« モーツァルト ピアノ協奏曲第10番「2台のピアノのための協奏曲」変ホ長調K.365 | トップページ | スメタナ 連作交響詩「我が祖国」 続・名盤 »

2011年6月19日 (日)

映画「マーラー 君に捧げるアダージョ」

Mv

公開前から観たかった映画「マーラー 君に捧げるアダージョ」をようやく観に行くことが出来ました。これはマーラー生誕150年・没後100年記念映画だそうです。

この映画はGWに公開されましたが、今月24日で終了ということなので、慌てて観に行ったのです。といっても上映館は渋谷のユーロスペースのみ。現在はモーニングシアター?ということで、上映は午前の1回だけです。

ユーロスペースは渋谷の東急文化村のわきを入ってすぐですが、回りにはラブホテルが何件か有るので、朝帰りの若いカップル達とすれ違います。彼らはホットなナイトを過ごした帰り。こちらは朝から暗~いマーラーの映画鑑賞。ホント「人生いろいろ」だぁ~(笑)

それにしても劇場は座席数90人ちょっとのミニシアターですが、今日の観客はどう見ても半分ぐらいでした。意外に年配者(自分も含めて)が多かったですが、あんまりマーラーの音楽とは結びつきそうにない風の人が多かったです。案外と映画って、そんなものですよね。

さて、映画はいきなり未完成交響曲の第10番のアダージョで始まります。というよりも、この曲が映画全体に流れ続けます。他には第5番のアダージェットも流れますが、それはごく一部。君に捧げるアダージョって、第10番のことみたいです。

話は、マーラーが19歳下のアルマを見染めて結婚したところから、一足飛びにアルマが建築家のグロピウスと不倫をするくだりに展開します。苦悩するマーラーが、精神科医のフロイトにカウンセリングを依頼して、アルマの不倫の原因を分析しようとします。それはマーラーがアルマを自分の音楽の協力者としてのみみていて、アルマの音楽活動を封印してしまったことと、女としての肉欲に満足を与えられなかったことが原因だったように描かれてゆきますが、最後にフロイトが何気なく語る「彼女はあなたの目を覚まさせたかったのかもしれませんね。」の一言が有るおかげで、二人が救われたような気になります。

というわけで、この映画はマーラーの伝記映画でも何でもなく、妻の不倫原因の分析映画です。マーラーの曲がアダージョ以外に色々と聴けるわけでも有りません。従って、マーラー・ファンがこの映画を見て大いに楽しめるとは思いません。それでも、当時ウイーンで活躍をしていたクリムトやツェムリンスキー、ブルーノ・ワルターらが次々に登場して楽しませてくれます。ウイーンの街や国立歌劇場、近郊の自然風景なんかも見ていて楽しいです。大満足にはほど遠いですが、退屈することは有りません。人間マーラーについて理解を深めるには、こういう映画も一見の価値は有るのではないでしょうか。

補足ですが、音楽はエサ・ペッカ・サロネン指揮スウェーデン放送響の演奏です。この人らしい、余りドロドロしないスッキリとした演奏でした。

<過去記事> 

交響曲第5番嬰ハ短調 名盤

交響曲第10番アダージョ 名盤

|

« モーツァルト ピアノ協奏曲第10番「2台のピアノのための協奏曲」変ホ長調K.365 | トップページ | スメタナ 連作交響詩「我が祖国」 続・名盤 »

映画(音楽映画)」カテゴリの記事

コメント

ハルさん、こんにちは。

先月のGW中にハルさんがいらした映画館近くの東急文化村の映画館で、モーツァルトのお姉さんであるナンネル・モーツァルトの映画を観た際、映画の予告で、このマーラーの映画の予告を観ました。

本篇であるナンネル・モーツァルトの映画が全くつまらなかったので、予告で観たマーラーの映画を観に行こうと思っていました。

ただ、今月の24日で上映が終わってしまうのですね。勿論、平日は仕事があるので、もう観られませんが、それなりに見応えのある内容で、良かったですねー。

投稿: たろう | 2011年6月19日 (日) 18時57分

ハルくん、こんにちわ

おお、この映画、ご覧になったのですか。マーラーの曲が大好きな私は行こうかどうか迷っていましたが、観て楽しい気分になると言う映画では無いようだったので、結局、行きませんでした。

マーラーの映画と言えば、ケン・ラッセル監督の「マーラー」はSMみたいなものでしたし、一番良かったのは、ルキノ・ヴィスコンティ監督の「ベニスに死す」でしたが、あちらは、伝記的なものではなく、トーマス・マンの小説の主人公をマーラーに置き換えたものでしたが。

なお、マーラーに対する回想録として、同じく、マーラーの恋人だったナターチェ・ハウアー・レヒナーのものがありますが、これと、アルマ・マーラーのものを比較すると、マーラーの人間像が全く異なっているのには驚いたことを思い出しました。

投稿: matsumo | 2011年6月19日 (日) 19時02分

たろうさん。こんにちは。

僕はナンネル・モーツァルトの映画も観たいと思っていましたが、面白くはありませんでしたか?
マーラーはホントにそれなりです。そのうちにまたミニシアターで上映するんじゃないですか。でも余り人気が無かったようなので、わかりませんね。

投稿: ハルくん | 2011年6月19日 (日) 19時14分

matsumoさん、こんにちは。

ヴィスコンティの「ベニスに死す」は良かったですね。当時劇場でも観て、最近はDVDでも観ました。

僕はアルマの回想録は愛読しましたが、相当に自分の都合の良いように書かれているみたいですね。でもマーラー・ファンとしてはあのイメージの方が嬉しいんですよね。どうせ真実は分らないのですから、少々美化されていて構わないです。

投稿: ハルくん | 2011年6月19日 (日) 19時20分

今晩は、ハルくん様。
ハルくんの記事を読み返しながらクララおばさまの演奏聞いております。奥様は魔女に出てくるクララおばさまは、人の良いドジで愛される魔女でしたが、クララ・ハスキルおばさまは周りに愛を与える方なのですね。CD4枚まだまだ途中でございます。心して鑑賞いたしましょう。
この映画のタイトル…まーらーくんにささげるあだーじょ…と読んでしまい、何か上から目線のタイトルでない?と思ったら…まーらー きみにささげるあだーじょ…だったのですね。スペースのあるなしで全然違っちゃう。日本語って難しいなぁ~(照れ笑)
多分、2か月後くらいに北上して来てくれるでしょうから、気が向いたら見に行きましょう。

投稿: From Seiko | 2011年6月21日 (火) 23時37分

Seikoさん、こんばんは。

ハスキルおばさまのCDは4枚組なのでしたか。それは良いものを購入されました。
最近の演奏家とは違った、例えれば肉筆書きのようなピアノをじっくり楽しまれてください。

「マーラーくんに捧げるアダージョ」ですか。(笑)日本語は面白いですね。
むかし、「母に捧げるバラード」なんて歌も有りましたっけ。フォークソングで歌うパロディなんて楽しそうですね。
♪いまも~聞こえる、あのグスタフ~のうた♪
♪いつもぼくに、きかせて~くれた~アア、グスタフ~♪
なんてどうですか?(笑)

投稿: ハルくん | 2011年6月22日 (水) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「マーラー 君に捧げるアダージョ」:

« モーツァルト ピアノ協奏曲第10番「2台のピアノのための協奏曲」変ホ長調K.365 | トップページ | スメタナ 連作交響詩「我が祖国」 続・名盤 »