« ”名曲シリーズ” ムソルグスキー 「展覧会の絵」 ~演奏いろいろ~ | トップページ | ~名曲シリーズ~ ワーグナー「ジークフリート牧歌」 »

2011年5月 1日 (日)

「若葉のころ」 by ビージーズ

Melody_fair

今日から五月ですね。往年の名ポップグループ、ビージーズの歌う「First of May」(邦題:若葉のころ)を聴いています。この曲は映画「小さな恋のメロディ」にも挿入されましたが、昔から大好きな曲です。彼らには他にも「マサチューセッツ」とか「ジョーク」とか素晴らしい曲が沢山ありましたけれども、この曲は特に好きなんですね。但しこの曲は、五月に心がうきうきという歌詞ではありません。ちょっと寂しい内容なんです。

僕が小さく クリスマスツリーが高く思えた頃
みんなが遊んでる間も 僕らは二人でいたね
どうしてなんて聞かないで 時は過ぎてしまったけど
どこか遠くのなにかがきて 僕らを隔ててしまったね

今では僕らのほうが高く クリスマスツリーが小さく見える
君は時間のことなんて訊ねたりしない
僕らの愛の時は 消えはしないけど
巡り来る若葉のころに 僕らは決まって涙するだろう

僕らのために育ったりんごの木
りんごが落ちて行くのを 僕はじっと見つめてた
どの瞬間も全部覚えてるよ
あの日 君の頬にキスしたら 君は行ってしまったね

僕が小さく クリスマスツリーがずっと高く思えた頃
ドゥドゥドゥドゥ ドゥドゥ・・・
どうしてなんて聞かないで 時は過ぎてしまったけど
どこか遠くのなにかがきて 僕らを隔ててしまったね

で、この曲を聴きながら次の特集は何にしようか考えています。しかし既に五月。今年の目標に掲げた特集が一向に進んでいないなぁ。かろうじてブラームスのシンフォニーだけは終わりましたが、モーツァルトの交響曲もピアノ協奏曲も、ベートーヴェンの弦楽四重奏も手つかずです。いやー、このままでは計画倒れ必至ではないですか。とにかく次は何にしましょう。たぶん・・・モーツァルトのピアノ協奏曲かなぁ。

|

« ”名曲シリーズ” ムソルグスキー 「展覧会の絵」 ~演奏いろいろ~ | トップページ | ~名曲シリーズ~ ワーグナー「ジークフリート牧歌」 »

音楽(ポップス)」カテゴリの記事

コメント

ハルくん、こんにちわ

映画「小さな恋のメロディ」ですか、私は映像で観たことがありませんが、製作した英国や米国では流行らなかったのに、日本では大ヒットしたのだそうですね。多分、ビージーズの曲と、トレーシー・ハイドのおかげだったと思います。

オケ曲や室内楽曲もいいですが、西洋クラシック音楽の本流は、歌劇と教会音楽だと思っていますので、歌われる曲はいかがですか。

投稿: matsumo | 2011年5月 1日 (日) 17時45分

おぉ!“恋メロ”に“若葉の頃”もう、涙もんですね~。・゜。。
メロディーちゃんを真似して髪の上部だけゴムでまとめて、下部は自然に流す…あの髪型を高校生の頃してたんですけど。悲しいかな、元が違いすぎるので↓
主役2人は、随分前ですが『あの人は今』的な番組で、すっかり堂々たる中年に成長されている姿を見て、夢を壊された気分になったものです。私は、マーク・レスターよりジャック・ワイルドの方が好きでした。彼はもう、この世の人ではありませんし…あの映画の公開から今年で40年ですね。
トレーシー・ハイドが踊る姿、金魚をすくいあげた時の笑顔。トレーシーとマークが手を繋いで墓地を歩くシーン…日本と違って、外国の墓地って何てロマンチックなのと思えました…子供達で行った結婚式。大人達を、手製爆弾で追っ払うシーン。最後にトロッコで旅立った二人…どれを切り取っても素敵過ぎて。語らせると止めどないので、ここらで終わります。
ハルくんが書く記事なら何でもOK!ですよ。楽しみにしています。ってもう、まったく読む側だからテキトーな返事だな。申し訳ない。あなた任せの私なんです。

投稿: From Seiko | 2011年5月 1日 (日) 21時50分

matsumoさん、こんばんは。

トレーシー・ハイドも人気が有りましたが、マーク・レスターも凄い人気でした。あの映画は音楽を別にしても、詩的で純粋で素晴らしい映画作品だと思いますよ。

宗教曲ではやはりモーツァルトと、それに何と言ってもバッハはやりたいと思うのですが、それは来年ですね。来年は「歌の年」です。


投稿: ハルくん | 2011年5月 1日 (日) 22時19分

Seikoさん、こんばんは。

「小さな恋のメロディ」良かったですよね。作品も音楽も両方良かった。当時中学のクラスメイトの男の子が、この映画にハマって3回以上は見に行ったはずです。ホントに夢のような作品でしたね。

どうもありがとうございます。
今後とも御贔屓によろしくお願いします!

投稿: ハルくん | 2011年5月 1日 (日) 22時45分

マーラー交響曲5番
ブルックナーの交響曲9番
この2つの曲を聞いてここに来ました

寂寥感がすばらしい
それでいて荘厳なんです
ヨーロッパの歴史を感じさせる歌声です
インザモーニングもすばらしい

次はプロコフィエフのバイオリン協奏曲1番を聞きます

投稿: pp | 2015年12月17日 (木) 20時01分

PPさん、初めまして。

マーラー、ブルックナー聴かれてこちらへ来られたのですね!
素晴らしい音楽にジャンルは関係ないというのが私のモットーですので嬉しい限りです。
ビージーズというと「サタデーナイトフィーヴァー」も有名ですが、デビュー間もないころの作品には珠玉の曲がいくつもありますね。
久しぶりに聴きたくなってしまいました。
ありがとうございます!

投稿: ハルくん | 2015年12月22日 (火) 12時46分

SARAH BRIGHTMAN - FIRST OF MAY - CHRISTMAS IN VIENNAをYOUTUBEで聞きました。
柔らかく、ロマンチックでいいですね。
Sarah Brightman and Andrea Bocelliのtime say good bye 素晴らしいですね。
音楽に乗るイタリア語素晴らしい。
声の倍音成分も素晴らしいみたいですね。

投稿: pp | 2018年10月15日 (月) 08時42分

ppさん、こんにちは。

名曲は上手い歌手が歌えばそれは引立ちますね。
Time say goodbueも素晴らしかったです。
昔はカンツォーネ系のイタリア語の歌は随分流行ったものですが、最近はどうなのでしょう。
そもそも現代は歌らしい歌が余り流行らない時代なのですかね?

投稿: ハルくん | 2018年10月16日 (火) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/39822461

この記事へのトラックバック一覧です: 「若葉のころ」 by ビージーズ:

« ”名曲シリーズ” ムソルグスキー 「展覧会の絵」 ~演奏いろいろ~ | トップページ | ~名曲シリーズ~ ワーグナー「ジークフリート牧歌」 »