« J.S.バッハ 「ミサ曲 ロ短調」 BWV232 名盤 ~最高傑作~ | トップページ | ~名曲シリーズ~ フォーレ 「レクイエム」op.48 名盤 »

2012年3月20日 (火)

ハンス・クナッパーツブッシュ/ウイーン・フィルのライブ盤 ~新盤~

10_1102_01

「新盤」と言っても1961年と62年の録音ですから、もう半世紀も前の演奏です。にもかかわらず、この発売ニュースを知って非常に嬉しくなりました。どちらも巨人(ジャイアンツではありません)クナッパーツブッシュがウイーン・フィルを指揮したライブ演奏ですが、一つはブルックナーの交響曲第8番、もう一つはシューマンの交響曲第4番/Rシュトラウスの「死と変容」です。ブルックナーとシューマンは、過去の記事の中でご紹介済みですが、何しろこれまでは海賊盤でしか聴くことが出来ませんでしたので、いつか正規音源で聴きたいと願っていました。それが、とうとうAltusによってリリースされましたので、早速購入して聴きました。

どちらもオーストリア放送協会によるモノラル録音ですが、音質が期待以上の素晴らしさです。海賊盤の伊Memories盤も悪くありませんでしたが、今回の正規音源の音の良さには感激です。特に1962年のシューマン4番のほうは、下手なステレオ録音を遥かに上回る極上の音質です。元々、クナの演奏は、かのフルトヴェングラーに迫る唯一の凄演でしたが、こうして正規盤で聴くと改めて凄さが伝わります。個人的な好みで言えば、いまだフルトヴェングラーの濃厚なロマン性を取りたいですが、クナの巨大な音楽の凄さは別次元で存在感が有ります。シューマンの4番が好きな方には、フルトヴェングラー盤と並んで必聴だと思います。同じ日の「死と変容」が、これまたとてつもなく巨大なスケールの演奏です。こちらはフルトヴェングラー/ウイーン・フィルの名演奏を更に凌いでいると確信します。

ブルックナーの8番も、当時のウイーン・フィルの弦の艶やかさと管のパワフルさが圧巻です。ただ、余りに陶酔的なのが8番の演奏としては自分の好みにやや合いません。同じライブ演奏ならば、むしろ1963年のミュンヘン・フィル盤を取ります。もちろん、これは人によるでしょうから、是非ご自分の耳で聴き比べてみて下さい。

なお、この2枚については過去記事のMemories盤紹介をAltus盤に書き替えました。

<過去記事>

~浪漫と幻想~ シューマン 交響曲第4番

ブルックナー 交響曲第8番 名盤

|

« J.S.バッハ 「ミサ曲 ロ短調」 BWV232 名盤 ~最高傑作~ | トップページ | ~名曲シリーズ~ フォーレ 「レクイエム」op.48 名盤 »

名指揮者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/44565132

この記事へのトラックバック一覧です: ハンス・クナッパーツブッシュ/ウイーン・フィルのライブ盤 ~新盤~:

« J.S.バッハ 「ミサ曲 ロ短調」 BWV232 名盤 ~最高傑作~ | トップページ | ~名曲シリーズ~ フォーレ 「レクイエム」op.48 名盤 »