« 「アンパンマン・マーチ」 ドリーミング | トップページ | 「ボクの音楽武者修行」 小澤征爾 »

2013年6月15日 (土)

ショスタコーヴィチ 交響曲第5番 ザンデルリンク/ロイヤル・コンセルトへボウ管のライブ盤

81hjtilpfpl__aa1500_クルト・ザンデルリンク指揮ロイヤル・コンセルトへボウ管(1999年録音/コンセルトへボウ管弦楽団アンソロジー第6集1990-2000より)

ロイヤル・コンセルトへボウ管弦楽団による自主制作CD第6集には、ザンデルリングが指揮したものとして、前回ご紹介のブルックナー交響曲第3番の他にショスタコーヴィチ第5番という一品が収められています。

ザンデルリンクが引退したのは2002年ですが、最晩年の録音には1999年にシュトゥットガルト放送響に客演したライブのブルックナー第7番が有り、それは正に天を仰ぎ見るような壮大な演奏であり、僕のブル7のベストを争う愛聴盤です。その同じ年にライブ録音されたのが、このショスタコーヴィチ第5番ですので、最晩年の巨匠の威容を聴けるという点で大変に貴重です。

ザンデルリンクは旧東ドイツ出身ですが、東西冷戦時代にはソヴィエトのレニングラードで、ムラヴィンスキーの下で指揮者をしていました。ですので、この人は純正ドイツもの以外にも、ロシアのチャイコフスキー、ショスタコーヴィチ、あるいは北欧のシべリウスなどをレパートリーとしています。それでも、やはりこの人はドイツものが最高ですし、晩年には心の故郷に戻ったかのように、ドイツものを多く演奏していましたが、最晩年に名門コンセルトへボウと演奏したショスタコーヴィチということであれば興味は尽きません。

この自主制作CDはどれも録音が優秀で、しかも変に音をいじくりまわしていないので安心です。この曲も冒頭の力強い響きにすぐに引き込まれます。

第1楽章では、山あり谷ありという派手なドラマの演出はしていません。このあたりはいつものザンデルリンクそのものです。最晩年ということで緊張感の減衰が心配ですが、このひとに関してはそんなマイナスは見られません。元々アンサンブルに必要以上に神経質になったりはしませんが、自然な指揮ぶりに名門オケが忠実に応えています。そして巨大なスケール感がじわりじわりと膨れてゆきます。けれどもテンポが極端に遅い訳では無く、聴感上ではむしろこの10年も前にベルリン響と録音したブラームス交響曲全集の新盤のほうがずっと遅く感じられます。

第2楽章も同様にスケールが大きく、凄く重量感は有るものの、少しももたれたり推進力が失われたりしません。

第3楽章はムラヴィンスキーのように凍りつく様な冷たさを感じることもなく、それほど暗い悲壮感に包まれているわけではないのですが、何か非常に深いものを感じます。コンセルトへボウの音はそれは美しいのですが、決して表面的な美しさでは無く、内面的な美を浮かび上がらせているような気がしてなりません。

第4楽章は冒頭から気迫に驚かされます。ザンデルリンクにしては意外に速めのテンポに感じますが、巨大なものがぐんぐんと迫り来るようであり、良い意味での威圧感に圧倒される思いです。表情も大きく、引退前の巨匠のどこからこれほどのパワーが溢れだしてくるのか不思議になります。終結部の巨大さはやはりザンデルリンクです。ムラヴィンスキー/レニングラードにも匹敵する充実ぶりで、「天空の城ラピュタ」(?)という感じでしょうか。終演後に収録されている拍手の大きさには聴衆の満足感が現れていると思います。

いやぁ、ザンデルリンクはホント最後まで凄かったのですね。

|

« 「アンパンマン・マーチ」 ドリーミング | トップページ | 「ボクの音楽武者修行」 小澤征爾 »

ショスタコーヴィチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/52044081

この記事へのトラックバック一覧です: ショスタコーヴィチ 交響曲第5番 ザンデルリンク/ロイヤル・コンセルトへボウ管のライブ盤:

« 「アンパンマン・マーチ」 ドリーミング | トップページ | 「ボクの音楽武者修行」 小澤征爾 »