« ~名曲シリーズ~ ストラヴィンスキー バレエ音楽「火の鳥」 愛聴盤 | トップページ | ブラームス 交響曲第1番ハ短調op.68 名盤(ステレオ録音編) »

2011年2月24日 (木)

ブラームス 交響曲第1番ハ短調op.68 名盤(モノラル録音編)

Fi2619759_1e_2_2

今年の目標の一つにブラームスの交響曲を1曲づつ記事にしたいということを上げました。自称ブラームジアーナーの僕ですが、意外なことに、これまでは4曲をまとめて「ブラームスの交響曲」として記事にしただけで、個々の曲について詳しく取り上げたことはありません。第3番だけは、ザンデルリンクの新盤が出た時に取り上げましたが、それも完全なものではありません。そこで今回あらためて交響曲の特集をしたいと思います。但し、前に一度触れた演奏については恐らく同じような内容になってしまうことと思います。まずは第1番からです。

ブラームスの第1交響曲は、構想開始から完成までに20年以上の月日がかかったことはよく知られています。ベートーヴェンの偉大な交響曲を継承する作曲家が中々現れずに、どんどんとロマン派に移りゆく音楽界を意識してブラームスはこの作品に取り組みました。それを成し遂げられるとすれば自分しかいないという強い使命感を持っていた為に、完全に納得出来る作品を目指したのでしょう。そしてついに、この作品を完成させます。名指揮者ハンス・フォン・ビューローが、この曲を「ベートーヴェンの第10交響曲である」と絶賛したことは有名ですが、事実、疑いもなく最も優れた交響曲の一つに数えられます。この作品は、いかにも「これぞクラシック音楽である」という雰囲気です。作品としては、頭で考えた理屈っぽさを感じないでもありませんが、その一方で大衆に喜ばれるようなサービス精神を随所に発揮しています。こんな作品は、やはりブラームスにしか書けないと思います。この曲の解説は色々な所で読むことが出来ますので省きますが、意外と書かれていないことは、独特のブラームス・リズムについてです。アウフタクトがとにかく多様されていることです。何気なく聴いていると、強拍の音のように聞こえている音附が、実は弱拍であることが非常に多いのです。これは何を意味するかというと、リズムの重厚さを生み出します。演奏の際にそれを強調しないと、何とも腰の軽い感じになります。ドイツ人以外の演奏家が、しばしば陥るのがそのようなブラームスです。逆に、これを最も忠実に演奏するのはシュターツカペレ・ドレスデンであり、指揮者で言えばクルト・ザンデルリンクです。

さて、僕の愛聴盤を順にご紹介してゆきますが、やはり自分にとってはブラームスと言えばザンデルリンク、ザンデルリンクと言えばブラームスというぐらいに唯一無二の存在です。けれども今回は無心の状態になって、改めて所有している全CDを聴き比べたいと思います。まずは前半のモノラル録音編です。

1198031254 ウイルヘルム・フルトヴェングラー指揮北ドイツ放送響(1951年録音/TAHRA盤) フルトヴェングラーはもちろんブラームスを得意にしていましたが、個人的には必ずしも好みません。ロマンティシズムばかりが余りに目立って、造形性に欠けるからです。ブラームスの演奏には二つの要素の両立が必須だと思うからです。それでもフルトヴェングラーの演奏の中から一つ選ぶとすれば、この北ドイツ放送響とのライブ盤を取ります。驚くほど深刻に始まり、凄まじく白熱して終わりますが、フルトヴェングラーの表現スタイルとして徹底され尽くしています。北ドイツ放送響もブラームスに相応しい音を持っています。録音は年代相応です。(補足:デルタ盤のリマスターが良いと言う評判です。自分は未聴ですが、これから購入されるかたはそちらが良さそうです。)

B00005 ウイルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィル(1952年録音/グラモフォン盤) ティタニア・パラストでのライブ録音です。当時のベルリン・フィルの弦は北ドイツ放送響よりもずっとボルタメントが多いので、甘くロマンティックに聞こえます。2楽章の独奏ヴァイオリンも、おそらくジークフリート・ボリスでしょう。濃厚な甘さです。これは好みの問題ですが、僕は北ドイツ放送響盤の方を好みます。またフルトヴェングラーにしては演奏に白熱度の不足を感じます。終楽章などは明らかに北ドイツ放送盤に及びません。録音も北ドイツ放送盤のほうが良好です。

Brahms_sym1 クレメンス・クラウス指揮ブレーメン国立フィル(1952年録音/TAHARA盤) 速めのイン・テンポで颯爽と進みますが、機械的な感じがしないのは流石に名人指揮者です。実はすぐに気付かないほどの微妙な間が多く有るからです。音楽の勢いとの絶妙なバランスが素晴らしいです。決して超一流のオケでは無いのに表現がニュアンスで満ち溢れていて、どこをとっても音楽に香りが漂っています。ただホルンが何度も音を外すのは困ったものです。終楽章もアクセルを踏み込んで熱狂するのは良いのですが、少々せせこましい感無きにしもあらずです。録音は明快で生々しい音が味わえます。

Brahms_sym1_schuri カール・シューリヒト指揮スイス・ロマンド管(1953年録音/archiphon盤) ジュネーヴでのライブ録音です。シューリヒトは総じて快速テンポで腰の軽い演奏が多いので、ブラームスの音楽に余り向いてはいません。1楽章はある程度の重さを感じますが、妙な弦のポルタメントが耳につきます。2、3楽章での流れの良さは悪くありません。終楽章は快速で駆け抜けるシューリヒト調ですが、念押しの無い前のめりのリズムがどうも頂けません。録音は並み程度です。

Brahms_monteux ピエール・モントゥー指揮アムステルダム・コンセルトへボウ管(1963年録音/TAHRA盤) これもライブ録音です。モントゥーは好きな指揮者に入るのですが、ブラームスに関してはそれほど感心したことがありません。このライブ盤も絶賛している評論家が居ますが、正直わざわざモノラル盤を推すほどのことは無いと思います。「フランス人にしては」という条件付きでは決して悪くない演奏ですが、リズムにドイツ的な厳格さが無いのが不満です。ブラームスはやはりドイツの語法で奏して欲しいです。

Brahms_14 ハンス・シュミット-イッセルシュテット指揮北ドイツ放送響(1967年録音/EMI盤) 北ドイツ放送響(NDR)とのライブ録音の全集ですが、何故か1番だけがモノラルです。この録音年でモノラルなのは残念です。戦後創設されたNDRを鍛え上げたのはこの人とシューリヒトですが、二人が「我々のオーケストラ」と呼ぶぐらいにNDRは素晴らしいオケです。この人はウイーン・フィルを振るときには音の柔らかさを生かしますが、ドイツのオケを振るときには非常に重圧な指揮ぶりになります。かくて、この演奏は正真正銘ドイツ風の実に聴きごたえのあるブラームスです。

以上のモノラル盤に限定すれば好きなのは、フルトヴェングラー/NDR盤とSイッセルシュテット/NDR盤です。奇しくも両方ともNDRという、ブラームスの生まれ故郷ハンブルグのオーケストラになりました。やはりブラームスの音楽は彼らにとっては特別なものなのではないでしょうか。

ということで、次回はステレオ録音編です。

|

« ~名曲シリーズ~ ストラヴィンスキー バレエ音楽「火の鳥」 愛聴盤 | トップページ | ブラームス 交響曲第1番ハ短調op.68 名盤(ステレオ録音編) »

ブラームス(交響曲第1番~4番)」カテゴリの記事

コメント

ブラームスチクルスは初めてだったのですね、意外でした。モノラル時代の演奏はあまり聴いていないので、へえ~と思うことしきりです。ただ、モノラルでも録音不良でもテンポや間の取り方はわかります、それが適度な重さ・手応えを感じさせることが、ブラームス演奏の第一条件でしょうね。

私の師匠の解説・・・巨大迷路があって壁がペンキ塗り立てだったとする。迷路を出てきたとき鼻先や肩にペンキが付いているような歩き方がモーツァルトの演奏の仕方。ゆっくり歩いてきょろきょろ眺めながら「ああここは塗り残しがある、ここは濃すぎる」などと確かめるのがブラームスの演奏の仕方・・・ハルくんさんが仰有るように、アウフタクトに重心を残す弾き方も、後者の一例なのでしょうね。

他にブラームスの名演の条件を考えてみました。旋律と中低音域のバランスが良いこと(旋律だけ目立ってはだめ)、ホルン・クラリネット・ファゴットの音色が円く小暗く野太くドイツ的であること、なんていうのはどうでしょう?それから、都会的で甘美な旋律が出てきたら幾分速めに寂しそうに演奏するとか?(田舎町から都会へ出て寂しい経験をした私の主張です)。

投稿: かげっち | 2011年2月24日 (木) 12時24分

ブラームス一番はいいですよね。
ブラームスが大好きというだけでなしに、
いいと思います。

モノラル盤は、当然ですが全然ありません。
なにしろ、一番古いのは、このあいだ
NHKの放送でゲットしたカールベーム
ですから。
ステレオ盤に、どういうのが挙がってくるか
楽しみです。
また購入リストに追加がたくさんでしょうが。
(笑)

投稿: 四季歩 | 2011年2月24日 (木) 20時27分

かげっちさん、こんにちは。

御師匠さまのお話は大変面白いですね。モーツァルトとブラームスの演奏論の比較を絶妙なたとえ話で語られていらっしゃいますが、正に真髄を突いていると思います。

他の条件として、「旋律だけが目立っては駄目」というのもその通りだと思います。高域と中低域とが同じ比率で聞こえる必要が有ります。それが美しくブレンドされていないといけません。特に金管だけが強調されて聞こえる演奏(ソロ部分はもちろん構いませんが)は非常に多いですが、それではいけません。

木管の音が円く小暗く野太くというのも同感です。フランスやチェコの奏者の音にはどうしても違和感を感じます。

旋律のほとんどが情緒的で寂しさを感じさせますが、余りに粘って歌われるとこれも違和感を感じます。「心はロマン派、体は古典派」というのがブラームスだと思います。この両立こそが演奏の極意だと思っています。「立派な紳士の顔をしたロマンティスト」ですね。

投稿: ハルくん | 2011年2月25日 (金) 08時05分

四季歩さん、こんにちは。

ベーム/ウイーンPOのNHKライブは最高の演奏の一つですね。僕も愛聴しています。

モノラル盤はブラームスの書いている細かく織り上げられた音が聞き取りにくいので、絶対的に不利です。ベートーヴェンの場合とはかなり異なります。ステレオ録音盤に良い演奏が沢山有りますので、次回ご紹介させて頂きますね。

投稿: ハルくん | 2011年2月25日 (金) 08時18分

ハルくん、こんにちわ

ブラームスの交響曲第1番は、何か、ブラームスが無理している感じで、滅多に聴かない曲ですので、上げられている6種の録音は聴いたことがないと思います。

モノラル録音で、私のまあまあ好きなものは、「メンゲルベルク指揮コンセルトヘボウO.」による見得を切るような演奏と、「トスカニーニ指揮フィルハーモニアO.」によるものです。そう言えば、いずれも実況録音ですね。

投稿: matsumo | 2011年2月25日 (金) 16時15分

こんばんは

いつブラームスツィクルスをやるのだろうな?と思っておりました。
とうとう、ブラームスの交響曲ですね^^
ハルさんがご紹介されているものの中ではフルトヴェングラー/ベルリンフィル’52のものを聴いたことがあります。私はこれは凄い!と感動してしまったのですが、北ドイツ放送響のはもっと良いのでしょうか?でも、ひょっとすると好みの問題かもしれませんね。

投稿: kurt2 | 2011年2月25日 (金) 22時46分

matsumoさん、こんにちは。

1番は確かに苦労しただけあって、どこか頭で考えて書き上げた印象あります。ですが逆に、やっつけ仕事ではなく十二分に練り上げられた充実感を感じます。

フルトヴェングラー以上にロマンティシズムに傾倒したメンゲルベルクと、非ドイツ的なトスカニーニのブラームスは、決して好みのタイプでは有りませんが、個性的という点では群を抜いていると思います。やはり「巨匠の時代」の演奏家ですね。

投稿: ハルくん | 2011年2月25日 (金) 23時48分

kurt2さん、こんばんは。

フルトヴェングラーのこの曲は、僕の友人達の間では、みな口をそろえてベルリンフィルよりも北ドイツ放送が凄いと言います。但しロマンティシズムの強いベルリンフィルと、暗く重い北ドイツ放送とではタイプが異なりますので、好みの問題は有るでしょうね。
それに、もう一つウイーンフィル盤も有りますが、しなやかさを持つウイーンフィルが好きだという方は必ずいらっしゃるはずです。
結局は自分の耳で確かめて、好みの演奏を選ぶしか有りませんね。

投稿: ハルくん | 2011年2月26日 (土) 00時01分

トスカニーニも取り上げてほしかったです

投稿: unknown | 2011年2月27日 (日) 08時44分

unknownさま、こんにちは。

トスカニーニ・ファンの方には叱られますが、ドイツ的なブラームスを好む自分としてはどうしても敬遠してしまうのです。もちろんトスカニーニの演奏が大好きな作曲家/曲目も有りますので、その時にはたっぷりと取り上げさせて頂きます。
なにとぞご理解くださいますようお願い致します。

投稿: ハルくん | 2011年2月27日 (日) 10時09分

20ビット・リマスタリングによるトスカニーニのブラームス交響曲全集のCD(BMG盤)を聴いた時は、びっくりしました。
ドイツ的とは何だろう?思い悩む私がいます。

投稿: オペラファン | 2011年2月27日 (日) 22時43分

オペラファンさん、こんばんは。

同じドイツと言っても、北ドイツのプロシア人と南ドイツのバイエルン人では気質が異なりますね。この場合はプロシア風のことを指します。カール・ベームがインタビューでウイーンフィルとベルリンフィルの違いを説明するのに「プロシア的」というような言葉を使っていました。
具体的な演奏の特徴としては①音色が暗く厚い②リズムが厳格で念押しをする③音がマルカートである④金管が単独で突出しない、などが代表的な要素です。
シュターツカペレ・ドレスデンやゲヴァントハウス管、北ドイツ放送響などに共通したスタイルです。昔のベルリンフィルにも言えますが、カラヤン以降にインターナショナル風に変わってしまいました。

投稿: ハルくん | 2011年2月28日 (月) 00時08分

当然、私はフルトヴェングラー、ベーム、ザンデルリング、ヴァントなどのブラームスもしっかりと聴いてきたつもりです。
本当に、いいものはドイツ的もイタリア的もない。ただ素晴らしい演奏があるのみ。
自分の好みを超えた演奏に接した時、大きな感動があります。それだけが言いたかった。
どうも、こちらのブログはトスカニーニのドイツ物はNGのようですね。
たいへん、お邪魔しました。

投稿: オペラファン | 2011年2月28日 (月) 00時50分

オペラファンさん、こんにちは。

こちらのブログがNGなのでは有りませんよ。「僕は」トスカニーニのブラームスは好みませんというだけです。ちなみにチェリビダッケのブラームスもヴァントのブラームスも余り好きではありません。けれども他人の聴く演奏を非難するつもりは毛頭も有りませんし、自分の好みを押し付けるつもりもありません。こういうブログというのは好きな演奏や嫌いな演奏を率直に語り合うためのものだと思っています。トスカニーニのブラームスがお好きな方も嫌いな方もそのようにコメントされれば良いです。但し、自分が好きな演奏を他の人が「好まない」と書かれたり、嫌いな演奏を「好きだ」と書かれても、それは皆さんの好みであり自由ですので、これは傍観するしかありませんね。

ところで、自分の好みではない演奏に感動出来るということはあるでしょうか?「感心」は出来ますが「感動」は難しいのではないかという気がします。
また、「良い」演奏、「悪い」演奏というのも、実際に存在するとは思いますが、大変危険な言葉で価値観を他人に押し付けかねません。

理屈っぽくなりましたが、どうぞ誤解されませんように。

投稿: ハルくん | 2011年2月28日 (月) 06時20分

私自身の心の中ではブラームスと言えばフルトヴェングラー、ベーム、ザンデルリングが主流(違う言い方をすれば「好み」と言うべきか)です。そんな私が、スタイルは全く違いますが20ビット・リマスタリングによるトスカニーニのブラームス交響曲全集を手にして聴いた時、本当に驚き、素直な気持ちで聴く事が出来ました。そんな気持ちを率直に知って欲しかった。unknown様もそんな気持ちでコメントしたのではないでしょうか?これが「感動」なのかどうかと問い詰められたら、どう言葉で現したらよいか、何がなんだか、さっぱりわかりません。涙が出るような辛い気持ちで一杯です。そんな私の節操のない音楽の聴き方がよいのか悪いのか、よくわかりませんが、私自身、好奇心旺盛で、いろいろなスタイルの演奏を聴いてみたいという気持ちが強いため、いろいろと誤解を招いてしまったのかもしれません。
さて私は新たにフルトヴェングラーのブラームスの交響曲全集を買い直します。今までのフルトヴェングラーのブラームスへの気持ちを全てリセットして全く白紙の気持ちで新たな気持ちでフルトヴェングラーに挑戦するつもりです。これが私でしょう。また、新しい発見があるでしょう。なお、なぜか私が持ち出していないチェリビダッケの名前が出て驚きました。私も好きではないのでスルーだったのですが・・・
いろいろ私の不徳のいたすところで誤解を招いてしまったようですね。
せっかくの素晴らしいブログです。今後は陰ながら応援させていただきます。
今回は本当に、申し訳ございません。深くお詫び申し上げます。涙・・・

投稿: オペラファン | 2011年3月 2日 (水) 00時51分

オペラファンさん、お詫びだなんてやめてください。音楽を純粋に愛するオペラファンさんであればこそのコメントだったのだと良く理解出来ました。こちらこそ反論めいた物言いで大変申し訳ありませんでした。
これからもこれまで通り忌憚のないコメントを是非ともお願いしたいと思います。

投稿: ハルくん | 2011年3月 2日 (水) 22時28分

私自身も振り返って見るとモノラル録音はフルトヴェングラーとトスカニーニしか所持していないことに気づきました。
NDRとの演奏はやはり多くのファンを引きつけるだけの説得力ある演奏だと思います。
VPOとの演奏も、40年代の録音だとまた違った大時代的な印象があって趣深いです。

投稿: ボナンザ | 2014年4月11日 (金) 01時49分

ボナンザさん

ブラームスはなるべくステレオ録音で聴きたいと思っています。なので余り積極的には集めていません。

フルトヴェングラー/VPOは昔LP盤で持っていたのを気に入らずに手放した切りですが、今聴くと印象が変わるかもしれないですね。
久しぶりに聴いてみたくなりました。

投稿: ハルくん | 2014年4月11日 (金) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/38827225

この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス 交響曲第1番ハ短調op.68 名盤(モノラル録音編):

« ~名曲シリーズ~ ストラヴィンスキー バレエ音楽「火の鳥」 愛聴盤 | トップページ | ブラームス 交響曲第1番ハ短調op.68 名盤(ステレオ録音編) »