« 東日本大震災から1年半が過ぎた今日、感じたこと | トップページ | 日本の領土を守れ その4 »

2012年9月13日 (木)

ベルリオーズ 「幻想交響曲」 ~ミュンシュ以外の名盤~

フランス人は本当に洒脱です。ベルリオーズは失恋が原因で精神異常とも言えるほどに憔悴し切って作曲したというのに、この曲には「悲しみ」というよりは「情熱」と「美しさ」と「狂騒」がふんだんに詰まっています。服用したアヘンの影響も大きいのでしょうが、たとえば第4楽章「断頭台の行進」を聴いて下さい。冒頭こそ重々しい足取りで開始されますが、徐々に高揚してゆき、なんだかまるで「阿波踊り」のようなお祭り騒ぎです(そういえばリズムも似ています)。ギロチン台に連れて行かれる自分自身をこれほどおチャラかすのは、フランス人でなければ出来ない芸当でしょう。別の視点からは、ギロチン処刑の見物に集まった聴衆たちの楽しみと興奮ぶりという見方もあるのかもしれません。

そんなこの曲を聴くには、やはり総じてフランス人の指揮者が洒脱さを良く表現していて望ましいように思います。あるいはフランスのオーケストラによる音には華やかさと軽味が有って曲に相応しいと思います。
ただ、そうは言ってもフランス以外の演奏家にも好きな演奏は有りますし、フランス人でもピエール・ブーレーズの遅く荘重な、まるで司祭様が指揮したような演奏も有りますので、一概には言えません。

さて、「幻想交響曲」と言えばミュンシュ、ミュンシュと言えば「幻想」なので、前回はシャルル・ミュンシュ演奏の愛聴盤をご紹介しました。そこで今回は、ミュンシュ以外の愛聴盤のご紹介です。

695ポール・パレ―指揮デトロイト響(1959年録音/マーキュリー盤) パレーの出す音は、フランス語の鼻に抜けるような発音では無く、ずっと明確な音です。基本テンポも速く、強固に引き締まった造形は、「フランスのムラヴィンスキー」と呼びたいところです。この曲でも、1楽章と5楽章の速さはミュンシュ以上に常軌を逸していて、大炎上する恋の炎の中に一直線に飛び込んでゆくかのようです。この曲はやはりこのような演奏でなければいけません。年代の割には録音も明瞭なので、演奏の真価を損なうことなく味わえます。ミュンシュ盤と聴き比べてみると楽しいです。

Berlioz_fantasticイーゴリ・マルケヴィチ指揮パリ・ラムルー管(1961年録音/グラモフォン盤) 鬼才マルケヴィチは、ミュンシュやパレーが速いテンポで燃え上がるのとは反対に、テンポを大きく伸縮させており、遅い部分では心の底に深く沈滞するような演奏です。それでいて高揚感にも不足は感じません。やはり曲の本質に近づいた良い演奏だと思います。但し、不満が残るとすれば、オケの響きと性能が極上とは僅かに言い難いことです。

Img481e9336zikezjアンドレ・クリュイタンス指揮パリ音楽院管(1964年録音/Altus盤) 東京文化会館での歴史的な名演奏です。ドラマティックな白熱度ではミュンシュに僅かに及ばないとしても、相当な熱気を帯びています。それでいて至る所に気品が漂うあたりはさすがにクリュイタンスです。好みで、こちらを取る人も多いと思います。NHKによる録音は当時としては優秀で、ミュンシュのライブ盤よりも音質もバランスもずっと上です。

Ozawa_berlioz小澤征爾指揮ボストン響(1973年録音/グラモフォン盤) 小澤がボストン響の監督になって初めて来日したのが1978年ですが、僕はその時に東京文化会館で「幻想交響曲」を聴きました。それは若き小澤の情熱と熱気がほとばしるような素晴らしい演奏でした。それに比べると、5年前のボストン響とのデビュー録音は、若々しく新鮮な演奏には違いありませんが、少々軽過ぎるように感じます。健康的な印象も、この曲にはどうかなと思ってしまいます。ただ、そうは言いつつも、若き小澤征爾の想い出深い演奏ですので忘れられません。

41sw57tffnl__ss400_ジャン・マルティノン指揮フランス国立放送管(1973年録音/EMI盤) ある意味では最もフランス的な演奏かもしれません。鼻に抜けるような軽味がいかにも生粋のパリジャンを想わせます。ドイツ系の血が流れるミュンシュやベルギー生れのクリュイタンスの力のこもった音とは明らかに異なります。沈み込むような深刻さは余り感じません。2楽章は録音当時としては少数派のコルネット入り版を使用しています。その洒脱な演奏が、いかにもパリの社交界の雰囲気です。

1196100949小林研一朗指揮/チェコ・フィル(1996年録音/CANYON盤) コバケンはこの曲を得意にしていますが、実演で聴いたのは何年か前に東京文化会館でN響を指揮した演奏会です。それは非常にドラマティックな演奏で大いに楽しめました。このCDは相性の良いチェコ・フィルとの演奏ですが、弦も管も音が非常に美しく聞こえます。ただ、コバケンが本領を発揮するのは、やはりライブです。この曲にしては幾らか大人しく感じますが、CANYONの録音も優秀ですし、じっくりと聴くのには良い演奏です。

Eschenbachfantastiqueクリストフ・エッシェンバッハ指揮パリ管(2002年録音/NAIVE盤) パリ管の音を新しい録音で聴けるのは魅力です。1楽章冒頭を思い入れたっぷりに開始するのはエッシェンバッハ調ですが、この曲にはピッタリです。主部の盛り上がりについても上々です。2楽章は綺麗ですが、やや淡白。3楽章は重く聴き応えが有ります。4~5楽章の狂気さはミュンシュには及びませんが、パリ管は流石に手の内に入った演奏ぶりで安心して聴いていられます。録音が良いのでティンパニーの迫力には圧倒されます。但し4楽章のリピートは、一度断頭台に向かった死刑囚が再び刑務所に戻るみたいで好みません。

というわけで、どれもが個性的な演奏なので気に入っていますが、現在いちばん聴きたくなるのはエッシェンバッハ指揮パリ管盤です。

<関連記事>
ベルリオーズ 「幻想交響曲」 シャルル・ミンシュの名盤

|

« 東日本大震災から1年半が過ぎた今日、感じたこと | トップページ | 日本の領土を守れ その4 »

ベルリオーズ」カテゴリの記事

コメント

ハルくんさん、こんにちは。 中国、韓国を含めアジアの国々は 古代から5000年に渡り外国と戦ってきている訳ですから 対外国戦略に関しては 島国日本は余程 気をつけて対応していかないとヤバイと思うのですが・・・。
さて、「幻想交響曲」でミュンシュ/パリ管盤に匹敵すると思う演奏といえば 私には マルケヴィチ/ラムルー管盤しか考えられません。 この曲の「狂気」をあの遅いテンポの中で「夢遊病患者」のように表現しています。ミュンシュの「興奮型」とは好対照ですね。ラムルー管弦楽団の音も フランスっぽくて 私は好きです。

投稿: ヨシツグカ | 2012年9月15日 (土) 14時29分

 国境越境のことは、ほかの人のブログにすっとんで行ってしまった手前、コメする資格がありません。
でも、雨降って地固まる、クラッシク好きな友人が増え、結局は結果オーライでした。
 しばらくはクナと朝比奈を聞く義務が生じましたので(ウエストミンスター版と大阪フィル(両方ともブル8です。)ローソンに届くまで待ち遠しい。
 とても幻想は聞いてる暇ありまへんが、マルケヴィチ/ラムルーは、なんか良さそうですね
 クールな幻想ってなんかしびれそうですわ!
 あっそれから連れの白毛がケンぺのブル8を激賞してるんですが、どなたかコメントいただけますか?

投稿: みけらん | 2012年9月15日 (土) 19時52分

ヨシツグカさん、こんばんは。

陸続きの国々の国境意識と日本の意識には随分と開きが有るでしょうね。
けれども国政を預かる者が一般国民以下の意識では困ったものです。

マルケヴィチの「幻想」は素晴らしいですね。ラムルー管には確かにフランスっぽい大雑把さの味わいが有りますが、個々の上手さは決して最高レベルとは思えません。しかし重いドイツ風よりも好きですよ。

投稿: ハルくん | 2012年9月16日 (日) 00時32分

みけらんさん、コメント沢山ありがとうございます。

ケンぺのブル8は以前の記事の中で触れています。http://harucla.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-16aa.html

とても素晴らしい演奏ですね。それ以上に凄いと思うのはミュンヘン・フィルとの4番、5番なのですが、特に5番が最高だと思っています。機会あればお聴きになられてみてください。

投稿: ハルくん | 2012年9月16日 (日) 00時50分

おはようございます、ハルくん。3連休いかがお過ごしでしょうか?この「幻想交響曲」の奇抜なストーリーと曲の高揚感は、ちょっと他に類を見ないと言っても良いくらいですよね。ハルくんのご紹介に残念ながら入っていないバレンボイム・ベルリンフィル盤しか持っていないので、皆さんの推薦盤聞きたくなりますね。ただね、先立つものがお財布に…(涙)生でこの曲を聞いたのは、17~18年前になるかな?当時は今の様に大人気指揮者ではなかった佐渡裕・京都市交響楽団でした。客の入りも7割弱といった程度だったかな?彼らしいテンポの速い熱演でした。まぁ、実は彼のパフォーマンスありきな指揮ぶりに付いてけないと思うところは多々あるのですが。。
パフォーマンスと言えば、中国の日本系企業の経営のホテルでの暴動や日本製品不買運動やらをニュースで見るたび、悲しくなりますね。これまで、どれだけ経済面で日本が援助してきたことか…中国の今の発展は日本の力あってこその物と自覚して欲しいですね。

投稿: from Seiko | 2012年9月16日 (日) 11時58分

ハルくんさん、Seikoさん、こんにちは。

Seikoさん、ご無沙汰しておりました。お元気ですか? 実は私事なのですが、今年になって母親が介護施設で急死して、その事後処理やら葬式やらで目が回るほど忙しく、ブログに投稿する余裕がなかったのです。ご心配おかけして申し訳ありませんでした。

さて、ブログ主のハルくん様、幻想交響曲のミュンシュ以外の名盤のご紹介ありがとうございます。僕も今まで聞いてきた中では、パレー&デトロイト響盤が~、強烈なインパクトと、猛烈な気魄と桁外れな情熱で圧倒し、感激させてくれましたね。そのテンポの速さと引き締まった造型は正に、「フランスのムラヴィンスキー」ですね。終楽章に向かっての狂気と情熱は、ミュンシュ以上かもしれませんね。

それにしても、この年代のマーキュリーレーベルの録音は、ある意味1970年代の録音を凌駕するかもしれない、鮮明な音質と強烈なインパクトがありますね!同じパレー&デトロイト響のコンビの演奏では、「軽騎兵」や「詩人と農夫」序曲には、肝を潰しましたよ。たとえは悪いですけど、何かマッチョなボディービルダーみたいな?〔笑〕それから、僕の記憶違いでなければですが、同じレーベル録音のクーべリック&シカゴ響の演奏も、鮮明な音質と強烈なインパクトで心に残っていますね。

投稿: kazuma | 2012年9月16日 (日) 15時18分

Seikoさん、こんにちは。
昨日から家内の実家の有る上越市に来ています。今日は新潟も暑いですね〜(大汗)

若き佐渡裕さんの幻想なら良かったんじゃないですか。今や大人気指揮者ですが、僕はとくにファンだというわけではありませんが。

投稿: ハルくん | 2012年9月17日 (月) 10時29分

KAZUMAさん、こんにちは。

パレー良いですよね。他にもラベルの管弦楽曲集とかサンサーンスとかを聴きましたが、皆素晴らしいです。
マーキュリーは録音も良いですしね。

投稿: ハルくん | 2012年9月17日 (月) 12時21分

私は幻想交響曲を、この数年、全く聴いていないので語る資格がない人間ですが、紹介されていた小澤征爾指揮ボストン響のジャケットの写真は、たいへん懐かしい。
高校生の時、初めて買ったベルリオーズの作品、そして小澤征爾のレコードが、この幻想交響曲でした。第1楽章は毎日、聴いていましたなあ。
さて1978年の来日公演はNHKのFM放送で聴いた記憶があります。CD化を期待したいものです。

投稿: オペラファン | 2012年9月17日 (月) 22時52分

曲が曲だけにいろいろなタイプの演奏がありますね。それを楽しめるのもこの曲の楽しみでしょう。ミュンシュはもちろんパレー、マルケヴィッチの勢いのある演奏も素敵。クリュイタンスの調子が外れた(?)鐘の音も印象深いですね。
鐘の音といえば、ケーゲル・ドレスデンフィルのあの鐘の音はなんと表現したらいいのでしょう。日本のお寺の大きな鐘の音をミックスしたような異様な感じ・・。あんなのが町中に聞こえてきたらさぞ不気味でしょうね。
そもそもケーゲルという人は何とも不可解な人・・。冷たい氷のような演奏をしたりもします。そして最後はピストル自殺・・。
ひょっとして幻想交響曲はケーゲルにとってうってつけだったのかも・・?勝手な推測です。

投稿: hot | 2012年9月18日 (火) 17時12分

hotさん、こんにちは。

ケーゲルは必ずしも好きな演奏ばかりではないので、この曲については未聴です。
健全で無い、異常な精神状態を示す点では、音楽とよくマッチするのかもしれませんね。
機会あれば聴いてみたいと思います。
ご紹介ありがとうございました。

投稿: ハルくん | 2012年9月18日 (火) 22時10分

オペラファンさん

自分も小澤征爾のLPレコードは持っていました。愛聴しましたが、後からミュンシュを購入してからはほとんど聴かなくなりました。
ただ、現在CDで聴き直してみると、とても懐かしさを感じる演奏です。

来日公演のLIVEは本当に是非ともCD化してもらいたいものです。

投稿: ハルくん | 2012年9月18日 (火) 23時45分

忙しくてこちらを読んでいませんでした。別ページにEsClで演奏したことを書きましたが、その時の指揮は山田一雄先生で、鬼気迫るものでした。自分にとって良い記念になりました。

投稿: かげっち | 2012年9月26日 (水) 19時02分

かげっちさん、こんにちは。

そうでしたか。素晴らしい演奏の舞台に立てたことを羨ましく思います。
この曲は僕も一度は弾いてみたいなぁと思いますよ。

投稿: ハルくん | 2012年9月27日 (木) 23時04分

幻想交響曲というと私は江戸川乱歩の短編小説のような雰囲気を感じてしまいます。まあ、さしものベルリオーズも乱歩ほど変態趣味ではないと思いますが。
モントゥーの演奏が無いのは驚きでした。でも、個人的にはモントゥーの演奏はどれも良いですが、鐘の音がとちっているように聞こえるのが残念です。
パレーは素晴らしいですね。まだまだマニア向けの指揮者のように扱われていますが、もっと評価されるべきだと思います。

投稿: ボナンザ | 2014年5月13日 (火) 19時01分

ボナンザさん

確かにモントゥーも「幻想」のスペシャリストですね。
ただ、録音が多い割には余り恵まれていない気がします。演奏ではサンフランシスコSO(1950年)がベストだと思いますが、モノラル録音なのが残念です。出来ればステレオ録音で聴きたいところですが、ウイーンPOと北ドイツRSOは自分には演奏がどうも今一つのように感じられました。
ということから、現在はディスクを所有して居ませんが、再度聴き直してみたい気がします。

投稿: ハルくん | 2014年5月13日 (火) 23時26分

こんばんは。

ハイティンク指揮ウィーン・フィル
英デッカ 1979年盤は
本当に美しいです。

正直、この曲はあまり好きではないのですが
この演奏には参りました。

ハイティンクには個性があるとは思えませんが
オケの美質を引き出すのには長けているようです。

やはりウィーン・フィルは凄いな・・・と思った1枚でした。

投稿: 影の王子 | 2015年1月31日 (土) 19時41分

影の王子さん、こんにちは。

ウイーンフィルの「幻想」というと昔のモントゥー盤を思い出します。何気に定評のあるサンフランシスコSOや北ドイツRSOよりも好きだったりして。
ハイティンク盤も聴いてみたいですね。ありがとうございます。

投稿: ハルくん | 2015年2月 1日 (日) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/46689772

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリオーズ 「幻想交響曲」 ~ミュンシュ以外の名盤~ :

« 東日本大震災から1年半が過ぎた今日、感じたこと | トップページ | 日本の領土を守れ その4 »