« 2014 ワールドカップ ブラジル大会 開幕! | トップページ | 韓国が行っている「現代の性奴隷」とは »

2014年6月15日 (日)

2014ワールドカップ 日本対コートジボワール戦

2372043_biglnd
            ドログバ、香川、本田

ついに4年間待ちに待った瞬間です!2014ワールドカップ 日本の初戦、コートジボワール戦が行われました。
ちなみに、このコートジボワールって国、子供の頃の地図帳には確か”象牙海岸”と載っていましたっけ。

現地の天候が雨でしたので不安でした。細かいパスをつなぐ日本のサッカーにとってはパス精度の狂いが生じ易いピッチとなり不利だと思われたからです。けれども前半は手堅いゲーム運びをして、本田が素晴らしいシュートを決めるという最高の内容でした。いつもの日本らしからぬ前線でのプレスのユルさがやや気にはなっていましたが、コートジボワールは自分たちのチャンスを生かすだけの決定力に欠けていました。

1-0でリードして折り返した後半も失点を防いで悪くなかったのですが、ドログバが登場してから様相ががらりと変わりましたね。飲まれたわけではないでしょうが、存在感がやはり凄いです。いや、やはり飲まれてしまったのかな?戦場で敵に飲まれていては勝てる訳は無いですね。”サムライ・ブルー”の名が泣きます。
とにかく、立て続けの失点が悔やまれます。残念ですが、日本にこの試合をもう一度振り出しに押し戻す力は有りませんでした。

1-2の敗戦は有る意味、予想範囲内でしょうが、試合後半に進むにつれ日本は足が止まり、ミスも増えて内容的にはかなり不満が残りました。ドログバが出ていない前半に追加点が欲しかったです。あるいは同じような形での2点目の失点は何としても防いで欲しかったですね。せめて1-1のドローで終えて欲しかったです。

グループリーグ突破が厳しくなりましたが、残り2試合、背水の陣で頑張って欲しいです!

|

« 2014 ワールドカップ ブラジル大会 開幕! | トップページ | 韓国が行っている「現代の性奴隷」とは »

芸能・スポーツ」カテゴリの記事

コメント

再びこんにちは。

岡田氏の解説さすがでした。副音声は中田氏だったのを試合後に知り、聞いてみたかったです。

日本の立ち上がりは重く、ヘンでした。体勢崩した事で狙いと逆のニアへ飛んだとしても、アノ得点で日本が目を醒ました感じです。シンプルなプレーで素晴らしかった。前にDFが居てもコースが空いてれば打つ!アレで良いのです。

でも、その後の支配してた時間帯に追加を取れなかったのが痛い。後半の失点は、直前に森重が不必要なイエローを貰ってたのも、走り込んだ選手に何もできなかった要素にも思えます。ダメ押され点は、恐れていた横の動き=スピードに弱い日本CB弱点が出てしまいました。

遠藤を入れても、効果的な縦パスが出ない。イタリアvsイングランドを観てたので、ピルロのマエストロ感が改めてスゴい事なんだと。

投稿: source man | 2014年6月15日 (日) 13時51分

source manさん

ワールドカップに長いこと手の届かなかった日本が急速な進化を遂げて出場国の常連になれたのは確かですが、本大会で勝ち進むだけの実力にはまだまだ遠いようですね。
オランダ―スペイン、イタリア-イングランドなどの試合を観ているとアジアのレベルはまだまだだなぁと実感しますね。
でも頑張って奇跡を起こして欲しいなぁ。絶対に!

投稿: ハルくん | 2014年6月15日 (日) 15時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014ワールドカップ 日本対コートジボワール戦:

« 2014 ワールドカップ ブラジル大会 開幕! | トップページ | 韓国が行っている「現代の性奴隷」とは »