« ハンス・クナッパーツブッシュ/ウイーン・フィルのライブ盤 ~新盤~ | トップページ | J.S.バッハ カンタータ 第140番「目覚めよと我らに呼ばわる声あり」BWV140 名盤 »

2012年3月24日 (土)

~名曲シリーズ~ フォーレ 「レクイエム」op.48 名盤

Gabriel_faure

ガブリエル・フォーレ・・・なんとも美しい響きの名前ですね。そして、このフランスの作曲家は名前の響きの通り、実に美しい音楽を書きました。「美しい音楽」というキーワードから、僕は真っ先にフォーレの曲を思い浮べますが、本当にこれほど繊細で優しい美しさを持った音楽は、ちょっと他に思い当たりません。

そのフォーレの曲で、僕が良く聴くのは10曲ほどの室内楽曲、それに「レクイエム」です。傑作ぞろいの室内楽曲については別の機会にまとめて記事にしたいと思っていますが、今回は<名曲シリーズ>として、「レクイエム」を取り上げます。

今から数年前に自分の父親を亡くしたとき、初めて訪れた家族の死の悲しみに、とても音楽を聴くどころではありませんでした。それでも、ちょっと聴いてみようかな、と思えた音楽が、フォーレの「レクイエム」だったのです。そして、この曲の美しさが心に沁み入ってきて、胸がいっぱいになりました。

フォーレはある人に宛てた手紙の中で、次のように書いています。

「私のレクイエム……は、死に対する恐怖感を表現していないと言われており、なかにはこの曲を死の子守歌と呼んだ人もいます。しかし、私には、死はそのように感じられるのであり、それは苦しみというより、むしろ永遠の至福の喜びに満ちた開放感に他なりません。」

そうなのですね。亡くなる前に病気で苦しんだ父親には、きっと天国で喜びに満たされてもらいたいという気持ちになってしまうのです。

フォーレはパリのマドレーヌ寺院で教会オルガニストを何年も務めましたが、この曲はその教会でフォーレ自身の手で初演されました。ところが、寺院の司祭からは「斬新過ぎる」と叱責を受けたそうです。それもそのはずで、当時のカトリックの死者へのミサでは、最後の審判を描く「怒りの日」は欠くことが出来ないのですが、フォーレは手紙に書いた考えのように、それを除いてしまったのです。

その初演の際には、現在の7曲の構成では無く、第2曲「オッフェルトリウム」と第6曲「リベラ・メ」を欠く、5曲の構成でした。現在の7曲構成に書き換えられたのは1893年ですので、それは<1893年版(原典版)>と呼ばれます。

第1曲 入祭唱とキリエ

第2曲 オッフェルトリウム(奉献唱)

第3曲 サンクトゥス(聖なるかな)

第4曲 ピエ・イエズ(ああ、イエスよ)

第5曲 アニュス・デイ(神の子羊)

第6曲 リベラ・メ(許したまえ)

第7曲 イン・パラディスム(楽園へ)

1893年版は、マドレーヌ寺院での初演の時のように、極めて小さな編成がとられています。それは従来、一般的に演奏されてきた、フォーレの弟子が楽譜出版の際に、出版社から要請されたために編成を大きく書き換えた<改定版>とは大きく異なります。ですので、最近では1893年版をもって、本来の姿と言われるようになりましたが、僕は<改定版>が必ずしも<改悪>だとは思えません。

管弦楽については、元々ヴァイオリンを排した、ヴィオラ主体の非常に柔らかい音色ですが、唯一ヴァイオリンが加わる「サンクトゥス」で、原典版では独奏でしたが、改定版では重奏になるので、かなり印象が変わります。ティンパニの扱いは一番難しく思います。原典版では、どうしても音量のバランスが大過ぎに感じてしまう演奏が多いのですが、改訂版ではバランスが丁度良いように感じます。

このように改訂版は、むしろ<改善>と言えないことも有りません。ですので、僕としては余り「原典主義」にこだわる必要は無く、両方の良さを味わえば、それで良いのではないかと思っています。

また、この曲は声楽の扱いも問題になります。初演の際には、昔の教会音楽のならわし通りに女性の起用は無く、ソプラノはボーイソプラノ、女性合唱は少年合唱団が歌いました。けれどもその後、コンサートで演奏される場合には、ソプラノ独唱と女性合唱で歌われることが多くなりました。これは教会音楽に共通する問題ですが、個人的には少年合唱を好みますが、どうしてもというこだわりは有りません。

7曲はどれもが本当に素晴らしい曲ですが、僕が特に愛して止まないのは、第5曲「アニュス・デイ」です。嗚呼、何と美しき哉!

それでは、その愛聴している演奏をご紹介します。

Faure35111471_0 ジョン・ラター指揮シティ・オブ・ロンドン、ケンブリッジ・シンガーズ(1984年録音/コレギウム・レコード盤) これは原典版の先駆けとなった演奏です。いかにもイギリスの合唱らしく、厳かで禁欲的な雰囲気がこの曲によく適しています。大人のコーラスでも、これほどの純度の高さで歌われると、心底魅了されます。ソプラノ独唱は女性のキャロライン・アシュトンですが、ノン・ヴィヴラートの歌唱が非常に美しく素晴らしいです。オーケストラも美しく、ティンパニーや金管も突出することなくバランスが取れています。この透明で室内楽的な響きこそが、フォーレの尽きせぬ魅力だと、つくづく思い知らされます。

Becc780al フィリップ・ヘレヴェッヘ指揮シャペル・ロワイヤル/サン=ルイ少年合唱団(1988年録音/ハルモニアムンディ盤) これも原典版による演奏です。ラター盤ほどに厳格に統率されてはおらず、良い意味でフランス的な曖昧さを感じます。音に軽みと温かみのあるのが魅力です。ソプラノ独唱のアネェス・メロンの少年のような純粋な歌唱も聴きどころです。ティンパニーや金管がやや目立ち気味で、音のバランスの悪さを感じますが、これが原典版の演奏の難しさです。

Recd2815 ミシェル・コルボ指揮ベルン交響楽団、聖ピエール=オ=リアン・ド・ビュール聖歌隊(1972年録音/エラート盤) 改訂版での演奏ですが、長い間「名盤」と呼ばれていただけあって、いまだ少しも魅力を失いません。聖歌隊の美しい歌声は、まさに教会の中で敬虔な雰囲気に包まれて聴いているような気になります。ボーイ・ソプラノのソロが素晴らしいのもメリットです。アラン・クレマンという少年が歌っていますが、これだけ美しく上手く歌われると、「汚れを知った」大人の声では、ちょっと敵わないなと思わせるのが凄いです。コルボは、この曲を何度も録音していますが、この美しい演奏の価値は決して変わらないと思います。

ということで、原典版ならラター盤、改訂版ならコルボ盤を特に愛聴しています。

|

« ハンス・クナッパーツブッシュ/ウイーン・フィルのライブ盤 ~新盤~ | トップページ | J.S.バッハ カンタータ 第140番「目覚めよと我らに呼ばわる声あり」BWV140 名盤 »

フォーレ(声楽曲)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
誕生日、イニシャル.Gも同じ運命のヒトです。俯く石像のジャケにも魅かれたヘレヴェッヘから入り、コルボに行き着きました。絶対盤なのは判っていたので意地で西独盤を。クリュイタンスも持ってます。

>「汚れを知った」大人の声では、ちょっと敵わない

AKB48「Beginner」。初めて観た2010年レコ大、どんな歌手でも通常TVでは演らない2番の歌詞が突き刺さったんです。でもコレは、彼女たちが歌うからこそ響くのです。

投稿: source man | 2012年3月24日 (土) 10時29分

source manさん、こんにちは。

ご無沙汰しました。お元気そうで何よりです。

そうですね。
どんな鎖にも縛られていない、まっさらな心のままの子供にしか歌えない歌は有りますね。
もしも純粋な心のままに大人になると、周りからは逆に「奇異に」すら見えてしまうでしょうから、果たしてどちらが本当の幸せなのか。
ブータンの国民が皆幸せいっぱいに感じているというのをよく考えなくてはいけません。

コルボ、やはり素晴らしいですよね。
こればかりは他人の改定版だといって遠ざけるのでは余りにもったいないと思います。

投稿: ハルくん | 2012年3月24日 (土) 13時21分

ハルくんさん、 こんにちは。 フォーレのレクィエム・・・。この曲ほど 「清楚」 「無垢」 「癒し」 と言う言葉がぴったりくる音楽は 少ないと思います。ある意味 グレゴリア聖歌に通じる美しさですね。この手の音楽は演奏するのが難しいのではないでしょうか。私は 昔から コルボ ベルン響盤ばかりを聴いていましたが 2年ほど前に サマーリー指揮 オックスフォード・スコラ・カントルム という演奏団体?のCDを入手。 全員 成人(多分)の合唱団ながら 「無垢」 を感じさせる素晴らしい演奏で 驚きました。後で調べてみると 古楽畑の演奏 団体で 主にルネサンスの音楽を演奏しているようですね。残念ながらこのCDは廃盤になっていますが、機会があれば 是非 お聴きください。

投稿: ヨシツグカ | 2012年3月24日 (土) 14時51分

オックスフォード・スコラ・カントルムのCDについてですが、私の勘違いのようで 今でも現役盤でした。(しかも 値段が なんと500円!) すみませんでした。
ただ このCDは本当に素晴らしいです。

投稿: ヨシツグカ | 2012年3月24日 (土) 17時04分

ヨシツグカさん、こんにちは。

この曲には確かにグレゴリア聖歌のような美しさが有りますよね。

ご紹介頂いた演奏ですが、オックスフォードというぐらいですから、イギリスの団体なのでしょうか。
確かにラター盤のケンブリッジ・シンガーズも美しいですし、イギリスの団体は透明感のある合唱が得意のようですね。ルネッサンス期の音楽を演奏しているのでしたら尚更でしょう。

良い情報を教えて頂きまして、ありがとうございます。是非聴いてみたいと思います。

投稿: ハルくん | 2012年3月24日 (土) 17時43分

ハルくん、こんにちは

この曲、素晴らしいですね。特に、転調により音楽が輝く場面が好きです。

さて、上げられているものではコルボのものは持っていますが、最も好きな録音は「フレモー指揮モンテカルロ歌劇場O.」のもので、こちらもボーイソプラノで、透明な感じがいいです。後は、「ウィルコックス指揮ニューフィルハーモニアO.」はイギリス勢ですが、こちらも中々だと思っています。後は、「フールネ指揮ロッテルダムO.」もいいですね。

投稿: matsumo | 2012年3月24日 (土) 19時00分

matsumoさん、こんばんは。

この曲は本当に素晴らしいですよね。

ウィルコックス盤は、昔LP盤で聴いていました。悪くなかったですね。
フレモーとフルネは、どちらも聴いたことが有りません。
やはりボーイソプラノは清純な感じが良いですよね。

投稿: ハルくん | 2012年3月24日 (土) 23時50分

心が浄められるとはこういうことですね、特にアニュスデイ!
ヴァイオリンだけでなく、クラリネットも数十小節しか吹かないなど、楽器の使用法がユニークです。オルガンをこんなふうに使った教会音楽も初めてではないでしょうか。
私は演奏したことがありませんが、クラリネット奏者にとって、わずかしか音符がないというのは、あの至福の響きの只中に身を委ねていられるということで、幸せなことかもしれません。

投稿: かげっち | 2012年3月26日 (月) 12時29分

かげっちさん、こんばんは。

かげっちさんも、やはりアニュスデイがお好きなのですか。
もちろん他のどの曲もみな素晴らしいですが、この曲のあの至福の雰囲気には効し難い魅力を感じますね。


投稿: ハルくん | 2012年3月26日 (月) 23時05分

今晩は、ハル様。フォーレ大好きな作曲家のひとりです。「日本フォーレ協会」があるくらい我が国にはフォーレファンが多いとフルート講師をしている知人から聞きました。納得ですね。シシリエンヌが大好きで携帯の着メロにしていた時期もありました♪レクイエムで私の持っているCDはボーイズ・エアー・クワイアというイギリスの聖歌隊の精鋭によるアルバムなんですが素晴らしいです。美しすぎて泣けます。

投稿: from Seiko | 2012年4月10日 (火) 00時26分

Seikoさん、こんにちは。

フォーレの「シシリアーノ」本当に美しい曲ですね。僕も大好きですよ。他にも「パヴァーヌ」とか、好きな曲が有りました。

イギリスの合唱団や聖歌隊の美しさは伝統ですね。ボーイズ・エアー・クワイアは聴いたことが有りませんが、とても良さそうですね。聴いてみたくなりました。
どうも有難うございます!

投稿: ハルくん | 2012年4月10日 (火) 22時12分

こんばんは。
ラター盤を探しました。5回目にしてsweat01ようやく最後まで。途中でsleepyしてしまうのもまた至福では在るのですが。
第1曲の合唱の入りのテンポが、コルボ盤を愛聴する耳にはどうしても速く感じてしまう以外は曲の繊細さが染み入ってくる演奏で、イイものを教えて頂きました。コノ曲は長くないのも魅力です。

投稿: source man | 2012年4月12日 (木) 20時00分

source manさん、こんばんは。

ラター盤を聴かれたのですね。
あー、途中で眠りに落ちてしまうほどに気持ちが良いということですね。(笑)

僕もコルボ旧盤とこのラター盤がやはり好きですね。
あと、先日Seikoさんから教えて頂いたボーイズ・エアー・クワイア盤がとても気になっています。

投稿: ハルくん | 2012年4月12日 (木) 21時50分

こんばんは。フォーレクいいですよね。
かなり好きな曲で私も5曲目のアニュス・デイが一番好きな部分です。フォーレの曲の旋律は独特の雰囲気で美しく幻想的なのでで大好きです。家で旋律を口ずさむことがあるのですが、それを周りで受験生などが勉強している図書館でやってしまい大恥をかいたことがあります。(笑)それはさておき演奏のほうは、ヘレヴェッヘ盤が最高ですね。ハルさんお勧めのラター盤も聞いてみたいです。ジョンラターと言えば私が幼いころ合唱団で歌った最初の曲がラターの合唱曲でした。当時小4で歌詞もわからず、混声四部で難しかったですが、美しい曲だったと幼心に思っていたのは覚えています。長々と失礼いたしました。

投稿: RR | 2012年10月 7日 (日) 22時44分

RRさん、コメントを沢山りがとうございます。

フォーレク良いですよね。特にアニュス・デイは最高に好きです。

ヘレヴェッヘ盤にはフランスの香りが感じられて良いのですが、ティンパニが強過ぎに思えます。
ラター盤は繊細で美しいですが、フランスの香りはいま一つです。結局のところ両方を楽しむしかないと言うところです。
個人的にはコルボ盤がやはり好きですね。

投稿: ハルくん | 2012年10月 7日 (日) 23時07分

ハルくんさん、おはようございます!今日の朝は、冷え込んで、秋らしくなってきましたね。そろそろフォーレの室内楽など如何でしょうか?大好きなんですよ。宜しくお願いします!

投稿: よーちゃん | 2012年10月24日 (水) 10時09分

よーちゃんさん、こんにちは。

本当に秋らしくなってきましたね。
そうですねー、フォーレの室内楽は大好きですので、前から記事にしたいと思っていますが中々実現していません。
その前に毎年恒例のブラームス特集をしますので、その後かなぁ。
”近いうちに”しますね。(なんて、一番当てにならない言葉でした)(苦笑)

投稿: ハルくん | 2012年10月24日 (水) 12時52分

早速の返信ありがとうございます。環境が整ったら、しかるべき時に(笑)是非お願いします!今日はこれからジェラール・プーレさんを聴いてきます。

投稿: よーちゃん | 2012年10月24日 (水) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/44539330

この記事へのトラックバック一覧です: ~名曲シリーズ~ フォーレ 「レクイエム」op.48 名盤:

« ハンス・クナッパーツブッシュ/ウイーン・フィルのライブ盤 ~新盤~ | トップページ | J.S.バッハ カンタータ 第140番「目覚めよと我らに呼ばわる声あり」BWV140 名盤 »