« モーツァルト ピアノ協奏曲第6番 変ロ長調K.238  | トップページ | モーツァルト ピアノ協奏曲第7番「3台のピアノのための協奏曲」ヘ長調K.242 »

2011年5月29日 (日)

英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団 2011日本公演 「ダフニスとクロエ」「真夏の夜の夢」

Birmingham_royal_ballet_2011_2

昨日はバレエを観てきました。2年半ぐらい前にボリショイバレエ団の「白鳥の湖」を観に行って以来ですから、随分と久しぶりです。今回、どうして観たくなったかと言えば、「ダフニスとクロエ」を生オーケストラ付きで観ることができるプログラムだったからです。「真夏の夜の夢」も元々劇音楽ですし、バレエには向いていることでしょう。

バレエ団は英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団です。コヴェントガーデンのロイヤル・バレエ団とは元々は一緒で分派してできた姉妹バレエ団です。シェークスピアの国のバレエ団とあれば、「真夏の夜の夢」も楽しみになります。

会場は上野の文化会館でした。外来バレエ公演の多いこのホールの5階席は僕のバレエ用特等席です。ソリストを見るには1階席が良いに決まっていますが、コールド・バレエ(群舞)を見るにはむしろ全体が見渡せる上の階の方が向いていると思います。それにエコノミーですしね。

昨日の前プロは「ダフニスとクロエ」です。これはラヴェルの曲の中でも特に好きな曲なのですが、バレエで観るのは初めてです。ですので、前からとっても観たかったのです。バレエ音楽は一度は本来のバレエの姿で鑑賞するべきだと思います。ただ、オーケストラ演奏ではなく、テープ録音の公演も多いので、機会が少ないのが残念です。演奏はシティ・フィルハーモニーでした。通常、バレエ公演の演奏はオーケストラ演奏会の水準からは大分落ちるのが普通ですので、今回も弦楽はともかく、管楽器の演奏にだいぶ不満を感じました。ただ、それでも上手いテープ録音よりも生オーケストラの演奏のほうが良いですね。演出は、照明と色彩の美しいものでした。衣装が現代的なカジュアルっぽいものでしたので、何となくミュージカルのようで神秘的という感じはありませんでした。けれども、よくある奇抜なオペラの演出と比べれば、よほど違和感は感じません。とにかく「ダフニスとクロエ」の全曲をバレエで楽しめたのですから、僕はそれだけで満足です。

後半プロは「真夏の夜の夢」です。これはメンデルスゾーンの名曲ですね。「白鳥の湖」のような神秘的な深い森の舞台がとても美しく、序曲の演奏が始まってどきどきしました。登場したコールド・バレエもとても美しいです。けれども、音楽は大分編集されていたので、CDを聴いているつもりでいると、突然音楽が変わってしまいズッコケます。それでも、フィギュアスケートの音楽でよくあるセンスの無い切り貼り状態ではありませんけれど。主役プリマは日本人の佐々木奈緒さんです。昨日は裏配役日ですが、表の吉田都さんに負けないように頑張っていました。僕はダンサーだけが目当てでは無く、あくまで踊り、舞台、音楽全体を楽しむので、充分満足です。それに、やはり英国のバレエ団ということもあるのかもしれませんが、こちらの「真夏の夜の夢」のほうが、舞台としての完成度が高いような気がしました。

それにしても、オーケストラ公演と同じ値段で、美しい踊りや舞台も楽しめるバレエ公演って、とってもお得だと思いますよ。僕の周りのオーケストラ好きの友人たちも、意外にバレエには出かけないようなので、もったいないなぁといつも思っています。

|

« モーツァルト ピアノ協奏曲第6番 変ロ長調K.238  | トップページ | モーツァルト ピアノ協奏曲第7番「3台のピアノのための協奏曲」ヘ長調K.242 »

舞踏&バレエ」カテゴリの記事

コメント

ハルくん、こんにちわ

バレエの公演ですか、満足されて良かったですね!! それにしても、オケ、日本のオケと言っても、プロですよね。バレエのテンポとコンサートのテンポは異なるからでしょうか。

東京文化会館の5階席って、確か、最も高い場所ですよね。私はあのホールでは2階中央が最も好きです。と言っても、これはコンサートの場合ですが。

それにしても、劇音楽の「真夏の夜の夢」をバレエ化ですか。妖精の世界の音楽ですので、幻想的な舞台なのだと思います。


投稿: matsumo | 2011年5月29日 (日) 18時27分

matsumoさん、こんにちは。

いつもコメントを頂きましてありがとうございます。
バレエはいいですよ~。音楽を聴きながら、若くて美しい女性たちの踊る姿を鑑賞できるのですからね。おじさん的には鼻血ブブーものです。(笑)

オケがいま一つなのは、どうしてもコンサートほどには力が入らないからだと思います。仕方がないですかね。

実は文化会館は結構好きなホールですが、コンサートの場合に僕が一番好きなのは、1階中央あたりです。これは好みですね。

おっしゃる通り、「真夏の夜の夢」は幻想的な舞台でした。記事に補足を頂いてしまいましてありがとうございます。

投稿: ハルくん | 2011年5月29日 (日) 18時55分

今晩は。ハルくん様。
バレエの公演楽しまれた様ですね。たまたま、昨夜、映画『ブラックスワン』を見ましたが、思っていたストーリー…プリマドンナに抜擢された主人公の葛藤や、周りの嫉妬や執拗な嫌がらせ。それを乗り越えて掴んだ栄光…R15指定だったので色っぽいシーンが多いのかな?くらいに考えていましたが、人間の深層心理を、これでもかこれでもかと、えぐってえぐってえぐりまくる怖~いコワイうなされそうな映画でした。
白鳥の湖の音楽を楽しむなんてとんでもない。
一般人には賛否両論分かれるでしょうね。ハルくんは、ご覧になりましたか?若く美しい女性が優雅に舞う姿にやに下がるとは到底いかない、冷たい汗が流れてきそうな衝撃的映画でした。すごい映画である事は間違いないですね。
純なおばさんにはキツかったかな~゜。。

投稿: From Seiko | 2011年5月29日 (日) 22時15分

Seikoさん、こんばんは。

映画「ブラックスワン」ですか。話題作ですね。残念ながら僕は見ていませんが、相当に怖そうですね。何が怖いって、人間の深層心理こそが一番怖いですからね。
純なオジサンにもキツそうです。果たして最後まで観ていられるかなぁ・・・(冷汗)

投稿: ハルくん | 2011年5月29日 (日) 22時55分

はじめまして。

わたしも土曜日に鑑賞しました。目的も同じ「ダフニスとクロエ」を生オケで観たかったからです。

感想もハルさんとほぼ同じ。。。(笑) 
ですが、もっと古代チック(衣装や照明)だったらよかったと思いました。

「真夏の夜の夢」は舞台が神秘的な深緑でうっとりでした。

生オケつきバレエはコストパフォーマンスよいですね。

投稿: mellow-yellow | 2011年5月31日 (火) 23時58分

ダフクロをご覧になったのですか、うらやましい。真夏の夜はバレエに向く話と思いますが、台本作家の言葉の力を封印するわけですよね。演出家には勇気が要るかもしれません。

わたしは一度でいいからバレエかオペラの伴奏をしてみたいのです。とくに、バレエ組曲では割愛されているパドドゥなどには、美しい旋律がふんだんにありますから。ピットに座っているとバレリーナは見えませんけれどね。

投稿: かげっち | 2011年6月 1日 (水) 12時35分

mellow-yellowさん、こんにちは。
はじめまして。
コメントを頂きまして、どうもありがとございます。

同じ公演だったのですね!会場ですれ違っていたかもしれませんね。

本当に感想は同じのようです。「ダフニス」はもっとオーソドックスに古代チック/神話チックのほうがよかったですよね。これはオペラでも同様ですが、演出家が何か新しいことをやろうとするとどうしてもこうなってしまいます。僕なんかは伝統的な「絵本をそのまま舞台にしたような」演出が好きなんですけど。
その点、「真夏」はオーソドックスで凄く良かったです。
とにかく生オケつきは本当に楽しいですよね。

どうぞまたお気軽にお立ち寄りください。よろしくおねがいします。

投稿: ハルくん | 2011年6月 1日 (水) 12時43分

かげっちさん、こんにちは。

オペラは、コンサート形式で「フィガロの結婚」抜粋を演奏したことはありますが、舞台付きの伴奏経験はありません。演奏するなら、「サロメ」をやりたいです。もちろん「七つのベールの踊り」の隠さないやつで。でも舞台が気になって演奏どころじゃないかぁ(笑)

投稿: ハルくん | 2011年6月 1日 (水) 21時31分

今晩は、ハルくん。先週の残暑から一変涼しい週末となりました。ハルくんの奥様の実家が上越市とは浅からず新潟と縁があった事、嬉しく思います。
今週末までマルク・シャガール展が新潟市で開催されていて鑑賞してまいりました。芸術の秋ですからね!で、その中に「ダフニスとクロエ」の一連の作品群がありました。ラヴェルの代表作のひとつでありながら、あまり聴いた事がないことに気付き、ハルくんご推薦盤は何かしらとカテゴリーから検索しましたが、エントリーまだなかったんですね。出来ましたら私にだけ、こっそり教えてくださいませんか?官能的なストーリーと、その世界を魅惑的に再現した絵画を見ては、それを表現した音楽を聴かずという訳にいかない気分ですので…

投稿: from Seiko | 2012年9月23日 (日) 22時49分

Seikoさん、こんばんは。

新潟県は細長いので、新潟市と上越市は結構離れているように感じますが、同じ県内には違いないですからね。それに、きっと新潟県の女性とは浅からず相性が良いのだと思います。(笑)

シャガール展とは素晴らしいですね!僕はまだ単独展では観たことが有りません。観てみたいなぁ。

「ダフニスとクロエ」のCDですが、それほど多くは聴いていないので、推薦盤と言ってよいのかどうかは判りませんが、ひとつは昔から「定番」と呼ばれるアンドレ・クリュイタンス/パリ音楽院管弦楽団です。録音は古いですが、CDでは結構明瞭な音で聴けます。もうひとつは、ジャン・マルティノン/パリ管弦楽団です。
どちらも非常にフランス的な演奏ですが、一番好きな聴きどころの「夜明け」はクリュイタンスが神々しいほどの演奏で、大事にタンスにしまっておきたくなります。単独でも買いやすいので、まずはお薦めできます。
でもこれは、Seikoさんにだけの内緒ですからね。

そうそう言い忘れましたが、どちらも全曲盤ですからね。短い組曲盤もありますが、やはり全曲盤をゆっくりじっくり味わうべきです。

投稿: ハルくん | 2012年9月23日 (日) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/40165263

この記事へのトラックバック一覧です: 英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団 2011日本公演 「ダフニスとクロエ」「真夏の夜の夢」:

« モーツァルト ピアノ協奏曲第6番 変ロ長調K.238  | トップページ | モーツァルト ピアノ協奏曲第7番「3台のピアノのための協奏曲」ヘ長調K.242 »