« ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第13番変ロ長調 作品130 &「大フーガ」作品133 名盤 | トップページ | 今日の「サワコの朝」 葉加瀬太郎とブラームス »

2013年8月15日 (木)

ラ・メール(La Mer) ~海~

今週は夏休みですが、遠出はせずに家でのんびりです。それでも月曜には二人目の孫が誕生したので翌日病院に見に行きましたし、今週末には父親の七回忌の法事が有ります。それ以外にも友人と会って飲んだりと、暇で時間を持てあますことは有りません。

でも夏休みと言えば、やはり海と山ですね。幸い我が家は丹沢山麓にほど近い場所に有るので、その山並みを見渡すことが出来ます。海は残念ながら見えないので心に思い浮かべるだけです。

その「海」という名曲が有りますね。但しドヴュッシーの有名な管弦楽曲ではありませんよ。「La Mer(ラ・メール)」の曲名で知られる古いシャンソンです。1943年にフランスのシャンソン歌手で作曲家のシャルル・トレネが歌った曲ですが、この曲は英語圏でも「Beyond the Sea(ビヨンド・ザ・シー)」の曲名で多くの歌手にカヴァーされています。実は昔から大好きな曲で、もしかしたらポピュラーソングの中で一番好きかもしれません。晴れた日の穏やかな大海原。どこまでも続く水平線。あの向こうには行ったことの無い国が沢山有るのだと想像をかき立てられます。

この曲は旋律線に独特の魅力が有り、微妙な転調を何度か繰り返す妙が何とも素敵です。歌無しのオーケストラで演奏されると神秘的な雰囲気さえ漂わせます。というように様々なバージョンで楽しめる素晴らしい名曲です。久しぶりにゆっくりと聴いてみたいと思います。

まずは作曲者のシャルル・トレネで聴きましょう。まぁ、これはリファレンスですね。陽光輝く地中海が想い描かされます。

英語版の「ビヨンド・ザ・シー」も古くはビング・クロスビーから色々な人が歌っていますが、僕が好きなのはボビー・コールドウェルです。元々はAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)の歌手ですが、ジャズもとても上手いのです。この曲が入った「ブルー・コンディション」というアルバムは愛聴盤です。嬉しいことにステージ映像が見つかりました。うーん、アダルト!

けれども、実はこの曲を高校生の頃に最初に聴いたのはマントヴァーニ・オーケストラの演奏なのですね。何という美しく神秘的な曲なのかと思いました。

最後にこれはおまけです。ミスター・ビーンの映画「Mr.Bean’s Holiday(邦題:Mr.ビーン、カンヌで大迷惑)」のラスト・シーンです。ロンドンからカンヌを目指して珍道中の旅をしてきたミスター・ビーンがついにカンヌの浜辺にたどり着いた場面です。「ラ・メール」が見事に使用されています。他にもプッチーニの「ジャンニ・スキッキ」の「私のお父さん」のパロディが有ったりと実に楽しい映画でした。
映画「Mr.BEAN’S HOLYDAY」より

|

« ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第13番変ロ長調 作品130 &「大フーガ」作品133 名盤 | トップページ | 今日の「サワコの朝」 葉加瀬太郎とブラームス »

音楽(シャンソン・タンゴ・ボサノヴァ)」カテゴリの記事

コメント

リンク先を拝聴して、ケビン・スペイシー監督/主演「ビヨンドtheシー」を思い出しました。歌がスゴく上手いのに驚き、脚本も素晴らしい。

ボビー・コールドウェルは有名な「イブニング・スキャンダル」を所有も、最新リマスターと装置の相性が良くないようで旧盤で聴いてみたいと以前から思ってます。ご紹介盤も聴いてみたいです。

投稿: source man | 2013年8月15日 (木) 20時20分

source manさん、こんにちは。

映画は観ていませんが、ボビー・ダーリンの伝記映画なのですね。「beyond the sea」本当に多くの歌手に歌われた名曲だと思います。

自分はAORの熱心な聴き手だった訳ではありませんが、ボズとこの人はとても好きでした。「イブニング・スキャンダル」の素敵なLPジャケットは壁に掛けておきたくなるぐらいに素敵でした。
「ブルー・コンディション」はスタンダード・ジャズ集なのでAORファンには評価をしない人も居るようですが、僕は好きです。機会あれば聴いてみて下さい。

投稿: ハルくん | 2013年8月16日 (金) 11時10分

ご無沙汰しております。
ラ・メール本当に良い曲ですよね。私の愛聴盤はジョージ・ベンソンがBig Bandバックに歌い上げた↓です。
http://www.hmv.co.jp/artist_George-Benson_000000000000743/item_20-20-Ltd_5420830
他に収録されたロバータ・フラックとのデュエットバラードLove of my lifeなど学生時代のカーステレオ(もちろんカセット!)の常備曲でした。
機会があればご一聴下さい。

投稿: kenken | 2013年8月16日 (金) 12時49分

ハルくんさん、こんにちは

「ラ・メール」・・・フランク・チャックスフィールド管弦楽団のLPの中に入っていたのを、やはり高校生の時、よく聴いていました。
久し振りに、そのLPを取り出して聴きました。あまり勉強しないで、しかし毎日楽しく過ごしていた当時のことを思い出しました。HABABI

投稿: HABABI | 2013年8月16日 (金) 17時06分

kenkenさん、お久しぶりです。
お元気そうで何よりです。

ポピュラーミュージックもお好きなのですね。知りませんでした。
いやージョージ・ベンソン!懐かしいです。
「The Greatest Love of All」なんて大好きでしたよ。歌とギターと両方とも最高な人も珍しいですよね。
「Beyond the Sea」も良いですね。アルバムを聴いてみたいです。

投稿: ハルくん | 2013年8月16日 (金) 17時08分

HABABIさん、こんにちは。

この「La Mer」という曲、ジャズ風でもイージーリスニング風でも素晴らしくイケてしまうのですよね。やはりメロディ・ラインの魅力なのでしょうね。

僕が昔聴いていたマントヴァーニのLPは今は家に有りません。なんだかLPかCDが欲しくなってしまいます。

投稿: ハルくん | 2013年8月16日 (金) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/52889339

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・メール(La Mer) ~海~:

« ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第13番変ロ長調 作品130 &「大フーガ」作品133 名盤 | トップページ | 今日の「サワコの朝」 葉加瀬太郎とブラームス »