« ブログ開設2周年記念御礼! | トップページ | シベリウス ヴァイオリン小品集 ~アイノラにて~ »

2010年8月 9日 (月)

ドヴォルザーク ヴァイオリンとピアノのための作品全集

513yz81c20l__ss500_

ドヴォルザークは室内楽作品も多く作曲しましたが、ピアノやヴァイオリンの独奏曲はとても少ないです。そのことは彼の尊敬するブラームスと似ているかもしれません。けれどもそれらの作品はいずれも愛すべき佳曲です。それもまたブラームスに似ています。そんな作品の中で、ヴァイオリンとピアノのための楽曲を集めた素晴らしいCDが有りますので是非ご紹介したいと思います。

ヴァイオリンを弾くのはチェコが輩出した名ヴァイオリニストのヨゼフ・スークです。この人はドヴォルザークの曾孫にあたりますので、作曲家の血を受け継いだ名手による演奏を聴くことが出来ます。スークのヴァイオリンは非常に端正で虚飾の無い表現が特徴です。楽器の音そのものの特徴も同じです。なのでブラームスやベートーヴェンの場合にはやや線の細さを感じることが多いです。この「線の細さ」は、左手のヴィヴラートの幅が小さいことと、右手の弓の使い方にあるでしょう。清潔感があって脂肪分が少ない音なので、曲によっては物足りなさを感じてしまいます。ところがドヴォルザークになると、音楽そのものが非常に清涼感に溢れているので、スークの音にぴったりです。そして実はこの音の特徴は、同郷のスメタナ四重奏団やチェコ・フィルなんかの音と全く同じです。これこそが「チェコの弦」の特徴なのですね。

ここで、ご紹介するのは2枚組のCDです。僕はアナログ盤時代に2枚に分売されていたものを愛聴しましたが、今は2枚が組み合わされて廉価CDで出ていますのでお買い得です。ピアノ伴奏は同郷のアルフレート・ホレチェクです。ヴァイオリンにぴったり合わせて文句有りません。

曲目は以下の通りです。

・ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調op.57 

・ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ ト長調op.100

・マズレック ホ短調op.49

・4つのロマンティックな小品op.75

・バラード ニ短調op.15

・夜想曲 ロ長調op.40

・スラブ舞曲第2番 ホ短調op.46-2

・ユモレスク 変ト長調op107-7

この中で、一番有名なのは「ユモレスク」でしょう。ピアノ独奏曲からヴァイオリンに編曲されましたが、曲の懐かしい雰囲気がヴァイオリンにぴったりです。大好きな曲です。けれども僕が一番愛して止まないのは、作品100の「ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ」です。この曲はドヴォルザークが子供たちのために作りましたので、技巧的にとても易しく書かれています。僕は昔ビオラを弾いていましたが、友人から借りたヴァイオリンでこの曲を弾いて楽しんでいました。いかにもドヴォルザークらしい親しみやすく美しい曲です。鑑賞用としても第一級の名作です。他には作品75の「4つのロマンティックな小品」もとても魅力的です。

ということで、スークの爽やかな音で聴くドヴォルザークの小品は夏の夜にぴったりです。どうですか、今夜はグラスを傾けながらロマンティックな小品を楽しみませんか。

|

« ブログ開設2周年記念御礼! | トップページ | シベリウス ヴァイオリン小品集 ~アイノラにて~ »

ドヴォルザーク(室内楽)」カテゴリの記事

コメント

この録音は私も大好きです!そんなにメジャーではないけれど、Op.75とくに好きです、慰めに満ちた音楽です。

この曲やユモレスク、実はクラリネットで演奏すると、またちがった味わい、温もりになるのですよ。ユーモラスなユモレスク、とも言えますが。録音が出ているかどうかは未確認です。

投稿: かげっち | 2010年8月11日 (水) 12時41分

かげっちさん、出がけに沢山のコメントをありがとうございます。

「4つのロマンティックな小品」作品75はいいですよね。本当に慰めに満ち溢れています。
「ユモレスク」はクラリネットにぴったりでしょうね。他の木管楽器ではイメージが湧かないですものね。そのうちに是非聴かせてくださいね!

投稿: ハルくん | 2010年8月11日 (水) 15時53分

こんにちは。
このアルバムでよく聴くのは、「ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ」と「4つのロマンティックな小品」です。
後にスークはハーラと再録音していますが、この若い頃に録音した旧盤の方が緊張感があって、新盤の方は肩の力を抜いたような穏やかなところがありますね。どちらにしても、ドヴォルザークはスークのヴァイオリンで聴くのが一番しっくりきます。

「4つのロマンティックな小品」はもともと弦楽三重奏のための《ミニアチュール》が原曲だったので、高齢になってスークは原曲盤も録音していますが、こちらは悠々とした河の流れのようで、ピアノとは違った響きで聴いてもやっぱり良い曲でした。

投稿: yoshimi | 2010年8月28日 (土) 08時54分

yoshimiさん、こんにちは。コメントありがとうございます!

スークのこの演奏は昔LPで聴いていたのが懐かしくて、新盤のほうは聴いていませんが、きっと良いでしょうね。
貴ブログを拝見しましたが、スークがとてもお好きなのですね。ドヴォルザークはやはりこの人が最高です。もちろん他の曲も良いですけれど。

「ソナチネ」は自分でもVnで弾いたので思い出の曲です。「4つのロマンティックな小品」とこの曲は本当に好きです。

ところでジュリアス・カッチェンがお好きだとのこと。僕もこの人の弾いたブラームスはとても好きです。ご記事をゆっくり読ませていただきたいと思います。

投稿: ハルくん | 2010年8月28日 (土) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/36066864

この記事へのトラックバック一覧です: ドヴォルザーク ヴァイオリンとピアノのための作品全集:

« ブログ開設2周年記念御礼! | トップページ | シベリウス ヴァイオリン小品集 ~アイノラにて~ »