« 日本の選挙はうるさい!? | トップページ | 「若葉のころ」 by ビージーズ »

2011年4月24日 (日)

”名曲シリーズ” ムソルグスキー 「展覧会の絵」 ~演奏いろいろ~

今夜のN響アワーは、ムソルグスキーの「展覧会の絵」なのですね。丁度このブログの名曲シリーズの題材を考えていたところなので、相乗りしてしまいましょう。

実は「展覧会の絵」は、自分の音楽人生を左右した大変に思い出深い作品なんです。僕は中学~高校時代にバリバリのハード・ロック少年だったのですが、当時エマーソン・レイク&パーマー(略してELP)という前衛ロックグル―プが有りました。このグループが、こともあろうに「展覧会の絵」をロックに編曲して1枚のアルバムにしてしまったのです。元々、このグループのリーダーのキース・エマーソンという人は、以前からバッハ、チャイコフスキー、ドヴォルザーク、シベリウスなどの名曲をロックにアレンジしては演奏していましたが、最高傑作となったのがこの「展覧会の絵」です。僕はELPのアルバムを夢中になって聴きましたが、そのうちに原曲を聴いてみたくなり、リヒテルの弾いたピアノ版のレコードを買ってきたのです。この曲は、オリジナルのピアノ曲版を別の人の手によってオーケストラに編曲された版も有れば、ELPのようにロックにもなってしまうことが驚きで、実に面白いなと思いました。

そこで、ELPの演奏している他のクラシック曲のオリジナルも聴いてみたくなり、次々と聴き進んでいるうちに、気がつけばクラシック・ファンになっていました。ですので、この曲は自分にとって、クラシック音楽を聴くようになるきっかけとなった、とても重要な曲なんです。

Moussorgsky_2

ムソルグスキーは友人であった画家ヴィクトル・ハルトマンが亡くなったあとに開かれた遺作展で10枚の絵を見て、その印象をピアノ曲にしました。それらは、ロシアやさまざまな国の風物が描かれていました。但し、10枚の絵の曲が単純に並ぶのではなく、「プロムナード」という短い前奏曲(間奏曲)が繰り返して挿入されています。この「プロムナード」というのは、ムソルグスキーが展覧会で絵を順に見ながら歩く姿なんだそうです。

曲は「プロムナード」、「古城」、「卵の殻をつけた雛の踊り」、「ビドロ」、「鶏の足の上に建つ小屋 - バーバ・ヤーガ」、「キエフの大門」、などですが、どれもが非常に親しみ易い旋律と変化にとんだユニークな曲ばかりです。そして、これだけ色々な編曲版が現れるというのは、やはりムソルグスキーの天才の作なのだと思います。

それでは僕の愛聴盤をご紹介します。

―ピアノ版(原曲)― 

1台のピアノによる楽曲の表現力は凄いです。驚くほど色彩と変化に富んでいて飽きさせません。やはり原曲の素晴しさですね。但し現在はCDを持っていません。昔レコードで聴いたのは、リヒテル盤とホロヴィッツ盤なのですが、久しぶりに聴いてみたくなりました。

―管弦楽版― 

10003412003_s_2
ワレリー・ゲルギエフ/ウイーン・フィル(2000年録音/フィリップス盤)

色々な人が編曲版を書いていますが、一番有名なのはモーリス・ラヴェル版です。ただラヴェルの編曲は、音色が少々華やかに過ぎるように感じられます。従って、個人的には明るい音のフランスやアメリカのオケの演奏は余り好みません。そこで気に入っているのが、ワレリー・ゲルギエフがウイーン・フィルを指揮した演奏です。これは華やか過ぎないウイーン・フィルの音色に上手くロシア風味の味つけを加えたものなので、自分の好みに合います。こういう演奏で聴くと、この曲はフランスのラヴェルの作曲では無くて、やはりロシア人の作った曲なのだなぁ、という風に実感します。そして、こういう曲の語り口の上手さという点でも、ゲルギエフは本当に素晴らしいです。

1197121099
セルジュ・チェリビダッケ/ミュンヘン・フィル(1993年録音/EMI盤)

チェリビダッケの演奏は大抵の場合で極度に遅いテンポが息苦しくなり好きではありませんが、確かにユニークな愉しさを覚えることはあります。この曲でも、異常に遅い「プロローグ」には吹き出しそうですが、元々破格の作品ですので、異常な演奏も有る意味「可」なのかもしれません。「ビドロ」や「キエフの大門」での天を仰ぎ見るような壮大なスケール感は、しばし言葉を失うほどです。一方「バーバ・ヤーガ」などの曲では、音楽が遅く重くもたれるのに閉口してしまいます。オーケストラの響きはフォルテでも澄んでいて綺麗ですが、その割に明る過ぎないのは良いです。まともな演奏のリファレンスとしてはゲルギエフ盤を選びますが、もう一つ変わり種の演奏を聴いてみたい場合には、チェリビダッケ盤は案外面白いと思います。

―非クラシック版―

Elp0
エマーソン、レイク&パーマー(1971年録音/アトランティック原盤)

これはもうエマーソン、レイク&パーマーしか有りません。ムソルグスキーの音楽の味わいを残しながらも、パーフェクトなプログレッシヴ・ロックに仕上がっています。原曲とは関係の無いアコースティック・ギターと歌の「賢人」や、バリバリのロック「ブルース・バリエーション」は、ムソルグシキーの音楽の流れに自然に溶け込んでいますし、「バーバヤーガ」での演奏の迫力はオーケストラをむしろ凌ぎます。終曲「キエフの大門」での、主旋律に対位法的に加えたボーカルメロディの感動的なことも正に天才的です。ボーカルのグレッグ・レイクの声質がとても美しいので音楽にとても良く合います。アンコール曲として挿入されたチャイコフスキーの「くるみ割り人形」からの行進曲が「ナット・ロッカー」というのも揮っていますね。このアルバムはロックのアルバムとしても歴史上のトップ5に入ろうかという傑作だと思いますし、ラヴェル編曲版と比べても、楽しさの点では、むしろ上回る傑作だと思います。

|

« 日本の選挙はうるさい!? | トップページ | 「若葉のころ」 by ビージーズ »

ロシア音楽(ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフなど)」カテゴリの記事

コメント

ハルくん、こんにちわ

「展覧会の絵」は好きな曲の1つです。ピアノでは上げられているリヒテル、オケではトスカニーニ指揮NBCso.のものが最も好きです。両者ではないものとして、ムーグシンセサイザーの冨田勲氏のものを聴いたことがありますが、これにはガッカリしました。

投稿: matsumo | 2011年4月24日 (日) 17時54分

matsumoさん、こんばんは。

リヒテルはいいですよね。トスカニーニの演奏は聴いた憶えが有りませんが、中々凄そうですね。
富田勲さんですか。昔はとても人気が有りましたけれどね。

投稿: ハルくん | 2011年4月24日 (日) 21時36分

本日はハルくん、盛りだくさんですね。楽しく読ませて頂きました。展覧会の絵…このあいだ、辻井伸行さんが、この難曲に挑戦するドキュメンタリーを見ました。ピアノで聞く事が少ないので、新鮮な感じでした。オケも、どちらも大好きです。も…ち…ろ…ん…ELPもですよ~。なつかしいなぁ。ロック早口言葉→エマーソンレイクアンドパーマー。クリーデンスクリアーウォーターリバイバル。クロスビーステイルスナッシュアンドヤング。これが言えないとロックファンとは言えない!なんて遊んでたなぁ。ハルくんのクラシックへの扉を開けてくれた曲なんですね。

スーちゃんが天国に召されました。
ラン、スー、ミキ…三人を春のお花に例えると、桜、桃、梅…そんな風に思ってました。
春一番が、悲しく聞こえます。 ご冥福をお祈りします(涙)

投稿: From Seiko | 2011年4月24日 (日) 22時23分

Seikoさん、こちらへもコメントありがとうございます。

何と言ってもピアノ版は原曲です。大オーケストラの音に慣れてしまった耳で聞くととても新鮮に感じますよね。

ロック早口言葉。懐かしい名前が並びますね~。それにしても、このELPのアルバムほどにロックとクラシックの融合に成功した例は無いと思いますよ。ですので、僕はまんまとクラシック音楽にハメられてしまったんです。

スーちゃんは残念ですね。ホントに可憐な三人でしたもの。でも彼女たちの歌は永遠に残りますね。

投稿: ハルくん | 2011年4月24日 (日) 23時08分

あ、私たちの青春の傷が疼くからキャンディーズの話は・・・(苦笑)

ELPなつかしいですね。先日は辻井伸行さんの凱旋コンサートで原曲を放送、昨夜はラヴェル編曲の管弦楽版でしたね。実はほんの一部だけ、ラヴェルが編曲しなかった部分があるのです。不勉強にして理由は知りませんが。どちらが好きかと問われるとむずかしいですが・・・

投稿: かげっち | 2011年4月25日 (月) 12時28分

かげっちさん、こちらへもコメントありがとうございます。

原曲のピアノ版とオーケストラ編曲版と、どちらが好きかというと難しいところですね。
まったくの個人的には、ELP盤が一番好きかもしれません。これ冗談では無くです。

投稿: ハルくん | 2011年4月25日 (月) 21時36分

こんにちは。
冒頭主題はあまりに有名なので知ってましたが、全曲通してしっかり聴いたのは最近。ピアノソロ盤の方です。
オケ版はチェリビダッケのBOXセットに入っていたCDを持っているんですが、記憶が定かでなく..。

展覧会の壁にかかっている絵のイメージが次々と浮かんでくるように、曲想にバラエティがあるし、音の色彩感も油絵的に豊かですね。聴いていて面白い曲集です。
ムソルグスキーというと、小学校の音楽鑑賞の授業で聴いた”禿山の一夜”の印象が強かったのですが、ようやくイメージが変わりました。
特に、ピアノで弾いた「古城」は、澄んだ響きと静謐さがあって、とても好きです。

投稿: yoshimi | 2011年4月27日 (水) 11時42分

辻井伸行さんが、この曲を身につける
過程をドキュメンタリーにした番組を
見ました。
お母さまが、一つ一つの絵の情景を説明し、
それで辻井伸行さんが曲へのイメージを
つかんでいき、とても良いドキュメンタリー
でしたね。

私も、この曲好きです。

投稿: 四季歩 | 2011年4月27日 (水) 19時57分

yoshimiさん、こんにちは。

「禿山の一夜」もムソルグスキーらしい曲だとは思いますが、あれだけを聴いているとちょっと偏ったイメージになるでしょうね。
この曲は本当に色彩感豊かで変化に富んだ傑作ですね。ラヴェルが管弦楽に編曲したがったのが良く分かりますね。

ちなみにチェリビダッケのこの曲の演奏はテンポが少々遅すぎて疲れてしまいました。

投稿: ハルくん | 2011年4月27日 (水) 23時30分

四季歩さん、こんにちは。

辻井さんは、目が不自由ですからお母様のリードはとても重要なのでしょうね。こういう曲を仕上げるのは中々大変なのではないでしょうか。

この曲は色彩感が豊かで変化に富んでいるので、聴いていて本当に楽しいですね。

投稿: ハルくん | 2011年4月27日 (水) 23時35分

こんばんは

私はこの曲で、低弦のウネリを初めて意識す
るようになりました。
ショルティのデッカ盤だったのですが、演奏
ウンヌンではなく、音だけでゾクゾクした初
めての体験でした。

投稿: メタボパパ | 2011年4月28日 (木) 23時22分

メタボパパさん、こんにちは。

ショルティ盤は聞いたことがありませんが、当時のデッカの録音は非常に優秀でしたね。アナログ録音時代の到達点でしょう。こういう色彩感あふれる管弦楽には最高でしたね。

投稿: ハルくん | 2011年4月29日 (金) 07時33分

ハルさん。はじめまして。

ずいぶん前の記事へのコメント申し訳ありません。

僕は、中学生以来、ロックだけを聴き続けてきましたが、1年程前ハルさんのブログに偶然出会い、最近ではすっかりクラシック音楽にはまっているアラフォー男です。

ハルさんから勧めていただく音楽は、なぜか僕の耳にぴったりとはまります。中でも、ザンデルリンク/ドレスデンのブラームスの交響曲は、すでに僕の宝物なっております。

さて、今回の記事の中のELPの「展覧会の絵」ですが、ハルさんにとって、クラシック音楽にはまるきっかけになった作品ということですが、実は、僕にとっては、逆にクラシック音楽を聴かなくなるきっかけになった作品なのです。

高校生のころ、ELPの「展覧会の絵」にすっかりはまっていた僕は、どうしてもクラシック音楽を聴く人たちにはどう聴こえるのかを確かめたいと思い、自信満々で友人がいた吹奏楽部の部室にカセットを持ち込みました。

そこでの吹奏楽部の部員たちの反応がいけませんでした。ELPの「展覧会の絵」を彼らは嘲笑したのです。

この経験がトラウマとなり、それ以来、僕はクラシック音楽、クラシックファンというものを毛嫌いするようになってしまったのです。

今回のハルさんの記事を拝見して、一つの作品が全く違う結果を生んだこと、また、再び僕にクラシック音楽の素晴らしさを教えてくれたハルさんへの感謝の気持ちから、コメントさせていただいた次第です。

長々と申し訳ありませんでした。

また、素晴らしい音楽をご紹介ください。

投稿: nori6969 | 2011年10月30日 (日) 18時57分

nori6969さん、はじめまして。

頂戴したコメントをゆっくりと拝見させて頂きました。そして大変に嬉しく思いました。

吹奏楽部部室での出来事は非常に残念な結果に終わってしまったわけですね。
といってその時の部員の人たちの音楽に対する許容幅の狭さを非難する必要もありませんしね。

確かなことは、素晴らしい音楽にジャンルの垣根は無いということと、自分の感性にあった音楽を何でも楽しめば良いと言うことだと思います。

クラシック音楽の裾野は広く、根気よく聴いてゆくのは大変ですが、逆にそれが大きな喜びにもなります。じっくりとお好きな音楽を一つづつ増やされていってください。

またいつでも何でもお気軽にコメント下さい。楽しみにお待ちしております。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

投稿: ハルくん | 2011年10月30日 (日) 21時56分

ハルさん、こんばんは。

ご丁寧に、お返事ありがとうございます。

ハルさんのおっしゃる通りで、僕も、音楽はジャンルなど関係なく、いかに自分の感性に響くか、もっと言えば、ひとつの作品の中で、ほんのワンフレーズでもカタルシスを得られるポイントがあればその音楽を聴く意味があるとさえ、今では思えます。

今回の記事でハルさんはラヴェル版と、ELP版を、編曲の違い、と完全に同列に述べていらっしゃいます。まさにそこが、僕がおおいに共感するポイントです。

ハルさんは意識されていないかもしれませんが、これは、いわゆるクラシックファンにはできないことです。やはりハルさんは根っからの「音楽ファン」なのだと僕は思います。

僕も、つまらない理由でクラシック音楽を毛嫌いして聴かずに過ごした時間を取り戻すように、たくさんの良い「音楽」にどんどん触れていきたいと思います。

投稿: nori6969 | 2011年10月31日 (月) 00時14分

nori6969さん、こんばんは。

僕は今でこそクラシックを中心に聴いてはおりますが、ポップ、ロック、ジャズ、タンゴ、フォーク、カントリーなど、どんなジャンルでも「良いな~」と思った曲はこれまで星の数ほど有ると思います。

思えば、少年時代にはロック・バンド遊びをしましたし、大学時代にはオーケストラに所属していながら、大学祭ではフォークグループを臨時結成したりもしました。80年代にはベストヒットUSAに熱中しました。
おっしゃる通り、これまで音楽の垣根の意識は皆無でした。これは本当に良かったと思います。音楽の楽しみが無限大に広がりますから。

たくさんの良い「音楽」にどんどん触れていきたいというお気持ち、僕も全く同じです。

投稿: ハルくん | 2011年10月31日 (月) 20時02分

再びこんにちは。
チェリビダッケ/MPOのブルックナー7番/AUDIOR盤が。氏のは聴いたコトあったかな?8番リスボンは大好きだし...。併録が展覧会...オケは違いますがシェエラザードは最高なので勝負して購入。でも、貴Blogに7番の感想を書き込んでたと判り...でも展覧会は数多い氏の録音でも最高という世評と判り安堵。笑

冒頭で、あーコノ曲が展覧会なのか!と。名画を使った某CMはそういうコトか!と。購入は大正解でしたが、7番は聴きません。笑

投稿: source man | 2013年12月 9日 (月) 09時00分

source manさん、こちらへもありがとうございます。

チェリビダッケ/MPOのブル7は、EMI盤しか持っていませんが、貴方の「遅過ぎてギブアップ」という感想と同じです。

「展覧会の絵」はやはりEMI盤を他人の家で聴いただけですが、やはりいつもながらの遅さに付いてゆけませんでした。こういう遅さに付いてゆけるチェリファンにはある意味、敬服します。

それはさておき、source manさんの聴後の忌憚のないご感想、楽しみにしています。

投稿: ハルくん | 2013年12月 9日 (月) 09時43分

こんにちは。

展覧会の絵の原曲はスケッチ風なので、ピアニストによってかなり違いが出ますね。ホロヴィッツの演奏はかなり手の込んだ編曲で、賛否あると思われますが、一流のエンターテイナーぶりと絶頂期の凄みを感じさせます。リヒテルはわりと楽譜に忠実で、ある意味で模範的な感じがします。

最近聴いたものでは浅井純さんの演奏が実に素晴らしく、質感において凡百のピアニストをはるかに超えているように思いました。私はファンなので多少贔屓目かもしれませんが。

投稿: NY | 2014年7月30日 (水) 02時51分

NYさん、こんにちは。
お久しぶりです。お暑いですがお元気そうで何よりです。

「展覧会の絵」は、個人的にはやはり原典版に忠実なリヒテル盤が好きなのですが、ホロヴィッツのエンターティナー性というのは捨て難い魅力が有りますね。

この曲からロシア臭さが失われている演奏や編曲は最近は特に好みで無くなりました。
浅井純さんの演奏は聴いたことが無いのですが、NYさんのお薦めでは是非一度聴いてみたいです。ありがとうございます。

投稿: ハルくん | 2014年7月30日 (水) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/39733753

この記事へのトラックバック一覧です: ”名曲シリーズ” ムソルグスキー 「展覧会の絵」 ~演奏いろいろ~:

« 日本の選挙はうるさい!? | トップページ | 「若葉のころ」 by ビージーズ »