリッヒ・トーンハレ管の団員を中心に構成されていて、技術的な力量は多少劣りますが、全体にゆったり目の演奏で中々に温かく良い雰囲気を醸し出していて悪くありません。この曲の原点とも言える、素朴さや優しさを感じさせてくれる得難い魅力が有ります。

Mo521ジャン・ピエール・ランパル(Fl)、スターン(Vn)、アッカルド(Va)、ロストロポーヴィチ(VC)(1986年録音/ソニー盤) 夢のようなメンバーですが、何もここまで豪華で無くてもと思ってしまいます。けれでも演奏は流石に凄いです。ランパルのフルートはやはり王様の貫禄ですし、他のメンバーも凄いです。但し、スターンのヴァイオリンだけがモーツァルトの音楽にはそぐわない感じがします。何となく腕が余って逆に雑に弾いているような気がしてなりません。それが無ければ、もろ手を挙げて推薦盤にしたいのですが、演奏というのは難しいものです。

Mo754ペーター・ルーカス・グラーフ(Fl)、カルミナ四重奏団員(1988年録音/クラーヴェス盤) グラーフの二度目の録音は、カルミナSQとの共演となりました。旧盤よりもテンポは速くなっていますが、忙しなさは無く安定感が有ります。グラーフの名人芸は増々冴えていますが、それ以上にカルミナの上手さに唖然とします。アンサンブルが完璧で調和が取れていて、そのうえで各自が洒落っ気やセンスの良さに満ち溢れています。ここにはウイーンの甘さやパリの華やかさは見られませんが、モーツァルトの曲が持つ愉悦感を純音楽的に最上の形で表現し尽しています。

ということで、どの演奏にも特徴と魅力が有りますが、どれか一つと言われれば、僕はグラーフ/カルミナSQ盤に一番惹かれています。もっとも、トリップ/ウイーン室内合奏団の魅力はそれ以上で、もしも全曲録音してくれていたら、それをベストに上げることと思います。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2014年7月17日 (木)

モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ集 名盤

070748

モーツァルトの「ヴァイオリン・ソナタ」は、正確には「ヴァイオリン伴奏付きクラヴサンもしくはクラヴィーアのためのソナタ」です。貴族のお嬢様たちが、音楽教師のヴァイオリン伴奏に合わせてピアノを練習するために書かれた曲がほとんどです。
そのために、純粋な「ピアノ・ソナタ」と比べるとピアノのパートが易しく書かれていますし、曲そのものもそれほど凝った内容ではありません。にもかかわらず、とてもチャーミングな作品ばかりで、モーツァルティアーナにとってはやはり心惹かれるのですね。

これらの作品には第43番まで曲番号が付けられていますが、K100番以下の初期の作品の中には一部偽作が含まれています。ですので、一般的には第24番K296以降の作品が演奏されることがほとんどです。特にウイーンに移ってから書かれた第32番K376以降の作品は大半が三楽章構成であり楽曲も充実しています。

その中で、僕が魅力を感じている作品をざっと上げてみます。

第24番ハ長調K296
第25番 ト長調K301
第28番ホ短調K304
第34番変ロ長調K378
第35番 ト長調K379
第40番変ロ長調K454
第43番ヘ長調K547

その中でも飛びきり好きな曲と言えば、やはり第28番ホ短調K304ということになります。この曲に、最も”霊感”(インスピレーション)を感じるからです。曲全体を短調特有の苦悩や哀しみが覆っていますが、第2楽章中間部の静寂の中に射し込める微かな薄明かりは、ほんの束の間の幸福を想わせて涙を誘われずにいられません。

第34番変ロ長調K378にも、やはり霊感を感じます。第2楽章は、あのアインシュタインがヴァイオリンを弾いた録音が発見されたと話題になりましたが、実際は別の演奏家の録音であったようです。その真偽はともかくとしても、純粋無垢な美しさが心に浸み入る素晴らしい音楽です。
それに続く第35番ト長調K379も非常に魅力的ですね。

さて、僕の愛聴盤ですが、主要な曲を集めた選集から先にご紹介したいと思います。

Mozart_lupu_goldberg_snatas_for_pia
シモン・ゴールドベルク(Vn)、ラドゥ・ルプー(Pf)(1974年録音/DECCA盤)

CD4枚にソナタ16曲が収められたBOXセットです。親子ほどの齢の違いのあるコンビがロンドンで全曲演奏会を開いて大成功した直後に行われたレコーディングです。ゴールドベルクはSP時代にもリリー・クラウスとのコンビで録音を残しましたが、このルプーとの録音の方が気に入っていたようです。二人とも虚飾の無い端正な演奏家ですので、ギャラント風のスタイルとはだいぶ異なりますが、ゴールドベルクのしっとりと落ち着いた雰囲気が何とも魅力的です。この録音時65歳ですが、技巧的にも衰えは感じられません。もちろんルプーのピアノも地味ながらも底光りするような美しい音と演奏で、ゴールドベルクとは相性が抜群です。DECCAによる録音も優秀ですし、これはモーツァルティアンの為の最高の選集だと思います。

Mozart0002192ccc_2
カール・ズスケ(Vn)、ワルター・オルベルツ(Vn)(1967-1972年録音/edel盤)

CD5枚にソナタ18曲と小品3曲が収められたBOXセットです。K296以降のクラヴィーアとヴァイオリンのための作品をすべて網羅しているのがポイントです。二人とも旧東ドイツの演奏家らしく、どの曲に於いてもリズムや音符の処理が正確で、造形のしっかりとした演奏を聴かせます。ズスケの音は綺麗ですがやや細身で、もう少しふくよかさが有っても良いかなというところですが、かつて実演で聴いた音もやはり同様の印象でした。オルベルツは時にバロック的に聞こえるほど厳格な弾き方ですが、ズスケとはピタリと息が合っています。二人の演奏は真面目過ぎる印象が無きにしも非ずで、もう少し微笑みやウイーン的な甘さが欲しい気がします。ですので、何曲も連続して聴いていると幾らか飽きが感じられるかもしれません。何とも些細な不満ではありますが。録音は優れています。

Mozart_742
ヴォルフガング・シュナイダーハン(Vn)、カール・ゼーマン(Vn)(1953-1955年録音/グラモフォン盤)

CD3枚にソナタ13曲が収められたBOXセットです。曲目は少なめですが、K547以外の主要なソナタは網羅されています。録音年代から当然モノラルで幾らか古さは感じますが、音はヴァイオリンもピアノも明瞭です。なにしろシュナイダーハン以降、ウイーン出身の優れた独奏ヴァイオリニストがすっかり減ってしまったことからも、この録音は貴重です。全体の演奏は端正ながら、何気ない音型のあちらこちらにウイーンの甘さ、柔らかさを感じさせるのが本当に魅力的です。テンポは総じてゆったりとしているので現代の耳にはもたついて聞こえるかもしれませんが、これこそが鄙びたウイーン情緒であり味わいです。ウインナ・カフェを飲みながら聴くならば、やはりこの演奏でしょう!

続いては1枚もののご紹介です。

Mozartgruhaskil1アルトゥール・グリュミオー(Vn)、クララ・ハスキル(Pf)(1958年録音/フィリップス盤) これはもう定番中の定番ですのでいまさら何をいわんやですが、正に不滅の名盤です。古雅な趣のハスキルのピアノとギャラント風で小股の切れ上がったグリュミオーのヴァイオリンは一見合わなそうですが、実際はモーツァルトの音楽の微笑みと哀しみ、陰影の深さを他のどんな演奏家達よりも見事に描き出しています。テンポ感とフレージングもこれ以上無いほどに絶妙です。K304の第2楽章など、その余りの美しさに息もつけないほどです。唯一の不満は、ピアノの音が遠く感じられる録音バランスですが、素晴らしい演奏に聴き惚れているとそれも気にならなくなります。K301、K304、K376、K378の4曲が収められていて選曲もほぼベストです。

1196070809ヘンリック・シェリング(Vn)、イングリッド・ヘブラー(Pf)(1969-1972年録音/フィリップス盤) この二人はかなりの録音を残していてBOXでも出ていますが、僕のCDはK304、K376、K379、K454の収められた1枚ものです。選曲は悪くはありません。シェリングは三大B(バッハ、ベートーヴェン、ブラームス)は最高なのですが、モーツァルトの演奏には微笑みや茶目っ気がやや不足するように思います。ズスケと同じように”真面目過ぎ”に感じられるのですね。その典型がK304で、もっと感情に溺れても良いのになぁと思います。ヘブラーも傾向は同じですが、シェリングほどは気になりません。逆に曲想にピタリと適して素晴らしいのはK379です。二人とも本当に美しく、潤いのある音を奏でているので残念でいますし、響きの柔らかい録音も優秀です。

6696473イツァーク・パールマン(Vn)、ダニエル・バレンボイム(Pf)(1984年録音/グラモフォン盤) このCDはオリジナルのLP盤そのままなので、K301、K302、K303、K304が収録されています。これ1枚だとちょっと曲目が片寄ります。二人の演奏はとてもロマンティックなもので、甘く表情豊かに歌わせています。といって様式を崩している訳では有りません。およそ神経質さが無く、おおらかで自由奔放な雰囲気なのが魅力です。どの曲も無条件で楽しめます。但し、大好きなK304の第2楽章が以外にあっさりとしていて物足りません。パールマンの音は乾いた印象ですが、とても美しいです。これを決して”白痴美”などと誤って評することなかれ。

51cyrims8l__sl500_aa300_オーギュスタン・デュメイ(Vn)、マリア・ジョアン・ピリス(Pf)(1990-1991年録音/グラモフォン盤) この演奏も人気が高いと思います。収録曲もK301、K304、K378、K379と、1枚ものではベストの選曲です。録音もずっと新しくなるので二人の楽器がとても艶やかな音で録れています。デュメイ、ピリスともに歌い回しや表情づけが非常に豊かであり、少なくともここに上げた演奏の中では最も大胆です。両者ともにセンスが良いのでとても楽しめます。但し、モーツァルトのヴァイオリン・ソナタに清純さや純粋無垢な雰囲気を求めるとすると、この演奏は少々枠をはみ出していそうです。聴き様によってはある種の”あざとさ”を感じてしまうかもしれません。そこが好き嫌いの分かれ目です。

ということで、どれも魅力を感じる演奏ばかりですが、あえて選集、1枚ものからそれぞれたった一つ選ぶとすれば、迷うことなく選集はゴールドベルク&ルプー盤、1枚ものはグリュミオー&ハスキル盤です。特に後者はたった4曲でもベストに近い選曲ですし、奇跡的な名演奏なので、仮に選集、1枚もの問わず選ぶとしても、やはりこのディスクになります。この演奏のピアノの音に古めかしさを感じられる場合には、デュメイ&ピリス盤がお勧めできます。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

2014ワールドカップ 閉幕

2405348_fulllnd

2014ワールドカップ ブラジル大会が終わってしまいました。白熱したゲームがとても多く、非常に面白い大会でしたね。ただし我が日本の試合は第1戦、第2戦と面白くありませんでした。唯一面白かったのは第3戦ですが結果は惨敗でした。

今大会の日本チームは”史上最強”と言われていましたが、確かに日本の歴史のみで見ればそうだと思います。けれども世界のサッカーはそれ以上に進歩していたのですね。前回大会で優勝したスペインですら、世界の潮流から遅れてしまった感があります。であれば、日本については何をいわんやです。

日本のスタイルとして歌われた”超攻撃型サッカー””連動性”って一体何だったんだろう?と思わずにいられませんね。守備に隙が有り、攻撃に速さが無く、中盤でボールをさばくだけのサッカーのどこが超攻撃的なの?と哀しくなります。どの相手国も日本には怖さを全く感じなかったのではないでしょうか。

守備を固めて、そのうえで個の力と強さと連動性で一気呵成に攻め立てるドイツの優勝がこれからの世界のサッカーの潮流になりそうです。
日本はアジアでは飛躍的な進歩を遂げていますが、世界に追い付くためにはまだまだ長い年月がかかりそうですね。というか、それは永遠に無理なのかな?

そんな印象が最後に残った、面白くも哀しい大会として印象的でした。
それにしてもドイツVSアルゼンチンの決勝戦は本当に面白くて興奮しました。あれこそワールドカップですね。サッカーとはなんて面白いスポーツなのでしょうか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

パリで研鑽を積む若手演奏家によるサロンコンサートのご紹介

Reveries_concert
       (クリックをしてもらうと拡大します)

ブログは、いわば「フェイス無しブック」みたいなものですが、これが案外と新しい「つながり」を生むことがあります。今回、偶然つながりが生まれたパリ留学中の若手演奏家たちが帰国に合わせて、東京の三軒茶屋でサロンコンサートの開催を予定しています。

福田美成子さん、山田磨依さん、國本樹里さんの3人の演奏家が曲ごとに交代して演奏を行うという企画ですが、さすがはパリに留学されている方たちだけに中々に洒脱な曲目構成だと感じました。とても素敵なプログラムです。
吉夢、悪夢、白昼夢、叶えたい夢等、様々なRêveries(夢想)を音楽に乗せて届けてくれます。

既に座席予約は開始されているそうですが、まだ幾らか席に余裕は有るとのことですので、お近くにお住まいでご興味を持たれた方は是非お早めにご連絡ください。

以下、詳細についてです。

日時: 2014.8.23 (土) 14:00 (13:30 開場)
会場: Salon TESSERA(サロン・テッセラ) 
http://www.salon-tessera.com/home.html

アクセス: 東京都世田谷区太子堂4-22-6-4F
最寄り  東急世田谷線「三軒茶屋」駅より徒歩1分

<プログラム>
1.フォーレ:アンダンテ  (duo)
2.ブラームス:6つの小品よりOp.118 第1,3番
3.フォーレ:ヴァルス・カプリス第2番 
4.プーランク:ヴァイオリンソナタ  (duo)
--------------------------------------------
5.チャイコフスキー :ワルツ・スケルツォ Op.34  (duo)
6.スクリャービン:2つの詩曲 Op.32 
7.フォーレ:舟歌第3番 
8.ブラームス:ヴァイオリンソナタ第2番Op.100  (duo)

チケット: 1800円
ご予約頂いた方には、当日受付にてチケットお取り置き致します。
複数枚ご希望の方はお知らせ下さい。
キャンセル料はかかりません。

*ホールの規定により、小学生以下の方のご入場はご遠慮いただきます。

お問い合わせ、ご予約
國本 reve823@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 3日 (木)

ドヴォルザーク チェロ協奏曲ロ短調 アリサ・ワイラースタインの新しい名盤

モーツァルトの名曲特集はまだまだ続いているのですが、このところ別ネタ記事が多くなっています。ということで、今回もまた別ネタです。(笑)

00028947857563coverzoomドヴォルザーク チェロ協奏曲ロ短調op.104他小品
アリサ・ワイラースタイン独奏、イルジー・ビエロフラーヴェク指揮チェコ・フィル(2013年録音/DECCA盤)

ドヴォルザークのチェロ協奏曲って本当に名曲だと思います。あまたの協奏曲の中でも特に優れた曲の一つですね。望郷の寂寥感、ほの暗く激しい情熱、瑞々しい抒情性などが、いかにもドヴォルザークらしい美しい旋律の数々によって織り成されてゆきます。

この曲は、過去に素晴らしい名盤が幾つか有りますので、最近は新しいCDを購入することも滅多に無くなりました。けれども、気になっていた演奏を一つ聴いてみたところ、その素晴らしさにすっかり参りました。川平慈英風に言えば「ムムム!クゥ~!」ってところです。

それは、アリサ・ワイラースタインという1982年ニューヨーク生まれの、まだ30代初めのチェリストの新録音なのですが、これは彼女の2枚目のディスクです。彼女は5年前ぐらいからベルリン・フィルやアメリカのビッグ5、サンクトペテルブルク・フィル、パリ管などの層々たるオーケストラと共演していて大変に注目されているそうです。

Photo4_website480

彼女の才能を真っ先に買っていたのがバレンボイムのようです。バレンボイムといえば、悲劇の天才チェリスト、ジャクリーヌ・デュ・プレのかつての夫として有名ですが、どうも女性チェリストと縁が深いようですね。
今回のCDでは、ビエロフラーヴェク指揮チェコ・フィルという理想的な組み合わせと共演をしています。その理由でCDを購入する気になったというのも事実です。

さて、その演奏ですが、驚くほど力強く表現力の豊かなチェロです。男勝りと言っても過言ではありません。その点はデュ・プレと共通しています。テクニックは互角と言って良いでしょうが、ワイラースタインのほうがより丁寧に細部まで完璧に弾いている印象を受けます。歌い回しも素晴らしく美しいですが、幾らか抑制が感じられます。
二人を比べると、デュ・プレの方が本能の命ずるままに弾いている印象なのに対して、ワイラースタインは理知的に弾き込んでいる印象を受けます。
デュ・プレのほうが感情をストレートに激しく表出していますし、情念の濃さもワイラースタインを凌ぎます。ただ、そのデュ・プレの表現が余りに濃過ぎると感じられる人にとっては知と情のバランスが抜群にとれているワイラースタインが理想的となる可能性は充分にあります。

二人の個性の違いに優劣を付けることは不可能でしょう。この二人にピエール・フルニエを加えた三人の演奏が、この曲の独奏チェロのマイ・フェイヴァリットです。

一方、オーケストラ伴奏に関しては、昨年来日して素晴らしいドヴォルザークを聴かせてくれたビエロフラーヴェクとチェコ・フィルのコンビですので文句無しです。堅実ですが、チェコ・フィルの素朴で美しい音がたっぷりと味わえます。やはりドヴォルザークやスメタナは、チェコもしくはスロヴァキアのオーケストラに限ります。但し、この曲の録音にはズデニェク・コシュラーが同じチェコ・フィルを指揮して堤剛のチェロをサポートした最高の演奏が有りますので、さすがにそれを越えることは出来ません。

チェロ独奏とオーケストラの総合的な魅力で言えば、個人的には堤剛/コシュラー盤とワイラースタイン/ビエロフラーヴェク盤を双璧としたいです。一般的には後者が断然お勧めできます。

ワイラースタインのCDには協奏曲の他に、ピアノ伴奏に寄る小品数曲(歌曲、家路、スラヴ舞曲など)が収められていますが、どれもが心の襞に触れるような美しい演奏です。

ところで、ビエロフラーヴェクはチェコ・フィルと最近ドヴォルザークの交響曲全集を出しましたが、その中にもこの協奏曲の演奏が収められているようです。交響曲全集はチェコ・フィルとしてはヴァーツラフ・ノイマンの二度目の録音以来ですので、これは是非ともいずれ聴き比べてみたいものです。

<関連記事>
ドヴォルザーク チェロ協奏曲ロ短調 名盤

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »