« モーツァルト フルート協奏曲&オーボエ協奏曲 名盤 | トップページ | モーツァルト ホルン協奏曲集 名盤 »

2014年5月15日 (木)

遠い過去の記憶「日韓友好」という言葉

随分以前のことですが、「日韓友好」という言葉が有ったような微かな記憶が有ります。記憶違いで無ければ日本でワールドカップが開催された頃です。

今日は、東京で日韓両政府の外務省局長級協議が開かれているようですが、韓国は例によって「従軍慰安婦問題」を取り上げて、”誠意ある対応”を求めるらしいです。日本はもちろん、日韓請求権協定に基き「問題解決済み」と答えるでしょうし、最近の韓国国内での戦時中の日本企業に対する損害賠償訴訟問題にも不満を述べることでしょう。

しかし、考えてみれば韓国がかつてベトナム戦争に米国から頼まれもしないのに大量に派兵をして(それを決めたのは朴大統領のオヤジさんですが)、北ベトナムで一般人の男性のみでなく、女性や子供を大量に虐殺したことは有名です。にもかかわらず、戦後の賠償請求をしないベトナム人の人の良さに乗じて知らん顔、当時の自国の兵隊は「英雄」扱い(なのだそうです)、日本に対しては「正しい歴史認識を持て」と、”被害者としての立場”を綿々と訴えて、世界中で反日キャンペーンを繰り広げるという身勝手ぶり、厚顔無恥さには、つくづく開いた口がふさがりません。正しい歴史認識を持たなければならないのは一体どこの国でしょう。

あのような隣国と仲良くする価値が有るのだろうかと本気で思うことがあります。

|

« モーツァルト フルート協奏曲&オーボエ協奏曲 名盤 | トップページ | モーツァルト ホルン協奏曲集 名盤 »

政治・経済問題」カテゴリの記事

コメント

ハルさま、今晩は。韓国にしろ中国にしろ(ベトナムの問題も新たに浮上してますし)身勝手な言い分に腹立たしさを通り越して、憐れみさえ感じてしまうような心境です。
安倍総理の集団的自衛権行使容認発言もあって、近隣国との危うい関係に色々と考えさせられます。難しい問題ですね。友好国って何だろう…

投稿: from Seiko | 2014年5月17日 (土) 00時28分

Seikoさん。こんにちは。

中国と韓国は国同士が結んだ友好条約を無視するどころか、”友好国”に対して徹底的に攻撃(”武力”だけとは限りません)を行うという、とんでもない非民主的国家ですね(中国は元々”民主国家”では無い”一党独裁国家”ですが)。
ならずもの国家の北朝鮮とどれだけの違いが有るのだろうかとさえ思えてきます。
3国との真の友好関係の未来が果たして来るのか不安に成ります。

投稿: ハルくん | 2014年5月17日 (土) 06時38分

ハルくんさま

お久しぶりです!(^_^)
日本国憲法全文
平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われわれの安全と生存を保持しようと決意した。
こいつがいけないですね。
この半年で世界情勢がものすごく変わっているのを感じます。
みんなが真剣に考える時期に来ているのではないでしょうか?

投稿: よーちゃん | 2014年5月17日 (土) 10時28分

よーちゃんさん、こんにちは。
ご無沙汰しましたが、お元気そうで何よりです。

戦争を起こした”悪い国”日本が、周りの”良い国”と再び紛争を起こさないように、という目的で作られた憲法ですからね。隣国と友好的な時代はそれでも良かったですが、いまやASEAN諸国などとの連携を含めて真剣に考えなければいけません。
”平和憲法違反?”の自衛隊を”国防目的の軍隊”だと堂々と宣言できるようでなければおかしいのではないでしょうか。
”平和憲法”を改正されて一番困るのは中国なので、懸命に改憲派を”戦争派”だと批判しています。護憲派の考えも人の自由ですが、情勢の変化に気付かずに硬直した考え方のみにとらわれていては逆に危うく思えてなりません。


投稿: ハルくん | 2014年5月17日 (土) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠い過去の記憶「日韓友好」という言葉:

« モーツァルト フルート協奏曲&オーボエ協奏曲 名盤 | トップページ | モーツァルト ホルン協奏曲集 名盤 »