« モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219「トルコ風」 名盤 | トップページ | バレエ「春の祭典」 マリインスキー劇場 ニジンスキー振付(ホドソン復元)版 »

2014年5月 4日 (日)

モーツァルト ヴァイオリンとヴィオラの為の協奏交響曲変ホ長調K.364 名盤

Original_2

今日の曲は、モーツァルトの「ヴァイオリンとヴィオラの為の協奏交響曲K364」ですが、これは本当に素晴らしい名曲です。ヴァイオリン協奏曲の第3番、4番、5番と比べても曲の充実度において、それらを凌ぐ傑作だと思います。3曲の協奏曲を誉め讃えたアインシュタインも、この協奏交響曲については「モーツァルトがヴァイオリン・コンチェルトで追及したものの頂点である」と述べています。

曲は下記の3楽章構成です。

第1楽章アレグロ・マエストーソ
第2楽章アンダンテ
第3楽章プレスト

この曲は、もちろんコンチェルトのカテゴリーに含まれますが、「協奏交響曲」というタイトルからもシンフォニックな色合いが濃いです。また、独奏楽器が2台のいわゆる”二重協奏曲”なのですが、ヴァイオリンとヴィオラにはカバーする音域こそ異なっても、どの楽章に於いても全く同じ音型が与えられていて、お互いが後に先にとそれを繰り返すように書かれています。”二重協奏曲”に夫婦の意味合いを込めたのはブラームスでしたが、モーツァルトのこの協奏曲では、『外に出て稼ぐのは夫、家事をするのは妻』という昔ながらの役割分担ではなく、『夫も妻も外で仕事をこなし、家事も育児も公平に分担する』という、非常に欧米的な新時代の関係になっています。安倍総理は”女性の社会進出”を積極的に進めたいと訴えていますが、そのためには例えば育児休暇を夫が妻と半年交代で取得できるような社会の仕組みが確立されなければなりません。でなければ、結局は女性に家事の負担が重なるだけですし、社会進出の為に結婚も子育ても犠牲にするようないびつな構造になります。「女性の社会進出」が「晩婚化」「少子化」に増々拍車をかけるだけの結果になりかねません。

大きく話が脱線しましたが、それぐらい”男女平等の精神”を実践したような名曲です。さすがはモーツァルトです。

それはさておき、かつてアマチュアでヴィオラを弾いていた頃に、演奏をしたい”憧れの曲”と言えば、ブラームスのヴィオラ・ソナタでしたが、さすがに難し過ぎて手も足も出なかったです。その点、このモーツァルトの協奏交響曲は名曲の割に、アマチュアが一応弾くにはそれほど難しく無いので、よく一人でヴィオラパートだけを弾いて遊びました。
そこで、押入れから本当に久しぶりに楽器を引っ張り出してきて弾いてみましたが、ブランクが余りに長くて、指が全く言うことを聞いてくれません。音符を一つづつ確かめて、たどたどしく追って行くしか無いのですが、それでもとても懐かしく楽しかったです。やはり楽器は良いですね。

ということで、僕の愛聴盤紹介に移ります。

1198020932 アルトゥール・グリュミオー(Vn)、アッリゴ・ペリッチャ(Va)、コリン・デイヴィス指揮ロンドン響(1964年録音/フィリップス盤) LP時代から愛聴して来た演奏です。デイヴィスの名伴奏に支えられて、独奏の二人が生き生きと名曲を奏でています。グリュミオーが素晴らしいのはもちろんですが、イタリア人のペリッチャがそれに少しもひけを取りません。2楽章での綿々と歌い、沈み込んでゆくような雰囲気も最高です。正に何一つ文句の付けようの無い名演奏だと思います。

419v6708bpl トマス・ブランディス(Vn)、ジュスト・カッポーネ(Va)、カール・ベーム指揮ベルリン・フィル(1964年録音/グラモフォン盤) ベームの指揮は実に風格が有ります。愉悦感に不足しますし、2楽章のムードも今一つですが、この曲を”交響曲”のように立派に演奏したものとしては最右翼ではないでしょうか。独奏の二人も余り目立とうとせずに管弦楽に溶け込もうとしているように感じられます。そういう点ではユニークな演奏だと思いますが、カッポーネのヴィオラが少々弱いのが気に成ります。

Mi0000955220 イーゴリ・オイストラフ(Vn)、ダヴィド・オイストラフ(Va&指揮)、ベルリン・フィル(1972年録音/EMI盤)  同じベルリン・フィルを指揮してもベームのような風格はありませんが悪く無いです。2楽章のドラマティックなうねりなどは圧巻です。オイストラフのヴィオラは上手いですが、ヴィオラらしい音の厚みに不足するので、何となくヴァイオリンが2台で弾いているようです。イーゴリのヴァイオリンも悪くありませんが、さりとて特別な魅力は有りません。それに二人ともダイナミックでやや繊細さに不足するようにも感じられます。

428 ゲルハルト・ヘッツェル(Vn)、ルドルフ・シュトレングVa)、リッカルド・ムーティ指揮ウイーン・フィル(1974年録音/オルフェオ盤) ウイーン・フィルの首席同士が独奏を務めるザルツブルクでのライブです。生演奏ということも影響して、ベーム盤以上にソロが目立ちにくい録音ではあります。ヘッツェルは元々ユーゴスラヴィア生まれで必ずしも生粋のウイーン風の弾き方ではありませんが、これをムーティ/ウイーン・フィルの”交響曲的”演奏として聴く分には中々に味わいが有って良いです。

ということで、上記の内で”完全無欠のモーツァルティアン”??を満足させてくれる演奏は、アルトゥール・グリュミオー/アッリゴ・ペリッチャ盤です。

|

« モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219「トルコ風」 名盤 | トップページ | バレエ「春の祭典」 マリインスキー劇場 ニジンスキー振付(ホドソン復元)版 »

モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン)」カテゴリの記事

コメント

ハルくんさん、こんにちは。
連日のコメントです。(笑)
ヴァイオリン協奏曲から数年後に書かれた「協奏交響曲」は、さすがに、アダルトな雰囲気が漂っていますねぇ。(笑) 第2楽章など、大人の恋愛映画に使えそうです。
(モーツァルトも そういう"恋"をしていたのでしょうか……)
この曲も大好きです。
愛聴盤は LPではベーム/ベルリン・フィル盤を聴いていましたが、CDでグリュミオー、ペリッチャの演奏(私の全集盤には含まれています)を聴いてからは こちらの方が好きになりました。ベームの演奏なら、ウィーン・フィルを振ったザルツブルクライブが シュナイダーハンとシュトレングのソロも含めてなかなか素晴らしいです。あと、V・ハーゲンのヴィオラが素晴らしい、デュメイの新盤も愛聴しています。

投稿: ヨシツグカ | 2014年5月 5日 (月) 09時02分

懐かしいレコードが続々登場しますね。
協奏交響曲 今はハーゲン・デュメイのCDを聴いています。
ヴァイオリン協奏曲はクレーメル・ウィーフィルで、現代風過ぎますかね。

投稿: 蝶 旅の友 | 2014年5月 5日 (月) 09時25分

ヨシツグカさん、こんにちは。

2楽章を”大人の恋愛映画”に!
いいですね~。青春映画には少々濃厚過ぎますからね。(笑)

グリュミオー/ペリッチャ、ホント良いですよね。大好きです。
ベームのライブ盤も有ったのですね。独奏者にシュナイダーハンでは、こちらのほうがベルリンPO盤やムーティ/VPO盤よりも間違いなく良さそうな気がします。
機会あれば聴いてみたいです。どうもありがとうございました。

投稿: ハルくん | 2014年5月 5日 (月) 11時16分

蝶 旅の友さん

この曲はデュメイ、ハーゲン盤も人気が有るようですね。

クレーメル、アーノンクール/VPOの協奏曲全集も昔から定評が有りますね。個人的には今一つ興味が湧かなくて未購入です。ちゃんと聴き込んでみないと本当は分からないのですけれども。

投稿: ハルくん | 2014年5月 5日 (月) 11時25分

ベーム盤を愛聴しています。
1960年代前半、ベルリンフィルは既にカラヤンの時代ですが、ベームが指揮すると、まだまだ、古風ですが渋みのある重厚な響きを聴かせてくれます。
もう今の時代、もうベルリンフィルから、そんな響きは聴くことはできません。
時代の流れを感じさせる録音。そんな時代を支えた2人のトップ奏者の演奏。
大切に聴いていきたい録音です。

投稿: オペラファン | 2014年5月 5日 (月) 11時56分

オペラファンさん

ベームは本当にかけがえのない指揮者でした。
現在になって、その存在の意味合いが更に解る気がします。
それは60年代初めまでのベルリンフィルの響きについても同じことです。それを破棄したカラヤンの犯した罪は大きいです。もっともアバド―ラトルによって、いずれは同じことになっていたのでしょうけれど。

投稿: ハルくん | 2014年5月 6日 (火) 11時26分

いい曲です・・・が、2楽章ってロマン派の曲みたいに甘美ですよね。もしかしたら彼の作品でいちばん甘美かも。変ホ長調という調性も弦楽器のための曲としては多くないですし、謎の多い曲です。

クラリネットとヴィオラは音域が近いので、2楽章のヴィオラパートをひそかに吹いています。B管だと吹きやすい調性です。

投稿: かげっち | 2014年5月 8日 (木) 13時05分

かげっちさん

本当に2楽章は濃厚なロマンティシズムですね。
ヴァイオリン協奏曲の2楽章は、”幸せな恋人の語らい”を連想させますが、この曲では”破局を迎えた男女の悲しみ”??という感じでしょうか。

この曲を管楽器2台で演奏したらどうでしょうね。その場合はヴァイオリンパートを吹くのはフルート?オーボエ?何が良いのでしょうね。

投稿: ハルくん | 2014年5月 8日 (木) 15時45分

最近この曲に興味を持ち、このページを発見しました。
ベーム盤はamazonのインプレで高い評価を得てますが、私はハルくんと同じく、愉悦感不足とヴィオラの弱さを感じました。
同じ感覚の方がいらっしゃって嬉しいです。
私のオススメはドホナーニ盤です。コンチェルトーネがカップリングされています。

投稿: そうか | 2017年1月27日 (金) 00時26分

そうかさん、コメントありがとうございます。

聴き手が演奏に何を求めるかで評価は全く異なりますからね。おそらくそうかさんと私のこの曲に対する”聴きどころ”が似ていたためだと思います。

演奏への評価は評論家ですら主観が入りますから自分と一致するとは限りませんし、ましてやリスナーの評価は余り当てにならないと思って良いですね。

アメリカのオケのモーツァルトには余り食指を動かされないのですが、クリーヴランド管だけは別ですね。ドホナーニ盤は聴いていませんが、クリーヴランドのトップが弾いているとすればさぞかし上手いでしょうね。
ご紹介頂きありがとうございました。

またいつでもお気軽にコメントください。
楽しみにお待ちしております。

投稿: ハルくん | 2017年1月27日 (金) 11時34分

三年前にこんなことを書いていたとは(笑)実は今夏この曲を仲間のオケでやることになりました、といっても私が演奏するわけではないのでご安心ください、聴く側に徹することができます。実は指揮者のお嬢さんが某プロオケのヴィオラ主席で、夫君が別のオケのコンマスなのだそうで、親子三人協演というめずらしいステージになるそうです。

投稿: かげっち | 2017年1月27日 (金) 17時12分

かげっちさん、こんばんは。

とても素晴らしいですね!
これを本物の”ファミリーコンサート”と呼ぶのでしょうか。(笑)

投稿: ハルくん | 2017年1月28日 (土) 01時06分

協奏交響曲といえばもう1曲のK.297bが大好きなのですが
こちらは「偽作」扱いのせいか?今一つ人気がないように感じます。

実は、クラリネットではなくフルート、オケ・パートを改造した
ロバート・レヴィン版「K.297B」を先に聴き(宇野先生の推薦により)
大好きになりました。

最近ようやくK.297bの方を聴いているのですが
「どちらも良い」と思っています。
「楽しめりゃぁいいんだよ」です。

投稿: 影の王子 | 2017年1月28日 (土) 04時43分

影の王子さん、こんばんは。

影の王子さん、こんばんは。
宇野先生もK.297bがお好きでしたね。
僕もレヴィン版のマリナー盤を愛聴しています。
現在はこの研究のおかげで「偽作」の疑いは晴れたのでは無いですか。ですのでやはり原典版としてレヴィン版で聴きたくなりますね。

投稿: ハルくん | 2017年1月30日 (月) 00時20分

なるほど確かにファミリーコンサートですね。K.297bも話題に出ていますが、私はクラ吹きなので当然クラ版でなければ満足しません(笑)というか、モーツァルトがフルートのソロを書くことはとても珍しいこと、三つの楽章がすべて同じ調であることなど、レヴィン版でも解決できない謎があるように思います。演奏する側からみると、3楽章は彼にしてはちょっと単調かな、という気がします。でも作者が誰であれ、気持ちよく吹ける愛すべき曲であることに変わりはありません。

投稿: かげっち | 2017年2月 7日 (火) 12時54分

かげっちさん。こんにちは。

それはそうですね。クラ吹きさんでレヴィン版を押す人は居ないでしょう。(笑)
コンピュータ解析で本人の作品だと結論付けされても100%証明されたとはならないでしょうかね。歴史に謎は付きものですね。
それにしても、この名曲が『Mozartにしては』と常に言われるのですから、やはり彼は凄いです。

投稿: ハルくん | 2017年2月 8日 (水) 10時59分

あの時代の常として、具体的なソリストのために書かされた(しかし後日、書き直した)などということがあってもおかしくありませんからね。K297bの1楽章とK364の1楽章がちょいと似ているあたりも、気になっています。
ちなみにこんどの夏は「魔笛」序曲、K364、チャイコフスキーの第4交響曲というプログラムになるそうです(諸般の楽屋事情があって決まったようです)。K364は降り番なので心安く聴くことができます。

投稿: かげっち | 2017年2月17日 (金) 12時59分

かげっちさん、こんばんは。

「魔笛」序曲、K364、チャイコフスキーの第4交響曲ですか。
いっそのこと頭にロッシーニかヴェルディの序曲でもやれば支離滅裂でしたね。(笑)
K364はどうぞ客席で楽しんでください。

投稿: ハルくん | 2017年2月18日 (土) 00時06分

CDの比較評論です。
A.ドホナーニ、クリーヴランド管弦楽団(DECCA)
B.セル、クリーヴランド管弦楽団(SONY)
AとB共にソリストが目立つ演奏です。ヴァイオリンは目立つ音なので、ヴィオラが頑張ってる位がバランス良いと思います。
Aは元気で少々荒い部分があります。
Bはとても丁寧で大人しく感じます。
お粗末な評論ですが、大雑把にこんな感じです。
同じクリーヴランド管弦楽団でも指揮者によって随分違いました。録音年がかなり違うので、メンバーも違うはずですが。

セル盤にはモーツァルトのクラリネット協奏曲がカップリングされていて、これも大人しく上品でした。この曲の魅力の一つに明るい部分と暗い部分があるのですが、暗さをあまり感じさせずに、全体的に美しいと感じました。明暗を楽しむ人には合わないと思います。

投稿: そうか | 2017年2月24日 (金) 00時34分

今更なんですが、ハルくんというハンドルネームに敬称は含まれているのでしょうか?
ハルくんさんの方がベターなのでしょうか?

投稿: そうか | 2017年2月24日 (金) 00時42分

そうかさん、ありがとうございます。

セル/クリーヴランドが録音したモーツァルトの交響曲と同じような特徴ですね。
スタジオ録音に全般的に言えることだと思います。昔はそれが原因で余り好みませんでしたが、最近はそうでもなくなって来ました。
良さはやはり感じたいものです。

”ハルくん”がハンドル名なので”ハルくんさん”でも大丈夫です。でも単に”ハルくん”でも構いませんし、どちらでもお好きなように呼んでください。

投稿: ハルくん | 2017年2月24日 (金) 15時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/55900070

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト ヴァイオリンとヴィオラの為の協奏交響曲変ホ長調K.364 名盤:

« モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219「トルコ風」 名盤 | トップページ | バレエ「春の祭典」 マリインスキー劇場 ニジンスキー振付(ホドソン復元)版 »