« ベートーヴェン 交響曲第4番変ロ長調op.60 名盤(ステレオ録音編) | トップページ | ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調op.67 名盤(モノラル録音編) »

2010年9月24日 (金)

中国漁船衝突問題

このブログは音楽とその他趣味の話題を主体にしていますので、政治的な話題にはこれまで触れたことは有りませんでした。ですが今日は一言コメントしたい気分です。

中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突してきた(と言っていますが証拠のビデオは未だ公開されていません。さっさと公開すべきです。)問題で、日本政府は中国政府の強硬な圧力に押しまくられて、漁船船長の身柄を釈放するそうです。前原大臣はあれほど日本の法律に従って粛々と対応すると言っていたにもかかわらずです。これには納得できないばかりか、怒りがこみ上げてきます。今の政府は果たして日本の国を守る気構えが有るのかと。「尖閣は日本の領土」といくら主張をしても、その日本の「国内」で違法行為を働く者を「外交関係に配慮して釈放する」などと余りに弱腰の姿勢では、日本は国として近隣諸国から甘くみられるだけです。というか既にそう見られていますよね。北朝鮮は言うに及ばず、中国、ロシア、韓国いずれもしかりです。第二次大戦で負けたということがトラウマになって、正しいことでも何にも主張が出来ない国になってしまったようです。特に今の政府には本当に失望しました。外国の脅威から国民の安全を守れないような国は国ではありません。僕はナショナリストでは有りませんし、まして中国の人が嫌いなわけでは有りません。しかし国として大国主義を振りかざすような部分は嫌に感じますし、やはり日本としての主張はとことん行うべきだと思うのです。こんなことで腰砕けになるようでは、尖閣はおろか沖縄県だって侵略されかねないです。そういう危機感を一国の政府には持って頂きたいです。東シナ海を「友愛の海」としたいなどと言う極楽トンボ首相がせっかく退陣しても、これでは何も変わりません。日本の政府はしっかりせい!国民は怒っているぞ!

|

« ベートーヴェン 交響曲第4番変ロ長調op.60 名盤(ステレオ録音編) | トップページ | ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調op.67 名盤(モノラル録音編) »

政治・経済問題」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

全く仰るとおりで、腰砕けの外交姿勢ですよね。石原都知事が会見で「まるでヤクザが縄張りを侵略するときのような方法だ」と言っていました。中国は法治国家ではないような気がします。かといって日本が中国の体制を変えるなんてとても不可能なことなので、日本は中国に対する外交姿勢をしっかり考えてこれから確立していって欲しいです。

投稿: kurt2 | 2010年9月26日 (日) 18時06分

kurt2さん、コメントありがとうございます。

このニュースを聞いているうちに、どうやら中国は尖閣の権益確保のための確信犯なのではないかと思い始めました。漁船も政府から派遣されて最初から事件を起こす計画だったのではないかという識者のコメントも有りました。
どちらにしても日本は脅せば譲歩する国だと見られたでしょうし、今後中国漁船、はたまた海軍が領海侵犯してくるのは明らかです。そしてそのうちに尖閣をガス田のように共同のものにしようと言い出すに違いありません。「友愛の海」が聞いてあきれます。

投稿: ハルくん | 2010年9月26日 (日) 18時49分

こんにちは。

関東で放送されない「たかじんのそこまで言って委員会」にて。

三宅久之サン:尖閣諸島については前原さんが言ったように、日中間の領土問題は存在しないんですよ。日本が明治時代、領有権を主張した時に、中国側は別に意義を唱えたわけでも何でもないわけですから。それから沖縄返還と同時に、尖閣諸島も日本にアメリカから返してきた。その時もこれは俺のものだと言った国はどこもないんです、台湾も中国も言ってないんですよ。今頃になってね、清朝時代にどうのこうのと言ってる中国人がいるけどね、清朝なんていう国は、尖閣、台湾だって…の国、文明改革の及ばない国だから、日清戦争の講和条約が下関会議で行われた時に、李鴻章という向こうの大臣は、あんな島は持ってってくれって言った位。ましてや尖閣諸島なんてものは、彼らの支配になんかないんですよ。問題になったことは一回もない。それが、あの辺にはひょっとすると石油が海上に埋蔵されているんではないかということを国連が言い出してから、おれっちのもんだ、おれっちのもんだと言い出しただけで、歴史的に見てもなんに見ても全く日本の領土以外の何ものでもないんですよ。

宮崎哲弥サン:全くそのとおりで、日本の領土問題って2つしかないんです。それは北方領土と竹島。日本固有の領土なんだけども、他の国が実効に占有して実効支配している、これ取り返さなきゃいけない。尖閣は私たちの領土であって、これは領土問題では絶対にない。逆に言うとね、僕らは北方領土のとき、どうやったかというと、あれを領土問題とロシアに認めさせたんですよ。だから北京が戦略的にやっているとしたら、これを領土問題だと、国際社会の片隅でもいっぺんたりとも認めるような動きがあっちゃ絶対だめなんです。だからどっかの大臣が、領土問題って失言したけども、これは領土問題ではないんです。

コレ以上は割愛しますが、議論の一部始終を載せてるsiteが在ったので(上記もそこから)、URLをmailしました。

今回の釈放に関わり、指示したヒトは、上記の歴史を知った上で決断したのならば...とても憂います。

投稿: source man | 2010年9月27日 (月) 16時20分

source nanさん、コメントありがとうございます。

今回の釈放決定に関与した人で、歴史認識の無い人は絶対に居ないと思います。
釈放が那覇地検の一判断であるはずが有りません。それをそのように発表している現政権の官房長官の説明も全く信じられないのです。したがって、何という姑息な政権なのかと失望感がつのるばかりです、現首相は嫌いではなかったですし期待もしていましたが、これではとても国を任せる気にはなりません。「愚か」としか言い様がありません。

投稿: ハルくん | 2010年9月27日 (月) 20時32分

以前、時々お邪魔しておりましたが、こんな話題になっていたのですね
youtubeで映像が出たのに皆が全然問題にしていないのが、中国漁船から海上保安庁の船(乗組員?)への機関銃による攻撃です。あれは漁船なんてもんじゃないし、船長は酔っ払い、あんなのに日本近海に出没されては、日本の漁船は怖くてたまらん。中国では漁船が機関銃を乗せていても良いのですかね?ぶっそうな国だ。
それとロシア、帝政ロシアと樺太半分と北方領土を交換したのではなかったでしょうか?そんなに北方領土が欲しければ樺太半分を日本に割譲すべきです。人が何代にも亘って永住するようになったらそこが故郷。北方四島を故郷にするロシア人がもう大勢いるでしょう、出て行けと言いづらくなるのです、歴代の日本政府が本気で北方四島を帰属させなかったから既成事実が積み上げられて行く。

投稿: ブルー | 2010年11月15日 (月) 00時11分

ブルーさん、はじめまして。
コメント頂きましてどうも有難うございます。

反日教育を受けて育ち、国家統制された情報を見聞きしている中国国民が客観的で正しい判断を行うことは難しいでしょう。そもそも中国の船だって本当に漁船なのか、国家が派遣した偽装漁船なのかわかりませんし。
どちらにしても非民主国家の大国が暴走することは阻止しなければなりません。

同じようにロシアも似たりよったりの国家です。仰る通り既成事実化を進めようとしている大国と交渉するには生半可の覚悟ではできません。今の政府にはとてもそんな覚悟と力があるとは思えません。

投稿: ハルくん | 2010年11月15日 (月) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国漁船衝突問題:

« ベートーヴェン 交響曲第4番変ロ長調op.60 名盤(ステレオ録音編) | トップページ | ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調op.67 名盤(モノラル録音編) »