« 2位じゃダメなんでしょうか? | トップページ | ブログ開設4周年記念御礼! »

2012年8月 4日 (土)

「ヘイ・ジュード」 ポール・マッカートニー ~柔道がんばれ~

ロンドン・オリンピックの柔道で、男子が金メダルゼロに終わったことが今朝のニュースで大きく取り上げられていました。でも、日本柔道の弱体化は何も今回始まったことではないのですね。過去の大会でも何度も危機が有りましたが、たまたま回避出来ていただけなんです。

日本の柔道界は「柔よく剛を制す」という日本の柔道の伝統を守れば、力の強い外国選手にも勝てると考えていたようです。でも、それって東京大会で、オランダの巨漢ヘーシンクに神永選手が敗れた時から誤りだと判っていたのじゃないんでしょうか?にもかかわらず、日本の柔道の神話を信じて闘ってきたわけですから、これでは弱体化しても当たり前です。

ただ、個人的には日本の柔道は好きですよ。なんと言っても組み手が美しいです。武道としての美しさが有ります。外国選手同士の対戦を見ていると何となくレスリングみたいで余り美しくは感じません。特に、ルール改正前のいきなり足を取りにゆくことが許されていた頃には、全くレスリングみたいでした。それに比べれば多少は良くなりましたが、やはり美しくは有りません。でも、それが今や世界基準なのですね。で、あれば、日本も技だけでなく、筋力、パワーの強化を図って、力技を積極的に導入すべきです。世界大会に参加するなら、それが必要だと思います。

逆に、どうしても美しい日本の伝統的な柔道を守りたいなら、日本国内だけで「日本式柔道大会」を開けばいいです。「柔道」と「JUDO」は似て異なる競技だと知らしめれば良いのです。僕はそれも一つの方法だと思います。

勝てるはずもない方法で練習させられて厳しい大会に参加して、「金が取れない」と連盟もマスコミも大きく騒ぎ立てて嘆くのでは、変なプレッシャーの中で頑張って闘った選手達が気の毒です。こんな逆境、雰囲気の中ではメダルが取れなくても当たり前、何色でもメダルが取れれば大変な殊勲です。帰国する選手たちは、皆で温かく迎えましょう。

大会開会式の中で元ビートルズのポール・マッカートニーが「ヘイ・ジュード」を歌いました。この歌は、当時のビートルズのメンバー、ジョン・レノンが離婚をするときに、ポールになついていたジョンの息子を励ます内容だったのですね。ジュード(Jude)というにはレノンの息子の愛称です。決して日本の柔道の応援歌ではありません。

「Hey、Jude(ヘイ・ジュード)」
歌詞の一部

So let it out and let it in, hey Jude, begin
You're waiting for someone to perform with
And don't you know that it's just you, hey Jude, you'll do
The movement you need is on your shoulder  
 

全てを捨てて受け入れよう
ヘイ、ジュード はじめよう
君は誰かが助けてくれるのを待っているけれども
それは君がやることなんだよ
ヘイ、ジュード 君ならできるさ
君に必要なことは君にしかできないんだ

でも、そうなのです。「Jude」を「Judo」に置き換えてみると、苦しい日本柔道への応援歌になってしまうのですね。

目を覚ませ日本柔道界!頑張れ、ジュード―・ニッポン!

|

« 2位じゃダメなんでしょうか? | トップページ | ブログ開設4周年記念御礼! »

芸能・スポーツ」カテゴリの記事

コメント

ハルくん、今晩は。
今朝のコメントに対する返答も、この記事にすべて込められていると、勝手に思わせてくださいね。
内村選手が2位も4位も同じと、ショックから一度は発言しましたが、気持ちが落ち着いて「皆んなで力を合わせた結果の2位だ」と言ってくれたことに本当に安心しました。あまりに自分たちを責めないで。胸を張ってと言ってあげたかったですもの…しかし次の対戦を考えてわざと負けようとした選手には開いた口が塞がりませんでしたね。なでしこの監督さんのドロー狙いを指示したという話も、ちょっとドッキリでしたが。。。
ハルくん様。ブログ開設4周年おめでとうございます!日本海夕日コンサート会場からお送りしました♪

投稿: from Seiko | 2012年8月 4日 (土) 19時35分

Seikoさん、今年も夕日コンサート会場に行かれたのですね。今日は日本海側は凄く暑かったそうですが、綺麗な夕日は見えましたか?

ブログ開設記念日ですが、昨年に続いて、またまた教えてもらうまで気が付きませんでした。(笑) ありがとうございます!
でも、どうしてそんなに覚えてくれているんですか??

オリンピックには、常に全力を出して戦うという憲章はありますが、それでも陸上でも競泳でも、決勝レースのためにエネルギーを残しておくために、予選でのペースを落とすことは普通ですよね。
本質的には今回のドロー狙いと変わらないような気もします。難しいですね。

投稿: ハルくん | 2012年8月 4日 (土) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ヘイ・ジュード」 ポール・マッカートニー ~柔道がんばれ~:

« 2位じゃダメなんでしょうか? | トップページ | ブログ開設4周年記念御礼! »