« ザ・フー 「ライヴ・アット・リーズ」 (25周年エディション) | トップページ | グリーグ ピアノ協奏曲イ短調 隠れた名盤 »

2012年8月13日 (月)

日本の領土を守れ

ロンドンオリンピックで浮かれている間に事件が起こりました。韓国のイ・ミョンバク大統領の竹島(断じて独島などでは無い)への訪問です。国家元首の訪問と滞在中の行動と発言は極めて重いです。

戦後の混乱期に付け込んで韓国に盗み取られて以来、韓国によって実行支配されている現実を日本人は改めて思い知らされたことと思います。この島は日本が戦争でも起こさない限りは取り返す手立ては有りません。ということは、もう戻っては来ないのです。

北方四島も同様ですが、こちらはプーチンが大統領のうちに2島返還を条件に譲歩する可能性が僅かに残されているかもしれません。しかし四島返還なんてのは夢のまた夢です。

長年日本政府は、どちらも「日本固有の領土です」と国内では言い続けて来ましたが、対外的に充分アピールしてきたとは言い難いです。いや、「対外的に」控えて来たのです。領土保全は国家を維持する根源ですが、島国の日本にはこのことが非常に希薄に考えられています。自民党政権時代には、韓国もロシアも日本の顔色をまだ窺っていた印象ですが、外交能力にまるで稚拙な民主党政権に対しては、どちらもやりたい放題、言いたい放題です。それもこれも、沖縄基地問題でアメリカとの関係をギクシャクさせ、中国の漁船問題で自らなめられるような対応をしてきた日本政府の能力の無さです。

個人的には竹島も北方四島も、もう諦めるしかないだろうと思っていますが、尖閣諸島だけは早急に実行支配を強化するべきです。具体的には、一日も早く自衛隊を駐留されるべきだと思います。でないと、中国が何をするかわからないからです。もしも中国が上陸侵犯したときに、果たして日本は武力行使をしてでも取り返そうとすると思いますか?僕には判りません。そこまで政府に勇気が有るとも信じられないからです。民主党には恐らく無いのじゃないでしょうか。せっかくの東京都の石原知事の行動に、自分たちの点数稼ぎのために横から邪魔立てするような真似は止めてもらいたい。日本国内で内輪もめをしていれば、それこそ中国を利するだけだからです。お願いだから、日本国の領土をしっかりと守ってください。手遅れにならないうちに。

<参考記事>石原慎太郎「総理は尖閣に行ってほしい」

|

« ザ・フー 「ライヴ・アット・リーズ」 (25周年エディション) | トップページ | グリーグ ピアノ協奏曲イ短調 隠れた名盤 »

政治・経済問題」カテゴリの記事

コメント

ハルくんさん~

ご無沙汰しておりました。貴殿の祖国防衛の情熱あふれるコメントを拝見、僕もまったく同感です。尖閣諸島に限定して言わせて頂ければ~、なぜ日本固有の領土であるにも関わらず、あそこまで中国が領有権を主張している理由は、地下資源云々というよりも~アメリカの太平洋艦隊と対峙している、中国軍艦隊にとって、尖閣諸島は~軍事戦略上重要な位置にあるからです。即ち~尖閣諸島の領有権を既成事実化し、中国軍船を一隻でも停泊させてしまえば、そこから自由自在に沖縄に向けて、あるいは太平洋上のアメリカ軍艦隊に向けて攻撃が出来るという、恐ろしい野望を中国は持っているのです。

その中国の恐ろしい野望を知ってか知らずかの、現民主党内閣の弱腰外交は、実に腹立たしく歯がゆくあきれて物も言えません。もっと毅然とした態度で、中国に対峙し外交手段を講じて行かなければ、尖閣諸島のみならず沖縄全島までもが中国に席捲されないとも限りませんよ! 僕はそこまで危惧を抱いているんです。

投稿: kazuma | 2012年8月16日 (木) 12時56分

 すみません。ピアノより軍事が好きなので、横レスします。kazuma殿、中国の野望、歯がみするほど悔しいですな。
 しかしながらここは、中国が空母を作って巡航させるまで待ちましょうや。
 そして、来る日に、中国空母が公海上を巡航して太平洋上に居るときに、尖閣諸島にわが日本の旗を立てに行くんですよ。そうすれば必ず空母は尖閣諸島救出というか攻撃に来るはずです。中国本土からは領海内ではなく、尖閣諸島から見れば領海内に入った瞬間に、ミサイル、攻撃機、潜水艦等で空母を一斉攻撃しましょう。沈めなくてもいいんで、甲板を使用不能にさえすれば・・・ポイントはその1回限りの攻撃以外は、相手が仕掛けてくればやるけども、絶対こちらからは仕掛けない。つまりこの前韓国の駆逐艦を、北朝鮮の潜水艦が轟沈させたように、全面戦争という愚は中国も犯さないでしょうから、虎の子の空母を損傷させてやるということで、溜飲を下げましょう。後は安保条約が守ってくれますよ。

投稿: みけらん | 2012年8月16日 (木) 17時18分

kazumaさん、こんにちは。

自分はあくまでも平和主義者で戦争反対の立場ですが、祖国が外国によって侵略されるとあっては黙っていられません。
ジョン・レノンのイマジンはあくまでも理想。悲しいかな現在の世界はその通りになっていません。

日本の海自の戦闘能力はまだまだ中国よりも上と見られています。領土侵略や戦争を抑止できるように、先手を取って、あらゆる行動をとっておかなければいけないと思います。

投稿: ハルくん | 2012年8月16日 (木) 23時16分

みけらんさん、こちらへもコメントありがとうございます。

武力衝突は無いに越したことは有りません。しかし21世紀になっても、軍備を増強して他国を脅かしている国が存在します。そのような国へは単なる言葉の上では無い「毅然とした対応」が必要です。哀しいかな野田総理と民主党政府は外交を何も理解していません。
真に毅然とした態度こそが侵略への抑止になるのだということを。

投稿: ハルくん | 2012年8月16日 (木) 23時27分

今晩は、ハルくん。李明博大統領の支持率回復のためのパフォーマンスと思われる行動や両陛下へのあまりに失礼な発言にも呆れましたが、今日は野田総理からの新書を受け取り拒否するという、このうえなく失礼にも程がある行動に出ました。野田総理は受け取り拒否の拒否で対抗…もう茶番劇としか言い様がありません(怒)馬鹿ですね。双方とも…情けなくて涙も出ませんね。
両国に未来はあるのでしょうか?

投稿: from Seiko | 2012年8月24日 (金) 02時13分

失礼します。誤字直します。×新書○親書 韓国のした事を考えると…侵書かな?

投稿: from Seiko | 2012年8月24日 (金) 07時17分

Seikoさん、こんばんは。

わざわざ誤字訂正ありがとうございます。
案外と読み手は気にしないものですけどね。

現在の民主党政権の脆弱な足元を見られて、どの国も攻勢をかけてきているものと思いますが、忘れていけないのは、竹島問題は自民党の長い与党時代に放置されてきたことが最大の問題だということですね。
日韓友好、ワールドカップ共催の陰でどんどんと実効支配を固められていたわけですから。なんとも間抜けな話です。

日韓関係に未来は本当に無いかもしれませんね。両国民のお互いに対する不信感は半世紀の時間を後退させたのではないでしょうか。

投稿: ハルくん | 2012年8月24日 (金) 22時25分

ハルくんさんへ~

竹島問題について一言~。そもそも、竹島は確か明治時代の文献だった?かに、明確に日本の島根県領と記され、韓国も国際社会も認めていたにも関わらず、何を考えたか~第二次大戦後間もない、当時の韓国の李承晩大統領が、一方的に日本海~黄海にかけて李承晩ラインを規定し、竹島を韓国領に組み入れ、日本に強要してきたという背景があります。

にも関わらず~当時の日本政府は、明らかに不当な韓国側の要求を、拒否するでもなく抗議するでもなく、曖昧なままに日韓国交正常化外交を推進してしまったことに、最大の問題点があるのであって、それをいいことに~韓国は実効支配を続け、今日に至っているのですよね。

だから、韓国側は今さら日本に竹島を返還する意思など毛頭ないのです。戦後間もなくの日本の自民党の弱腰外交と、既に現れている先送り体質が問題の根幹をなしているんですよ!

投稿: kazuma | 2012年8月26日 (日) 11時50分

kazumaさん、こんにちは。

全くもって仰る通りです。
現在、民主党のつたない外交を批判している自民党こそが、領土を奪いとった韓国と間抜けな友好外交を行なってきたわけですから、その罪は重いです。
従軍慰安婦問題で巨額の賠償金を韓国に払う際の条件として竹島の返還を引き替えに交渉すべきでした。韓国が金融不安の時にあれほど日本が援助した時も同様です。
その日本をいまだに加害者の国だと言って、被害者顔をするとは何と醜い国なのでしょうかね。

投稿: ハルくん | 2012年8月26日 (日) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の領土を守れ:

« ザ・フー 「ライヴ・アット・リーズ」 (25周年エディション) | トップページ | グリーグ ピアノ協奏曲イ短調 隠れた名盤 »