« テミルカーノフ/サンクトペテルブルグ・フィル&エレーヌ・グリモーのライヴ盤 チャイコフスキー「悲愴」/ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 | トップページ | エフゲニ―・ムラヴィンスキー 「ライヴ・セレクション 1972、1982」 »

2013年12月 7日 (土)

特定秘密保護法の成立

特定秘密保護法案が参議院本会議で可決されて成立しました。この法律は、防衛、外交、テロ活動などに関し、漏洩すると国の安全保障に支障を与える情報を閣僚ら行政機関の長が「特定秘密」に指定して、これらを扱う公務員らが漏らした場合に罰則を受ける法律です。こんな、欧米では極当たり前の法律をどうして民主党や他の野党が反対するのか理解できません。なんでも「国民の知る権利が損なわれる恐れがある」からだそうですが、こういう法律が無いから、自衛官が中国の女スパイの色仕掛けで防衛機密情報を安易に漏らしたりする事件が起こったりするのではないでしょうか。

大半のマスメディアは法案成立に批判的な報道を流しています。テレビにゲスト出演する識者?は口をそろえて「とても危険な法律です」と発言します。それを聞いた国民は、当然「そりゃ大変だ」と頭にすり込まれて、反対集会やデモへ出かけてゆきます。
ところが、考えてみれば、それは「国民の知る権利」ではなく、「マスメディアの知る権利」が損なわれるからだと思います。国家の安全保障を損ねるような情報でも、スクープはトップ・ニュースになりますから、それはお金になるわけです。それが損なわれてしまっては、マスメディアの商売が上がったりですからね。マスメディアが恣意的に流している(としか考えられない)偏った報道に騙されてはいけません。

確かに、与党の強行採決はもちろん褒められた話ではありませんが、最初から何でも反対の野党にいつまでも付き合っていても、法案は決められません。野党の狙いは、与党提出の法案審議に徹底的に邪魔をして、法案を廃案にすることにより、少しでも国民の注目を浴びて支持率を回復したいだけなのですから。そもそも、中国漁船衝突事件の映像や、福島原発事故の放射線拡散情報を公表しようとせず、極めて重要な国民の知る権利を覆い隠したのは当時の民主党政権でした。特定秘密保護法が有っても無くても、隠すものは隠すのです。

僕はそのように思うのですが。どうでしょう。

<追伸>
今日の産経WEBニュースからご紹介します。
こちらでは安倍総理自身が特定秘密法案の必要性について語っています。
また、こちらには法案をめぐる新聞各紙の論調に対しての見解が掲載されていました。自分の意見はこの見解に近いのですが、もちろんそうでない方もおられるでしょう。メディアをそのまま鵜呑みにすることなく自分自身で考えることが大切だと思います。

|

« テミルカーノフ/サンクトペテルブルグ・フィル&エレーヌ・グリモーのライヴ盤 チャイコフスキー「悲愴」/ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 | トップページ | エフゲニ―・ムラヴィンスキー 「ライヴ・セレクション 1972、1982」 »

政治・経済問題」カテゴリの記事

コメント

ハルくんさま

お久し振りです。
今回の法案、私も同じ意見です。
マスコミの対応のヒステリックさに違和感を感じます。
国民の知る権利では無く、マスコミの知る権利
なるほどその通りですね。

よーちゃん

投稿: よーちゃん | 2013年12月 7日 (土) 07時27分

>特定秘密保護法が有っても無くても、隠すものは隠す

確かにそうですが、堂々とできてしまう下地が怖い。

中国船衝突の映像を国民に公開したアノ事件は、コノ法律が在ればどのような顛末になったと予測できるのか...。

拡大解釈され、原発、特に福島の問題が隠される可能性...。

60年の根拠も不明。情報が公開され、追求したり責任を取らせようにも当時の関係者はこの世にいない...。コレが裏の狙いでしょう。

最近、役所の杜撰さに担当者を怒鳴りつけた事がありました。「当時の担当が『記憶がない』と言っている」、現担当は「初めて聞いた」。担当が変わる度に話してきた事を、です。自分たちの都合の悪い事は記録に残さず、引き継ぎもしない。ボクの場合は、向こうに都合が良いように事実を変えられて記録されていた。

小沢氏や村木氏の件での検察も然り、【権力】の自覚がない公務員の暴走。復興税を福島と無関係の場所で使うと決めたのは官僚なのか政治家なのか。処罰できないのなら、せめて何処の誰なのかを公開し、今後の【制限】にさせないと。

消費増税の再議論など、今ホントに重要なコトから目を逸らされているようで怖い。天下り、ムダな支出を全廃した上で、ソレでも足りないと説明して増税すれば国民は納得できるのに、いつの間にやら誰も叫ばなくなってしまった。国民はバカだと、簡単に心理を誘導できると、決して表に出ず顔の見えない官僚たちに思われているでしょう。

投稿: source man | 2013年12月 7日 (土) 09時03分

よーちゃんさん、こんにちは。
ご無沙汰しましたが、お元気そうでなによりです。

マスコミが全てというわけではありませんが、余りにも偏向していて耳を覆いたくなるような酷い報道まで有りますね。
あんなものを視聴者が鵜呑みにしたら逆に大変です。

投稿: ハルくん | 2013年12月 7日 (土) 10時14分

source manさん、こんにちは。

低減税率の問題など消費増税の再議論も大変重要ですが、特定秘密法案が片付いたところで、今後本格審議されることでしょう。

国民の知る権利を守ることはもちろん重要ですが、個別にはよくよく吟味されたうえで扱って貰いたいです。

中国船衝突映像の隠ぺいは、僕の勝手な想像ですが、時の総理、官房長官、外務大臣あたりが独断で決めたことだと思います。むしろ法律が定められていて第三者機関がチェックした方が公開に踏み切られていたような気がします。
「国家安全保障の重大な機密」とは何か。政権の中枢のごく一部の人間が不正に決めるようなことが有ってはなりません。しかし正しく決められたら、それは守られなければなりませんね。

PS. 今朝の産経WEBニュースを本文にリンクしました。

投稿: ハルくん | 2013年12月 7日 (土) 10時41分

ハルくん様~、ご無沙汰しておりました。
お元気でいらっしゃいますか?

今回の与党による、特定秘密保護法案の強行採決に関しては~、多々問題もあるでしょうが~、私はハルくんと同様に基本的に賛成です! むしろ、なぜ?国家の機密情報を保護する法律が日本にはなかったのか?と、首を傾げざるを得ません。

そして、現在~太平洋・東アジア自由主義同盟圏の~日米韓の結束を分断しようとして、中国が~、日本に対しては~、ハルくんもおっしゃっておられるように、女スパイの色仕掛けで自衛官から防衛の機密情報を盗もうとしたり、反日国家の韓国に対しては、朴大統領の反日感情に取り入って、巧みに親中国家にしようと画策をしています!

そんなある意味で、危険な国家が隣接しており、昨今では~東シナ海の制空権を奪おうとして、尖閣諸島を含んだ防衛識別圏なる制空ラインを一方的に設定・宣言して来ました!傍若無人で思い上がった中国の外交には、あきれて物も言えませんが、それに対してなすすべもない、日本の弱腰な外交政策にも歯がゆくて仕方がありません!

とにかく、北朝鮮や中国のような危険な隣国がスパイを日本に送って暗躍している以上~、国民の生命・財産・安全を保障する意味でも特定秘密保護法は、絶対に必要な法律なんですよ! その本質が解らないでマスコミや野党の煽動に踊らされて反対ばかりを叫ぶのは、逆に日本にとって危険であり実に愚かな行為です。

このことを、日本国民は冷静になって自分の頭脳で熟慮して頂きたい。未来の子々孫々に確固たる世界に誇れる、日本の国家を伝承していく意味でも、胸に手を当てて熟考して頂きたいと思いますね!

投稿: kazuma | 2013年12月 8日 (日) 16時06分

kazumaさん、こんばんは。

もちろん運用方法には気を付けなければなりませんが、当然必要な法律だと思いますね。
作家や映画監督、俳優、弁護士会なんかが猛反対するのはどういうことなのでしょう。
まるで戦前の国家総動員法にでも反対するみたいです。文化人というのは、案外と浮世離れした人が多いのかもしれません。
危険な隣国が存在する現実がまるで分かっていないようです。これではハトヤマくんと同じ最低のレベルですね。

投稿: ハルくん | 2013年12月 8日 (日) 23時32分

ハルくんさま

おはようございます。今朝は特に冷え込みますね。
今回のマスコミの報道姿勢はどうにも納得できません。政治家がいったことをわざと曲解したり、一部を切り取り逆の意味にしたり、目的の為には手段を選ばない確信的行為に違和感を覚えるのです。その様なことをして目的を達成しても心が荒むだけだと思います。これこそがテロ行為だと思うのですが。
失言ですね!(笑)

投稿: よーちゃん | 2013年12月12日 (木) 07時35分

よーちゃんさん、こんにちは。

文化人や弁護士の一部が反対するのは自由ですが、マスコミが明かに偏った報道を行うのはフェアではありませんね。
新聞は各誌によって論調が分かれますが、これはある程度仕方ないとして、テレビ、ラジオは大半が反対派のコメントばかりを流しています。これでは国民が惑わされても無理有りません。
本当にテロ行為まがいの怖ろしいことです。

自分も法案と仕組みが完璧だなんて思っていませんが、それは与党も認めているのですから、もっとフェアな報道の仕方が有るはずだと思います。

投稿: ハルくん | 2013年12月12日 (木) 08時54分

ハルくん様

morokomanです。

私は、この法律を支持します。

理由は、ハルくん様が述べられたとおりです。

あと、メディアに対する反発が、ふつふつとわいてきます。

反対派の論陣を張っているメディア、代表的なのは朝日と毎日ですが……あんたら(朝日と毎日)、信用できない!

反対意見はうるさくなるほど手を変え品を変え、報道しているが、この法律、賛成している人も多いのです。

ところが、賛成意見をまったくと言っていいほど載せない。これはあまりにも偏向している!!

この法律が良いのか、悪いのか、その判断は私たち国民が行います。新聞社じゃない!!断じて、新聞社じゃない!!!!

だから、国民が正しい判断をするために、新聞社はこの法律の良い点と悪い点を過不足なく情報提供するのが、メディアとして行うべきことだと、私は思う。

ところが、その努力を放棄している! 最初から反対ありきで、まったく賛成意見を紹介しない。

賛成意見を載せないということは、その意見を国民に知らせていない、ということです。

要するに、読者の心を、反対意見で塗りこめよう、ということなのでしょう。これは「洗脳」に通じます。実に不愉快です。

朝日よ、毎日よ、あんたらのこの態度、実に矛盾している。どこがどう違うんだよ!!
あんたらが「警鐘を鳴らしている(つもりの)国民の知る権利の侵害」と!!!

そんな態度を他人様にとっている人間の集まりの言うことなんか、信用できない!!

今回の法律については、読売がもっともバランスの良い報道をしていると思います。

以上のこと、そして法律の趣旨を吟味した上で、私はこの法律に賛成します。

日本国の国民の一人の人間として、私は自主的に判断し、自発的に決めました。

私は、この法律を支持します!

投稿: morokoman | 2013年12月12日 (木) 22時52分

morokomanさん

さすがはmorokomanさんらしい熱いコメントをありがとうございます。(笑)

この問題についての読売新聞の論説は非常にフェアな立場で良かったですね。産経も良いです。あとはホントにどうにもいけません。

メディアをそのまま信用してはいけませんね。ちゃんと自分の耳と目とで確かめて、心に問いかけないといけません。そうでないと、それこそ戦前の国民のように新聞やラジオのメディアに騙されてしまいます。とても恐ろしいことです。

投稿: ハルくん | 2013年12月13日 (金) 00時10分

ハルくんさん、こんばんは~。

morokomanさんのコメントは、実にわが意を得たり!ですねぇ~。全く毎日と朝日は~そして、テレビに登場する学者・芸能人・弁護士の多くは~、この法律に反対ばかりする、左翼がかった人たちばかりです!この法律に賛成する人たちが大勢いるのに、故意にその口を封じて~、反対意見ばかりを擁護して、さも~法案成立反対が、国民の総意であるかのように世論を誘導する、危険極まりない人たちばかりです。

昔から~、内憂外患と言う言葉がありますが~、彼らこそ正に内憂そのものではないでしょうか?まるで、日本にとって外患である中国や北朝鮮が侵略しやすいように手引きする、刺客やスパイと同じことをしていますね!彼らは自分たちのやっていることが分かっているのでしょうか?こういう連中は、日本にとって百害あって一利なしだと思いますね!この国を中国に売り飛ばす売国奴と同じです。はらわたが煮えくり返る思いです!

投稿: kazuma | 2013年12月14日 (土) 22時17分

kazumaさん、こんばんは。

kazumaさんもまた熱いコメントありがとうございます。ご意見には、まったくもって全面的に賛成です。
恣意的な国民意見の誘導、それこそがかつて日本を戦争の道に進ませた大きな犯罪ですね。

投稿: ハルくん | 2013年12月14日 (土) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特定秘密保護法の成立:

« テミルカーノフ/サンクトペテルブルグ・フィル&エレーヌ・グリモーのライヴ盤 チャイコフスキー「悲愴」/ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 | トップページ | エフゲニ―・ムラヴィンスキー 「ライヴ・セレクション 1972、1982」 »