« シベリウス 交響詩「クレルヴォ」 ヨルマ・パヌラ/トゥルク・フィル ~隠れた手~ | トップページ | シベリウス 弦楽四重奏曲全集/シベリウス・アカデミー四重奏団 ~内なる声~ »

2012年8月27日 (月)

日本の領土を守れ その3

イ・ミョンバク大統領宛ての親書を受け取るだの、受け取らないといった茶番劇には、余りの馬鹿馬鹿しさに、呆れかえるばかりでしたが、このところ中国との尖閣問題よりも、韓国との竹島問題の方がエスカレートしています。
政府が竹島問題を国際司法裁判所に提訴するのは大いに結構なのですが、そちらのほうに力が入ってしまって、尖閣諸島防衛の対策が疎かになるのには危機感を感じます。元々、尖閣の防衛意識の低い野田政権は相変わらず中国との友好関係重視などと言って、弱腰で歯がゆい行動をとろうとしています。今日、東京都の尖閣調査目的のための上陸申請を許可しないとの発表を行いましたが、どうしてでしょう。石原都知事の英断に邪魔立てをして、あくまでも自分たちが買い取りたいからでしょうか。それとも中国の反日の機運に気兼ねをしているからでしょうか。いずれにしても、これでは尖閣の防衛準備が停滞するだけです。このような緊急時には、国と都の一体となった協力体制で速やかに進めるべきなのに、野田政権は本当に愚かだと思います。

既に韓国に長年実効支配されている竹島の提訴を、今更早めたところで大勢に影響は有りません。それよりも、「極めて脆弱な実効支配」をしている尖閣の警備体制を一日も早く整えるべきです。前回もコメントしましたが、海上保安庁では、中国の武装ゲリラ侵入を阻止するのは無理です。自衛隊の尖閣への駐留を一日も早く実現させるべきです。竹島の問題はひとまず置いてでも、尖閣対策を優先させてほしいです。韓国と茶番劇をしている間に、中国に尖閣を奪い取られたら取り返しがつきません。
僕は本当に危機感を感じています。お願いだから、我が国の領土を守ってください。

|

« シベリウス 交響詩「クレルヴォ」 ヨルマ・パヌラ/トゥルク・フィル ~隠れた手~ | トップページ | シベリウス 弦楽四重奏曲全集/シベリウス・アカデミー四重奏団 ~内なる声~ »

政治・経済問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の領土を守れ その3:

« シベリウス 交響詩「クレルヴォ」 ヨルマ・パヌラ/トゥルク・フィル ~隠れた手~ | トップページ | シベリウス 弦楽四重奏曲全集/シベリウス・アカデミー四重奏団 ~内なる声~ »