« リムスキー=コルサコフ 交響曲第1番ホ短調op.1 ~ロシア初の交響曲?~ | トップページ | テミルカーノフ/サンクトぺテルブルグ・フィル 2014来日公演 ~静と動の対比~ »

2014年1月27日 (月)

リムスキー=コルサコフ 交響曲第2番嬰へ短調「アンタール」op.9

Rimskykorsakovsymphonyno2ant540506

リムスキー=コルサコフの書いた交響曲は全部で3曲ですが、第2番「アンタール」嬰へ短調作品9は元々、交響曲として作曲されたにもかかわらず、内容が余りに標題的で、多楽章形式の交響詩に近いことから、第3版の改定では「交響組曲」とされました。通常演奏されるのはこの第3版ですが、現在は「交響組曲」としてよりも「交響曲第2番」として扱われることが多いようです。

曲の内容としては、6世紀のアラビアの詩人アンタールの見る夢と、彼が夢の中で実現を約束される3つの願いごとを表しています。

―あらすじ―

現世を儚んで廃墟で隠遁生活を送っていたアンタールは、ある日、一頭のカモシカを襲う巨大な鳥を槍で追い払います。カモシカの正体は実はパルミナの妖精の女王ギュル・ナザールでした。
アンタールは夢の中で女王の宮殿に招待されて、お礼として『人生の3つの喜び』を贈ると約束されます。
アンタールは「復讐の喜び」「権力の喜び」「愛の喜び」の3つを願いますが、再び人生に疲れ果てたアンタールは女王との「愛の喜び」の中で死んでゆきます。

曲は4楽章構成です。楽章ごとに上記の内容が示されています。

第1楽章「アンタールの夢」 廃墟の描写、アンタールの主題、女王の主題、鳥の攻撃と撃退、宮殿の描写、女王とアンタールの会話、宮殿の描写

第2楽章「復讐の喜び」

第3楽章「権力の喜び」

第4楽章「愛の喜び」 再び人生に疲れ果てたアンタールは、女王との”愛の喜び”の中で死んでゆく

この曲は、あの「シェヘラザード」と同じ東洋趣味に満ち溢れた作品で、オリエンタルな雰囲気の民謡がふんだんに取り入れられています。完成度も非常に高く、リムスキー=コルサコフの3曲の交響曲(とした場合)の中で最も好みます。「シェヘラザード」の世界が好きな人には100%保証付きの名作です。

それにしても、気になるのは『愛の喜び』ってどういうものでしょう?ノース・コリアの「喜び組」とは違うのでしょうか。オジさんは一人で曲を聴きながら、ただただ妄想にふけってしまいます。自分の最後も、こうだと良いのになぁ・・・・。

ということで、僕の愛聴盤のご紹介です。

703エフゲニ・スヴェトラーノフ/ロシア国立交響楽団(1983年録音/ワーナーミュージック盤)(CD5枚セット)

この曲も、スヴェトラーノフの旧録音盤で聴いています。メロディアによる録音ですが、音質に不満は全く感じません。
スヴェトラーノフは、いつものように哀愁が一杯に漂うオリエンタルなメロディを存分に歌わせてくれます。もちろんロシア国立交響楽団の音も素晴らしく、金管の荒々しい力強さや、木管のほの暗い音色、弦楽の艶などにはほとほと溜息が出ます。
RCAへ録音した新盤は恐らく、これを更に上回る名演ではないかと思われますが、未聴です。

それでは、YouTubeから第4楽章「愛の喜び」を聴いてみましょう。ネーメ・ヤルヴィの演奏です。

|

« リムスキー=コルサコフ 交響曲第1番ホ短調op.1 ~ロシア初の交響曲?~ | トップページ | テミルカーノフ/サンクトぺテルブルグ・フィル 2014来日公演 ~静と動の対比~ »

リムスキー=コルサコフ」カテゴリの記事

コメント

ハルくんさん、こんばんは。
確かに 「アンタール」は 聴きやすいですよね。後に書かれる「シェヘラザード」のような、"中東的な"響きが心地よいです。
第4楽章の"愛の喜び"の中で死んでゆく所の優しい音楽は、なんとなく「ペール・ギュント」の最後の場面と重なります。
やはり 最後は "母性愛"を感じながら逝く…と言うのが 男にとっての"幸せ"なのでしょうね…。
スヴェトーラノフの演奏は ここでも素晴らしいです。

投稿: ヨシツグカ | 2014年1月31日 (金) 23時15分

ヨシツグカさん、こんにちは。

僕は「シェヘラザード」が大好きなので、当然「アンタール」も大好きです。もっと人気が出て良い曲ですよね。

"愛の喜び"の音楽は、確かに「ペール・ギュント」に通じますね。女性の優しい愛に包まれて死んでゆくというのは、男性の願望なのでしょうか。やはり”母性愛”を求めているのかもしれません。

投稿: ハルくん | 2014年2月 1日 (土) 15時01分

ハルくん様
R・コルサコフの交響曲ですか!
愚生は、ドミトリー・キタエンコ&ベルゲン・フィルハーモニックで、全集を持ってます。イギリスChandosの、CHAN6613と言う番号の2枚組です。
スペイン奇想曲、ロシアの復活祭、サドコ序曲、ピアノ協奏曲嬰ハ短調まで収めてくれている、ヴォリューム満点の消費者に優しいセットでございます。
まぁ、チャイコやショスタコばかりにのめり込まず、限りある人生様々な曲に馴染んでから、あの世へトリップしたいと思っとります(笑)。
実際、親しみやすい馴染むのに苦労しない佳作ばかりですよ。

投稿: リゴレットさん | 2018年4月25日 (水) 11時45分

リゴレットさん

リムスキー=コルサコフは本当に良いですよね。民族的な旋律の情緒感と管弦楽の色彩感との融合は他の誰にも真似が出来なかったと思います。もっと色々な曲を広く聴かれて欲しいです。

投稿: ハルくん | 2018年4月26日 (木) 12時41分

ハルくん様
オペラ全曲は、ヴィクター国内盤の旧ソ連メロディア原盤の、金鶏。それとドイツ・カプリッチョCDの、雪娘のみと言う惨状です(笑)。

投稿: リゴレットさん | 2018年4月26日 (木) 16時09分

ハルくん様
オペラやバレエは、視覚を伴うヴィデオ・ソフトが好ましいのは重々承知しておりますが、NHK製作のそれはスヴェトラーノフが指揮した本邦初演の金鶏に、ベーム最後の来日時に指揮した、プライ、ポップ、バルツァ出演のウィーン・シュターツオーパー引っ越し公演の、フィガロの結婚も、御値段が張りますね(笑)。
かといって、珍しい演目の外盤の対訳無しも、辛いですし…。

投稿: リゴレットさん | 2018年4月26日 (木) 19時55分

リゴレットさん

金鶏、雪娘をお持ちなら大したものですね。
しかし本当に国内版の映像物は高価ですね。需要の少なさでしょう。
スヴェトラーノフの金鶏はCDでも高価ですね。ベームのフィガロの来日公演DVDはどうしても欲しくて購入しました。

投稿: ハルくん | 2018年5月 1日 (火) 12時32分

ハルくん様
ロシアのオペラに声楽作品は、あのキリル文字と言う複雑怪奇な存在と、我々日本人には、ウォーウォーと唸っているように聞こえかねない、西欧の言語とはまるで異質の響きが、高い壁となって立ちはだかって居るような気も致します。
独・仏・伊の西洋クラシック音楽における主要三か国言語は、仮に修得し得てなくても、耳に馴染みがあるようになると、ポップスやロックファンが英語に抵抗感を感じなくなるのと、軌を一にするような感じも、あるような…。

投稿: リゴレットさん | 2018年5月23日 (水) 13時12分

リゴレットさん

キリル文字は置いておいても、昨秋マリインスキー劇場メンバーの来日ツアーをお手伝いした際にオペラ、歌曲を色々と聴く機会が有りました。それで異質な印象は全く無くなりましたよ。
要するに単なる耳の慣れの問題であると思います。イタリア、ドイツ、フランスなどと比べて耳に馴染む機会が圧倒的に少ないですからね。

投稿: ハルくん | 2018年5月23日 (水) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/54223405

この記事へのトラックバック一覧です: リムスキー=コルサコフ 交響曲第2番嬰へ短調「アンタール」op.9:

« リムスキー=コルサコフ 交響曲第1番ホ短調op.1 ~ロシア初の交響曲?~ | トップページ | テミルカーノフ/サンクトぺテルブルグ・フィル 2014来日公演 ~静と動の対比~ »