« 橋下知事の従軍慰安婦問題発言のこと | トップページ | コンテンポラリー・ダンス 「Dance」 »

2013年5月25日 (土)

「青い影」 プロコル・ハルム ~1960年代の名曲~

「青い影」 原題「A Whiter Shade of Pale」。1967年にリリースされた、イギリスのロック・グループ、プロコル・ハルムのデビュー曲ですが、発売されるや世界中で爆発的な大ヒットとなりました。あのビートルズの作品さえも凌駕する奇跡的な名作として知られています。ビートルズの故ジョン・レノンをして「人生で最も印象的な3曲のうちの一つ」と言わしめました。

僕がこの曲を聴いたのは恐らく1969年だったと思います。中学2年でしたが、同じクラスにはビートルズやローリング・ストーンズ、クリームといった外国ロックの大好きな奴らが何人も居ました。何故だか判りませんが、同学年に5つ有ったクラスの内で、こんなにロック好きが集まったクラスは有りませんでした。もちろんビートルズとストーンズの人気は抜きんでていましたが、他にもクリームの「ホワイト・ルーム」、ドアーズの「タッチ・ミー」、バニラ・ファッジの「キープ・ミー・ハンギング・オン」、CCRの「プラウド・メアリー」など人気の曲が数多くひしめきました。その中でも、ひときわ人気の高かった曲がプロコル・ハルムの「青い影」です。

この曲がバッハの音楽をモチーフにしているという話は当時から聞いていましたが、具体的にどの曲なのかというのは謎でした。やれカンタータの第114番だ、第140番だ、いや「G線上のアリア」だと、様々な議論が交わされたようですが、結局のところ分からずじまいです。従って、特定の曲をモチーフにしたのではなく、オルガンを単にバッハ風に弾いただけだ、という説が有力です。

とにかく、この曲が名曲中の名曲であることには変わりありません。当時のビデオ映像をYouTubeで見つけました。あの頃は、毎週土曜日の午後に「ビート・ポップス」というテレビ番組が放送されていましたので、学校から帰って、この番組を見るのが大の楽しみでした。大橋巨泉の司会で、洋楽のヒット・ランキングを海外のビデオクリップをふんだんに使いながら紹介するという、1980年代にブームになった「ベストヒットUSA」の先駆け的な番組ですが、この「青い影」のビデオも、その番組で観ていたので本当に懐かしくなります。

1960年代のオリジナル映像

うーん、単なるロックのジャンルを超えた、なんともアートな音楽ではありませんか。当時のロンドンは凄かった!ロンドン、ロンドン、愉快なロンドン。ロンドン、ロンドン、楽しいロンドン♪

これ以外にも、近年のライブのビデオが幾つか有りましたが、その中で一番素晴らしかったのは2006年のデンマークでの野外コンサートです。何とも雰囲気の良い野外のステージで、フル・オーケストラをバックに素敵なアレンジで楽しませてくれます。

2006年 ライブ・イン・デンマーク

ワイド画面が欠けてしまう場合はこちらから

|

« 橋下知事の従軍慰安婦問題発言のこと | トップページ | コンテンポラリー・ダンス 「Dance」 »

音楽(ロック)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
オルガン=教会音楽=バッハというコトなのでしょうか...。
コノ時代のオルガン奏者といえば、Georgie Fameで「At the Flamingo」は愛聴盤です。Swinging Londonといえば、映画「Austin Powers」サントラを車デートで必ず掛けます。

投稿: source man | 2013年5月26日 (日) 11時53分

source manさん、こんにちは。

Georgie Fameは当時聴いていませんでしたが、早速YouTubeで聴いてみました。
なるほど典型的な60年代の英国R&B風ロックですね。StonesもAnimalsも皆ここから出発した原点なのでしょう。

Austin Powersサントラ良いですねぇ。60年代ポップスって、ホントに楽しくて車デートには最適ですね。心地良さに心がすっかり解放されて、♪デートは続くよ~どこまでも~♪ってなものですね(笑)

投稿: ハルくん | 2013年5月26日 (日) 12時41分

ハルくんさん、こんばんは。
「青い影」 良い曲ですよね。
私が初めて聴いたのは 1980年代に '50~60年代の洋楽がブームになっていた頃で 20代前半でした。当時は マーラーの交響曲などと共に、カーペンターズやサイモン&ガーファンクル、ビートルズ などを聴きまくっていました。その中でも この「青い影」は ベスト3に入るお気に入りの曲でしたね。
久しぶりに CD棚の奥の方から 引っ張り出して聴いてみました。・・・涙が出そうです(笑) 名曲ですねぇ・・・。
この曲のバッハの原曲の件ですが 私も 原曲はないと思います。ただ この曲を作る時に 「バッハの色々な作品を参考にした」というのが、たぶん正確のように思えます。
たとえば 曲の構成面で カンタータ140番の第4曲や114番の第2曲を、オルガンの美しいメロディは G線上のアリアや カンタータ156番のシンフォニア、チェンバロ協奏曲第5番の第2楽章などを参考にしているのではないでしょうか・・・。
それにしても、美しい曲ですね。

投稿: ヨシツグカ | 2013年5月30日 (木) 19時46分

ヨシツグカさん、こんばんは。

「青い影」はベスト3ですか。ジョン・レノンと同じですね(笑)。なにしろ本当に美しく素晴らしい曲ですからね。

僕もカーペンターズ、サイモン&ガーファンクル、ビートルズ、みんな大好きでしたよ。もちろんマーラーもブルックナーもですが。素晴らしい音楽にジャンルの違いは有りませんね。
これからも色々と飛び出すと思いますので(笑)よろしくお願いします。

投稿: ハルくん | 2013年5月30日 (木) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「青い影」 プロコル・ハルム ~1960年代の名曲~:

« 橋下知事の従軍慰安婦問題発言のこと | トップページ | コンテンポラリー・ダンス 「Dance」 »