« グリーグ ピアノ協奏曲イ短調 隠れた名盤 | トップページ | グリーグ 「ホルベアの時代から」(ホルベルク組曲)op.40 ~フィヨルドに吹く風~ »

2012年8月16日 (木)

日本の領土を守れ その2

夜のTVニュースによれば、日本政府は尖閣諸島に上陸した中国人たちを強制送還するつもりのようだ。そんな馬鹿な!

中国政府からは「尖閣は中国の領土であり、全員を即時無条件送還するように」と要求されているらしいが、そんな時に言われる通りにしたら、中国がますます付けあがるのは目に見えている。野田内閣は中国漁船の船長を釈放した愚行をまたしても繰り返そうとしているのか。民主党はどこまで外交音痴なのだろう。

不法侵入、上陸しても直ぐに帰してもらえると判れば、今後も何度も同じことが起きるだろう。可能な限り拘留して、刑事事件として裁判を行うべきである。自民党は石破茂が中心となり、野田内閣に刑事事件への対応検討を要請した。最近の自民党は民主党と同じようにヒドイけれど、このような外交姿勢はさすがだと思う。

お願いだから、近隣職国に、もうこれ以上は舐められないでもらいたい。

|

« グリーグ ピアノ協奏曲イ短調 隠れた名盤 | トップページ | グリーグ 「ホルベアの時代から」(ホルベルク組曲)op.40 ~フィヨルドに吹く風~ »

政治・経済問題」カテゴリの記事

コメント

以前小泉内閣の時にも今回の様に不起訴で強制送還されたので民主党云々の問題ではありませんよ。あと中国側の要求は、恐らく日本が法律に則って強制送還するタイミングを見越して出すことで、日本が中国の要求に応じたという印象操作を狙ったものだと思います。
香港は中国の中では市民の民主主義に対する要求が高い地域で、活動家が尖閣諸島に度々来ようとしていますが、以前は中国政府に止められたこともあるようです。今回は日中両政府が予期していたことではないかと思います。
唯一予想外だったのは海上保安庁の警備が脆かった所で、これは改善するべきですね。

投稿: シジナ | 2012年8月17日 (金) 00時55分

ハルくんさんへ~

今回の強制送還についてのコメントは、僕も全く同感で~とにかく、尖閣諸島に不法侵入した香港の活動家達をしっかり拘留して、日本の国内法に則り、刑事事件として厳正に裁判にかけるべきです。強制送還したら、本当になめられるだけですよ!

あと、つい先頃の記事でハルくんがおっしゃられたように、一刻も早く尖閣諸島に海上自衛隊を駐留させ、中国漁船や中国軍艦隊の動きを監視するべきです!

確かに、最終的には~日米安保条約でアメリカが日本を守ってはくれるでしょうが、中国の急激な軍備増強によって、米中のミリタリーバランスに変化をきたしている以上、日本も自前で領土を守るという毅然とした態度を、内外にわたって見せなければ、ますます中国のみならず~韓国やロシアにもなめられるばかりで、本当に情けない限りですね。

投稿: kazuma | 2012年8月17日 (金) 15時00分

 幼稚な内容を書きまして、スレ汚しすみません。もう一度だけ、今度は平易な表現でお二人への同意を表現させてください。
 太平洋戦争後の新憲法下において、どう読んでも、我々が、例え防御のためとはいえ、侵略的に解釈される兵器(爆撃機、攻撃機、迎撃目的以外のミサイル、それらを積んだ艦船(空母など)による、先制攻撃は許されないものと介しております。(核兵器も含まれると思っています。)
 テニスに例えて言わせてもらえば、我々からサーブすることは許されない。
 ただし、相手のサーブが少しでも我が国土に
損傷を与えたら、①報復は出来る。②報復であっても攻撃的兵器は許されない。
 実は現在は②状態だと思っています。
 すると我々はやられっぱなしになります。
 そういう状況下での外交において、真の我々の代表ならば、こう主張すべきだと思っています。
 「もし日本と戦争するつもりなら、海外の日系人も含め殲滅させるつもりできてください。 少しでも種を残せば、我々は何年かかろうと、また何回憲法を直してでも、絶対にリターンいたします。
 そしてその際にリターンエース(敵の完全な殲滅)にならない保証はありません!」
 こういう気概をもって、外交に望んでいただけるなら、みけらんは民主党でも共産党でも支持しようと思っています。(粗雑な論理ですみません。)
 

投稿: みけらん | 2012年8月17日 (金) 15時24分

シジナさん、コメントありがとうございます。

小泉政権当時には強制送還も妥当かなとは思いましたが、現在のように中国の監視船が頻繁に領海近くに現れるような状況下では、同じ対応ではまずいと思います。小泉さんが現在の総理であれば今回は直ぐには帰さなかったいう気がします。

中国政府も実行犯もどうせ即時送還と予想していたでしょうから、時には予想に反する対応も絶対に必要ですね。そうでないから舐められるのですよ。

今後侵犯がエスカレートした場合には海上保安庁では不安ですね。やはり海上自衛隊が領海、沿岸警備を行うのが安心です。

投稿: ハルくん | 2012年8月17日 (金) 22時48分

kazumaさん、こんにちは。

自分の国を守るのに他の国任せの国なんて有り得ませんよ。「自衛隊は軍隊では無い」などと訳の分からないことを言うから、日本人はボケてしまうのです。侵略戦争は非ですが、領土防衛は国家としての根幹です。

今回の即時強制送還の対応などを見ていると、野田総理の「毅然とした態度で対処する」という言葉が何とも空々しく聞こえてしまいますね。

投稿: ハルくん | 2012年8月17日 (金) 23時07分

みけらんさん、再びコメントをありがとうございます。

日本人は太平洋戦争がトラウマになってしまい、近隣諸国は正にその弱点を突いて「日本の軍国主義の復活だ」などと騒ぎ立てます。
ならば日本も「過去の戦争は過ちで有ったが、今後もしも我が国を侵略する国があれば全面的に対抗する」という意思を明確に表すべきですね。
「日本の領土である」竹島のすぐ近くを自衛艦が監視して回るぐらいの態度を示せば良いのです。尖閣で中国にやられているようにですよ。

投稿: ハルくん | 2012年8月17日 (金) 23時20分

ハル様ありがとう、そういうことを言いたかったんです。
昭和天皇も平和主義者でしたし、平和を積極的に享有するのが日本の使命だと思っています。
日本国憲法の前文にある「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。(1946年11月3日公布)
 これを中国語に訳して配布したい気持ちです。(私は憲法の前文は格調高いものであり、誇るべきものと思っております。)
 民主党政権は「自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務」から逃れていると思います。

投稿: みけらん | 2012年8月21日 (火) 11時59分

みけらんさん、ありがとうございます。

僕は自衛隊が全面的に活動出来るような法改正が急務だと思っていますし、同じ民主党でも前原氏あたりはそれが必要と考えているようです。けれども野田内閣には危機意識が無く、海上保安庁の装備を整えるだけでこと足りると考えているそうです。
これは大変なリスクを冒しているように思います。海上保安庁では防ぎ切れません。もしも中国が陰で操る武装組織に尖閣を乗っ取られたら、奪還するのは容易では有りません。

待った無しの状況下での危機感の欠如は、国家存亡に関わります。民主党ではもう駄目です。

投稿: ハルくん | 2012年8月21日 (火) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の領土を守れ その2:

« グリーグ ピアノ協奏曲イ短調 隠れた名盤 | トップページ | グリーグ 「ホルベアの時代から」(ホルベルク組曲)op.40 ~フィヨルドに吹く風~ »