« ショパン ピアノソナタ第2番変ロ短調op.35「葬送」 続・名盤 | トップページ | パーヴォ・ヤルヴィ/フランクフルト放送交響楽団 来日公演 マーラー交響曲第5番 »

2012年6月 3日 (日)

帰ってきたツバメ

Swalow

1年前に、いまの家に引っ越してきたところ、まもなく我が家の玄関の上にツバメが巣を作りました。ひと月ほどもすると鄙が6羽生まれて、やがて全員(全羽?)無事に巣立っていきました。あとに残ったのは半分崩れた巣の跡だけでした。

今年も来ると良いなぁ、と思って、崩れた巣をそのままにしていたら、先日しっかりと戻ってきたのです。数日で巣を綺麗に修理して、現在は巣から出たり入ったりしています。きっと近いうちに鄙を生んで、巣立ちまで育てることでしょう。その間は、玄関下に糞が沢山落ちますので、毎朝掃除するのが日課になります。1年中では少々困りますが、まあ、ひと月ほどのことなので、それもまた楽しみです。

日本のツバメは、冬を越すのに太平洋を渡って、台湾、マレーシア、フィリピン、遠くはオーストラリアまで行くそうです。そして春になると日本に戻り、大抵は前の家か、もしくはその家の近くに戻って来るそうです。ということは、わざわざ巣を半分壊していくのは、翌年に別のツバメに住まれないようにする為なのかもしれません。

今居るツバメは、たぶん昨年飛んで行って、長い距離の旅を終えて帰ってきた同じ親ツバメか、あるいは6羽の子ツバメのうちのどれかである可能性が高いので、自然の凄さを感じるのと同時に、とっても嬉しい気持ちになります。今年もまた、鄙たちが全員無事に巣立つことを願っています。

|

« ショパン ピアノソナタ第2番変ロ短調op.35「葬送」 続・名盤 | トップページ | パーヴォ・ヤルヴィ/フランクフルト放送交響楽団 来日公演 マーラー交響曲第5番 »

音楽やその他諸事」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、ハルくん様。ツバメくん(ちゃん)たちが3年前から、我が家から歩いても15分程度の場所にある叔母の家に居を構えました。その可愛らしさはハル様が一番よくお分りですね。雛が口を開けて餌をねだる様子には、思わずご愛好を崩してしまいます。ちゃんと翌年忘れずに戻ってくるんですものねぇ。帰巣本能と言ってはそれまでですが、不思議で神秘的で…叔母もガレージに巣を作ってくれたもんだから、車に糞避けのシートをしないと大変なのと言いながらも、ツバメくんたちが可愛くて仕方ないみたい。写真を撮っては、見せびらかしてますよ。ところでツバメを漢字で正しく書ける人って案外少ないんですよね。くさかんむりにしちゃう人が3割はいるって聞きます。私はちゃんと書けますよ。新潟県に燕市という洋食器で有名な所がありますので(この程度の事、自慢にならないか)おぉ、ツバメ~。ラゴンドリーナ…こうゆう歌、NHKのみんなのうたでありましたよね?

投稿: from Seiko | 2012年6月 3日 (日) 21時51分

Seikoさん、こんばんは。

そうなんですよ~。小さな雛たちが並んで頭を出して、大きな口を開けてピーピーとエサを待っている様子は本当に可愛いです。糞の掃除をしながらも、とっても微笑ましく感じてしまうのですね。

燕市の金属加工の鍋や食器は有名ですね。でも自分で「燕」の漢字は書けないです。(汗)

「ラゴンドリーナ」って歌が有ったようですね。でも覚えていないなぁ。何年頃の歌なのでしょうね。

投稿: ハルくん | 2012年6月 3日 (日) 22時06分

こちらにも失礼します。「ラ・ゴンドリーナ」もしくは「ラ・ゴロンドリーナ」は確か昭和45~46年ぐらいに、みんなのうたで杉並児童合唱団か東京放送児童合唱団が歌っていたと思います。帰ってきたつばめくんたち。元気で旅立ちましたか? 私にも若いつばめくんたち、来てくれないかなぁ。おっとといけませんね。この言い方だと誤解されます。

投稿: from Seiko | 2012年6月 5日 (火) 22時18分

Seikoさん、曲の情報ありがとうございました。

親ツバメの体が巣の上の方に浮いていますので、たぶん卵の上に乗って温めているのだと思います。もう少しで生まれてくるんじゃないかぁ。

我が家の子ツバメたちを養子に出せると良いのですがね。でも新潟だと寒くて、すぐに神奈川に越冬して来てしまうかもしれませんねぇ。(汗)

投稿: ハルくん | 2012年6月 5日 (火) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/45515458

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきたツバメ:

« ショパン ピアノソナタ第2番変ロ短調op.35「葬送」 続・名盤 | トップページ | パーヴォ・ヤルヴィ/フランクフルト放送交響楽団 来日公演 マーラー交響曲第5番 »