« グラズノフ 交響曲全集 名盤 ウラジーミル・フェドセーエフ/モスクワ放送響 | トップページ | ”ロシアの夜” ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 エレーヌ・グリモー&クラウディオ・アバドの演奏(映像) »

2014年2月21日 (金)

ソチ・オリンピック フィギュアスケート女子シングル ”感動をありがとう!”

Soc14022109010027p6

冬季オリンピックの華、フィギュアスケート女子シングルが終わりました。結果は皆さんご存知の通りです。

今回の大会前の浅田真央さんには、何となく悪い予感がしていました。彼女がどんなに練習で完璧に滑れてはいても、「前回のバンクーバーで金メダルを逃したので、今回こそは絶対に取りたい」「完璧な演技をして競技人生の集大成としたい」と強い意欲を示せば示すほど不安が増しました。

というのも、それは裏を返せば⇒「もしも金メダルが取れなかったらどうしよう」という、大きな期待を受ける競技者であるが故の宿命的な不安を抱えてしまうからです。過去にどれだけ大勢の有能な競技者が、そのような不安に押し潰されたかが思い起こされてしまうからです。

真央さんの脳が強い意欲をそのように変換してしまうことは予測が出来ました。案の定、ショートプログラムでは不安と緊張で、まるで体に重りを引きずって演技しているようでしたね。

一方、キム・ヨナは試合前に「金メダルは前回手にしたので、今回は試合を楽しむ」と言っていました。それでも緊張しているように見えましたが、真央さんほどに自分を追い詰めることもなく、演技が出来ましたね。

「勝つと思うな、思えば負けよ」とは言い得て妙です。

ただ、佐藤信夫コーチには不満を感じます。ショートプログラム終了後に「やるべきことは全てやってきた。彼女にいったい何が起きたかわからない。それが五輪大会だ。」だなんて、随分と無責任な発言ではありませんか。事前に選手の心理、精神状態を予測して、対応策を考えるのがコーチの役目というものでしょう。どんなに練習で良くてもそこを何とかしなければ無意味です。

その点では、冒頭の難しいジャンプを失敗する前提で羽生くんの作戦を立てていたというブライアン・オーサーさんは流石です。緊張からフリーの冒頭ジャンプを失敗しても、パニックに陥らずに徐々に立て直してゆくことに成功しましたね。

真央さんがフリーでは金メダルの射程範囲外になってしまったことで、金メダルの呪縛から解き放たれて本来の演技が出来たのは皮肉でした。けれども、あの演技は涙が出るほど感動的でした。最高のラフマニノフだったと思います。自己ベストの得点を叩きだして、あわやメダルを獲得かと期待を持たせてくれました。真央ちゃん自身も、そして振り付け師のタラソワさんも非常に満足したようで、本当に良かったです。

それにしても10代の若い選手の台頭が目立った大会でしたね。これまで世界のフィギュアを牽引してきたキム・ヨナ、コストナー、そして真央さん、鈴木明子さんの時代がいつのまにか終わろうとして最後の輝きを見せた大会だったようにも感じられます。それぐらい若い選手たちの雄姿が目にまぶしく感じられました。次回の大会では、主役はすっかり入れ替わっているのかもしれません。でも真央さんの演技はいつまでも見たいし、次回の大会にも果敢にチャレンジをして欲しいと思います。葛西選手やプルシェンコ選手、それに出場は適いませんでしたが安藤美姫さんのように決して諦めないで欲しいと思います。

真央さん、明子さん、佳菜子さん、それに大勢の選手一人一人に「感動をありがとう」と言いたい気持ちで一杯です。

|

« グラズノフ 交響曲全集 名盤 ウラジーミル・フェドセーエフ/モスクワ放送響 | トップページ | ”ロシアの夜” ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 エレーヌ・グリモー&クラウディオ・アバドの演奏(映像) »

芸能・スポーツ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

昨夜は願掛けも兼ねて、ラフマニノフ協奏曲2番をアシュケナージ/コンドラシン、リヒテル/ヴィスロツキと続けて聴き、生中継に備えました。

12番目なのでそんなに遅くはならないと予測したら、まさかの2時...。睡魔に心が折れそうでしたが、負けずに観られて良かったです。

自己最高点を更新したので、精神的に救われたことだと思います。最後のステップの躍動感はスゴかった。それにしてもラフマニノフは氷の世界によく合います。

投稿: source man | 2014年2月21日 (金) 20時25分

ハル様、こんばんは。昨日(今日)の夜中、真央ちゃんの演技に大泣きでした。SPの失敗とFSの8トリプル達成の驚異的な演技と…
改めて凄いスケーターですね。回転不足やアンダーローテーションを何故取られるのか不思議ですが、もうそんな事はどうでも良いと思えるような歴史的な演技だったと胸が熱くなりました。結弦くんの金メダルに匹敵するくらいの(それ以上だったかも…)感動でした。最終グループでなかったので点が抑えられたかな。もっと点が出ていい筈だけど。上位3人は出来から見るとまあ納得かな?個人的にはコストナー選手が好感持てますけどね。あっこちゃんは実力を出し切れなくて残念でしたが、健闘してくれました。なんだか優しい気持ちになれる演技でした。佳菜子ちゃんは頑張った。今回は勉強の場。平昌でメダリスト!って感じかな。 三人娘たち、お疲れ様。感動をありがとう!

投稿: from Seiko | 2014年2月21日 (金) 22時57分

source manさん、こんばんは。

僕もずっと見ていましたが、途中居眠りをしてあやうく見損なうところでしたが、寸前でセーフ。いや、良かったです。
ラフマニノフは氷の世界に実に似合いますね。”氷上のロマン”フィギュアスケートにピッタリです。

投稿: ハルくん | 2014年2月21日 (金) 23時11分

Seikoさん、こんばんは。

コメント内容からたぶんこちらの記事になるでしょうから、また独断で移動させてもらいました。ご了解よろしくね。

いやー真央ちゃん泣けましたねー。
最終グループでないので幾らか点が抑えられたかもしれません。でも”記録”よりも”記憶”にしっかりと残る演技で良かったと思いますよ。
コストナーのボレロも良かったですね。僕も凄く気に入りました。
上位三名のジャッジは妥当な気がします。もっとも韓国では判定がおかしいと大騒ぎらしいですが、あの国はいつもああですね。あれで果たして次回の開催が出来るのでしょうか?

投稿: ハルくん | 2014年2月21日 (金) 23時24分

ハルくん様

morokomanです。

興奮が収まり、ようやく私も落ち着いて文を書くことができるようになりました。

正直、ショート・プログラム終了後の時の私の気分はというと
 
 
 
     今まで自分が聴いたシベ4すべての演奏と
 
    アファナシエフの『ブラームス:後期ピアノ小曲集』
 
 
 
これらが頭にがんがんと鳴り響いていたような気持ちでした。

白夜(冬のほう)の雪に埋もれた暗闇の森の中を、右も左もわからずにさまよい歩くような、そして生還への一点の光明も見出せない絶望の中、身も心も凍りつく……そんな気持ちでした。
 
しかし、フリー終了後は、
 
 

            シベ5のフィナーレと、
 
            マラ8のフィナーレが、
 
             同時に鳴り響いた!!!!
 
 
 
 ような気分です。スタンディング・オベーションをしたいですね。浅田真央選手の偉大なドラマでした。

そのため、ここ数日はシベ4&5とマラ8ばかり聴いていました。

その一方で、非常に不可解きわなりない「結果」も、全世界の人々の前に明示されました。
 
 

     なんで浅田選手(6種8トリプル)の得点(142点)を、
 
 
     とうてい演技構成と演技が及ばない選手(4種6トリプル)が、
 
 
     上回る得点(144点)を挙げることができるのだ?

 
 
その選手は「本来の実力からすると説明不能な加点がなされている」としか思えない……それを検証した漫画をみつけましたので、ご紹介いたします。

ちなみにこの漫画ではフィギュアという競技の困難さと、一流スケーターたちがどれほど優れた技術をもっているか、ということを学べます。

それから「フィギュアとバレエの親和性」から「バレエが身体を使った表現技術&芸術として、いかに偉大なメソッドを積み上げてきたのか」も学ぶこともでき、クラシック音楽愛好家が「バレエの凄さ」をより理解する手助けになります。その点からもハルくん様以下、このブログを心から愛しておられる方々にお奨めできると思いました。

あと逆説的ですが、高橋大輔選手がどれほどすぐれたスケーターであり、舞踏家であるかもわかります。この方のファンにもたまらなく素晴らしい漫画だと思います。

その漫画は、以下のURLです。手間はかかりますが、上から順々にご覧下さい。

ttp://i.imgur.com/3uYFhLn.jpg
ttp://i.imgur.com/9wY9isM.jpg
ttp://i.imgur.com/oaKdyCG.jpg
ttp://i.imgur.com/nk3hAg7.jpg
ttp://i.imgur.com/zLTUxDB.jpg
ttp://i.imgur.com/xNEjQ2h.jpg
ttp://i.imgur.com/8mCvTD2.jpg
ttp://i.imgur.com/wjTWQdJ.jpg
ttp://i.imgur.com/cEVreSi.jpg
ttp://i.imgur.com/GMoOStz.jpg
ttp://i.imgur.com/T7eDIVu.jpg
ttp://i.imgur.com/sO6Ig1i.jpg
ttp://i.imgur.com/9QUWwfe.jpg
ttp://i.imgur.com/HOVpMKx.jpg
ttp://i.imgur.com/XL8YxSQ.jpg
ttp://i.imgur.com/80eyaZI.jpg
ttp://i.imgur.com/AnJNisa.jpg
ttp://i.imgur.com/fJEJwDf.jpg
ttp://i.imgur.com/sBwqnnG.jpg
ttp://i.imgur.com/idTH6Un.jpg
ttp://i.imgur.com/xQB28wH.jpg
ttp://i.imgur.com/NKCgC3q.jpg
ttp://i.imgur.com/Qxs5sfa.jpg
ttp://i.imgur.com/3gCxG5L.jpg
ttp://i.imgur.com/IeoaFS5.jpg
ttp://i.imgur.com/DFEhTOv.jpg
ttp://i.imgur.com/WvrjLVv.jpg
ttp://i.imgur.com/nbn9KmW.jpg
ttp://i.imgur.com/VyToo2C.jpg


反論ある方は、どうか私ごとき愚か者にも理解できるような反証の漫画なり論文なりをもって来て、紹介していただければ幸いです。

投稿: morokoman | 2014年2月24日 (月) 19時50分

morokomanさん

ご紹介の漫画は下部の方しか見られませんでしたが、そこだけに限って言えば内容は独善と偏見に満ちた非常に不愉快なものに感じてしまいました。
キム・ヨナの流れの美しいスケートは専門家ならば常識のこと。「静止画」にこじつけて何の意味があるのでしょうか。まったく意味が分かりません。
というのが自分の感想そのままでした。他の部分は分かりませんが、ここは出来ることなら削除をしたいぐらいです。

なお、フィギュアスケートとバレエに類似要素が多いことは両方のファンであれば誰でも感じるはずです。けれども、フィギュアはバレエそのものではありませんし、かといってスピードを競う競技でもありません。舞踏の要素が強く加わえられたスケート競技であると思うのです。ですので、バレエや舞踏の一面から競技者を論じることには無理が有ります。

投稿: ハルくん | 2014年2月24日 (月) 22時49分

ハルくん様

真摯なレス、感動いたしました。とてもうれしいです。

>(レスの前半部から)ここは出来ることなら削除をしたいぐらいです。

ハルくん様の文を読み、なるほど、と私も納得いたしました。

>なお、フィギュアスケートとバレエに類似要素が多いことは両方のファンであれば誰でも感じるはずです。けれども、フィギュアはバレエそのものではありませんし、かといってスピードを競う競技でもありません。舞踏の要素が強く加わえられたスケート競技であると思うのです。ですので、バレエや舞踏の一面から競技者を論じることには無理が有ります。

ここの部分も「確かにその通りだな」と腑に落ちました。


私も前回のコメントの後、軽率だったと反省しておりました。コメント掲載後に知ったのですが、この漫画については、他の方も批判をしているようです。それを確認して、いろいろ検討を重ねた上で掲載するかどうかを決めるべきでした。この点は自分が軽はずみなことをしたと反省と後悔をしております。

なので、漫画のURL等はすべて撤回させていただきたいとお願い申し上げます。

具体的には、前のコメントの「その一方で、非常に不可解きわなりない「結果」も、全世界の人々の前に明示されました。」の文を含んだ、それ以後の文章すべてを削除していただくか、またシステム上それが許されないのでしたら、前回のコメントそのものを丸々削除なさってもよろしいです。

ハルくん様に余計なお手間をとらせてしまう形になり、誠に申し訳なく心苦しい限りです。自分の不手際を、重ねてお詫び申し上げます。

投稿: morokoman | 2014年2月25日 (火) 13時36分

morokomanさん

私自身はスケートの専門家ではありませんので、得点に関する意見を述べることはできません。漫画の作者氏のほうが数倍詳しいのは間違いが有りません。恐らく競技経験者なのかもしれません。

ただ、採点、とくに演技構成点の評価の難しいのは当たり前で、専門家が何人並んでも評価が全く同じということは有りえません。そもそも演奏家の音楽性をランク付けできますか?
それをやろうとするわけですから無理が有ります。でも、そういう競技なのです。誰が見ても文句の無い採点などは不可能です。
ある視点から見れば真央さんよりヨナが上。別の視点から見ればその逆になる。そういうものだと思います。
フリーでは真央さんが早い順序で滑ったから点が低く抑えられたという意見が有ります。
一方で、優勝の重圧がかかる最終グループで上手く滑れた人には採点が高めに出るという意見も有ります。つまりメダルの重圧のかからない真央さんには採点が厳しい可能性が有るということです。
これを不合理だと考えるかどうかも人それぞれではないでしょうか。
私自身は真央さんのショートでの失敗がフリーの結果に影響したと思いますし、それもやむを得ないことだと思っています。
ですが、真央さんの演技に感動したのはもちろんです。

なお、コメントの削除はとくには考えていません。

投稿: ハルくん | 2014年2月25日 (火) 14時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソチ・オリンピック フィギュアスケート女子シングル ”感動をありがとう!”:

» 「ありがとう 真央ちゃん」 [オペラファンの仕事の合間に パート2]
今、3月7日号の週刊朝日が手元にあります。 表紙はソチ冬季オリンピックでのフリーの演技直後の浅田真央さんの写真。 目元には、いっぱいの涙を貯めて・・・。 そして「ありがとう 真央ちゃん」のロゴ。 表紙を見ただけで、何かこちらも涙が出て来そうです。 さて記事...... [続きを読む]

受信: 2014年3月13日 (木) 17時29分

« グラズノフ 交響曲全集 名盤 ウラジーミル・フェドセーエフ/モスクワ放送響 | トップページ | ”ロシアの夜” ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 エレーヌ・グリモー&クラウディオ・アバドの演奏(映像) »