« メンデルスゾーン 交響曲第4番イ長調「イタリア」op.90 不滅の名盤 | トップページ | 「サマー・タイム・ブルース」 忌野清志朗 ~原子力発電反対~ »

2012年7月28日 (土)

エルガー 「威風堂々」第1番 ~2012 ロンドンオリンピック開催~ 

Olympic_studium1

いよいよロンドン・オリンピックが始まりましたね。無類の(?)スポーツ観戦好きの僕には大変に熱い夏になります。

(日本時間では)今朝の開会式も素晴らしかったですね。さすがはイギリスというか、気品と、慈愛の精神と、ユーモアがとても感じられました。なにしろ映像によって、エリザベス女王がジェームス・ボンドにエスコートされてバッキンガム宮殿からヘリコプターで会場にやって来て、空からパラシュートで降り立つような演出は正にイギリス式ユーモアです。日本の天皇陛下をこんな演出で登場させようとは誰も思わないでしょう。

サイモン・ラトルが指揮してロンドン交響楽団が演奏する「炎のランナー」のテーマ曲も傑作でした。ミスター・ビーンがオーケストラのメンバーとして混じって繰り広げるユーモアのなんと楽しいこと。さすがです。

一方でイギリス国家を耳の聞こえない子供たちの歌声で聞かせるあたりは、慈愛の精神を強く感じました。こういう部分は日本人としても是非とも見習いたいですね。

それにしても若者たちがスポーツで競い合う姿は本当に感動的です。この日のために毎日毎日鍛錬した成果を国の代表として、あるいは一個人として全力で披露するわけですから、心から感動せざるを得ません。

僕は大体どの競技も楽しみますが、特に好きなサッカーは、開会式に先駆けて始まったので既にヒートアップしています。女子がカナダに勝ったのは順当としても(川澄さんのシュートはお見事!)、男子がスペインの無敵艦隊を撃沈するなんて嬉しい番狂わせです。しかも、それは偶然では無く、個人技で優るスペインに一対一の局面でも決して負けていないのが嬉しかったですし、何よりもチームワークの勝利というのが素晴らしかったです。これなら期待できます。

体操にも本当に期待できますね。世界の選手に怖れられる内村くんは凄過ぎ(出来過ぎ??)です。「金メダルの目標は4個」と平気で言い切りますが、少しも気負いが感じられません。本当に取ってしまいそうです。田中三兄弟も爽やかでイイですね。理恵ちゃんにはメダル獲得というよりもあの美しい演技で観客を(男性の目を?)湧かせてもらいたいです。うーん素敵だぁ。熱い!

卓球も凄く楽しみです。世界で実力を上げてきた福原愛ちゃん、石川佳純ちゃん、それに平野さん頑張れ!おじさんは応援しているぞ!
男子の水谷準くんも期待充分です。メダルも夢では無いです。若い丹羽くんにも期待したいです。

水泳では北島康介にもちろん期待ですが、この何年かで日本の選手層はとても厚くなりましたよね。何人も活躍してくれるのではないかな。

その他にも、柔道、レスリング、陸上、マラソン、バレーボール、重量挙げと上げれば楽しみは幾らでもあります。こりゃあ、熱いゼ!野球とソフトボールが無いのは残念ですが、野球場も無く、野球のルールを全く知らないイギリスでは、まぁ仕方がありませんね。

それでは、世界の若者たちが競技を堂々と繰り広げることを願って、イギリスのエドワード・エルガーの「威風堂々」第1番を聴きます。

41ngvjbntvl
サー・アーサー・ブリス指揮ロンドン交響楽団(1958年演奏/DECCA盤) ブリスは19世紀の末にイギリスに生まれた作曲家で、エルガーとも親交が有ったそうです。指揮者もしていたために、1964年のロンドン響の日本ツアーの時にはモントゥーとともに来日して自作曲を指揮したそうです。この演奏は。マーチ集の中に収められていますが、ジャケットがイイでしょう。演奏は本当にあっさりと地味ですが、この控え目のセンスが何とも英国を感じさせるのです。録音は古いですが、その割には明瞭です。

Barbirori_elgar
サー・ジョン・バルビローリ指揮フィルハーモニア管(1962年録音/EMI盤) 録音は古いですが、演奏は最高です。やはり派手派手さは少しも無く、盛り上がっても決して絶叫はしません。中間部の気高い精神を感じさせる落ち着いた雰囲気も正に英国紳士。アメリカのオケでは中々こうは行きません。バルビローリはエルガーのスペシャリストですが、こうした一品にも素晴らしさが滲み出ています。

|

« メンデルスゾーン 交響曲第4番イ長調「イタリア」op.90 不滅の名盤 | トップページ | 「サマー・タイム・ブルース」 忌野清志朗 ~原子力発電反対~ »

エルガー、ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、他イギリス音楽」カテゴリの記事

コメント

ハルくんさん、こんばんは。 オリンピック 始まりましたね。日本選手の方々 頑張って欲しいですね。応援してます!それにしても最近のスポーツ選手って イケメンや美少女が多くなりましたよね。(個人的には 重量挙げの 八木かなえ選手を応援してますheart01) ガンバレ ニッポン! さて、イギリス音楽も 大好きな私ですが、エルガーの作品はどれも素晴らしいですね。「威風堂々」の 演奏では やはり バルビローリとボールトが ツートップだと思います。

投稿: ヨシツグカ | 2012年7月28日 (土) 20時22分

ヨシツグカさん、こんばんは。

八木かなえ選手は可愛いですね。
重量挙げでは三宅宏実選手も案外可愛いと思っています。お父さんにソックリなのですけどねぇ。(笑)

ボールトのエルガーも良いですよね。やはりバルビローリと双璧でしょうね。

投稿: ハルくん | 2012年7月29日 (日) 00時38分

こんにちは。先月は出張が多く、JALとANAの機内クラシック放送が共に英国音楽特集をやっていたことに気がつきました。

JALはバードやダウランドの静謐な世俗歌謡で始まり、マクミランやジェンキンスなどの現代作家に至るまで一貫した典雅な響きが英国音楽の本質であることを強く感じさせるプログラムでした。
http://www.jal.co.jp/inflight/dom/07/audio.html

対してANAは、エルガー、ホルスト、ブリテンなど近代の大物を並べたのですが、英国音楽のどんな特徴を表現したいのかはっきりせず、賑やかというか、やかましいプログラムでした。
http://www.anaspamphlet.jp/skychannel/jul12/dom.html

ただしANAで面白かったのは、エルガー自身が指揮した威風堂々2番を聞けたことです。意外と軽く、テンポも速めでした。横綱土俵入りみたいな演奏ではいけないのですね。

投稿: かげっち | 2012年8月 1日 (水) 13時01分

かげっちさん、こんにちは。

英国音楽特集と言うのは、やはりロンドンオリンピックを記念してなのでしょうね。

JALは良いプログラムですね。ANAも紅白歌合戦的なプログラムですが、これはこれでイイんじゃないですかね。

アーサー・ブリスの演奏が、エルガー自身の演奏に似ているんじゃないでしょうか。親交があったわけですから。
やはりドイツのようにガッチリとか、アメリカのように派手に演奏すべきでは無いのでしょうね。

投稿: ハルくん | 2012年8月 1日 (水) 20時40分

エルガーはチェロ協奏曲とエニグマ変奏曲がわりと有名だと思いますけど、室内楽やピアノ曲で知名度の高いものはあまりないですね。チェロ協奏曲は曲そのものよりデュ・プレの演奏で普及したのではないでしょうか。デュ・プレは本当にチェロが大好きでたまらなかった人なんだなあと思います。旦那のバレンボイムは好きではないのですが、まだ健在のようですね。

威風堂々はあまり真面目に聴いたことがないです。すみません。オリンピックも見てないんですよね。エルガーがこの曲で活躍した1900年あたりは夏目漱石がロンドン留学でノイローゼになっていた頃です。漱石はエルガーの生演奏を聴いたのでしょうか。

投稿: NY | 2012年8月 3日 (金) 18時57分

NYさん、こんばんは。

チェロ協奏曲は好きですよ。デュ・プレの演奏は壮絶で感動的ですが、英国風とは異なる、あくまでもデュ・プレ流ではないかという気がします。

室内楽では「朝の挨拶」なんて、とても愛らしい佳曲がありますね。
大曲では交響曲、とくに第1番が素晴らしい名作です。

漱石がエルガーの生演奏を聴いたとしたら面白いですね。そういう記録は残ってていないのでしょうかね。

投稿: ハルくん | 2012年8月 4日 (土) 00時32分

こんばんは。

チェロ協奏曲についてですが、
20代に初めて聴いた時は「せわしく情緒に浸れない」
などと思っていましたが、50を通過して
ワーグナーやマーラーじゃないんだから、この長さが適度だと
思えてきました。

ソル・ガベッタという女流の2009年録音がお気に入りです。

投稿: 影の王子 | 2017年12月10日 (日) 17時04分

影の王子さん、こんにちは。

エルガーのチェロ協奏曲ですね。この曲も記事にしようと何枚かのCDを用意してありますが中々実現していません。
でも名曲ですのでいつか必ずUPしたいです。

ソル・ガベッタですね。まだ聴いたことが有りませんが憶えておきます。ありがとうございます。

投稿: ハルくん | 2017年12月11日 (月) 15時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/46495586

この記事へのトラックバック一覧です: エルガー 「威風堂々」第1番 ~2012 ロンドンオリンピック開催~ :

« メンデルスゾーン 交響曲第4番イ長調「イタリア」op.90 不滅の名盤 | トップページ | 「サマー・タイム・ブルース」 忌野清志朗 ~原子力発電反対~ »