« 被害者と加害者の立場は永遠に変わることは無いの? ~幻の日韓友好~ | トップページ | ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第13番変ロ長調 作品130 &「大フーガ」作品133 名盤 »

2013年8月 3日 (土)

ブログ開設5周年記念御礼!

Manekineko

いやぁ、早いもので、このブログをスタートしてから5年が経ちました。始めた時には、正直ここまで続くとは思いませんでした。大好きな音楽の事も、そうでない事も、コメントを寄せて下さる方たちと楽しくコミュニケーションできることが何よりも楽しみです。日頃コメントを頂いている方々には、心から感謝したいですし、たとえコメントは頂かなくとも、お読み頂いている方々にも御礼の言葉をお伝えしたいです。

ブログ記事の中心は、いわゆる名曲や名盤についてですが、自分の耳で聴き、心で感じたことを、多少なりともご参考にして頂ければ大きな喜びです。つたない文章で毎回同じような事しか書けないのが非常に歯がゆいのですが、音楽の専門家では無い全くの素人ですので、まぁ仕方が無いかと諦めてはいます。

無理せず背伸びせず、これまで通りのペースでこの先も続けて行こうと思っていますので、どうぞ皆様、末永くお付き合い下さい。

|

« 被害者と加害者の立場は永遠に変わることは無いの? ~幻の日韓友好~ | トップページ | ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第13番変ロ長調 作品130 &「大フーガ」作品133 名盤 »

音楽やその他諸事」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ネ兄5周年!

政治を取り上げる音楽Blogがここ数年多くみられたのも、ソレだけ異常な事態だったのだと思います。音楽が同じ嗜好の皆さんの政治へのご意見を伺えて貴重です。貴Blogで政治を取り上げる事が少なくなればソレに越した事はないのですけど。

投稿: source man | 2013年8月 3日 (土) 08時50分

ブログ開設5周年、おめでとうございます。
毎回、興味深い記事のご提供、楽しく読まさせていただいています。
思うところがあり、音楽以外の記事へのコメントは控えさせていただいていますが、色々 考えさせられる内容ですね。

音楽の記事が多くなる事を心から祈る日々です。
これからも 楽しい、そして興味深い記事を 無理をせず続けていって下さいね。
これからも宜しくお願いいたします。

投稿: ヨシツグカ | 2013年8月 3日 (土) 11時49分

はじめまして。ベートーヴェンの弦楽四重奏曲で検索していてこちらのブログにたどり着きました。ちょうど5周年ということでおめでとうございます。

いろいろな四重奏団について丁寧にコメントして頂いてて、とても参考になりました。どの盤に対しても’ハルくん’さんの暖かい視線が感じられ、これからも拝見させて頂きたいと思いました。

5周年以後も末永く続けてください!
今後ともよろしくお願いします。

投稿: SS | 2013年8月 3日 (土) 13時13分

今日はなんとなくハルくんさんに呼ばれたような気がして遊びに来たところ
なんと~~
ブログ開設5周年、おめでとうございます。

私はここのところネトゲ廃人に成り果てて(;´Д`A ```ブログはホントご無沙汰しておりますが、これからもよろしくお願いいたします。

o(*^▽^*)o

投稿: はるりん | 2013年8月 3日 (土) 14時20分

ハルくんさま
五周年ですか、おめでとうございます。
私はあまり書き込みをしていませんがほぼ全てを読ませていただいています。
ありがとうございます。
今、私はラローチャトブロムシュテットにはまっています。なんとも素晴らしい演奏は人間性から来るものだと信じて疑いません。ラローチャのシューマンやラフマニノフいいですよねえ!
そしてブロムシュテットのブルックナー全集を揃えてしまいました。なんともしあわせな時間をくれることでしょうか。9月のブラームスチクルス見に行くことにしました。
いやあ、それにしても五周年、おめでとうございました。これからも楽しみにしてます。


投稿: まつやす | 2013年8月 3日 (土) 18時22分

ハルくんさま、こんばんは~。

ブログ開設5周年~、本当におめでとうございます。いやぁ~、ブルックナーやマーラーおたく~、はたまたブラームス好きの私にとっては、うってつけのブログでした。ハルくんに出会えたこと、本当に嬉しく心より感謝申し上げます。

それから、政治面に於いても~ハルくんとは意見が同質であり、この点でも嬉しさ倍増です!今後とも宜しくお願い致します。併せて~、ハルくんの益々のご健勝とご多幸を祈念申し上げます。

投稿: kazuma | 2013年8月 3日 (土) 21時31分

source manさん、こんにちは。

どうもありがとうございます。
ここ最近、やむに已まれず政治の話に触れていますが、そんな気持ちになる必要が無ければどんなに良いことでしょうね。

投稿: ハルくん | 2013年8月 3日 (土) 22時12分

ヨシツグカさん、こんにちは。

いつもコメントをどうもありがとうございます。
本当に音楽の記事に集中できれば、それが一番です。色々書いては居ますが、音楽中心のポリシーは変わりませんので。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

投稿: ハルくん | 2013年8月 3日 (土) 22時16分

はるりんさん、こんにちは。
いえいえ、本当に念を送って呼んでいたのですよー(笑)

ネトゲ廃人?から再びシューオタ布教活動に戻られることを楽しみにしていますよ~。
人生いろいろ、流れる川のごとし、です。
時に激流、時に滞留、やむなしですよ。大海を目指してがんばりましょう。

投稿: ハルくん | 2013年8月 3日 (土) 22時26分

SSさん、こんにちは。
初めまして。ようこそお越しいただきました!

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲は現在ちょうど進行中ですが、古い記事へのコメントも大歓迎です。どうぞお気軽に何でも書き込み下さい。
またのコメントを楽しみにお待ちしています。
こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

投稿: ハルくん | 2013年8月 3日 (土) 22時33分

まつやすさん、こんにちは。

どうもありがとうございます。
ラローチャのCDって持っていませんが、ちょこちょこっと聴いた限りではとてもイイですね。少しも機械的で無く、人間的な肌触りの演奏が何とも魅力です。いずれじっくり聴いてみたいと思います。
ブロムシュテットの人間性は広く知れわたっていますね。ブルックナー全集、ブラームスチクルスとはイイですねぇ。ご感想を楽しみにしています。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。


投稿: ハルくん | 2013年8月 3日 (土) 22時39分

kazumaさん、こんにちは。

どうもありがとうございます。
ブルックナー、マーラー、ブラームスは正に当ブログの中心ネタですので、ボクも嬉しいですよ。
政治に関する考え方は非常にデリケートで難しいですが、確かにkazumaさんとの基本的な考えは近いことがよく分かりました。
またの機会にも是非コメントをお寄せください。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

投稿: ハルくん | 2013年8月 3日 (土) 22時45分

ブログ開設5周年、本当におめでとうございます。
あれから、もう5年経ったのかと思うと月日の経つことの早さを強く実感します。
この前、こちらの記事を読んでエレーヌ・グリモーのラフマニノフのピアノ協奏曲第2番のCDを手配しました。
いろいろと参考になることばかりです。
今後も楽しみにしています。

投稿: オペラファン | 2013年8月 3日 (土) 23時00分

オペラファンさん、こんにちは。

当ブログのスタートの時からのお付き合いですからね。本当に早いものです。
荒らしに困っていた時に色々と助けて頂いた御恩は忘れません。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

グリモーはイイですよね。なんといっても美人ですし!(笑)
ラフマニノフのご感想を楽しみにしています。

投稿: ハルくん | 2013年8月 3日 (土) 23時17分

ハルくんさん、おはようございます。

オペラファンさんから、僕も大好きなエレーヌ・グリモーのCDのコメントが出ていたので、僕からもクウェスチョンです。確か~彼女もブラームスのコンチェルトを録音していたと思うのですが、第1番の方だったでしょうか?

いつだったのTVのインタビューでは、彼女は第1番にはすごい共感と思い入れの深さがあり、第2番に関してはさほどではないみたいで~。僕は第2番が断然好きなので、少しがっかりしましたが~。いずれにせよ、グリモーのドイツものは素晴らしい演奏ですね!

投稿: kazuma | 2013年8月 4日 (日) 08時11分

ハルくんさん、連続コメントですみません!

ああ~、僕の完全な失態です。グリモー嬢のブラームスに関しては、すでにブログに載せておられたのですね。よくも見ないでスルーしていてすみませんでした。第1番が既発売で、第2番がまだなのですね。

いずれにせよ~、N響との共演を視聴された貴殿も、第2番の方は~いまひとつ彼女が咀嚼吟味して、自分の表現としては演奏しきれてはおらず、食い足りなさが残ったということですね?さもありなんですねぇ~。

投稿: kazuma | 2013年8月 4日 (日) 08時52分

kazumaさん、おはようございます。

5周年には関係ありませんが、グリモーのブラームスP協1番のザンデルリンクとの旧盤は非常に素晴らしかったですね。新盤は一部WEBで試聴しただけですが、またしても素晴らしそうです。第2番も日本での演奏に先駆けて録音したはずですが、ライブよりも良いように思えます。CDは予約済みですが、じっくりと聴いたうえで感想を記事にUPしたいと思っています。

投稿: ハルくん | 2013年8月 4日 (日) 10時29分

5周年おめでとうございます。
いつも中身の濃いブログ楽しませてもらってます。
SKDやRCO好きのハル様に対してセル・クリーヴランドOやライナー・シカゴSO好きの小生ですが、美人に弱いのは一致しています(笑)。ボリショイ・バレエの新星、オリガ・スミルノワは要チェックですね。

投稿: シーバード | 2013年8月 4日 (日) 11時39分

シーバードさん、こんにちは。

どうもありがとうございます。

オーケストラの音の好みは人それぞれでしょうね。美人に弱いのは大抵の男に共通しているでしょうが、それにもまた好みがあるのでしょうね。

オリガ・スミルノワさん、注目されていますね。残念ながら踊りを見たことが無いのですが、いつか舞台姿を見るのが楽しみです。ボリショイは舞台裏がガタガタしているのが心配ですが。

投稿: ハルくん | 2013年8月 4日 (日) 14時08分

ハルくん様

morokomanです。

ブログ開設5周年おめでとうございます。

一言で「五年」と言っても大変なことだと思います。

自分は昨年からの参加ですが、いろいろと教えていただきました。おかげさまで、ザンデルリンクのブラ1や、プリムローズのヴィオラ・ソナタなどと出会うことができました。

今後もご教授よろしくお願いいたします。

この素晴らしいブログが末永く続くよう、心から願ってやみません。

投稿: morokoman | 2013年8月 5日 (月) 12時55分

morokomanさん、こんにちは。

こちらこそ、いつも暖かいコメントを頂きまして本当にありがとうございます。
私とて知らないことや聴いたことが無い演奏は山ほど有りますので、お互いに紹介し合って参りましょう。
また折を見てシベリウス、北欧特集をしたいですね。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

投稿: ハルくん | 2013年8月 5日 (月) 20時30分

ハルさん、ブログ五周年、おめでとうございます。
最近は書き込みが少なくなってしまいましたが、いつもハルさんの記事を楽しく拝読しております。
音楽鑑賞する機会もここ最近は激減していますが、先日聴いた紀尾井シンフォニエッタ定期でのロッシーニのスターバトマーテルが強く印象に残っています。
これからも楽しい記事を期待しております。ただ、無理のないペースで続けて行って頂ければと存じます。

投稿: たろう | 2013年8月 5日 (月) 21時25分

たろうさん、ご無沙汰しましたが、お元気そうでなによりです。

音楽を聴く時間が減っておられるのはとても残念ですね。それでも音楽会に足を運べる機会が有るのは幸せですね。

暖かいお言葉をどうもありがとうございます。記事のペースが落ちることも有るかもしれませんが、長く続けて行くつもりですので、今後ともよろしくお願いします。

投稿: ハルくん | 2013年8月 5日 (月) 23時13分

5周年おめでとうございます、これからも期待します。
報告ですが、病についてご心配ありがとうございました。思えば昨夏の第九を終えてすぐ発病したのですが、なんとか6月頃から楽器を再開し、今年のステージを目標にリハビリしてきました。まだ体調は不完全ですが一応先月のステージにベンチ入りすることができました。
体力を考えて前プロは降り番(ウィリアムテル、天国と地獄)、ラフマニノフのシンフォニー2番のトップに座らせてもらいました。ただしリハーサルまではかなり好調だったのですが、緊張のためかステージに上がる少し前から左手の指の不随意運動が悪化し、舞台上では3楽章のゆったりした大ソロが吹けない状態になったので、アシスタントの後輩に代わってもらいました。意外にも速い楽章は日に日に指が動くようになってきました。
まだ指の痺れや下半身の運動障害もありリハビリは続きますが、「ラフマニノフという難曲を前に諦めず最後までみんな必死でさらったのは、かげっちが必死で舞台に上がる姿を見たからだ」と言ってもらいました。また天国と地獄のカデンツァで苦しんでいる後輩に、リハーサルの時にちょっとした代え指を教えたところ、本番みごとに決まったのも、うれしい出来事でした。もっと回復してもっといろいろ演奏したいものです。
ハルくん様も健康にはくれぐれもお気を付けて、あと50年くらい書き続けてくださいませ。

投稿: かげっち | 2013年9月 4日 (水) 13時00分

かげっちさん

病気を乗り越えて音楽活動にカムバックされたご努力には敬服します。私などは多忙を理由に逃げていますが、再びステージの感動を取り戻したい気持ちも有ります。何事も「意欲」の問題ですね。
ただ、一口に音楽といっても色々な形が有るので迷ってはいるところです。具体的には追々ご紹介してゆきます。

ブログへの励ましのお言葉ありがとうございます。あと50年続けると100歳を越えてしまいますので、まずは健康で長生きすることからですかね。かげっちさんにもずっと読んで頂かないと。(笑)

投稿: ハルくん | 2013年9月 4日 (水) 23時55分

ハルくん様、かげっち様

morokomanです。

(この文をかげっち様がご覧になっているのかどうかわかりませんが、それでもかまわず書かせていただきます。)

以前、2013年2月15日 (金)「若き日のオッコ・カムのシベリウス ~カム・バック・プリーズ!~」の記事で、かげっち様が退院後初めて書き込みをされたとき、私からも「ご退院おめでとうございます」と書こうと思ったのですが、そのときのかげっち様の書き込みを拝読して、思いとどまりました。

この時は、ただ単に「かげっち様が退院をされた」というだけの話で、これから長いリハビリをしなければならない、と読みとることができました。

すなわち、闘病生活はまだまだ続くわけで、能天気に「おめでとうございます」などと書けるわけがない、と思えたのです。

なので、声をかけさせていただくのは、あくまでもかげっち様が演奏ができるようになってからのほうが良い、と思い自重いたしました。

今回の書き込みを拝読し、ようやく書くことができます。


    演奏現場へのご復帰、おめでとうございます。(^^)


文面を拝読するかげり、まだまだ完治にむけてのご努力、大変だと思います。でも、良き方々に囲まれておられるご様子。その方々とこれからも末永く、演奏を続けられることを願ってやみません。

また、今後もいろいろと名演奏や、オーケストラ・プレーヤーの視点で演奏のポイントなどを教えていただければ、幸いに思います。

ハルくん様、書き込み失礼いたしました。改めてこのブログがあることの幸せを噛み締めております。

投稿: morokoman | 2013年9月 5日 (木) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/52715137

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ開設5周年記念御礼!:

« 被害者と加害者の立場は永遠に変わることは無いの? ~幻の日韓友好~ | トップページ | ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第13番変ロ長調 作品130 &「大フーガ」作品133 名盤 »