« 日本の領土を守れ その6 ~亡国のドジョウ~ | トップページ | ドリーブ バレエ音楽「コッペリア」 名盤 »

2012年10月 9日 (火)

ストラヴィンスキー バレエ音楽「ペトルーシュカ」 名盤

Petrushka_3
ストラヴィンスキーの三大バレエの第一作「火の鳥」に続く第二作は「ペトルーシュカ」です。彼は気分転換のためにピアノ協奏曲(正確には”ピアノ協奏曲風の管弦楽曲”)を書いていたときに、頭にある幻影が浮かびました。それは、『糸を解かれて自由になったあやつり人形が、悪魔的なアルペジオを響かせると、オーケストラが激怒して、脅かすようなトランペットのファンファーレがやり返し、ひどい騒ぎが頂点に達したときに、哀れなあやつり人形が崩れるように倒れて騒ぎが終わる』というものでした。

ロシアバレエ団のディアギレフは、その話を聞いて気に入り、ストラヴィンスキーにそれをバレエ音楽にするように依頼します。そこでストラヴィンスキーは、例のピアノ協奏曲を途中からバレエ曲に書き替えました。そのため、この曲にはピアノの独奏があちらこちらに登場して、とても重要な役割を果たします。

”ペトルーシュカ”というのはロシア文学に出てくるペーターの縮小名で、他の国では”ピエロ”に当たります。いわゆる、お人好しで間抜けな悲喜劇的人物ですね。

このバレエに登場する主要な人物は、人形のペトルーシュカ、ムーア人、踊り子と、見世物小屋の老手品師です。

Bc200807020712_2
―主なあらすじ―

第1場(謝肉祭の市) サンクトペテルブルクの広場を群衆が行き交います。見世物小屋の前では太鼓が鳴り響き、小屋の老手品師が笛を吹くと、ペトルーシュカ、ムーア人、踊り子の3つの人形が現れて、ぎこちない動きでロシア舞曲を踊り始めます。

第2場(ペトルーシュカの部屋) 劇中劇になり、ペトルーシュカは見世物師に蹴飛ばされて部屋に放り込まれます。そこへ現れた踊り子にペトルーシュカは思いを寄せますが、踊り子は全く相手にしてくれません。

第3場(ムーア人の部屋) 色黒のムーア人がグロテスクな踊りをおどっています。そこへ踊り子が現れて二人は仲良くワルツを踊ります。それを見たペトルーシュカは怒ってムーア人につかみかかりますが、逆に部屋から追い出されてしまいます。

第4場(謝肉祭の市の夕方) 広場の雑踏にペトルーシュカが飛び出してきますが、それを追いかけてきたムーア人に切り殺されてしまいます。見世物師は、ざわつく群衆に向ってペトルーシュカが人形であることを説明しますが、その時突如、見世物小屋の屋根の上にペトルーシュカの幽霊が現れて終わります。

前作「火の鳥」の場合、オリジナルの1910年版は、途中にやや緩慢な部分が見られ、バレエ公演では良いとしても、コンサート曲としては少々長く感じられます。その為に簡略化した1919年版が存在しますが、今度は短くし過ぎた感が有りました。

その点、「ペトルーシュカ」には無駄な部分が全く無く、最初から最後まで飽きさせません。オリジナルの1911年版は4管編成で大規模なので、コンサート用に演奏のしやすい3管編成に書き替えられたのが1947年版です。1947年版には終曲にコーダが付け加えられましたが、それ以外には両者の構成や長さにはほとんど違いは無く、むしろ演奏そのものによる違いの方が大きいと思います。

それにしても「ペトルーシュカ」は素晴らしい作品です。「春の祭典」が最高傑作とはいえども、この曲の魅力はそれに優るとも劣りません。打楽器や管楽器が大いに活躍したり、リズムの面白さが際立ちますが、随所に出てくるメルヘンチックな旋律の魅惑的なことや、漂う詩情が何とも言えません。

恋をしても実らず、哀しい思いをする主人公のペトルーシュカは自分の青春時代と重なり合います。僕もしばしば恋に破れたピエロになったからです。

恋をする者は詩人になり、やがてピエロになる (ハルくん作)

それでは僕の愛聴盤をご紹介します。

Cci00042bレナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィル(1969年録音/SONY盤) 自分でも劇音楽を作曲するバーンスタインらしい、テンポの緩急とメリハリがよく効いた解りやすい演奏です。多少ドタバタした印象も有りますが、聴いていて楽しいことではこの上ありません。アンサンブルの緻密さはそれほどでは無いのですが、各管楽器の独奏に非常に味わいがあるのは流石に名人揃いのNYPです。1947年版による演奏です。

4108081088ズービン・メータ指揮ロサンゼルス・フィル(1969年録音/DECCA盤) 30代でショルティと並ぶDECCAの看板スターになったメータの当時の演奏には確かに魅力を感じます。アメリカ西海岸の楽団とインド出身のマエストロのコンビのせいか、音楽も響きもとても温かく、クールさやドライさを少しも感じません。心の優しいペトルーシュカを想わせるような演奏です。反面。グロテスクさは弱い気がします。アンサンブルもクリーヴランドOのような完璧さは無くとも非常によくコントロールされていて申し分ありません。1947年版による演奏です。

Stravinsky_petrushkaピエール・ブーレーズ指揮ニューヨーク・フィル(1971年録音/Sony盤) 現在は「春の祭典」のCDにカップリングされていますが、LP盤時代に愛聴したせいか、写真のジャケットに愛着が有ります。よく言われるように、ややアバウトなアンサンブルのバーンスタイン時代のNYPとは段違いの完璧さを持っています。バーンスタイン、メータの温かい音楽とは異なり、とてもクールな印象ですが、面白くないわけでは全く無く、この曲の持つ美しさを十全に引き出しています。極めて高い次元の演奏として風格さえ漂わせます。出来栄えとしては1969年のクリーヴランドとの「春の祭典」以上に優れていると思います。これは1911年版による演奏です。

5111kaaeapl__ss500_ コリン・ディヴィス指揮アムステルダム・コンセルトへボウ管(1977年録音/Philips盤) つくづくコンセルトへボウは優れたオケだと思います。むろん古典派、ロマン派の音楽には定評が有りますが、近代曲を演奏しても実に素晴らしいです。機能的に上手いだけでなく、厚く美しい響きにはしっとりとした潤いが有ります。デイヴィスの指揮は音楽性に溢れたもので、器用なだけの若手指揮者とはまるで違った貫禄と風格を感じます。何度でも聴きかえしたくなる音であり演奏です。1947年版による演奏です。

1195050668リッカルド・シャイー指揮クリーヴランド管(1993年録音/DECCA盤) クリーヴランド管は優秀ですし、リズムの切れの良い、非常にスタイリッシュな演奏です。但し「春の祭典」でも感じたことですが、どうもオケの音が明るく健康的に過ぎて、この曲のグロテスクな面が感じられません。楽しいばかりでは無く、暗く哀しい部分にもっと注目しなければいけない曲だと思うのです。まとまりの良い演奏ではありますが、特に強く惹かれるということはありません。1947年版による演奏です。

51l67zgy3fl__sl500_aa300_ロバート・クラフト指揮フィルハーモニア管(1997年録音/NAXOS盤) ロバート・クラフトはストラヴィンスキーと親交が深かったので、作曲者の意図を最も理解した指揮者でしょう。この演奏は演出の過剰さを少しも感じさせない、どっしりと構えたオーソドックスなものです。従って若手指揮者のような派手さは有りません。良くも悪くも、ある種の緩さを感じさせます。神経質な演奏が苦手の人には奨められることでしょう。と言っても、昔のモントゥー時代のような大雑把な演奏ではありません。1947年版による演奏です。

ということで、この名曲をどの演奏も楽しめますが、厳選するとブーレーズ/NYP盤とCデイヴィス/コンセルトへボウ盤が双璧です。

|

« 日本の領土を守れ その6 ~亡国のドジョウ~ | トップページ | ドリーブ バレエ音楽「コッペリア」 名盤 »

ストラヴィンスキー」カテゴリの記事

コメント

ハルくんさん、こんばんは。 「ペトルーシュカ」は「春の祭典」に比べ、どこかメルヘンチックですよね。 この曲も なかなか魅力的な作品だと思います。 この曲も C・ディヴィスが "永遠のスタンダード "と呼ぶべき名演奏をしていますね。 残念ながら 廃盤らしいので 再発売してもらいたいものです。 私自身は 「ハルサイ」とカップリングされている スヴェトラーノフの かなり個性的な(笑)演奏を聴いていますが 何故かロシアのオケでの演奏のCDが少ないので このCDは貴重だと思います。

投稿: ヨシツグカ | 2012年10月10日 (水) 21時19分

ヨシツグカさん、こんばんは。

壮大な大地を想わせる「春祭」に対して都会的な「ペトルーシュカ」ですが、どちらも大好きです。

Cディヴィスは現在のCDだと「春祭」に組み合わされていますね。最高の組み合わせです。
ブーレーズ/NYPも大好きなのですが。

スヴェトラーノフも興味ありますが、やはりゲルギエフの指揮で、サンクトペテルブルクのキーロフ管の演奏が聴きたいものです。録音してくれないかなぁ。

投稿: ハルくん | 2012年10月10日 (水) 22時49分

私が大学生時代ですから、たいへんな大昔。
テレビで森下愛子さんの踊り子、清水哲太郎さんのペトルーシュカによるバレエ上演のNHKの放送を見て、深い感銘を受けたことが、今も忘れられません。指揮は井上道義さんだったはず。
考えてみたらバレエ公演としての「ペトルーシュカ」の映像は、お目にかかったことがありません。
捜さなくては・・・。

投稿: オペラファン | 2012年10月11日 (木) 00時19分

ハルくんさん、こんにちは

いつもながら、楽曲についての詳しい説明がなされていて、感心致します。
さて、ペトルーシュカの録音は、あまり多くは持っていないのですが、それらを聴いてみて、一番ピッタリ来るというか、存在感を覚えるのが、アンセルメ指揮、スイス・ロマンド管弦楽団のもので、1957年録音です。明瞭で透明感のある録音になっており、過度にならない程度のメリハリと少しクールさのある演奏と相俟って、独特の音空間になっています。あぁ、これがアンセルメの音だなぁと、懐かしさも覚えます。

ところで、バーンスタイン/NPOの「春の祭典」の(中古)LPが届きました。1958年、バーンスタインがNPOの首席指揮者に就任した年の録音ですね。吹っ切れた中で、大事なところが聴こえて来る、この指揮者の良いところが現れたいい演奏だと思います。

投稿: HABABI | 2012年10月11日 (木) 13時19分

オペラファンさん、こんばんは。

実は僕もペトルーシュカの舞台も映像作品も観たことが有りません。そこでDVDを探してみましたが、これがまた少ないのです。一応ボリショイバレエの比較的新しい作品がありましたので現在取り寄せ中です。観てみて良かったらご紹介したいと思っています。

投稿: ハルくん | 2012年10月11日 (木) 22時10分

HABABIさん、こんばんは。

お褒めのお言葉をありがとうございます。自分でも勉強のつもりで調べ直して書いてはいます。

アンセルメのストラヴィンスキーも昔は結構人気が有りましたね。改めて聴いてみたい気がします。ありがとうございます。

バーンスタインの晩年には遅く粘リ過ぎる演奏も多くみられましたが、1960年前後の演奏は若々しくアクティブで良いですよね。大雑把な面もありましたが、音楽をわしづかみにする大胆さが大いに魅力でした。この「春祭」も中々に良い演奏ですよね。

投稿: ハルくん | 2012年10月11日 (木) 22時19分

ハルくんさん、初めまして。
いつも楽しく拝読しております。
タイトルの話とそれてしまうかもしれませんが、私のペトルーシュカの曲との出会いは、ピアノリサイタルででした。リズムが強烈で、とても難曲そうで、エキサイティングでドキドキしながら聴いていたことを覚えています。紹介していただいたオーケストラ版を是非聴いてみたいと思いました。

投稿: オンディーヌ | 2012年10月17日 (水) 16時34分

オンディーヌさん、こんにちは。
はじめまして。

コメントを頂きましてありがとうございます。
いつもお読み下さっているとのこと、とても嬉しく思います。

「ペトルーシュカ」のピアノ版は、ずっと以前にマウリツィオ・ポリーニというピアニストの演奏を録音して聴いていました。この曲は元々がピアノ曲ですから、違和感なく楽しめますね。今回の記事では、あえて触れませんでしたが、そのうちにピアノ版の記事も書きたいと思っています。
この曲はかなりの難曲らしいので、お聴きになられたピアニストの技術は相当優れていたのではないでしょうか。

オーケストラ版でもピアノは活躍しますが、大オーケストラで聴く楽しみは格別ですよ。
是非お聴きになられてみてください。ご感想を楽しみにしています。
今後とも、お気軽にコメント下さい。

投稿: ハルくん | 2012年10月17日 (水) 18時59分

作曲家と親交のあったモントゥの演奏はやはり外せません。この曲の原点だと思います。

投稿: k | 2014年9月11日 (木) 19時10分

Kさん

モントゥー/パリ音楽院盤は昔LPで聴いて微温湯的な印象を受けました。20世紀後半に台頭を現してきた新世代の指揮者達と比べると時代の違いを感じます。もっともそこがまた魅力だと言えばそうなのでしょうけれど。

投稿: ハルくん | 2014年9月11日 (木) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/47313363

この記事へのトラックバック一覧です: ストラヴィンスキー バレエ音楽「ペトルーシュカ」 名盤:

« 日本の領土を守れ その6 ~亡国のドジョウ~ | トップページ | ドリーブ バレエ音楽「コッペリア」 名盤 »