« グラズノフ 交響曲第5番変ロ長調op.55 ムラヴィンスキーの1979年東京ライヴ | トップページ | バレエ「春の祭典」 ウヴェ・ショルツ&ライプチッヒ・バレエ団(映像) »

2014年2月24日 (月)

ソチ・オリンピック2014 閉幕

Closingceremony

”雪と氷の上のスポーツの祭典”、ソチ冬季オリンピックがとうとう終わってしまいましたね。スポーツ観戦好きでは人後に落ちない自分ですので、この2週間というもの毎日テレビにくぎ付けとなり、喜びと涙のシーンを一杯味合せて貰いました。

ロシアの国を挙げたセレモニーは開会式も閉会式も素晴らしかったですね。アメリカのようにひたすら派手さを押し出すわけでもなく、中国のように膨大な人間を繰り出して圧倒するわけでもありません。演出はメルヘン的で詩情にあふれていて、そこに華を一杯に添えたのが文化や芸術だったのが凄く良かったです。チャイコフスキーにラフマニノフの音楽、ボリショイ・バレエやマリインスキー・バレエが次々に登場するのですからドキドキでした。

それにしても、競技の結果、勝敗は正に『筋書きのないドラマ』ですね。だからこそ尊く、見る人の感動を呼ぶのでしょう。映画やテレビドラマのように、ある程度は結末が予測出来たとしたら、感動の質も変わって来ることでしょう。競技の結果は選手個人個人の才能や努力、指導者の力量、戦略の正しさ、そして時の運、あらゆる条件の組み合わせの結果です。いちばん一生懸命に練習をした人が必ずしも勝つとは限りません。それは尊くも非情なものだと思います。

栄冠をつかむことが出来た選手たちには心からの祝福を捧げたいです。逆に、思うような結果を残せなかった選手たちには余り失望はしないでほしいと思います。人生が終わったわけでは無いのですから。失敗した経験は後から必ず自分の役に立ちます。
『人生においては無駄な経験など一つたりとも無い』というのは自分の座右の銘ですが、その言葉を是非贈りたいと思います。

|

« グラズノフ 交響曲第5番変ロ長調op.55 ムラヴィンスキーの1979年東京ライヴ | トップページ | バレエ「春の祭典」 ウヴェ・ショルツ&ライプチッヒ・バレエ団(映像) »

芸能・スポーツ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、ハル様。終わってしまいましたね、ソチ五輪。沙羅ちゃんの悔しい4位と愛子さんの清々しい4位があり、天晴れ結弦くんの金メダルやレジェンド葛西選手の銀メダル。そして最高!真央ちゃん!感動と涙と笑顔と、ベテランから若手まで選手の皆さん、本当にありがとう。
それから…歩夢くん・礼留飛くん・彩那さん。新潟から3人ものメダリストが出るなんて信じられない事が現実に。来てるね、新潟!
この際手前味噌ついでに春の選抜甲子園。優勝だ、日本文理高校!
追伸…ソチロス症候群も来そうな予感がします。

投稿: from seiko | 2014年2月24日 (月) 22時15分

Seikoさん、こんばんは。

今回の僕の中でのレジェンドは、金メダル:羽生君、銀メダル:葛西選手、銅メダル:真央ちゃん、です。

ソチロス症候群・・・
危ないですが、ワールドカップが救ってくれるでしょう。
でも来てますね、新潟!
甲子園、Jリーグ、活躍しそうです。

投稿: ハルくん | 2014年2月24日 (月) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソチ・オリンピック2014 閉幕:

« グラズノフ 交響曲第5番変ロ長調op.55 ムラヴィンスキーの1979年東京ライヴ | トップページ | バレエ「春の祭典」 ウヴェ・ショルツ&ライプチッヒ・バレエ団(映像) »