« 日本の領土を守れ その3 | トップページ | ペテン内閣はノーダ! »

2012年8月31日 (金)

シベリウス 弦楽四重奏曲全集/シベリウス・アカデミー四重奏団 ~内なる声~

Sibelius1_2
シベリウスの書いた弦楽四重奏曲は全部で4曲有ります。但し、そのうちの3曲は若い時代の作品で、作品番号が付けられたのは2曲しか有りません。

①変ホ長調(1885年作曲)
②イ短調(1889年作曲)
③変ロ長調 作品4(1890年作曲)
④ニ短調 作品56「親愛の声」(1909年作曲) 

それぞれの曲について、もう少し詳しく触れてみます。

弦楽四重奏曲変ホ長調1885年作曲) ヘルシンキ大学時代の記念すべき第1作です。と言ってもシベリウスは最初、法律を学んでいたので、音楽の専門教育を受ける前の作品です。それにしては中々良く出来ていますが、まだウイーン古典派の作風ですし、鑑賞用としては少々物足りません。

弦楽四重奏曲イ短調(1889年作曲) 大学で法律と並行して音楽を学び、卒業した年の作品です。フィンランド国内では「期待の新星が現れた」と大きな反響を呼びました。当時シベリウスは、この曲を弦楽四重奏曲第1番とするつもりだったようです。大きな反響を呼んだだけのことは有るチャーミングな作品だとは思いますが、作品番号が付けられなかったのは、シベリウス本人にとっては幾らか満足出来なかったのではないでしょうか。

弦楽四重奏曲変ロ長調作品4(1890年作曲) 卒業の翌年にはベルリンへ行ってドイツ音楽を学びますが、その時の作品です。この曲は弦楽四重奏曲第2番とするつもりだったようです。作品番号を付けただけのことは有って、前作と比べても音楽の充実感がグンと増しています。既にシベリウス特有の内省的な雰囲気を大いに感じます。4楽章とも魅了的ですが、民謡のような抒情感をたたえた第2楽章アダージョ、第3楽章プレストのスケルツォ、伸び伸びと高揚する第4楽章アレグロのフィナーレと、どれも親しみ易く、それでいて飽きさせません。シベリウスの弦楽四重奏曲の傑作は、決して「親愛の声」だけでは有りません。

弦楽四重奏曲ニ短調作品56「親愛の声」(1909年作曲) 作曲年代から言えば、交響曲第3番と第4番の間に位置する円熟期の作品です。ラテン語のタイトル「Voces Intimate」は、日本語では「親愛の声」や「親愛なる声」あるいは「内なる声」と色々と訳されています。完成度が最も高く、以前の作品に比べて、風格が一段も二段も上になりました。同じ国民楽派のヤナーチェクの作品に共通した雰囲気も有りますが、シベリウス特有の澄んだ空気感に強く惹かれます。この曲は変則の全5楽章構成ですが、単なる室内楽作品の枠を超えて、非常にシンフォニックな印象を受けます。交響曲のモチーフによく似た部分が頻出します。けれども咽喉に腫瘍が出来て、「死」や「自己の内面」を意識した時代の作品ですので、第4交響曲と共通した暗さや内向性を強く感じずにはいられません。ですので、個人的には曲のタイトルは「内なる声」と訳するのが一番ふさわしいのではないかという気がします。

4曲の中では当然、最後の「親愛の声」を何を置いても聴かなければなりませんが、作品4も非常に素晴らしく必聴の曲ですので、やはり全曲盤で揃えておいたほうが良いと思います。そこで僕の愛聴盤をご紹介します。

514nrg9snrl__sl500_aa300__2
シベリウス・アカデミー四重奏団(1980、84、88年録音/FINLANDIA盤)

1stヴァイオリンのトゥキアイネン、2ndヴァイオリンのカントラ、ヴィオラのコソネン、チェロのノラスの4人全員がシベリウス・アカデミーの教授達で編成されています。この中では、チェロのアルト・ノラスは独奏者としても知られています。4曲を収めた全集盤というのは決して多くは有りませんが、このメンバーによる演奏には、何かとても安心して身を任せられる雰囲気が有ります。テクニック的に更に優れた団体が主要曲を録音していますが、全ての曲を聴いて心からシベリウスの音楽を聴いたという満足感を得られる点では、やはり最右翼なのではないでしょうか。メンバー全員にとって、シベリウスの音楽は彼らの体の血であり肉であり、日常的に使う言葉だからなのでしょう。

|

« 日本の領土を守れ その3 | トップページ | ペテン内閣はノーダ! »

シベリウス(室内楽)」カテゴリの記事

コメント

ハルくん様

シベリウス・ジャンキーのmorokomanです。
(^^)

おおお~、こ、このCDは……! と、言うわけで、自分のCD架から同じCDを取り出して聴いてしまいました。これでまた今日もシベリウスを聴いてしまいました。果たして、morokomanがシベリウスを聴かないで済む日は訪れるのでしょうか?

それはともかく、演奏は「資料的価値」を考慮したものではないだろうか、と思います。

つまり、カルテットの特徴を全面に出し、「これが俺たちの演奏だ!」などと主張するのではなく、自分たちの特徴はむしろ抑え気味にして「シベリウスの弦楽四重奏曲」の内容を過不足無く伝えることをまず第1の目的としてものだと思います。

有名な『親愛の声』は、演奏としてはやや平板な感じがします。

morokomanは他にグァルネリ弦楽四重奏団の演奏を持っていますが、こちらの方が演奏としては面白い。グァルネリ盤はアメリカの団体らしい、実に機能的でフットワークが軽い、音の切れ込みが鋭角的な演奏をします。

シベリウス・アカデミーはそれに比べると響きが柔らかいです。その点が平板な印象を与えるのでしょう。

おそらく「全集」としての資料的価値を優先し、自分たちの演奏の自己主張を脇に置いての選択なのだと思います。これはこれで正しい選択だと思います。

morokomanとしては、むしろイ短調や変ロ長調に曲としての面白さを感じました。また演奏もしっかりとした手応えのあるものです。

このCDはmorokomanもオススメですが、いずれは北欧の他の四重奏団の手による演奏も聴いて見たいものですね。(^_^)

投稿: morokoman | 2012年9月21日 (金) 23時03分

morokomanさん、こんばんは。

演奏が果たして「資料的価値」を考慮したものなのかどうかは判りませんが、『自分たちの特徴は抑え気味にして「シベリウスの弦楽四重奏曲」の内容を過不足無く伝えることをまず第1の目的として』というご意見には全面的に賛成です。逆に、それでこそシベリウスの音楽は生きるのだ思います。
『親愛の声』の演奏が、やや平板な感じとのことですが、これほど内省的な曲には相応しい演奏なのではないでしょうか。
このカルテットは技術的には万全とは思いませんが、フィンランドのオケにも感じる、音楽との同族性を同じように感じてしまいます。

グァルネリ四重奏団のシベリウスは聴いたことがありませんが、やはり溺愛しているブラームスの演奏では、音が明る過ぎる感じで余り感心しませんでした。

将来的には同族性と技術の両立した演奏が出てくるかもしれませんね。

変ロ長調は大好きですが、『親愛の声』はやはりその上をゆく傑作だと思います。

投稿: ハルくん | 2012年9月21日 (金) 23時26分

ハルくん様

morokomanです。(^^)

レスありがとうございました。

亀再レスとなります。

>『親愛の声』の演奏が、やや平板な感じとのことですが、これほど内省的な曲には相応しい演奏なのではないでしょうか。(ハルくん様)

morokomanは自称「シベリウス・ジャンキー」なのですが、恥ずかしいことにごく少数の曲にまだ私の理解が及ばない作品があります。

実は、この『親愛の声』は最たるものです。
何度聴いても、「彼はこの曲で何が言いたいんだろう……わからない……まだ理解できない……」と首をひねってしまうのです。

シベリウス・アカデミーのこのCDでもその気持ちは変わりませんでした。むしろイ短調や変ロ長調の方がすぐ理解できて、「なるほど素晴らしい!」と膝を打ったほどです。

グァルネリ四重奏団の演奏が面白い、と書いたのは彼らの演奏の方が曲の輪郭がスッキリと見えて、まだ取っ付き易さを感じたからです。(シベリウス・アカデミーの演奏を「平板」と書いたのはそのためです。曲の輪郭がボケているように感じたのです。)

でも、今は充分に理解できなくとも、このCDは繰り返し聴くことになるでしょう。

いずれ、morokomanの魂の成長と共に、まるで天啓のように閃いて「おおおお! なんという傑作なんだ! 自分は今までこの素晴らしさがわからなかった!!!」となることを望んでいます。(^^)

実は、交響曲の第4番でこのような体験をしたのですよ。しかも2回も! その件についてはまた第4番の記事のコメントで紹介するつもりですが、とにかく「訳がわからん……」から「聴く者の魂まで揺さぶる、史上空前の傑作!!」と評価が変わる体験をしました。

『親愛の声』もそうなって欲しいなぁ。それを楽しみに、今日もジャンキーとしての日々を送っております。(^_^)

投稿: morokoman | 2012年9月24日 (月) 21時49分

morokomanさん、こんばんは。

そうですね、僕も第4交響曲は中々理解できずに時間がかかりました。けれども今ではかけがえのない曲に思えます。
実は『親愛の声』も良く似たパターンで、やはり時間がかかかりました。morokomanさんにとっても目からうろこの時がきっと訪れるのではないでしょうか。

投稿: ハルくん | 2012年9月24日 (月) 22時10分

ハルくん様

morokomanです。

図書館というものは、つくづくありがたいものですな。人類が発明したインフラの中でも、もっとも素晴らしいのは図書館という施設だと思います。

と、言うのも、このシステムのおかげで、私は無料でCDを聴くことできました。先日の『春の祭典』もその一つ。今回聴くことが出来たのは、エマーソン四重奏団による

グリーグ&シベリウス 弦楽四重奏曲集

でした。(^^)

どちらもグァルネリ四重奏団の演奏とかぶるCDです。シベリウスはもちろん『親愛の声』を収録しています。

聴き比べていみると、なるほどハルくん様のおっしゃるとおりだと思いました。

グァルネリ盤は、音が明るいのです。

対してエマーソン盤は音がほの暗く、ゆったりとした曲想で、シベリウスの『親愛の声』-特に第三楽章の彫りの深さが印象的で、まるで心に染み入るようです。

エマーソン盤の演奏の方がシベリウスの「心の声」の一端を見る感じがします。

グァルネリ盤は、音が明るいがために、却ってこの曲の「深み」をスポイルしている感じですね。

ほの暗さを要求する曲にはそぐわないと思います。グァルネリ四重奏団は、むしろその音色を活かすことができるフランス&イタリアなどの曲があっていると思います(「演奏技術」ということに関しては全く不満はありませんけど)。

二つともアメリカの四重奏団なのですが、民族的ではないことを逆手にとり、インターナショナルな音楽として、明と暗の違いはあるなれど、それぞれの特色を活かしたシベリウスを表現していると思います。

ハルくん様はおそらくまだエマーソン盤はお聴きになっておられないかもしれません。お気に召すかどうかはわかりませんが、morokomanが気に入った演奏として、エマーソン盤がありますよ、と紹介をさせていただきます。(^_^)

投稿: morokoman | 2012年10月16日 (火) 00時56分

morokomanさん、こんにちは。

エマーソンQのこの曲は聴いていません。
でも、彼らの音は非常に綺麗でしっとりとしているように思いましたので、ぜひ聴いてみたいです。
当面は余裕が無さそうですが、グリーグとのカップリングでもありますし、機会が有ったら聴いてみます。

貴重な情報をどうも有難うございました。

投稿: ハルくん | 2012年10月16日 (火) 12時49分

 ハルくんさん、こんばんは。
 最近、やっと猛烈な暑さから解放されてほっと一息です。やっと快適に音楽と関われる時期が近づいてきました…。
 この作品は僕もエマーソンの演奏を聴いています。いつも嫌味なくらいいろいろやっちゃってくれるエマーソンですが、音楽的理解に基づいてスマートにまとめられているところはやはりさすがだと思います。
 ところで、このCDもともとはシベリウスが目当てで買ったはずなんですが、カップリングのニールセンにすっかり魅せられてしまいました。こんな音楽が眠っていたとは!演奏も良いですし、知名度の低い名曲を積極的に演奏する姿勢は素晴らしいですね。

投稿: ぴあの・ぴあの | 2013年9月 8日 (日) 00時10分

ぴあの・ぴあのさん、こんばんは。

エマーソンSQのCDはまだ聴いていないのですよ。彼らは何を演奏しても素晴らしいので期待していますけど。
ニールセンもカップリングされているのでしたか。それも面白そうですね。

投稿: ハルくん | 2013年9月 8日 (日) 22時35分

ハルくん様
親愛の声は、先日訃報の伝えられましたロバート・マン率いたジュリアードSQしか、聴いておりません。カップリングがヴェルディの書いた唯一のホ短調四重奏曲でして、北欧の風の届く演奏ではございませんが、真っ正面から作品に向き合い、純音楽的な達者な演奏を奏でておいでだと、思います。本場ものがお好きな御様子ですので、無理にはお薦めしませんが…。

投稿: リゴレットさん | 2018年3月18日 (日) 20時05分

リゴレットさん

私の”本場物の演奏好き”は筋金入り、というよりも変質凶といって良いと思います(笑)。
ジュリアードQは大好きですが、シベリウスとなると積極的には聴かないと思います。機会が有ればですね。
でもありがとうございます。

投稿: ハルくん | 2018年3月19日 (月) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/46790265

この記事へのトラックバック一覧です: シベリウス 弦楽四重奏曲全集/シベリウス・アカデミー四重奏団 ~内なる声~:

« 日本の領土を守れ その3 | トップページ | ペテン内閣はノーダ! »