« ベルリオーズ 「幻想交響曲」 ~シャルル・ミュンシュの名盤~ | トップページ | 嘘を重ねるペテン内閣 »

2012年9月 9日 (日)

祝・成功! U20 女子ワールドカップ 2012

Scr12090818410007p1

サッカーU20女子ワールドカップ2012の幕が閉じられました。日本のヤングなでしこの健闘にも支えられて、大会は大成功に終わったと言って良いでしょう。

日本の女子は既に過去のU19(19歳以下)大会でも好成績を残していたので、もともと力は有りました。それにしても今回は自国開催が有利であったとは言え、3位決定戦で前回準優勝のナイジェリアに勝利したのは大健闘です。

おかげで試合会場の入場者数も準決勝以降は約3万人の大観衆が集まりましたし、TVの視聴率も20%を越えました。女子の育成世代の大会としては素晴らしいことです。

但し、残念だったのは決勝戦のドイツ‐アメリカ戦の生放送が無く、夜中に録画で放送されたことです。せっかくフジテレビが力を入れていると思っていたのに、これではやはり視聴率重視だったのでしょうか。決勝戦の時間帯に放送された、ありきたりのバラエティ番組がどれだけ、それ以上の価値があったのかは疑問です。しかし日本戦を全て生放送したことは大いに評価します。

フジテレビ以外のテレビ局、新聞などのメディアは、大会前にはニュースをほとんど取り上げませんでしたが、いざ大会が始まって、サッカーファンが会場に集まり、日本チームが勝ち進むにつれて、多く取り上げるようになりました。そんな後追いでは困りますね。最初から大会を盛り上げてくれるように働きかけてくれなくてはいけません。

大会中、日本に滞在していたFIFA役員は、今年の2月に急遽決まった開催を大成功に終わらせた日本の運営能力を高く評価しているそうです。そのため、2019年の女子ワールドカップ大会(フル代表なでしこですね)の開催国として日本を有力候補として考えているそうです。

サッカー人気は男子だけでなく、女子も確実に定着しそうですね。僕はサッカー以外のスポーツも大好きですが、サッカー競技の国際的なシステムはやはり他の競技よりも一段も二段も上手く出来ていると思います。世界的に最もの人気のある競技であり、オリンピック以上にワールドカップ大会の人気が高いというのも事実です。

さあ、次は男子代表戦です。ワールドカップ本戦出場まであと一歩です。女子に負けるな、男どもも頑張れ!

|

« ベルリオーズ 「幻想交響曲」 ~シャルル・ミュンシュの名盤~ | トップページ | 嘘を重ねるペテン内閣 »

芸能・スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/47007681

この記事へのトラックバック一覧です: 祝・成功! U20 女子ワールドカップ 2012:

« ベルリオーズ 「幻想交響曲」 ~シャルル・ミュンシュの名盤~ | トップページ | 嘘を重ねるペテン内閣 »