« チャイコフスキー 交響曲全集 ロジェストヴェンスキー/モスクワ放送交響楽団 | トップページ | 今年のブログの抱負 »

2012年1月 1日 (日)

~迎春2012~ ワーグナー/楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第一幕への前奏曲

Sun_rise_new_year

明けましておめでとうございます。

昨年は日本にとっても世界にとっても大変な一年でしたが、個人的には転居もして新生活のスタートとなった年でした。今こうして新たに迎える年は、全ての人にとって良い年となるようにと祈るばかりです。

この一年が良い年になることを願うためにも、聴き初めにはやはり明るい曲を選びたいと思います。そこで、ワーグナーの楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」から第一幕への前奏曲を聴こうかと思います。ワーグナーのオペラは素晴らしいのですが、自分にとっては家で聴くには少々長過ぎます。そこで前奏曲など一部を抜き出して聴くと言う方法も有りますが、最近はそれも余りしません。よほど気が向いた時だけです。この作品も全曲は非常に長く感じられますが、前奏曲は10分前後の間に、勇壮で輝くばかりの喜びの気分が込められているので、気分転換にはうってつけです。

大学時代のことですが、母校が毎年入学式を日本武道館で行なうので、所属をしていたオーケストラは、この曲と校歌をそこで演奏をするのが役割でした。本当に祝典にピッタリの曲です。

さあ、2012年の第一幕への前奏曲ということで、家にある演奏を順に聴いてみることにします。

41uvmjpcql__sl500_aa300_ ウィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィル(1949年録音/audite盤) ベルリンのティタニア・パラストでのライブです。これまでグラモフォンから出ていましたが、新しいRIASボックス盤のほうが音質は向上しています。フルトヴェングラーのワーグナーはテンポが極端に揺れるので、造形やスケール感を損なう結果となって基本的に好みません(「トリスタン」のような例外は有りますが)。響きも濁っていて透明感が無いと思います。

Wagner_toscaniniアルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC響(1954年録音/Music&Arts盤) カーネギー・ホールで行なわれたワーグナー管弦楽曲集の実演ですが、れっきとしたステレオ録音です。残響の無いデッドな録音ですが、音質的には良好です。演奏は、さすがにトスカニーニ最晩年のために統率力を失いかけている印象ですが、ワーグナーとしてはむしろ凝縮し過ぎずに聴き易いです。テンポはやや速めです。演奏記録としての価値は非常に有ると思います。

Cci00036b カール・シューリヒト指揮バイエルン放送響(1961年録音/Scribendum盤) 以前DENONからも出ていましたが、Scribendumボックス盤で聴いています。元々はコンサートホール・レーベルの録音ですが、リマスターの音質は明瞭です。やや速めのシューリヒト・スタイルですが、決して軽過ぎることは無く、ファンファーレ部分には充分な重みが有ります。中間部の歌い方も情熱的です。フルトヴェングラー、トスカニーニよりも僕は好みます。

Wagner_knaハンス・クナッパーツブッシュ指揮ミュンヘン・フィル(1963年録音/ウエストミンスター盤) ファンには有名なウエストミンスター録音です。クナの響きは凝縮せずに、膨らみを持って広がってゆく印象なので、ワーグナーやブルックナーに向いています。逆にベートーヴェンやブラームスでは締まりが無くなる欠点があります。ここでは、クナのゆったりとしたテンポで、当時のミュンヘン・フィルが何とも素朴で人間的な肌触りの音を聞かせてくれます。

Mister_karajanヘルベルト・フォン・カラヤン指揮シュターツカペレ・ドレスデン(1970年録音/EMI盤) これはEMIと東独の共同制作の全曲盤の演奏ですが、最大の魅力はオーケストラの音です。都会的で無く、古風な響きは、この曲の舞台の中世ドイツを想像させるに最適だからです。カラヤンも中庸の良いテンポで、オケを必要以上に鳴らすこともなく理想的です。音質的には昔のアナログ盤がもちろんベストですが、CDの場合にはドイツ旧盤がお薦めです。リマスター盤は音がハイ上がりで硬いからです。

756ピエール・ブーレーズ指揮ニューヨーク・フィル1972年録音/SONY盤) 昔、アナログ盤で愛聴した演奏ですが、現在聴いても非常に素晴らしいです。遅いテンポでスケール巨大でありながら、推進力が有ります。フォルテの音も固過ぎず、ギュッとした集中力が有るのが見事です。後半の様々なパートが次々とからみ合う部分も実に素晴らしく、思わず手に汗を握るほどです。ニューヨークPOの音は都会的ですが、抵抗が有るほどではありません。

Cci00014b_2 カール・ベーム指揮ウイーン・フィル(1975年録音/グラモフォン盤) 日本ツアーのNHKホールでのライブです。この時には何公演かのアンコールで演奏していますが、大きな違いはありません。テンポは中庸です。ベームのワーグナーはオーケストラの音が凝縮するために幾らか窮屈な印象は有ります。けれどもそれが、逆に良さでもあるのです。ここでもウイーン・フィルが実に厳しい張りのある音で熱演をしています。NHKの録音は低域まで充実した優秀さです。

Wagner_regnerハインツ・レーグナー指揮ベルリン放送響(1977年録音/シャルプラッテン盤) レーグナーもブーレーズ以上に遅いテンポで悠然と進めますが、もたれた感じはしません。録音の残響が深いこともあり、楽器のハーモニーが極めて美しく、音そのものに身が浸るという印象です。その割にはティンパニの強打もよく捉えられていて迫力が有ります。同じディスクの「ジークフリート牧歌」と並ぶ名演だと思います。

Wagner_cheri セルジュ・チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィル(1993年録音/EMI盤) ミュンヘンでの管弦楽曲集のライブです。導入部は遅くスケールの大きいテンポでとても良いのですが、ファンファーレが余りに遅過ぎて、もたれてしまいます。この人の晩年のブルックナーのように、少々息苦しさを覚えます。それでも終結部の巨大なスケール感は素晴らしいです。オーケストラの音は透明感が有って美しく、さすがにチェリビダッケです。

以上の中で、特に好きな演奏はと言うと、演奏そのものはブーレーズ盤、オケの響きではカラヤン/ドレスデン盤というところです。シューリヒトやクナ、それにレーグナーも中々に捨てがたいですが。

|

« チャイコフスキー 交響曲全集 ロジェストヴェンスキー/モスクワ放送交響楽団 | トップページ | 今年のブログの抱負 »

ワーグナー」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます
私も昨年はいろいろありましたので、すべての人にとって今年が良い年になることを祈っています。

年の初めは明るい曲がいいですよね。
ところでこの曲って入学式のときに演奏していたんですかw(゚o゚)w
ふうーーん。そうかぁ。

今年もよろしくお願いいたします。

投稿: はるりん | 2012年1月 1日 (日) 20時22分

あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

皆さんの記事を参考にして、
昨年も徐々にですが、CDその他
充実してまいりました。
今年も頑張っていきたいと思います。

いろいろなジャンルに書いてきましたが、
昨年と今年、何も変化のない環境故、
同じペースで参りたいと思っています。
よろしくお願いします。

投稿: 四季歩 | 2012年1月 1日 (日) 21時31分

はるりんさん、あけましておめでとうございます!

昨年中は大変ありがとうございました。
今年がはるりんさんにとって素晴らしい年になるようにお祈りしています。
本年もこれまでと同様、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: ハルくん | 2012年1月 2日 (月) 08時25分

四季歩さん、あけましておめでとうございます。

昨年中はどうもありがとうございました。
本年も変わらず、お付き合いよろしくお願い致します。
こちらも無理の無いペースで楽しみながら更新して行きたいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

投稿: ハルくん | 2012年1月 2日 (月) 08時31分

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

さて、名歌手前奏曲ですか。この曲はベームとウィーンフィルの来日時の、熱狂的なアンコール曲と言うイメージが強いです。その後もウィーンフィルは何回も来日していますが、あの時ほどの熱気はないのではないでしょうか。

上げられた録音では、トスカニーニ、シューリヒト、クナ、ベームのものをものを持っています。上げられていらっしゃらないものでは、クレンペラー指揮フィルハーモニアO.のものが雄大でいいですね。後、珍しいものでは渡辺暁雄指揮日本po.によるソノシートなんて言うのも持っています。ただし、これ、片面7分位しか収録できないので、両面に渡っていると言うものなのですが。

投稿: matsumo | 2012年1月 2日 (月) 10時50分

matsumoさん、明けましておめでとうございます。

ベームのアンコール演奏は凄かったですよね。
家で聴くにはもう少しゆったりした演奏の方が聴き易いかもしれませんが。

クレンペラーは聴いたことが無いですね。
渡辺暁雄も聴いていませんが、ソノシートでは少々辛いですね。(笑)

投稿: ハルくん | 2012年1月 2日 (月) 16時13分

謹賀新年。
本年聴き始めはWeather Report「Night Passege」でした。
所有のクナ/WM盤は第2集(大好き!)でマイスタージンガー未収録。
第1集(ですよね?)も入手しなければsweat01

投稿: source man | 2012年1月 2日 (月) 19時24分

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いします。

ハルさんが本稿で挙げられているCDの中では、ベーム=ウィーン・フィルとチェリビダッケ=ミュンヒェン・フィルの演奏を持っております。

他にフルトヴェングラー=ウィーン・フィル(EMIのスタジオ盤)とレークナー=ベルリン放送響(旧東ドイツの方です)のCDも持っています。

この中で気に入っているのは、レークナー=ベルリン放送響のCDです。

オケに洗練さは欠けていますが、レークナーのゆったりしたテンポで、いかにもゲルマン魂を歌い上げるという風情が感じられて、気に入っています。

投稿: たろう | 2012年1月 2日 (月) 20時51分

source manさん、明けましておめでとうございます。

クナのWMワーグナー第1集です。併録の「トリスタン」はウイーンPOとの、「パルジファル」はバイロイトの、更に上回る名演が残されていますが、「タンホイザー」がスケール巨大な名演です。
是非お聴きになられてください。

投稿: ハルくん | 2012年1月 2日 (月) 22時38分

たろうさん、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

ハインツ・レーグナー!!
いやはや、忘れていました。(苦笑)
スケールが大きく、オケの響きも美しく、非常に良い演奏ですね。個人的にはブーレーズ、カラヤンと並ぶベスト3になるでしょう。急遽、加筆しました。
それにしても、なんで忘れたのかなぁ。

投稿: ハルくん | 2012年1月 2日 (月) 22時45分

遅くなりましたが今年もよろしくお願いします。

ワグナーあんまり積極的には聴きませんがレーグナーは良いですね。ワグナーにしては2管編成で小さめの編成ですが、音色に厚みがなくてはいけません。

武道館の入学式でマイスター・・・私も記憶がありますnote

投稿: かげっち | 2012年1月11日 (水) 18時39分

かげっちさん、こんにちは。
こちらこそ本年もどうぞよろしくお願い致します。

武道館のマイスターに憶えがありますか?
あれ?まさか駿河台の坂の途中の学校?
けれどもそれでは「まさかの坂」ですが・・・

投稿: ハルくん | 2012年1月11日 (水) 19時33分

別の学校でも似たような入学式やってるんだ、と知りました。駿河台ではありません。

投稿: かげっち | 2012年2月 8日 (水) 13時15分

かげっちさん、こんばんは。

やはり同窓生ではなかったようですね。
でもホントに同じような入学式ですよね。

投稿: ハルくん | 2012年2月 8日 (水) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/43581981

この記事へのトラックバック一覧です: ~迎春2012~ ワーグナー/楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第一幕への前奏曲:

« チャイコフスキー 交響曲全集 ロジェストヴェンスキー/モスクワ放送交響楽団 | トップページ | 今年のブログの抱負 »