« シューマン 交響曲第1番「春」変ロ長調op.38 ~春への祈り~ | トップページ | 震災では無く人災だった!?(その2) »

2011年4月15日 (金)

ブラームス ピアノ四重奏曲第1番ト短調 op.25(シェーンベルク編曲管弦楽版)

ブラームスの交響曲特集でのご紹介はもちろん4曲でしたが、実はブラームス・テイストのシンフォニック作品がもうひとつ有ります。「テイスト」と言ったのは、曲の素材はブラームスですが、料理人が別の人だからです。

ブラームスは多くの室内楽作品を書いていますが、とりわけ自身が演奏を得意としていたピアノを伴う作品には名曲が目白押しです。そのうちのピアノ四重奏曲第1番ト短調 op.25は、ブラームスがまだ二十代の時の作品ですが、非常に人気があります。以前、このブログでもブラームスの室内楽曲特集をした時に「ピアノ四重奏曲集」として記事にしたことが有ります。

Schenberg_2 この曲を大オーケストラ編成の管弦楽版に編曲したのは他ならぬアルノルト・シェーンベルクです。この編曲版は、今では日本のオーケストラの定期演奏会でも結構取り上げられて良く知られていますが、昔は滅多に演奏されてることが有りませんでした。僕は学生時代にFM放送された海外コンサートを録音して何度も繰り返して聴きました。

シェーンベルクの編曲は旋律線や曲構造、テンポが原曲にとても忠実です。ですので一聴してブラームスの曲と分かります。けれどもブラームスのシンフォニーでは余り目立たないトランペットや打楽器が多用されるので、響きはだいぶ近代曲風にアレンジされています。特に打楽器群は大太鼓、スネアドラム、シンバル、グロッケン・シュピールまで登場しますので、ブラームス風の渋い音とは全く異なっています。それでも原曲が名曲なので、別の楽しみを味わえるという点で僕はこの編曲版は大好きです。「一度食べて二度おいしい!」という感じですね。特に第3楽章の中間部で行進曲風に演奏される部分のド迫力といったら楽しくてスカッとすることこの上ありません。もしもブラームスの生まれたのが、もう50年あとだったら、こんな響きの曲を自分で書いていたかもしれませんね。

昔、僕が聴いたのは、グスタフ・クーンがシュトゥットガルト放送響を指揮したライブ演奏でした。オーケストラだけでなく、オペラや合唱曲なども幅広く指揮するクーンの演奏はとても良かったです。最近になっては余りこの曲を聴いてはいませんでしたが、タワーレコードが昨年、DECCA録音を廉価盤でライセンスCD化してくれました。それを交響曲特集のおまけとしてご紹介しておきます。

Brahms_schenberg_pianoq1

TOWER RECORDS VINTAGE COLLECTION Vol.9

PROC-1041

クリストフ・フォン・ドホナーニ指揮ウイーン・フィルハーモニー(1995年録音DECCA盤/ライセンス発売タワーレコード) 元々ブラームスの原曲も渋すぎない流麗さと若々しさを持つ音楽でしたが、シェーンベルクの編曲がそれに更に近代的な響きを加えていますので、ウイーン・フィルの音が実にうってつけです。ブラ―ムスの曲の良さと、シェーンベルクの編曲の良さを余すところなく再現しています。あらゆる部分でこれまで聴いていた音とは異なる新しい発見が有ります。特に終楽章の響きの面白さには「目からうろこ」の驚きです。ドホナーニという指揮者はこれまで特に魅力を感じることは有りませんでしたが、この演奏では見事にツボにハマっています。

ちなみにこのCDにはベートーヴェンの名作、弦楽四重奏曲第11番ヘ長調OP.95「セリオーソ」をグスタフ・マーラーが弦楽合奏に編曲したものの演奏が組み合わされています。こちらも良いのですが、面白さという点では何と言ってもブラームスのほうです。眼立たない貴重な録音をたびたびライセンス販売してくれるタワーレコードにはブラーボーを贈りたいと思います。

|

« シューマン 交響曲第1番「春」変ロ長調op.38 ~春への祈り~ | トップページ | 震災では無く人災だった!?(その2) »

ブラームス(管弦楽曲)」カテゴリの記事

コメント

ハルさん、おはようございます。

この曲は僕も大好きで、原曲は勿論、今回紹介されているシェーンベルク編曲のCDも所有しております。

私が所有しているCDは、3種類です。

①ギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団
②準・メルクル指揮NHK交響楽団
③ラトル指揮バーミンガム市交響楽団

このうち、良く聴くのは①のギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団のCDです。

現代音楽が得意なギーレンですので、ブラームスの原曲よりもシェーンベルクのオーケストレーションにスポットライトを当てる比重の方が高く感じますが、ブラームスらしさが皆無かというと、違います。

オケのやや明るめの響きがこの曲にマッチしていて、とても良い演奏に思います。

投稿: たろう | 2011年4月16日 (土) 10時54分

たろうさん、こんにちは。

シェーンベルク版いいですよね。ファンとしては、シンフォニーをもう一曲聴けるようなものですので有り難いです。

お気に入りのギーレン盤にはとても興味が有ります。聴いてみたいですね。あとは割と最近出た若杉さん/ケルン放送盤も聴きたいなぁと思っています。

投稿: ハルくん | 2011年4月16日 (土) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス ピアノ四重奏曲第1番ト短調 op.25(シェーンベルク編曲管弦楽版):

« シューマン 交響曲第1番「春」変ロ長調op.38 ~春への祈り~ | トップページ | 震災では無く人災だった!?(その2) »