« モーツァルト ピアノ協奏曲第15番変ロ長調K.450 名盤 | トップページ | モーツァルト ピアノ協奏曲第16番ニ長調K.451 »

2011年7月31日 (日)

オーケストラの森 尾高忠明/札幌交響楽団 「悲愴交響曲」  ~青春の思い出~

Vcm_s_kf_repr_330x219

今日のNHKテレビ「オーケストラの森」の出演は創立50周年の”北の雄”札幌交響楽団で、指揮は尾高忠明氏でした。曲目はチャイコフスキーの「悲愴交響曲」です。尾高さんには特別な思い出が有るので、とても楽しく観ることができました。それは、今から約30年以上前になりますが、当時の「青少年音楽祭」のジュネス・コンサートで尾高さんの指揮でマーラーの「復活」の演奏をすることができたからです。もちろん僕は当時一般大学で三年生のアマチュア、ビオラ奏者でしたので本当に幸運で貴重な体験だったのです。当時まだ30代だった尾高さんは、アマチュア大学生たちに本当に気さくに接してくれて、親身になってぐいぐいと引っ張ってくれました。皆は尾高さんのことを親しみを込めて「忠(チュー)さん」と呼んでいました。そんな風に指揮者とメンバーが一体となった結果、演奏会当夜のNHKホールの上でマーラーの大シンフォニーが爆発しました。正に火の出るような熱演だったのです。たぶん僕が今まで生きてきた中で五指に入る感動的な体験です。

残念なことに最近は、尾高さんの演奏会をずっと聴いていませんが、今夜はテレビ放送とは言え指揮姿をじっくり観て堪能することができました。北の大地の唯一のプロ・オーケストラ、札幌交響楽団のチャイコフスキーやシベリウスはいうなれば「本場もの」です。そして尾高さんの若々しく情熱的な指揮ぶりは、昔も今も少しも変わりません。とても素晴らしい「悲愴交響曲」でした。おまけにアンコールには尾高さん得意のエルガーの「エニグマ変奏曲」から「ニムロッド」です。これも素晴らしかったです。嗚呼、音楽とは何と素晴らしき哉!

|

« モーツァルト ピアノ協奏曲第15番変ロ長調K.450 名盤 | トップページ | モーツァルト ピアノ協奏曲第16番ニ長調K.451 »

名指揮者」カテゴリの記事

コメント

ひらけんです。コメント第8番です。
尾高さんは経歴からかイギリス音楽を得意としているようですが、イギリス好きの私も、まだ、実演を聴いたことがありません。
さて、CDですが、ご紹介の尾高さんとオーケストラ・アンサンブル金沢とのライブ盤を本日聴きました。パーセルのディドとエネアス組曲、モーツァルトのピアノと管弦楽のためのロンド、ブリテンの若きアポロ、ディーリアスの春を告げるカッコウを聴く、夏の夜に川面で、ハイドンのロンドンです。どうでしょう!イギリスもので固めたプログラミング、生で聴きたかったですね。

投稿: ひらけん | 2011年8月 1日 (月) 00時18分

ハルくん。素敵な記事をありがとうございます。私のために書いてくださったと勘違い(≒自惚れ)してしまう様な内容に改めて感謝です。
ハル様が若き日の尾高さんと素晴らしい経験をされていた正にその頃、私は尾高さんに熱をあげていました。ブロマイドがある筈もなく、テレビの尾高さんの姿を写真に撮って飾ってたりしました。我ながらなんて可愛かったんでしょう。
ニムロッドを聞くと訳もなく泣けてしまうんです。 今日もウルウルでしたが、この記事が追い討ちをかけて只今、ポロポロ状態です。まったく罪作りなお方です。

投稿: From Seiko | 2011年8月 1日 (月) 01時03分

おはようございます。
昨日の番組は第5週目の日曜日に放送されるオーケストラの森でしたねえ・・・。この番組はN響アワーよりも内容がいつも濃いのです。昨日も札響だと知った朝から楽しみにしておりました。しかも悲愴です。大好きな曲で尾高氏の最近の充実ぶりから大変期待してみたのですがやはりすばらしい・・・。地方オケの技術水準は格段に向上しているしなんと50周年の海外公演からの帰国演奏会です。う~ん、音楽って本当にいいですねぇ・・・・!!
札響と尾高忠明さんにありがとう。

投稿: まつやす | 2011年8月 1日 (月) 09時14分

ハルくん、こんにちわ

おお、尾高忠明氏の指揮の「マーラー:交響曲第2番」を演奏されたのですか! この曲は感動的なものですので、演奏するほうもそうなのでしょうね。

さて、尾高氏と言えば、私にとっては、父親の尾高尚忠氏で、氏の作曲した「フルート協奏曲」は大好きです。

なお、忠明氏の録音、確か、持っていた筈と思って調べてみたら、「300人のオーケストラ」を指揮したLP(運命の力序曲、モルダウ、展覧会の絵)がありました。

投稿: matsumo | 2011年8月 1日 (月) 16時23分

ひらけんさん、こんにちは。

尾高さんはイギリスのオーケストラとの共演が豊富なので、その音楽を得意レパートリーとしているのでしょうね。
ご紹介のオーケストラ・アンサンブル金沢とのライブ盤ですが、イギリス音楽主体のプログラムが本当に素敵ですね。これは是非聴いてみたいです。

投稿: ハルくん | 2011年8月 1日 (月) 23時48分

Seikoさん、こんにちは。

この記事は、もちろん自分の青春の思い出の為なのですけど、もう半分は熱烈な忠さんファンのSeikoさんの為に書きましたよ。半分当たりです!
しかもアンコールが「ニムロッド」とはですね。この曲がSeikoさんのおやすみミュージックだというのも以前お聞きしましたし、良く憶えていますとも。
偶然というには出来過ぎたプログラムでしたね。罪作りなNHKです。

投稿: ハルくん | 2011年8月 1日 (月) 23時56分

まつやすさん、こんにちは。

昨夜は番組のイントロを見逃していましたので、てっきりN響アワーとばかり思っていました。さっそく記事を訂正させてもらいましたよ。どうもありがとうございます。

札響と尾高さんのコンビはいいですよね。生演奏を聴きたくなりました。

投稿: ハルくん | 2011年8月 2日 (火) 00時04分

matsumoさん、こんにちは。

マーラーの曲は聴いても素晴らしいのですが、演奏しても非常に興奮します。そういう面白さの点では、ベートーヴェンと並ぶように思います。

尾高さんのLP盤は貴重ですね。我が家には、その自分の演奏した「復活」が非売品のLP盤であります。これは本当にお宝なんです。

投稿: ハルくん | 2011年8月 2日 (火) 00時13分

ハルくんさんこんばんは。
僕は札幌在住ということもあり、尾高さん指揮の札響の演奏は、幸いにも生で何度も聴きました。ハルくんさんの大学生時代のエピソードは素晴らしいですね。

僕が尾高さん指揮、札幌交響楽団演奏のもので、一番印象的だったのは、ブルックナーの9番です。理由はわかりませんが、何故か心に強く残ってます。

ではまた!

投稿: sasa yo | 2011年8月 2日 (火) 21時12分

sasa yoさん、こんにちは。

僕は社会人に成り立ての頃に1年だけ札幌に住んだことが有ります。残念ながら札響を聴く機会は有りませんでしたが、市民オケに在籍してファミリーコンサートに出演したこともありました。それで札幌の冬というと、どうもチャイコフスキーやシベリウスの音とリンクしてしまうのです。

尾高さんは、ブルックナーが好きだという話を聞いたことが有ります。きっと素晴らしい演奏だったのでしょうね。

投稿: ハルくん | 2011年8月 2日 (火) 21時31分

ごぶさたしています。この番組の記事があるとは!私も早く帰宅して聴きました。私がお世話になった札響の方々は皆引退していて、知った顔はありませんでしたが、北のサウンドにますます磨きがかかったように感じました。札響に着任したばかりの忠さんは指揮者としてまだ初々しい感じでしたが、もうこんなに時間が経ってしまったのかと思いました。

当日のライブを聴いた友人のブログで、海外遠征の疲れを感じさせない熱演だったことを前もって読んでいましたが、まったくその通りでしたね。ニムロドのほうは東フィル団員の友人から、忠さんが「ふだんは定期ではアンコールなしだが、今回は被災者追悼のため特別にする、イギリスでは亡くなった人を悼む時によく弾く曲だ」と説明を加えて弾いたことを聞いていたので、ライブ報告を読んだ時に得心しました。

投稿: かげっち | 2011年8月25日 (木) 13時01分

かげっちさん、お久しぶりです。

尾高さんと札響のコンビはもう長いですね。これからもずっと続けていって欲しいです。
ヨーロッパ・ツアーで充分に弾きこんだ「悲愴交響曲」だっただけに、本当に素晴らしかったですね。「ニムロッド」も追悼の気分が込められた感動的な演奏でした。

投稿: ハルくん | 2011年8月25日 (木) 21時47分

おはようございます、ハルくん。今日、私はとびっきりのご機嫌な朝を迎えています。 理由は昨日、N響を率いて尾高さんが新潟で演奏会に来てくださったからなんですぅ~(歓喜)
新潟出身の注目の若手の二人との競演(モーツァルトのフルートとハープのための協奏曲)にドヴォルザークの8番でした。忠さん×N響素晴らしい!十何年ぶりかの生チューさんに泣けそうでしたよ~(ウルウル)
まさに円熟の時、若い頃の弾ける様な表に出る熱さは減った分、内から湧き出る熱さが感じられて、感激しました。

あっそうそう、今日NHK20時Eテレ諏訪内晶子様出演されますからお見逃しなく!

投稿: from Seiko | 2013年3月17日 (日) 10時01分

ハルくん間違いです。晶子様出演は減ってもEテレ21時00分からです。

投稿: from Seiko | 2013年3月17日 (日) 12時31分

ハルくん更なる間違いです。減っても→変換時に余計は文章がくっついちゃいました。 まるで晶子様のテレビ出演が最近減ってるみたいな文章になってしまいごめんなさい(謝×3)

投稿: from Seiko | 2013年3月17日 (日) 12時34分

Seikoさん、おはようございます。

チューさんとN響の新潟公演とは素敵でしたね!フルートとハープのための協奏曲にドヴォ8とはプログラムも最高ですし、良かったですね。
生チューさんのドヴォ8は大学生の頃に聴いたような気もしますが記憶定かではありません。なにしろ遠い遠い昔ですから。(笑)

晶子様のTV情報ありがとうございます。今夜は遠地転勤になる友人の壮行会の為に観られないので、しっかりと録画をしかけました。
いや、実際に晶子様のTV出演は少ないですよ。できればNHKのニュースキャスターにでもなって毎日見たいぐらいです。(笑)
でも最近は仲道郁代様にも心惹かれてしまい、恋の板挟みなんですよ。タイプが違いますからねぇ。できれば二人とのお付き合いを両立できれば良いのですが・・・(←ヒドイ妄想)(爆)


投稿: ハルくん | 2013年3月17日 (日) 12時51分

私は諸事情(裏番組の関係)があって諏訪内晶子様出演の番組、後半だけ見ました。
「タイスの瞑想曲」良かったですよ。
さて私は庄司紗矢香さんにグラついています。
好きな女流演奏家の映像を見ながらウットリとするのも至福の時ですな。

投稿: オペラファン | 2013年3月17日 (日) 23時09分

オペラファンさん、こんばんは。

外出から戻ったばかりなので、まだ観ていませんが、好みの女流演奏家の映像に胸ときめかすのは最高の楽しみですね。演奏を冷静に聴けないのが玉にきずですけど。
録画をじっくり観るのが楽しみです。

投稿: ハルくん | 2013年3月18日 (月) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーケストラの森 尾高忠明/札幌交響楽団 「悲愴交響曲」  ~青春の思い出~:

« モーツァルト ピアノ協奏曲第15番変ロ長調K.450 名盤 | トップページ | モーツァルト ピアノ協奏曲第16番ニ長調K.451 »