« ロンドンオリンピック ~祝・銅メダル 女子バレーボール~  | トップページ | ザ・フー 「ライヴ・アット・リーズ」 (25周年エディション) »

2012年8月13日 (月)

2012 ロンドンオリンピック閉幕 ~ブリティッシュロックからサンバへ~

John_imgine_2
ロンドンロンドン楽しいロンドンでのオリンピックが閉幕しましたね。
世界の若者が持てる力の全てを出し尽くして競い合う姿には本当に胸を打たれます。毎日感動させられました。

今回は開催地がロンドンということもあって、開催式も閉会式も実に楽しいものでした。イギリスと言えばなんといってもブリティッシュロック。閉会式にも多くのアーティストや歌が登場しましたが、一番印象的だったのはやはりジョン・レノンの「イマジン」です。大スクリーンに映された映像で、生前のジョンが歌いました。

想像してごらん 国なんて無いんだと
そんなに難しくないだろう?
殺す理由も死ぬ理由も無く
そして宗教も無い
さあ想像してごらん みんなが
ただ平和に生きているって

僕のことを夢想家だと言うかもしれない
でも僕一人では無いはず
いつか君もみんな仲間になって
きっと世界はひとつになるんだ

平和の祭典のステージにこれほど相応しい曲は有りませんからね。
音楽が流れる中、ステージの上で創り上げられたモニュメントは、「イマジン」のアルバム・ジャケットの裏側のジョンの顔でした。真上を向いて青い空を見ている顔です。

個人的には最後に登場したザ・フー(といってもヴォーカルのロジャー・ダルトリーとギターのピート・タウンシェンドだけ?ですが)も印象的でした。有名なロックオペラ・アルバム「トミー」から「シー・ミー・フィール・ミー」を聴かせてくれました。精神的ショックから三重苦になってしまったトミー少年が「お願い、僕を見て、僕を感じて、僕に触って、声を聞いて!」と心の内の声で訴えかけるという内容の歌詞の名曲です。あの、ウッドストック・フェスティバルでも歌われていました。
ステージの最後を締めくくるのが、ビートルズとローリングストーンズに次ぐブリティッシュロックの雄、ザ・フーであれば納得です。

強いてもう一人上げれば、元クイーンのギタリスト、ブライアン・メイが、かつてのメンバー、ドラムスのロジャー・テイラーと演奏した(歌ったのはジェシーJ)「ウィー・ウィル・ロック・ユー」も印象的でした。誰でも知っているこの曲の本人達の演奏なんて、ちょっと他では聞けませんからね。)

他にも大勢登場しましたが、さすがはブリティッシュ・ロックの国だと改めて感心しきり。次回の開催地はリオ・デ・ジャネイロですから、本場のサンバ一色で堪能できるのではないでしょうか。今から楽しみですね。しかし2020年が東京になったら、どういう人が出てくるのだろう?ちょっと考えてしまいますね。

|

« ロンドンオリンピック ~祝・銅メダル 女子バレーボール~  | トップページ | ザ・フー 「ライヴ・アット・リーズ」 (25周年エディション) »

音楽やその他諸事」カテゴリの記事

コメント

ハルくん、こんばんはnight

ビートルズのジョン・レノンって言う人知ってますよ(*^▽^*)中学生の頃にお友達の白旗君にビートルズの事を色々教わりましたよ(*^o^*)
白旗君「瑶子ちゃん、ビートルズ知らないなんてメチャクチャ遅れてるでsign01俺がビートルズがいい曲だって事を教えてやるよsign03

よう子「いいのありがとうねheart04heart04

彼のおかげでビートルズの事が好きになりましたよ(-^〇^-)実は洋楽でコメントするの初めてなんですよsign01sign03今まではヴィヴァルディやバッハのカテゴリにコメントしてたけど、洋楽関係に載せるのは初投稿です♪~θ(^0^ )ジョン・レノンさんの歌声はメチャクチャ艶っぽいですよ(^з^)-☆Chu!!shineshine

投稿: 上原よう子 | 2012年11月10日 (土) 21時36分

よう子さん、こんばんは。

ビートルズはメチャメチャ良いですからね。
良いお友達が居ましたね。
ビートルズのメンバーの中でもジョン・レノンとポール・マッカートニーの凄さはホントに大変なものですよ。

投稿: ハルくん | 2012年11月12日 (月) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/46675527

この記事へのトラックバック一覧です: 2012 ロンドンオリンピック閉幕 ~ブリティッシュロックからサンバへ~:

« ロンドンオリンピック ~祝・銅メダル 女子バレーボール~  | トップページ | ザ・フー 「ライヴ・アット・リーズ」 (25周年エディション) »