« 「サマー・タイム・ブルース」 忌野清志朗 ~原子力発電反対~ | トップページ | 「ヘイ・ジュード」 ポール・マッカートニー ~柔道がんばれ~ »

2012年7月31日 (火)

2位じゃダメなんでしょうか?

ロンドン・オリンピックの連日の激闘に熱中しています。おかげで早くも睡眠不足に陥り、職場で毎日ボーっとしています。(汗)

日本選手が勝てばそれは嬉しいですが、勝っても負けても若者が青春を賭けて必死に闘う姿というのは、それだけで感動的です。

ただ、色々な競技を観ていて、ふと感じたことがあります。日本のお家芸である柔道の結果が思うように出ていませんが、選手たちが口をそろえて言うことに、「金メダルを絶対に取ることしか考えていません。」という言葉が有ります。先日も惜しくも決勝戦で敗れた女子選手が「悔しいです。金メダルで無かったので。」と試合後にコメントしました。ええっ、銀メダルを取ったのに?と驚きました。銅メダルを取った水泳選手が、「嬉しいです!これでメダリストの仲間入りです。」とコメントしていたのとは正反対だからです。

更に、昨夜のNHKの柔道の放送の時、日本人選手の決勝戦の前にアナウンサーが言ったことは、「〇○頑張れ!きっと勝ちます。日本柔道は金でなければならないのです。」という内容でした。

蓮舫さんではありませんが、日本の柔道は世界第2位ではダメなんでしょうか?日本の柔道界、マスメディア、さらに日本全体が「柔道は金メダルでなければ」という、呪縛に捉われてしまっているようです。競技発祥国だから金が取れるなんてのはとんだ思いあがりです。サッカーの母国イギリスが「母国なんだから金でなければ」なんてことは、きっと考えていないと思います。

柔道は今や世界で愛好されている競技です。日本の競技人口よりもフランスの競技人口の方が何倍も多いのです。そういうスポーツなのです。いつまでも日本の国内で「日本式の」柔道を守っていても、世界の多様なスタイルの柔道に戦えるはずが有りません。日本選手はどんどん海外で武者修行をして、海外の変則スタイルにとことん慣れてゆくことです。日本国内でだけ強くてもオリンピックの舞台では決して勝てません。ガラパゴス化したお家芸が広い世界に通用するはずがありません。世界的スポーツになった以上は、世界の基準で考えないと駄目なんです。

実力の裏付けのない(いや、有ったとしても)金メダルへの執着は逆に選手に大きなプレッシャーとなっていると思うのです。

選手が柔道の「金メダル神話」とプレッシャーから解き放たれて、「銀メダルを取りました!めっちゃ嬉しいです!」と選手がコメント出来るようになれば、自然に力を発揮出来ると思います。

美空ひばりの「柔(やわら)」を思い出してください。「勝つと思うな。思えば負けよ。」です。人間、無心で闘うときが一番力を発揮出来るのです。

頑張れニッポン!第2位でもイイんですよ。

|

« 「サマー・タイム・ブルース」 忌野清志朗 ~原子力発電反対~ | トップページ | 「ヘイ・ジュード」 ポール・マッカートニー ~柔道がんばれ~ »

芸能・スポーツ」カテゴリの記事

コメント

突然すいません。
この日記に非常に共感してもので、コメントせずにはいられませんでした。
まさにその通りです。
もちろん勝負ですから、試合までは「金」を取るつもりでいて欲しいですが、結果が「銀」や「銅」でも、心より喜んでもらいたいと思います。
しかも、アナウンサーが「金でなければ・・」みたいなことを発言するなんてもっての外。抗議したくなります。
ハルくんさんの仰るとおり、プレッシャーから開放されて頑張って欲しいですし、メダルの色が何であろうと心から喜んでほしいです。
頑張れニッポン!!

投稿: Masa | 2012年8月 1日 (水) 12時47分

Masaさん、ありがとうございます。

もちろん自分は愛国心が有りますし、日本人が金メダルを取るのは凄く嬉しいです。
でも応援が選手の心に大きな重荷となってしまっては逆効果ですね。
「日の丸を背負って」という言い方は好きでないので、選手自身が努力の成果を100%出し切れるように無心で戦って欲しいです。

投稿: ハルくん | 2012年8月 1日 (水) 20時27分

今日、朝起きて、男子200メートル平泳ぎの決勝の結果をテレビで知りました。
残念ながらメダルに届きませんでしたが北島康介選手のコメントがたいへん印象に残りました。
「3連覇よりも自分に対しての挑戦だった。この4年間は。たくさんの人から応援され、ここまでサポートしてくれた方々に感謝している」
4年に1度のオリンピックという特別な場に立つ事の重さ、意味を北島選手は謙虚に受け止め、そしてオリンピックに挑戦した姿に感動しました。
正直、柔道には毎晩、イライラしています。それは結果よりも、何か日本の柔道界のオリンピックに対する姿勢かもしれません。
北島選手のように謙虚にオリンピックに挑戦する姿勢、世界にぶつかる姿勢が今の日本の柔道界に欠如しているのかもしれません。
オリンピックの競技は、まだまだ続きます。選手の皆さんのベストを尽くした競技に感動したいものです。

投稿: オペラファン | 2012年8月 2日 (木) 10時56分

日本人、とりわけマスコミのメダル(特に色)至上主義の馬鹿騒ぎにはうんざりしています。差別はいけませんが、メダルの価値もピンからキリまであるのは厳然とした事実だと思います。競技の内容・レベルも考慮して報道してもらいたいですね。例えば競泳の自由形100m・200mだったらファイナルに残っただけでも他種目のメダルと同等以上の価値があるんじゃないですか。へそ曲がりかも知れませんが、日本人にとってハードルの高い種目での栄光のファイナリストや入賞者を陰ながら賞賛したいですね。

投稿: シーバード | 2012年8月 2日 (木) 14時04分

ハルくんさん、こんばんは。確かに 皆さんの仰る通り 柔道と水泳の選手の方々の対応や マスコミの報道のしかたは 違いますよね。でも 1分○○秒で(日本新や自己ベストで)5位 などと はっきりと記録が 分かる 水泳や陸上競技の方が 他の 対戦型競技より 納得しやすいと思います。対戦型競技の場合 運、不運、勝負のアヤなど実力以外の事で決着することが多いです。ですので 格闘技系や球技(特にシングルス) での テレビの見方 応援のしかたは もう少し寛大である方が 良いかなと思っています。

投稿: ヨシツグカ | 2012年8月 2日 (木) 19時05分

オペラファンさん、

>北島選手のように謙虚にオリンピックに挑戦する姿勢、世界にぶつかる姿勢が今の日本の柔道界に欠如しているのかもしれません

僕が感じているのは正にそこです。「お家芸なのだから勝てて当然」というのは盲信です。謙虚に成らない限りは日本の柔道は弱くなる一方のような気がします。

投稿: ハルくん | 2012年8月 2日 (木) 22時07分

シーバードさん、

膨大な数の競技があるわけですから、人気競技とそうでないものとの扱いの差は大きいですね。
また、サッカーやシンクロのような大人数のチームでの獲得も1個、個人競技の1個もメダルの数は同じ1個です。
あまりメダルメダルと捉われ過ぎなくて良いと思うのですがね。

投稿: ハルくん | 2012年8月 2日 (木) 22時15分

ヨシツグカさん、こんばんは。

審判の勝負判定が曖昧なのはいけませんが、それもまたその競技の持つルールなのですよね。
しかもルールは時に改定されて、ある国にとって有利にも不利にも成ります。
それらを全て納得したうえで観戦、応援をしないといけませんよね。
競技選手に対しては、温かく寛大な気持ちを忘れないようにしたいものです。

投稿: ハルくん | 2012年8月 2日 (木) 22時35分

柔道で金メダル以外素直に喜べない雰囲気があるのは、柔道が日本人の精神を体現する競技だと多くの日本人が感じているからだと思います。もし「日本人らしい柔道」に固執せず戦った場合、より結果が求められる可能性もあります。敢えて「日本人らしい柔道」で結果が出なくてもそれを言い訳にしている方が楽かもしれませんね。

投稿: シジナ | 2012年8月 3日 (金) 03時56分

シジナさん、こんばんは。

>「日本人らしい柔道」で結果が出なくてもそれを言い訳にしている方が楽かもしれません

一理あるかもしれませんが、参加する以上は結果が求められるでしょう。異種格闘技での負けは負けです。むしろ参加を辞めてしまって完全なガラパゴス化したほうが神格化されるかもしれません。海外のJUDOは柔道とは異なる競技なんだとね。

投稿: ハルくん | 2012年8月 4日 (土) 00時24分

おはようございます、ハルくん。連日の熱戦にかなりの寝不足です。理恵ちゃん実力出しきれず少し残念でしたが、魅力は出しきれた???ですね。
男子柔道金ゼロ惨敗新聞記事にも載っています。ハルくんの仰有るとおり。金メダルでなければいけないといった呪縛に捕らわれ選手はがんじがらめになっている気がします。王道の戦い方で鮮やかにという思いは解るのですが…勝ち方にこだわって負けるより、駆け引きしながら泥臭くても勝ちは勝ちと考えるか、日本柔道の分かれ道に来ているのかもしれませんね。でも、選手は皆頑張っています。素晴らしいです。

投稿: from Seiko | 2012年8月 4日 (土) 10時19分

Seikoさん、こんにちは。

選手たちは重圧の中で全員頑張っていますよ。
だから負けて落ち込んでいる選手が気の毒で仕方がありません。
日本の柔道界やマスコミは、これを真摯に受け止めて、言葉の通りにゼロからスタートしなおさなければいけませんね。

投稿: ハルくん | 2012年8月 4日 (土) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2位じゃダメなんでしょうか?:

« 「サマー・タイム・ブルース」 忌野清志朗 ~原子力発電反対~ | トップページ | 「ヘイ・ジュード」 ポール・マッカートニー ~柔道がんばれ~ »