« モーツァルト ピアノ・ソナタ 全集他 名盤 ~名女流に限るということでもないが~ | トップページ | ハンガリー国立フィル 2014日本公演 ~小林研一郎のチャイコフスキー~ »

2014年6月25日 (水)

2014ワールドカップ 日本対コロンビア戦

2384323_biglnd
    岡崎選手のヘディングによる唯一の得点

日本は頑張って戦いましたが、やはり1次リーグで敗退しましたね。前半こそ1-1で折り返して後半の”奇跡”に期待しましたが、結局は1-4で敗れました。それでも不完全燃焼に終わった感の有る先の2試合よりはずっと楽しめました。それにしても、コロンビアはメンバーを落とした1.5軍であるにもかかわらず強かったですね。
ちなみにC組の現在のFIFAランキングです。
コロンビア       8位
ギリシア       12位
コートジボワール 23位
日本            46位

ランキングは余り当てにならないとも言われますが、やっぱり当てになる気がします。アジアのチームのランクが非常に低いのも、今回のワールドカップを観ていると納得してしまいます。なにしろアジアのチームの苦戦ぶりが目立ち過ぎていますから。日本と世界とに差が有るのではなくて、アジア全体が世界との差が有るのですね。
何しろ個の力の差が歴然です。”連動性”を生かした日本らしいサッカーで何度も何度も攻め立てても点が取れないのに、個人技で一瞬に得点されては敵いません。日本が個の力でも点を取れるようになるにはこの先何年かかるでしょう。
でも、必ずしも悲観しているわけではありません。アジアでトップの力を保持すれば、とりあえずはワールドカップに出場できるのですから。3試合を観戦できただけでも幸せです。世界にはかつての日本のように出場も出来ない国が数多く有るのですからね。ですから、選手たちには3試合とも「負けてもともと」ぐらいの気持ちでポジティブに試合をしてほしかったです。

それでも日本の選手のレベル全体が進歩しているのは確かなので、いつか本当の意味で世界に通用する選手が何人も出て、チームとして世界の強豪の相手になるような時代を夢見たいものです。
また4年後を楽しみに待ちましょう。

|

« モーツァルト ピアノ・ソナタ 全集他 名盤 ~名女流に限るということでもないが~ | トップページ | ハンガリー国立フィル 2014日本公演 ~小林研一郎のチャイコフスキー~ »

芸能・スポーツ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
冷静に書き込みをしたく笑、時間を空けました。

前半終了間際の同点弾で後半立ち上がりが大事でした。流石ペケルマン監督、真打ちを登場させ、手を打ってきました。今大会は、投入された選手が直後に得点とか、監督の采配が明暗を分けている試合が目立ちます。

日本は交代選手が誰も違いを見せられなかった。やはり齋藤は使われませんでした。

所属チームで試合に出られない選手を選ぶだけでなく、スタメンで使う。2006年の繰り返しが残念でなりません。ブランクがあっても結果を残すレベルの選手は日本にはいません。

所属クラブ、リーグは関係なく、スピードに対応できるCB、強いシュートを打てるFW、何より試合に出てる選手を選んでいかないと。

最後に。直前のウルグアイ-イタリアは相当に面白かったです。スアレス...どうしてまた笑。出られなくなるの解ってるはずなのに。

投稿: source man | 2014年6月25日 (水) 17時17分

ハルくんさん、今晩は!
終わりましたね、ワールド・カップ。
誰かがいっていましたね。
コロンビアに3-0で勝利して、ギリシャが勝ってくれれば、予選突破だ、と...
コロンビア戦はまるで練習試合を見ているようで、逆にスカッとしました。最後には、最年長のゴルキーパーが出てきて、これでもかと、実力の違いを見せつけてくれました。コロンビアが一生懸命にプレーしてくれて、感謝ですね。
これからやることは色々あると思いますが、こんな試合をしていたら、アジアでトップだからといって、うかうかはしていられません。FIFAが、ワールド・カップの出場方法を見直すかもしれません。例えば、各地域の枠を変更するかもしれないのです。アジア枠を半分にして、南米枠を増やすとかです。或いは、単純にFIFAランキング上位に出場権を与えるとかです。強い国が戦うわけですから、面白味が倍増します。そうならないうちに、日本はなんとかしなくてはなりません。猛スピードで技術が向上してきましたが、何かが足りないのです。日本だけでなく、アジア系が。
これを考えると、肉食系か穀物系かという点に集約されるのではないでしょうか?ふと、そんなことを考えました。
笑い話ですが、主食が肉にならない限り、アジア勢の優勝など永遠にあり得ないのではないでしょうか。

投稿: クレモナ | 2014年6月25日 (水) 21時52分

source manさん、こんばんは。

この大会、アジアと世界の差が余りにも大きく感じられました。
日本代表も、どんなメンバーを使ったとしても全体としては大きな違いが無いようにすら感じます。
この十数年で急速に進化を遂げた日本ですが、W杯で強豪国と伍して戦うにはまだ更に十数年はかかるのではないでしょうか。
Jリーグに世界の現役バリバリの一流を沢山呼べるような環境も必要かもしれません。
その為には観客がもっと増えないとね。プレー内容の向上と観客動員数増加が鶏と卵の関係に有るのかもしれませんが。

投稿: ハルくん | 2014年6月26日 (木) 00時03分

クレモナさん、こんばんは。

確かにアジアは1~2枠を減らして、それを南米に移すべきでしょうね。ただ、サッカーの世界全体での普及を考えると、人口の多いアジアには”期待枠”として3つは有って良いのかもしれません。4つは多過ぎですが。

欧米やアフリカの選手を観ていると肉体的なギャップはどうしようも無いですね。日本は総じて走るのも遅いし、ぶつかり合いにも弱いです。強いて言えば持久力は有りますが(穀物系の利点?)それだけではねえ。
仮に肉が主食に成っても、肉体が欧米と同じになるのには何万年もかかるのではないでしょうか?なにせ人類の歴史ですから。(笑えない冗談?)

投稿: ハルくん | 2014年6月26日 (木) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014ワールドカップ 日本対コロンビア戦:

« モーツァルト ピアノ・ソナタ 全集他 名盤 ~名女流に限るということでもないが~ | トップページ | ハンガリー国立フィル 2014日本公演 ~小林研一郎のチャイコフスキー~ »