« モーツァルト ピアノ協奏曲第20、23、24、25番 イヴァン・モラヴェツ&ネヴィル・マリナー/アカデミー室内管 | トップページ | モーツァルト ピアノ・ソナタ 全集他 名盤 »

2014年6月20日 (金)

2014ワールドカップ 日本対ギリシャ戦

2378172_biglnd

試合が終わりました。痛恨のドロー。
4年間楽しみに待ち続けた試合がこんな程度かとガッカリする様なドキドキ感に乏しい内容でした。ボール支配率が70%といっても、守備を固めて相手にボールを持たせる戦法のギリシャ相手ですからね。持てて当たり前です。

しかし、10人で戦ってフラフラになり足が止まったギリシャに対して、最後にどうしてロングクロスばかり上げ続けたのでしょうね?ギリシャは背が高く空中戦は不利だと判り切っていたのに何度もクロスを送っては跳ね返されてばかりでした。ギリシャの守備の思う壺だったような・・・
最後は得点が入る予感が全くしませんでしたね。まるで日本自らが引分け狙いに行ったような戦い方でした。解説者が口をそろえて言っていた通りです。

スピードもパワーも無く一撃で相手を仕留める能力の乏しい日本はいわば農耕民族型。相手の足元からすくう地を這うようなグラウンダーで攻めてゆくのが効果的でしょうに、ギリシャの得意なグレコローマン・スタイルのレスリングを挑んだような気がします。

ただ、負けなかったのはせめてもの慰めですね。可能性を僅かでも残して次の試合が見られますからね。二試合で一次リーグの敗退が決まったスペインやイングランドに比べればだいぶマシかな。
こうなったらコロンビア戦の奇跡に期待しましょう。

|

« モーツァルト ピアノ協奏曲第20、23、24、25番 イヴァン・モラヴェツ&ネヴィル・マリナー/アカデミー室内管 | トップページ | モーツァルト ピアノ・ソナタ 全集他 名盤 »

芸能・スポーツ」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。
直前イングランドの試合は、負ける予感が強過ぎて観るのを止めました。ジェラード大好きなのですけど。

退場者を出した事で完全に引いて守りに入られ、日本が最も苦手な身体が強く引いて守るチーム最終形態になったのが、逆に痛かったです。

このチームは、中田氏が常々指摘してる様に、攻撃ペース、リズムを変えられないので、支配してる時間帯、今日で言えば前半、に点を取らないと、後半は相手が慣れてしまうのです。

緒戦の反省で、終盤でもパワープレーしないと話し合いで決めたと報道されてましたが結局...。

長友が高いセンタリングばかりしてたのが引っ掛かります。高さで全く歯が立たない訳だし、相手は楽だったと思います。そうじゃないよとばかり、後半に内田が低いセンタリングを上げ続けてたのが救いでしたが、やはり続けられず高いのを最後は上げてました。しつこくやり続けないと。

日本国民は、今日からギリシャ推しにもなり、最終コートジボワールに勝って貰うしかありまセン。

投稿: source man | 2014年6月20日 (金) 10時05分

source manさん、こんにちは。

イングランドは贔屓なので残念です。最後を観ていましたが、劇的な?失点でしたね。
ジェラードの往年の輝きもくすんできたように感じました。

ギリシア戦、終盤もチャンスだったと思うのですがねぇ。齋藤学のようなドリブルで足元から攻め立てれば点が入ると思ったのですが。
誰の判断で吉田が上がったのでしょうね。やっぱりザック・・・??

投稿: ハルくん | 2014年6月20日 (金) 10時21分

再びこんにちは。

終盤は確かに大チャンスでした。でも...個では誰も特別に抜きん出てない日本選手では難しい。アノ密集ですから。

スペイン敗退も然りで、結局勝っていくチームは絶対の、ソレもコンディションの良いFWがいるものです。風間監督も言ってますが、このチームで大久保を使うならイチバン前です。今日も孤軍奮闘、安定のコンディション。

岡崎はこのチームではあくまで2列目であり、肝である攻撃陣の連動+大久保の調子の良さで勝負しないと。あと...緒戦から岡崎が目立たないのも引っ掛かります。

投稿: source man | 2014年6月20日 (金) 10時49分

source manさん

ザックが試合後のインタビューで答えていましたが、ゴール前の守備をガッチリ固めた中をドリブルでかいくぐるのは難しいと思ったのでパワープレーで行ったようですね。
それこそ正にグレコスタイルで、巨漢力士とガップリ四つに組むようなものだと思います。
小兵力士はやはりチョロチョロと足元を狙って行くべきでは。

岡崎が目立ちませんね。それだけ背後に切り込んでゆく隙が無いチーム相手だったということでしょうかね。とにかく攻撃が単発でした。何かまるで巨艦にゼロ戦が一機づつ攻撃しているようで。

投稿: ハルくん | 2014年6月20日 (金) 13時52分

再々こんにちは。

キリが無いのでコレで最後にします。何度も失礼しました。

闘莉王がいるなら、練習してなくともパワープレーは理解できます。名古屋では毎度のコトですし笑。

齋藤...ザンビア戦に途中出場するも印象を残せませんでしたので、監督は使い辛いと思います。

昨年、豊田スタジアムでのブルガリア戦を生観戦して、今回選ばれなかった乾がスゴく良かったのです。TVでどう映っていたかは判りませんが。臆せず仕掛けるし、背は無いけど体格差がアレだけあったブルガリア選手に当たり負けもしてなかった。野洲高セクシーフットボールの申し子だけあって、技術もある。

どのポジションでもそうですが、短期決戦はコンディション良い選手を選ぶべきです。2006年ドイツ大会で日本は学んだはずなんですけど。

投稿: source man | 2014年6月20日 (金) 17時50分

source manさん

試合後のテレビでの解説者は口をそろえてザックの采配に疑問を唱えています。まあ、結果が出なければ批判されるのはどこの世界でも同じです。
強かろうが弱かろうが、世界で32の国しか出場していないのですし、そのうち半分は一次リーグで終わるのですからね。出ていることを素直に喜びましょう。
残り一試合、とにかく力を出し切って欲しいです。

投稿: ハルくん | 2014年6月20日 (金) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/56555478

この記事へのトラックバック一覧です: 2014ワールドカップ 日本対ギリシャ戦:

« モーツァルト ピアノ協奏曲第20、23、24、25番 イヴァン・モラヴェツ&ネヴィル・マリナー/アカデミー室内管 | トップページ | モーツァルト ピアノ・ソナタ 全集他 名盤 »