« 2020年東京オリンピック開催決定! | トップページ | ベートーヴェン 弦楽四重奏曲全集 名盤 ~汲めども尽きない魅力~ »

2013年9月14日 (土)

ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第16番ヘ長調作品135 名盤 ~ようやくついた決心~

ベートーヴェンが書いた最後の弦楽四重奏曲であり、書き換えを行なった第13番の終楽章を除いては、生涯最後の作品です。

第13番以降の作品では曲毎に楽章の数を増やしていきましたが、この曲ではそれをやめて、再び4楽章の形式に戻しました。従って曲の規模が小さくなったことと、曲想全体も非常に力が抜けて穏やかなものに変化しています。何か「解脱」「解放」という雰囲気が感じられます。それでいて、多くの所で非常に斬新な音や響きを織り交ぜますので、新鮮さも感じられるという極めてユニークな作品です。この曲が第13番から第15番までの3曲以上の名曲かと問われれば「イエス」とは答え難いですが、少なくとも同じ後期では第12番以上の内容であるのは間違い有りませんし、むしろ順位にはこだわりたくない、特別な立ち位置に立つ作品です。その価値を理解出来るようになるには、前作までをとことん聴いてきてからだという気がします。

第1楽章 アレグレット
前作、前々作の息苦しさから解放されたような軽やかな主題の楽章です。けれども随所に晩年の作品らしい奥深さが感じられます。

第2楽章 ヴィヴァーチェ
シンコペーションのリズムが印象的ですが、部分部分にとても新しさを感じます。

第3楽章 レント・アッサイ・カンタンテ・エ・トランクィロ
人生の余韻に心静かに浸るような深い味わいが有ります。演奏によっては第九のアダージョを連想させます。

第4楽章 グラ―ヴェ・マ・ノントロッポ・トラット~アレグロ
ベートーヴェンはこの楽章の標題に”ようやくついた決心”と付けています。また、自筆譜の終楽章導入部分に”そうでなければならないのか?”と記し、続くアレグロの主題同機には”そうでなければならない!”とに謎めいた言葉を書き記しました。その意味には多くの研究家が説を唱えていますが、確かなことは分っていません。どちらにしても「葛藤」から「決心」へと心が切り替わり、解放感に浸った素晴らしい楽章です。この解放感は、次に書く第13番の新しい終楽章にも続いています。そのことを理解して曲を聴くと面白いことこの上ありません。

それにしてもルードヴィッヒくんは一体何の決心をつけたのでしょうね。音楽?金?女?果たしてなんだろう・・・。

それはさておき、僕の愛聴盤のご紹介です。

51u9dbjsblブッシュ弦楽四重奏団(1937年録音/EMI盤) 極めてレトロで懐かしい雰囲気の演奏です。第二次大戦後の演奏家からはこれほどまでに人間的な演奏は聴くことが出来ません。非常に深い味わいに満ちています。もっとも現代の耳からすると、ポルタメントの使用が余りにも過剰であり、これが一番好きだと言うわけでは有りません。何度か書いていますが、個人的にはアメリカに移住した後の1940年代の演奏スタイルを好んでいます。とは言え、これは歴史的演奏ということで一度は聴いておくべきだと思います。

206バリリ弦楽四重奏団(1952年録音/MCAビクター盤) ウエストミンスター録音です。ブッシュSQほどはレトロでは無く、ずっと現代的だと言えます。それでも、この甘く柔らかい歌い回しは、かつてのウイーンの味わいに他ならず極めて魅力的です。穏やかなこの曲の良さを一杯に引き出しています。確かに、この曲は余り肩に力を入れて熱演されると逆に良さが失われる可能性が有りそうです。3楽章の懐かしい情緒の深さにも言葉を失うほどです。もちろんモノラル録音ですが、鑑賞に支障は感じません。

90650dc0bfe3c81c14f641d351d90ca5ブダペスト弦楽四重奏団(1960年録音/CBS盤) 全集盤です。演奏の密度の高さと残響の少ない録音が、嫌でも耳を集中させるので、第14番のような曲では絶大な魅力を発揮しますが、この曲では幾らか聴き疲れをしてしまう感が無きにしも非ずです。大曲の14番、15番の延長線上のような聴き応えを感じるので凄いとは思うのですが、個人的にはもう少し心穏やかに聴いていたくなります。

151ジュリアード弦楽四重奏団(1969年録音/CBS盤) ジュリアードの旧全集からです。昔LP盤で聴きましたが、その時は味気の無い演奏に感じて手放してしまいました。ところがその後の新盤は非常に味が濃く気に入っているので、旧盤ももう一度聴き直してみたくなり最近購入しました。ですので第16番からの登場です。確かに精緻でメカニカルではありますが、決して無機的な演奏では有りません。それどころかロバート・マンのヴァイオリンがやはり凄いです。単に上手いだけでなく、大きな音楽を持っているのを感じます。もちろん4人の音の重なり合いも美しく、ニュアンスの豊かなことは驚くほどです。3楽章では大きく歌わせずに、ピアニシモで神秘的な響きを造ってゆくのがユニークで素晴らしいです。

V4871ヴェーグ弦楽四重奏団(1973年録音/仏Naive盤) 全集盤です。驚くほど枯れきった演奏です。表現意欲は全て内側へ向けられていて、外面的に「聴かせよう」という意思は皆無に感じられます。何事からも「解脱」したような雰囲気は「彼岸」の世界にも通じて、この曲の本質から遠いとは思いませんが、ここまで枯れられてしまうと、まだまだ俗世の煩悩から解脱できない自分としては、聴いていて無条件には楽しめません。あと20年もしたら、この演奏にもっと同化出来るのかもしれませんが。

51jrjljelラサール弦楽四重奏団(1976年録音/グラモフォン盤) 後期四重奏曲集です。余り「解脱」だとか「彼岸」などと余計なことを考えずに聴いていて非常に楽しめる純音楽的な演奏です。リズムに躍動感が有りますし、アクセントも気が利いています。ハーモニーの美しさも抜群です。4つの楽器の重なり合いは意外にシンフォニックで、幾らか表現が過多なほどですが、ベートーヴェンの最後の大作の新しさ、面白さを再認識させてくれること請け合いです。

Suske_beethoven_late_2ズスケ弦楽四重奏団(1978年録音/Berlin Classics盤) 全集盤です。大曲では幾らか物足りなさを感じさせるズスケですが、この演奏は曲のスケール感と一致してとても良いです。デリカシーにも溢れていますし、リズムの扱い方やフレージングが全て堂に入っていて、何の抵抗も無く曲を心の底から堪能できます。しかも3楽章の美しさは卓越していて、澄み切った味わいが正に最高です。彼らの全集の中でも1、2を争う出来栄えだと言えるでしょう。

D0021969_10143431アルバン・ベルク弦楽四重奏団(1981年録音/EMI盤) 全集盤です。残響過多で分離の悪い録音は諦めるとして、肝心の演奏は悪く有りません。この曲では曲想のせいか、いつもの大袈裟な歌いまわしや過剰なアクセントがそれほど気に成らないからです。それよりも端々に感じられるウイーン的な甘い節回しに惹きつけられます。3楽章では大きく歌って聞かせてくれますし、終楽章での気分の高揚感も中々のものです。余り好まない彼らの旧盤の中では結構気に入っています。

51065xicuplジュリアード弦楽四重奏団(1982年録音/CBS盤) ワシントン国会図書館ホールでのライブ録音による新盤です。彼らの旧盤では、あれほどの精緻で透徹した演奏を聞かせたので、ジュリアードと言えばその印象が強いです。ところが、この新盤では時の流れと実演という条件のもとで、いささか印象が異なります。確かに緻密さも感じますが、それよりも遥かにダイナミックで人間のパッションを感じさせるのです。しかも音楽が本当に大きいです。ロバート・マンがこれほど凄い音楽家だったとは、昔は全然気付きませんでした。耳が節穴だったのですね。これも旧盤と優劣の付けられない素晴らしい演奏です。。

G7138122wスメタナ弦楽四重奏団(1983年録音/DENON盤) 全集盤です。派手さや大袈裟なところが全く無く、極めてオーソドックスと言えます。しなやかで美しい音が際立つのも大きな特徴です。この曲では、それが非常に良く生かされます。何の過不足も無く、曲をそのまま自然に聴かせてくれる良い演奏です。けれども、余りに自然過ぎて面白さに欠けるのも事実です。もう少しベートーヴェンの魂に迫るような凄みを感じさせて欲しい気もします。

Melos_beethoven_lateメロス弦楽四重奏団(1985年録音/グラモフォン盤) 全集盤です。戦前は別としても、ドイツの演奏家は基本的にイン・テンポで堅牢な造形の演奏を行います。それが、たとえ刺激は少なくても安心感に繋がります。この演奏も同様で、がっちりとしていながら少しも無機的な印象は受けません。特に素晴らしいのが後半の3、4楽章で、彼らの音からは、美しく深い情緒が溢れ出ています。終楽章の彫の深さと手応えも出色で繰り返し聴くたびに味わいが増すように感じます。

61vvfzeifl__sl500_aa300_ウイーン・ムジークフェライン弦楽四重奏団(1990年録音/PLATZ盤) 全集盤からです。広がりの有る録音からは幾らかシンフォニックに聞こえますが、肩の力が抜けて力みの無い演奏がとても心地良いです。幾らウイーンの演奏家といっても昔ほどの甘さは有りませんが、それでもしなやかで柔らかい音は紛れもないウイーンの音です。彼らの全集の中でも1、2を争う出来栄えだと思います。

Emersonbeethovenエマーソン弦楽四重奏団(1994年録音/グラモフォン盤) 全集盤からです。この曲も第1Vnを弾くのはゼルツァーですが、通常は第1Vnが目立つところを逆に抑え気味にして、完全に4つの楽器の集合体としています。その織成す音の鮮やかさと繊細さには脱帽です。3楽章では大きく歌わせずに極弱音のまま和音を響かせ続けます。人間の敬虔な感情を超越して、静寂な悠久の世界に漂うような感覚に襲われます。まるで第九のアダージョのようです。終楽章では、強音分での思い切りの良いダイナミクスも凄いですが、どんなに音が強くても美感を損ねないに驚きます。完全にコントロールされています。その点ではジュリアードSQの旧盤に匹敵するか、凌駕をしているとさえ思います。

312ゲヴァントハウス弦楽四重奏団(1998年録音/NCA盤) 全集盤からです。彼らは古き良きドイツの伝統をベースに、優秀なテクニックで現代的な先鋭性も持ち合わせる素晴らしい団体ですので、どの曲も高水準の素晴らしさです。安心して聴いていられます。3楽章のしっとりとした響きと味わいも素晴らしいです。ベートーヴェンの晩年の心境がそのまま映し出されているかのようです。終楽章もメリハリが付いていて愉しく聴けます。

好きな演奏の多いこの曲のマイ・フェイヴァリットを強いて挙げるとすれば、やはりエマーソンSQでしょうか。次いでは、ジュリアードSQの新旧両盤です。但し、ラサール、ズスケ、メロス、ウイーン・ムジークフェライン、ゲヴァントハウスなども、どれもが素晴らしくその差は僅差だと思っています。

ということで、ようやくベートーヴェンの弦楽四重奏曲特集が終了しました。4月からですので足掛け半年かかってしまいました。聴き終えて改めて感じるのは、曲によって好きな演奏団体が随分と入れ替わることです。ですので16曲全てが良いという団体などは存在しません。次回は、そのことを踏まえた上で、敢えて全集盤としての比較を行ってみたいと思います。

|

« 2020年東京オリンピック開催決定! | トップページ | ベートーヴェン 弦楽四重奏曲全集 名盤 ~汲めども尽きない魅力~ »

ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:後期)」カテゴリの記事

コメント

ハルくんさん、こんにちは。
まずは ベートーヴェンの弦楽四重奏曲特集の完結、お疲れ様でした。
ただでさえ 名作、傑作の聴き比べは 大変な事だと思いますが、ベートーヴェンのこのジャンルは その中でも最難関でしょうね。ハルくんさんには 本当に敬意を表します。
これこそ クラシック音楽を聴く 楽しみであり 醍醐味の一つですよね。それをブログを通じて分かち合えるなんて 我々 読者は 幸せです。ありがとうございます。
 
さて、ベートーヴェン最後の四重奏曲「第16番」。
ここでのベートーヴェンは なんと晴れやかなのでしょうか!まるで前作の「第14番」で "やりきった感"を表している様にも思えます。しかし、そんな彼の心とは裏腹に身体的にはボロボロだったベートーヴェン・・・。この作品は、そんな状況を全て受け入れた上で それでも、明るく、前向きに、生きて行こうとする男の"人間賛歌"のように 私は感じます。
CDですが、最近 聴いている エマーソンQ、アウリンQ(あ~、間に合って良かった(笑))も良いのですが、ゲヴァントハウスQとズスケQが 私のお気に入りです。

投稿: ヨシツグカ | 2013年9月14日 (土) 14時28分

ヨシツグカさん、こんばんは。

ベートーヴェンの四重奏の特集は、このブログをスタートしたときから「いずれは」とずっと思っては尻込みをしていたテーマでした。それを実現できたのは、このジャンルを同じように大切にされているヨシツグカさんをはじめとする皆さんのおかげです。様々なご感想、ご意見を聞くことができたのも、かけがえのないことでした。こちらこそ本当にありがとうございました。

それにしても聴力を完全に失い、体調を崩した中で、このような曲の創作を行なえる精神力には脱帽しますね。

この曲は、記事の中ではエマーソン、ジュリアードを一番に挙げましたが、ゲヴァントハウスQやズスケQのようなオーソドックスなスタイルが魅力ですね。やはり前作までとは異なる開放的な曲想のせいだと思います。

投稿: ハルくん | 2013年9月14日 (土) 21時45分

ハルくんさん、こんばんは~。

ついに、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲シリーズも、最後の第16番に到達されましたね!本当に長丁場お疲れ様でした。さて、この第16番ですが~、第12番に始まる後期作品群で、一層内省的で深い充実した芸術境を極めたベートーヴェンが~、ここでは肩の力を抜いて自然体の明るい解脱境に入った、純朴で清澄な音楽を紡ぎ出していて、聞いている私も慰安され~解放されるのですね。

例えが、少し適切ではないかも知れませんが~、モーツァルトの影響も残しつつ、若きベートヴェンの純朴さと青雲の志をも垣間見させる、弦楽三重奏曲の爽やかさと明るさにも一脈通じるような感じがするのですよね。

しかしながら、この作品に関しても~私の鑑賞歴は貧弱で、アルバン・ベルク四重奏団とスメタナ四重奏団のみで~、未だにこの作品の真髄を伝えてくれる演奏には、巡り会っておりません。お薦めはどの演奏なのでしょうか?

投稿: kazuma | 2013年9月15日 (日) 21時08分

ハルくん様

morokomanです。

前人未到のこのシリーズ、ついに最後の16番までやり抜かれましたね。おめでとうございます。そしてお疲れ様でした。

「ようやくついた決心」ー『不滅の恋』という映画があり、その映画では「決心」についての謎解きをしていました。その場面はこの場では書きませんが、哲学的なことを意味するのではなく、日常生活のある場面でのことを指していました。

さて、私の場合は相変わらずラサールを聴いていますが、彼らはこの問題についてはまったく関心が無いようで……「楽譜にすべて書いてあるだろ!」とでも言いたげに、楽譜にのみ意識を集中しているようです。

感情や感傷など、まったく考慮に入れていない演奏。その徹底ぶりが、かえって清々しくかんじます。

さすが、新ウィーン学派が基本テリトリーの団体だけあって、この曲に新しい角度から光を当てていますね。

ラサールは13番が最も優れているーと言うか、曲の志向性と団体の志向性が最もあっている-と思いますが、16番も案外、この団体にあっているのかも知れませんね。

投稿: morokoman | 2013年9月15日 (日) 22時19分

kazumaさん、こんにちは。

仰る通り、この曲は「悟りを開いた」かのようなベートーヴェンを想わせます。
生涯を「迷い」「苦しむ」なかで最後に神の姿を目にした彼の心境だったのではないでしょうか。
聴けば聴くほどに素晴らしさが増して感じられる作品ですね。

この曲ではアルバンベルクQはとても良いと思っています。お薦めと言われると、やはりエマーソンQとジュリアードQになりますが。

投稿: ハルくん | 2013年9月16日 (月) 09時10分

morokomanさん

お付き合い頂きまして、どうもありがとうございました。
映画『不滅の恋』は僕も観ましたよ。謎解きそのものが非常に難しいので、「ふ~ん、そんなものかなぁ」という感想だったような記憶です。

ラサールQの13番は確かに素晴らしいですね。次いではこの16番かもしれません。
忘れ去られて欲しくは無いカルテットですね。

投稿: ハルくん | 2013年9月16日 (月) 09時27分

シリーズ完結おめでとうございます。
いつかはオススメものをすべて揃えてやろうと意気込んでおりますが東京オリンピックとどちらが先ですかね。
とにかくマイペースで大事に聴いていこうと思っています。
本日ゲヴァントハウスSQをゲットしてきました。
とってもとっても楽しみです。
コメント等は残していませんが本当にいつもいつもお世話になっています。ありがとうございます。

投稿: はるりん | 2013年9月17日 (火) 22時56分

はるりんさん、こんにちは。

ご無沙汰していますが、お元気そうで何よりです。
そうですよね。「マイペースで大事に聴いてゆく」という姿勢は大切ですね。何かに急き立てられて沢山の買い物をしても、結局は雑な聴き方になってしまいますからね。自分でも思い当る節が大いにありますので反省したいと思います。

ゲヴァントハウスSQはじっくり聴き込むのに値するオーソドックスで素晴らしい全集だと思います。ご感想を楽しみにしていますね!

投稿: ハルくん | 2013年9月17日 (火) 23時49分

大きな仕事大変ご苦労様でした。それにしても、全16曲をこれだけの演奏団体で聴くだけでも相当の時間がかかりますよね。毎日の生活の中から時間を割いて音楽を聴くことの難しさを考えるとこれは偉業に近いと思います。曲によって出来不出来はそれぞれの団体にあるのは当然で、だからこそ面白いのですよねえ。私は14番が一番好きでしかも弦楽合奏版がことさら好きなのですが、その他ではやはりラズモフスキーの第三番でしょうか?この最終楽章がことさら好きであります。今回のシリーズはベートーヴェンの弦楽四重奏曲の偉大さを改めて教えていただいたようにも思います。本当にご苦労様でした。

投稿: まつやす | 2013年9月18日 (水) 17時10分

まつやすさん、こんばんは。

好きな事ですので、決して「仕事」というわけではありませんが、確かに時間が相当かかったのは事実です。何度か聴き返した演奏も少なくはありません。でも短期間で集中して聴き比べることによって初めて聞こえてくるものも沢山有るのですねぇ。

今回は自分でも改めてベートーヴェンの弦楽四重奏曲のとてつもない偉大さをつくづく感じました。
14番、ラズモ3番、素晴らしいですね。しかし同じように素晴らしい曲がどれほど連なることか。凄過ぎです!

投稿: ハルくん | 2013年9月19日 (木) 00時53分

おつかれさまでした。自分が弦楽器奏者でなくてよかった、自分の課題としてでなく気楽に読ませていただきました(笑)高校生の頃はよく木管でモーツァルトなどのクヮルテットを吹いて遊びましたが、この種の曲にはさすがに手を出しませんでした。

投稿: かげっち | 2013年9月19日 (木) 12時54分

やはり第3楽章が一番好きです。
なんか、もうマーラーまでイッてるような…

ところで1988年頃に「交響曲第10番第1楽章」って
バリー・クーパーという音楽学者が補筆して発表しましたが
定着しませんでしたね。
冒頭の響きなんかは「いかにも」後期風だったのですが…

どちらにしてもベートーヴェンにはもう完成させる力が残って
いなかったのでしょうね。

下手に未完で残されるより、
この第16番が最後の作品でよかったです。

投稿: 影の王子 | 2013年9月19日 (木) 22時06分

かげっちさん、ありがとうございます。

弦楽器奏者であっても課題にしようなどと大それたことは考えませんね。(どだいムリな話です)(笑)
でも、後期の曲なんかをもしも自分で合奏できたら何と素晴らしいだろうなぁとは思いますね。それを14番の終楽章で僅かでも垣間見たような気がします。

投稿: ハルくん | 2013年9月20日 (金) 12時35分

影の王子さん

16番の第3楽章って、どことなくマーラーの交響曲第3番の終楽章に似た雰囲気を感じますね。「彼岸」とでも言うような・・・。

この曲と13番の新しい終楽章で「開放」されたベートーヴェンの魂を感じられて良かったです。やはりこの人が実生活だけでなく、音楽の上でも苦悩のまま終わるのではやるせません。

投稿: ハルくん | 2013年9月20日 (金) 12時43分

ついでにいえば、ライヒャやダンツィの木管五重奏ではシリーズが書けませんね、こんなに内容濃い作品ではないので。

投稿: かげっち | 2013年10月 2日 (水) 18時55分

かげっちさん、こんばんは。

ライヒャやダンツィの木管五重奏ですか。
木管が専門では無いので、全然知りません。
とにかく、ベートーヴェンを聴いてもまだ「室内楽を沢山書いてみよう」と思えたのはショスタコーヴィチぐらいじゃないですか?やはり「革命」の人だったのかな?(笑)

投稿: ハルくん | 2013年10月 2日 (水) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第16番ヘ長調作品135 名盤 ~ようやくついた決心~:

« 2020年東京オリンピック開催決定! | トップページ | ベートーヴェン 弦楽四重奏曲全集 名盤 ~汲めども尽きない魅力~ »