« 若き日のオッコ・カムのシベリウス ~カム・バック・プリーズ!~ | トップページ | グリーグ 劇付随音楽「ペール・ギュント」全曲 ネーメ・ヤルヴィ/エーテボリ交響楽団 »

2013年2月19日 (火)

シベリウス ヴァイオリン協奏曲 続・名盤 ~二つのヘルシンキ・ライブ~

ヴァイオリンのための協奏曲と言えば、特に好きな曲はブラームス、ベートーヴェン、チャイコフスキー、それにシベリウスです。メンデルスゾーンはどうしたと言われそうですが、自分の4大協奏曲は上記の通りです。中でもシベリウスの曲は、技術的にも難曲ですが、それ以上に透徹した心象世界を表現できるかどうかの音楽性が求められますので、演奏が真に難しい曲だと思います。

そんなこの曲の愛聴盤については、過去の記事「シベリウス ヴァイオリン協奏曲 名盤」でご紹介しましたが、独奏者とオーケストラの演奏のどちらもが比類の無い素晴らしさなのは、フィンランド出身のペッカ・クーシストとセーゲルスタム指揮ヘルシンキ・フィルの演奏です。チョン・キョンファや諏訪内晶子の名演も本当に素晴らしいですが、クーシストの演奏は更にその上を行くという完全無欠の演奏です。その後も、幾つかの演奏を聴きましたが、やはり同様の印象でした。ですが、その中からご紹介して面白いと思われるものを二つ取り上げてみます。奇しくも二つともシベリウスの母国、フィンランドのヘルシンキで行われたライブ演奏です。

51ljxlnd1ul__sl500_aa300__2
リサ・バティアシュヴィリ(Vn)、サカリ・オラモ指揮フィンランド放送響(2007年録音/SONY盤) 

彼女は1979年生まれのグルジア出身の若手注目株です。最近グルジアからはピアノのブニアティシヴィリとか、美人演奏家が次々と現れています。きっと美人の宝庫なのですねー(うるうる)。こうなると、我が諏訪内晶子とヒラリー・ハーンとの日米欧美女コンテスト??が楽しみです。結果は第1位諏訪内、第2位バティアシュヴィリ、3位ハーンです。但し顔の好みですが。(笑)
冗談はさておき、彼女は16歳で1995年のシベリウス・コンクールで第2位に入賞した実力者です。惜しくも優勝を逃したこの年の優勝者こそ誰有ろう、僕の大絶賛するペッカ・クーシストなのです。
バティアシュヴィリのこのCDはヘルシンキのフィンランディア・ホールで行なわれたコンサートの録音です。実際に聴いてみると、音がとても柔らかく、人間の肌のぬくもりを感じます。音量も小さめなように想像されます。フレージングには少しもメカニカルな雰囲気が無く、あくまでも人間的な印象です。本来、この曲には、もう少し透徹したクールさが適すると思いますが、違和感を覚えることはありません。また、造形性やディレクションの点では弱さを感じなくもありません。1楽章や3楽章では迫力に物足りなさを感じますし、スケールも小さいです。けれども、それが彼女の味なのですね。それは恐らく性格から来るのではないでしょうか。とても優しそうな顔ですものねぇ。2楽章ではアットホームな雰囲気が心に浸みてきます。良いなぁ。こういう演奏家って現代では少なくなりましたからね。嫁にするなら、ヒラリーよりも絶対にリサだなぁ。すると晶子は・・・愛人??(笑)
オラモの指揮については、諏訪内盤のときの演奏と違って、もっと優しく包み込むような演奏に終始しています。これは明らかにソリストに合わせたのでしょう。
彼女は、また最近ブラームスの協奏曲をティーレマンと録音しました。そちらについては、また別の機会に改めてご紹介します。

Kagan143
オレグ・カガン(Vn)、タウノ・ハンニカイネン指揮フィンランド放送響(1965年録音/独Live Classics盤)

クーシストとバティアシュヴィリがシベリウス・コンクールに出場した1995年から遡ること30年前の1965年開催の年に優勝したのは、43歳という若さで世を去ってしまったロシアのオレグ・カガンです。優勝した時のヘルシンキでの記念コンサートのライブ録音が残されています。注目すべきは、伴奏指揮が、何とタウノ・ハンニカイネンなのです。この人は知る人ぞ知るフィンランドの名指揮者ですが、なにせ録音が少なく、シンフォニア・オブ・ロンドンと録音したシベリウスの交響曲第2番、第5番は、一部の評価は高いものの、オケの音が幾らか安っぽいために実力を出し切れていませんでした。けれどもこのライブではフィンランド放送響を指揮していますので期待は大です。
この演奏は古いライブ収録の割に明瞭な音質なので嬉しいです。広がりは少な目ですが、優れた録音です。カガンのヴァイオリンは、この人特有のよく澄んだ端正な音で清涼感を感じさせて、この曲にとても適しています。フレージングには多少の緩さを感じないでもないですが、やはり優勝しただけのことはあります。3楽章では目立つミスが有りましたが、ライブですので、これはご愛嬌。
ハンニカイネンとフィンランド放送響の演奏は非常に素晴らしいです。ロシアから来た若者を後ろから支えて、貫禄充分のサポートを行っています。

40年以上の時を隔てて、同じヘルシンキで行われた二つのシベリウスのコンサートのライブCDですが、どちらも充分に楽しませて貰いました。

|

« 若き日のオッコ・カムのシベリウス ~カム・バック・プリーズ!~ | トップページ | グリーグ 劇付随音楽「ペール・ギュント」全曲 ネーメ・ヤルヴィ/エーテボリ交響楽団 »

シベリウス(協奏曲)」カテゴリの記事

コメント

ハルくんさん、こんばんは。 ハルくんさんの4大ヴァイオリン協奏曲は ブラームス、ベートーヴェン、チャイコフスキー、シベリウス なのですね。 私の4大は(頻繁に聴くという意味でですが)ベートーヴェンの代わりに バッハの「2台のための協奏曲」が入ります。(笑)
シベリウスの協奏曲はLP時代から長い間 チョン・キョンファ盤を聴いていましたが、ベルグルンドの交響曲全集を聴いてから(これは衝撃的でした) 音色自体に違和感を持つようになり、北欧の演奏家を聴くようになって クーシスト盤に行き着きました。
シベリウスは "氷"ではなく"雪"の結晶のような音で聴きたいです。(変なたとえで すみません(笑))
カガンの演奏は 是非、聴いてみたいですね。今度 探してみます。

投稿: ヨシツグカ | 2013年2月20日 (水) 22時34分

ヨシツグカさん、こんばんは。

頻繁に聴くという意味でしたら、バッハの3曲、モーツァルトの3番、5番、ブルッフなんかも入るかな。

クーシスト盤、やはり愛聴されておられるんですね!
独奏も素晴らしいですが、ヘルシンキフィルの響きが、また最高ですからね。
シベリウスは「雪」ですね。わかります。するとさしづめショスタコは「氷」、グリーグは「冷水」でしょうかね。

投稿: ハルくん | 2013年2月21日 (木) 00時18分

ハルくん様

morokomanです。(^^)

前回のカムの記事といい、今回の記事といい、私にとっては感涙ものです。

ただ、私はヴァイオリン協奏曲の良い聴き手ではありません。クーシスト盤も、このバティアシュヴィリ盤も持っていないのです。(涙)でも記事を読むだに、この年はすごい人たちがコンクールに出ていたのだなぁ、と思います。

カガン盤は持っていました。……「いました」と書いたのは過去形だからです。

私個人に災難とも言うべき出来事がおこり、この時コレクションしていたCDの大半を失ってしまいました。このカガン盤もそのとき心ならずも手放してしまったのです。(大泣き)

いずれ買い戻してやる、と思っているのですが、まだ入手できておりません。

カガン盤は、ハンニカイネンの伴奏が聴きたくて購入したのです。彼の録音は極めて貴重……。なので、とにかく入手を心がけていました。

今から二十数年前、私がまだ学生だった頃、シベリウスのLPはまだまだ種類が少ないものでした。

あるとき、東京文化会館の視聴覚室で、シベリウスの『四つの伝説』を聴きました。その時の演奏が


       ハンニカイネン/モスクワ放響


だったのです。メロディアのレコードでしたが、聴いて感激しました。

以後延々二十年以上経過しましたが、メロディアの犯罪的怠慢(と言っていいでしょう)によって、一向に再発売されません。欲しい欲しいと願い続けながら、それだけの年月が経過してしまいました。

神様が、そんな私を哀れんでくださったのでしょう。昨年9月、ついにヤフオクで入手できました。(感涙!)

更にそれから1ヶ月も経過しないうちに、同じくヤフオクでカガン盤とは別のヴァイオリン協奏曲のCDを入手しました。

これまた評価が極めて高いにもかかわらず、やはり再販されていないものです-これはベルリン・フィルのコンサート・マスターとしても活躍したスピヴァコフスキーがソロを受け持ったもので、オーケストラはロンドン響です。

入手できた時の喜びと言ったら……本当に念じればかなうものですね。

入手記念のついでに、EMIの『クラシック名盤999』で販売していたシンフォニア・オブ・ロンドンのシベ2とシベ5も購入。6種類あるハンニカイネンの録音のうち、昨年中に一気に4種類入手できました。

あとはカガン盤を取り戻し……そしてほとんど完全に「幻の名盤」と化したシベ4(オーケストラはソヴィエト国立響)を入手したいものです。ちなみにレーベルはやはりメロディアだったと思います。

最後のシベ4は、ほとんど入手が不可能な状態です。なので、中古市場ではとんでもなく高額で取引されているらしいのです。(聞くところによると、1枚10万円もしたらしいです。現在はもっと値がはるかもしれません)

なんとかならないものかぁ、と思います。ナクソス・ヒストリカルシリーズや、タワレコ企画でがんばってもらえないものでしょうか、と思います。

それにしても、シベリウス演奏史の上で欠かせないこれらの録音がなんでこんな目にあわなければならないのでしょうか。とても不条理なものを感じてしまいます。(涙)


投稿: morokoman | 2013年2月21日 (木) 22時24分

morokomanさん、こんばんは。

ハンニカイネンはコアなシベリウスのファン以外には聴かれないからでしょうね。
自分も他にはシンフォニア・オブ・ロンドンとのシベ2&5しか聴いていません。
それにしても以前からパヌラとかフィンランドには素晴らしい指揮者が多いですね。

ヴァイオリン協奏曲は、バティアシュヴィリはともかくとしても、クーシストの演奏だけは何を置いてもお聴きいただきたいです。絶賛する言葉が決して大げさでないことがお分かり頂けると思います。

投稿: ハルくん | 2013年2月21日 (木) 23時16分

ハルくん様

morokomanです。

今回はものすごい長文になってしまいました。どうかお許しください。

以前も書きましたが、私はヴァイオリン協奏曲の良い聴き手ではありませんでした。

いや、たくさん聴いていたのですが、どれを聴いてもピンと来ず「いったいこの曲のどこが良いのだろう」などと思っていたものです。(ちなみに、クーシスト盤はまだ聴いておりません。いずれ聴くつもりでいるのですが。)

一応、カム-フリード盤が最も自分にあっているかなぁ、などと思ってはいたのですが、これとて心から納得したものではなく却って「このヴァイオリン協奏曲、言われるほどの名曲なのだろうか」などと思っていたのです。

ですがようやく、心の底から「この曲は、やはり名曲だったのだ!」と納得できる盤を確認しました。

この欄に書き込んでいることから推測できるかもしれませんが……


トッシー・スピヴァコフスキー(ヴァイオリン独奏)

タウノ・ハンニカイネン指揮 ロンドン交響楽団

                                です。


確信が今日まで遅れたのは、なんと言っても「贔屓の引き倒し」を恐れたからです。

この盤の入手を決意してから、約20年以上が経過してしまいました。昨年9月に入手できましたが……私がもっとお金持ちなら、財力にモノを言わせて安直に入手することができたでしょうが、貧乏だったので、お金ではなく時間を投資したわけです。

それだけエネルギーをかけたわけですから、自分のどこかで「20年以上もの時間をかけて入手した以上、良い演奏であって欲しい、いや、そうあるべきだ!」などという、評価に下駄を履かせてしまうことを危惧しておりました。

なので、すぐさま評価を下すことなく、時々聴いては間を置き、また聴いては間を置く、という事を繰り返していました。

しかし、約9ヶ月ほど経過して、ようやく確信を得ることができました。今では自信を持って、これが私にとっての「現時点における“ベスト”である」と断言できます。

極めて貴重な盤なので、このブログの常連の方々でも聴かれた方はほとんどいらっしゃらないでしょう……なので、内容を詳しく書いたところで、読まれた方はピンと来ないと思われますが、自分の拙い文で紹介してみますと

1.独奏を受け持っているスピヴァコフスキーはベルリン・フィルのコンサート・マスターあがりの演奏家であり、演奏もその延長線上である。大演奏家のように自分の個性を出すタイプではなく、コンサート・マスターが壇上に上がって演奏している感じである。独奏ヴァイオリンは自己主張はするものの、過度な演出は控え、良い意味ででしゃばらない。

2.そのため、独奏ヴァイオリンとオーケストラがうまく調和して、一体となっている。

3.そのため、『ヴァイオリン協奏曲』というより、『独奏ヴァイオリンとオーケストラのための三楽章の交響曲』のようになっている。

4.その『三楽章の交響曲』を指揮しているのがハンニカイネンである。この人はヘルシンキ・フィルの創始者であるカヤヌス以後、ベルグルンド登場以前の時代、フィンランドの楽壇を背負ってきた人物だが、とてつもない実力者であることは間違いない! 録音が極端に少ないこともあり、不当に低く評価されている(というか、知られていない)のだが、この録音を聴くだけでもその実力の片鱗は伺える。

オーケストラ伴奏(更には独奏も含めた全体の演奏)については文句のつけようがない。(個人的にはカムやヴァンスカよりも良いと思っています。)「オーケストラ・パートの理想」とまで言う評論家(確か小石さんだったと記憶している)がいたが、充分に頷ける。

5.ハンニカイネンが指揮するオーケストラはロンドン交響楽団だが、音楽が醸し出す気温は冷たい。北欧の音に、かなり近いと感じる。異民族のオーケストラなのに、これは大変なことだと思う。ロンドン響の適応力の高さもこの録音の価値を高めていると思う。(イギリスのオーケストラだと思って、生暖かい温度を予想していると良い意味で裏切られます。)

6.最後に録音について。非常に優秀である。インターネットで知った情報ではあるが、それによると録音で有名なマーキュリーに近い方式で、映画フィルムを使用しての録音のようである。非常に鮮明で、演奏の素晴らしさを堪能できる。

以上が、私の感想です。

この盤についてはもっと書きたいところなのですが、これ以上、他人様のブログで長々と書くのは失礼だと思います。

本来だったら、自分でHPやらブログやらを作って書くべき内容だからです。

ですが、歴史の忘却の中に埋もれさせてしまうには、余りにも惜しい盤であり、多くの方に知っていただきたい……なので、多くの音楽ファンが集うハルくん様のブログのコメント欄に書き込ませていただきました。

20年以上の時間の投資は無駄ではありませんでした。

長文、大変失礼いたしました。

投稿: morokoman | 2013年6月28日 (金) 21時43分

morokomanさん、こんばんは。

スピヴァコフスキー&ハンニカイネン盤のご紹介ありがとうございました。
スピヴァコフスキーの名前は知っていましたが、ほとんど聴いた記憶はありません。
そこで、さっそくネットで調査してみました。
確かに激賞している評が見受けられます。
現在、この演奏のCDは海外盤で入手可能ですね。一部試聴も可能です。
で、聴いてみましたが、幾らかオールドファッションな弾き方ですね。このようなタイプはドイツロマン派の曲だと大好きです。ただシベリウスには少々人間臭すぎるかなと。この曲には高度な技術と自然界のような透徹した空気感が望ましいと思っています。そうすると自分の基準では、やはりクーシスト、それに諏訪内晶子が良いと感じます。
あくまで試聴ですので確かではありませんが、そんな印象は受けました。

投稿: ハルくん | 2013年6月28日 (金) 23時51分

さっそくのレスどうもありがとうございます。
しかも、わざわざ試聴までしてくださって、感激です。(^^)


>現在、この演奏のCDは海外盤で入手可能ですね。一部試聴も可能です。

おおっそうだったのですか~。 (^o^) ←喜びの顔
国内とは違い、海外ではまだ現役なのですね。少しホッとしました。私は国内中古市場にしか目を向けていませんでした。では、入手しようと思えばできるわけですね。インターネット時代のありがたさを、つくづく感じさせられますね。

今後、入手を検討される方は、私のような時間を投資する必要もありませんね。


>幾らかオールドファッションな弾き方ですね。このようなタイプはドイツロマン派の曲だと大好きです。

なるほど、さすがハルくん様。自分はそこまで聞き取れませんでした。
でも、ヴァイオリニストの経歴を見れば、ベルリンでしこたまドイツロマン派の曲は引き込んでいたはずですから、もうそのスタイルが身体にしみついているのかも知れませんね。

ブラームスなどを弾けば、期待できそうですが、どうもこの演奏家の録音はこれ1点のみのようですね。やや残念です。

>ただシベリウスには少々人間臭すぎるかなと。この曲には高度な技術と自然界のような透徹した空気感が望ましいと思っています。そうすると自分の基準では、やはりクーシスト、それに諏訪内晶子が良いと感じます。


前回、演奏の要点をかいつまんでまとめて見たのですが、おかげで気づいたことがあります。なぜ今までこの曲が私の心に「しっくりと来ない」のか、その原因です。

私は意識していなかったのですが、気づかないところで『協奏曲』ではなく『三楽章の交響曲』すなわち『交響曲第2.5番 ヴァイオリン独奏付き』を求めていたのですね。どうりで様々な盤を聴いてみても、納得できなかったはずです。

今回の盤が、自分の求めに近かったから、心にすんなり入っていったのだと思います。

これに気づかないでクーシスト盤を聴いてみたとしても、やっぱり「まだ納得できない」という答えになったかも知れません。

なので、次は『交響曲』ではなく『協奏曲』を聴きたいです。クーシスト盤に期待します。

投稿: morokoman | 2013年6月29日 (土) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/49443507

この記事へのトラックバック一覧です: シベリウス ヴァイオリン協奏曲 続・名盤 ~二つのヘルシンキ・ライブ~:

« 若き日のオッコ・カムのシベリウス ~カム・バック・プリーズ!~ | トップページ | グリーグ 劇付随音楽「ペール・ギュント」全曲 ネーメ・ヤルヴィ/エーテボリ交響楽団 »